ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

あなたの口臭は歯周病が原因かも?歯周病と口臭の深い関係と予防法

更新日:

自分の口のニオイが気になるという人もいるかもしれませんが、あなたの口臭はもしかしたら歯周病が原因である可能性があります。歯周病は国民病とも言えるほど多くの人がなる可能性を秘めている病気です。進行すると口臭だけでなく、歯を失ってしまう恐れもあるのです。口臭は歯周病のサインだと考え、早めに対処しましょう。歯周病の予防法も知っておけば対策は万全になりますよ。

歯周病ってどんな症状?

よく耳にする「歯周病」ですが、いったいどのような症状なのでしょうか?

歯周病とはどんな状態のこと?

歯周病とは細菌感染によって歯茎が腫れる状態のことを言います。30歳以上の成人のうち、およそ8割が歯周病であるという調査結果が出ているほどです。ですが、まだ若いからと油断は禁物です。小中学生などの若年層でも歯周病にかかっている人は増えており、年代を問わずに気をつけなければ行けない疾患です。

歯周病にはどんな症状があるのか

歯周病には、いくつかの段階があります。まず歯茎が赤く腫れる「歯肉炎」の状態です。この状態では、歯茎がぷよぷよとした感触になり、歯を磨いたときなどに出血するケースがあります。次の段階が「歯周炎」です。歯茎が下がってしまい、歯と歯の間にすき間ができてしまう状態で、口臭もこの段階で発生します。歯周病が進むと、最終的に「歯槽膿漏」になります。歯がグラグラしてしまったり、歯肉から膿が出たりします。この段階では歯が抜け落ちるおそれがあるため、治療する必要があります。

歯周病による口臭の特徴や原因は?

歯周病が進むと口臭が出ることがあります。この口臭の特徴や原因などを探っていきましょう。

出血による臭い

歯周病によって歯肉に炎症が起きて腫れると、歯磨きをしたり固いものを食べた際に出血を伴う場合があります。口の中で出血した場合、鉄のような臭いを感じることがあると思いますが、この臭いが呼吸や会話の際に相手に届く口臭となります。この場合の口臭は、いわゆる「血なまぐさい」と感じるような臭いです。炎症をしずめることがポイントになります。

細菌による腐敗臭

歯周病は細菌感染です。歯と歯茎の間の「歯周ポケット」に細菌がたまると、なかなか歯ブラシなどでかき出すことが出来ません。たまってしまった細菌が腐敗することが口臭の原因となるのです。この口臭は腐敗臭がしますので、歯周ポケットのクリーニングを定期的に行う必要があります。この臭いは硫化水素やメチルメルカプタンと言った物質が元になっています。

膿による臭い

歯槽膿漏にまで症状が進行してしまうと、歯肉に膿が溜まってしまいます。この膿によるにおいも口臭の原因となってしまいます。歯槽膿漏の膿はかなり強い臭いを発するのです。

歯磨きをしても取れない口臭は

歯磨きをしても口臭が解消されないという場合には、なるべく早く歯医者さんに見てもらうといいでしょう。歯周ポケットにたまってしまった細菌が元になっている口臭や膿による口臭は歯周病のバロメーターになりますし、歯を磨いて出血するという場合には歯肉炎になっている可能性が高いですから、なるべく早めに受診するようにしましょう。

歯周病による口臭の治療方法は?

歯周病の治療を行うために歯医者さんに行く場合、どのような治療方法があるでしょうか?

歯石の除去を行う

プラーク(歯垢)がたまると、固化して歯石となります。歯石は歯周病の原因となり、口臭の原因にもなります。歯石がつくと自力で除去することが出来ないため、歯医者さんを受診して除去して貰う必要があります。3ヶ月に1回程度は受診してチェックしてもらいましょう。歯の表面についた歯石であれば数回通えば除去できますが、歯茎の中にまで歯石がついてしまうと除去に時間がかかります。

場合によっては切開手術を行うことも

通常、歯の表面の歯石をとったり、歯周ポケットの中に出来た歯石を取り除いたりする場合には手術等の必要はありません。ですが、歯槽膿漏の症状が進行し、歯槽骨が溶け始めてしまった場合には、切開手術(フラップ手術)を行う場合があります。この手術は歯茎を切開して、プラークや歯石を目で確認しながら除去することが出来るため、見えない部分まで的確に歯石を取り除くことが出来ます。歯槽膿漏がさらに進行し、顎の骨まで溶けてしまっている場合には骨移植手術が必要な場合もあります。そうなる前に日々のケアをしっかりとしておきたいですね。

歯周病による口臭を予防しよう!

