ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

歯が抜ける?恐ろしい歯槽膿漏を治療するにはどうしたらいいの?

更新日:

歯槽膿漏は、歯茎の病気です。最初は、歯茎の軽い炎症から始まりますが、治療せずに放置するとどんどん歯茎が破壊されてしまいます。歯茎の状態が悪化すると、出血や腫れに伴う痛みが酷くなるだけではなく、歯茎が歯を支えきれなくなって歯が抜けてしまうのです。加齢に伴い、歯が抜ける可能性は高くなりますが、その原因のほとんどは歯槽膿漏だと言われています。また、歯槽膿漏は酷い口臭の原因にもなり、人付き合いにも影響を与えてしまいます。できるだけ早く歯槽膿漏を治すためにできることは何か、一緒に見ていきましょう。

歯槽膿漏になるとどうなるの?

まずは、歯槽膿漏の症状について理解しておきましょう。

歯茎が腫れて膿が出て来る

歯槽膿漏の初期の段階では初期の段階では、歯茎が炎症を起こして赤く腫れるだけで、それほど痛みが無いため気がつかない人も多くいます。このまま症状が悪化すると、歯肉が酷く腫れて膿が出て来ることがあります。

口臭がする

歯茎の状態が悪化すると歯茎が下がり、歯と歯茎の間にポケットができてしまいます。ここに食べかすなどの汚れが溜まって菌が繁殖し、ガスが発生して口臭が気になるようになります。

歯が抜ける

歯茎の状態が悪化すると、歯茎が歯を支えることができなくなります。歯がぐらついてしまい、歯の向きが変わったりして歯並びが悪くなるだけではなく、最終的には歯が抜けてしまいます

歯以外の病気を引き起こす

歯槽膿漏などの歯の病気が原因で、全身性の重篤な疾患を引き起こす可能性があります。歯から血液を介して体内へと病原菌が侵入すると、血管内で炎症を引き起こして血管の詰まりを生じさせて心筋梗塞のリスクを高くしたり、心臓に菌が入り込んで繁殖し、心臓の弁の働きを悪くする感染性心内膜炎を発症させたりしてしまいます。また、うまく唾液などが飲み込みにくい高齢者の場合、むせて口腔内の菌が肺に入ることで肺炎を引き起こすことがありますし、血糖値のコントロールを悪化させて糖尿病になりやすくすることがあります。

 歯槽膿漏になる原因は?

歯槽膿漏になってしまう原因とは何でしょうか?思い当たる節がある人は要注意です。

歯磨き不足

できれば毎食後すぐに歯磨きをするのが理想ではありますが、忙しくて食事の後で歯を磨く時間が無かったりして、一日中歯磨きを忘れていることはありませんか?毎食後や朝晩にしっかり歯磨きをしていたとしても、変な磨きグセが付いていて、全ての歯が綺麗に磨けていない可能性があります。歯と歯の間や歯の裏などに磨き残しがあり、汚れがしっかり落ちていないと歯槽膿漏の原因となります。

タバコ

タバコは、毛細血管の流れを悪くして歯茎に流れる血液の流れを悪くするだけではなく、ヤニなどのタバコに含まれる有害物質が歯肉の健康を失わせる原因となります。タバコは歯槽膿漏のリスクを高めたり、炎症症状を悪化させてしまうのです。

不規則な生活

不規則な生活は、心身の疲れを引き起こし、身体の免疫力を低下させてしまいます。食事で充分に栄養が摂れていないと、歯槽膿漏の症状を悪化させる原因にもなりますし、甘いものばかり食べていたりすることで口の中の細菌が繁殖しやすくなり、歯や歯茎の状態が悪くなってしまいます。また、生活リズムが崩れていると歯磨きを疎かにしがちです。

歯槽膿漏の治療法とは?

歯槽膿漏の治療は基本的には保険適用になりますが、軽い症状であれば家庭でのセフルケアで症状を改善させることができます。

正しい歯磨き方法で歯の汚れを落とす

歯の汚れをしっかり落とすのは、歯槽膿漏の治療の基本です。電動歯ブラシを用いて歯磨きするのも良いでしょう。歯茎が腫れていると出血しやすい為、歯磨きの時に多少血が出るかもしれませんが、気にせずしっかり磨きましょう。歯だけではなく、ブラシを使って歯のマッサージをすると効果的です。電動歯ブラシを使ったとしても、細かい場所の汚れは残ってしまいます。歯間ブラシやフロスなどで必ず歯と歯の間の汚れもしっかり取り除きましょう

プラークや歯石の除去

できてしまったポケットに溜まった汚れや、こびりついた歯石は自分では取り除くことはできません。歯科に行けば、家庭での歯磨きでは取り除けないプラークや歯石を、専用の器具を使って綺麗にしてくれます。主に行うのはスケーリングとルートプレーニングです。スケーラーという先端が尖った器具で歯石や歯の表面に付着したプラークを除去するスケーリングを行い、その後ルートプレーニングといって、歯根の表面にこびりついた汚染セメント質を取り除き、ツルツルに磨いて歯垢が溜まりにくい状態にする処置を行います。

歯茎を切開する

歯槽膿漏の症状が悪化すると、スケーリングとルートプレーニングでは汚れを取り除くことはできません。手術で歯肉を部分的に切開し、プラークや歯石を取り除いた後で、再び縫合するという方法を用いることもあります。

マウスピースと薬剤を使った方法

歯槽膿漏に効果のある薬剤を、マウスピースに注入してから口にはめ、歯や歯周ポケットに薬を浸透させるという治療法もあります。装着時間は5分ほどで、口臭改善効果も期待することができます。

抜歯

歯科ではできるだけ歯を残す方法で治療をしてくれますが、骨まで溶けてしまっている歯など周囲の歯にまで悪影響を及ぼしてしまうと判断された場合、原因となる歯を抜かなければいけないことがあります。

歯槽膿漏を予防するためにできること

重度の歯槽膿漏になる前に、毎日の生活でしっかりと予防しましょう。

しっかり歯を磨こう

食事をしたら、なるべく早く歯磨きをすること、そして歯ブラシだけではなく歯間ブラシやフロスも使って、歯茎を傷つけないように綺麗に汚れを取り除くことが大切です。寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、口の中で雑菌が繁殖し易い状態になりますので、寝る前の歯磨きはより念入りに行いましょう。

歯槽膿漏予防効果のある歯磨き粉を使おう

歯茎を引き締める効果がある歯磨き粉や洗口液を使うことで、通常の歯磨き粉よりも歯茎からの出血を防ぎながら歯のケアをすることができます。殺菌成分や、歯茎の炎症を抑える抗炎症成分が配合されているものを選びましょう。

糖尿病などの全身疾患を治療しよう

糖尿病で血糖が高い状態が続いていると、身体の抵抗力が落ちて歯槽膿漏になりやすくなるだけではなく、なってしまった歯槽膿漏を悪化させる原因にもなります。また、歯で起きている炎症が血糖値を上昇させる可能性もあるため、しっかりと糖尿病の治療をする必要があります。糖尿病以外の病気も、きちんと治療しないと身体の免疫力が落ちて歯槽膿漏になりやすい状態になってしまうので気をつけましょう。

定期的に歯医者にかかろう

毎日丁寧に歯を磨いていても、歯石を完全に取り除く事はできません。3ヶ月から半年くらいのペースで歯科に通い、定期的に口の中のクリーニングをしてもらいましょう。プロの手を借りながらケアをすることで、歯と歯茎の健康を維持することができます。

歯槽膿漏を治して健康でキレイな歯を維持しよう!

歯槽膿漏になると、歯茎の痛みや口臭が気になるだけではなく、歯茎の腫れによる変色や抜歯で老けた印象になるなど、他人からの見た目も良くありません。歯槽膿漏を治すには、普段からしっかりと歯磨きをして歯の汚れを取り除くことが大切ですが、歯槽膿漏の症状の進行度によっては、歯科できちんと治療を受けることが必要になります。歯槽膿漏が治っても、キレイな歯を維持するために、定期的に歯科に通って歯石を取り除いてもらうなどのケアが必要です。歳をとっても自分の歯で食事が摂れるように、早いうちからしっかりと歯と歯茎を健康に保つ努力をするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.