歯周病予防、口臭予防のために自宅で出来ることにはどのような方法があるでしょうか?日頃から出来ることですから、しっかりと行っておきたいですね。

歯磨きをしっかりしよう!

歯周病予防の基本は「歯磨き」です。歯ブラシを大きく動かすのではなく、小さく細かく動かしてくこと歯と歯茎の境目を意識しながらブラッシングすることが大切です。

こんなところは磨き残しに注意!

ブラッシングの際に磨き残しがあるのは「歯の表面のくぼみ」「歯と歯の間」「歯と歯茎の境目」といった部分です。特に歯と歯の間や歯と歯茎の境目に歯ブラシがあたるようにしましょう。歯と歯茎の境目はブラシを45度の角度にキープするのがポイントです。また、前歯を磨くときにはブラシをタテにして磨くと良いでしょう。歯の裏側も意識して磨くようにしましょう。

電動歯ブラシを使えば早く効果的にブラッシングができる

歯ブラシを手で持って使う際、細かくブラッシングするにも限界があります。より細かく正確にブラッシングするために、電動歯ブラシを使用するというのも良い手段です。歯に軽く当てるだけで効率よくプラーク(歯垢)を除去することが出来ます。ブラッシングにかかる時間も短時間で済むというのも大きなメリットですね。

デンタルフロスやフロスピックを使おう

歯ブラシでは届かない歯と歯のすき間にも歯垢がたまりやすく、口臭の原因となります。このような場所の歯垢を除去するためには、デンタルフロスを使用するのが良いでしょう。デンタルフロスには糸のみのものと、プラスチックなどの持ち手がついているものがあります。また、歯のすき間に差し込むブラシタイプのものもあるので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

殺菌効果のある歯磨き粉や洗口液を使おう

歯周病は細菌が原因の病気ですので、殺菌効果のある歯磨き粉を使用するというのも口臭を予防する手段としては良い選択でしょう。毎日の歯磨きで殺菌することができれば歯周病予防には非常に大きな影響があります。また、殺菌効果のある洗口液も多く販売されているので、使用すると良いでしょう。歯磨きだけでは口腔内の40%程度しか雑菌を除去することが出来ないとも言われていますので、洗口液を使用して口腔内を効率よく殺菌すると歯周病の予防に役立ちます。

洗口液は使いすぎに注意する

洗口液は基本的に1日2回、朝と晩に使用すると言うものが多いです。朝昼晩の3回使用しても問題は無いようですが、それ以上使うと口腔内に刺激が強すぎるため、オススメできません。また、ノンアルコールの洗口液もあるので、洗口液を使うと口の中がピリピリするという場合にはそちらを検討してみると良いでしょう。

歯医者さんで歯磨きの方法を教わろう

自己流の歯磨きでは、意外と歯周病菌を除去できていない場合も多いようです。歯医者さんに行くと、歯磨きの正しいやり方を教わることが出来ます。歯周病を予防する効果的な歯磨き方法や、おすすめの歯磨き粉や歯ブラシの種類など、気になることを聞いておくと良いでしょう。

歯周病による口臭は日頃のケアをしっかり行おう

歯周病は誰にでもかかる可能性がある疾患です。歯周病を予防するためには毎日の歯磨きが基本になります。自分の歯磨きのやり方をしっかりと見直し、デンタルフロスや殺菌効果のある歯磨き粉や洗口液、電動歯ブラシを導入するかどうかなどを検討してみましょう。少なくとも朝晩の2回、丁寧に歯磨きをすることが大切です。健康な歯で爽快な毎日を送りましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-健康
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.