ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

歯周病に効く歯磨き粉を探せ!成分と選び方&磨き方のポイントとは?

更新日:

気が付かないうちになっている歯周病。歯周病に効く歯磨き粉とはどのような成分が入っているものなのでしょうか?日頃の歯磨きの中で歯周病の対策やケアが出来る歯磨き粉を選ぶ際のポイントをしっかりチェックしましょう。歯周病対策のブラッシング方法も合わせてチェックすると良いですね!

歯周病の原因は?

成人の6割以上がかかっていると言われる歯周病は、今では国民病とも言える疾患になっています。それだけではなく、10代や20代の人でも歯周病になっている人も多いという調査結果が出ているほど。まずは歯周病の原因を探っていきましょう。

歯周病の原因は細菌

歯周病の原因は細菌です。歯の磨き残しによって残った歯垢や、歯垢が固まってできた歯石に含まれる細菌によって歯肉が炎症を起こしていくのが主な症状です。歯のくぼみや歯表面の細かい凹凸、そして歯と歯の間などの磨きにくい場所や、歯と歯茎の間の「歯周ポケット」と言われる場所に残った細菌が歯周病の主な原因となります。

進行するとどんな症状が?

歯周病はまず歯茎が赤く腫れるところか始まります。健康な歯茎はうすいピンク色で引き締まっているのですが、歯茎が赤く、おすとぷよぷよとしてくると歯周病の第一段階だと思ってよいでしょう。歯を磨くと出血することもあります。この状態は「歯肉炎」と言われる状態です。できる限りこの段階から進行しないように出来ると良いでしょう。

さらに進行すると

歯肉炎がさらに進行すると「歯周炎」と呼ばれる症状になり、歯茎が下がってしまいます。歯と歯の間にすき間ができたり、歯茎が下がるせいで歯がしみたり、歯が動いたり、噛んだときに痛みを感じることもあります。口臭が気になるのもこの頃で、膿が出たりすることもあります。早急に歯科医を受信しましょう。

最も進行すると

さらに進行していくと「歯槽膿漏」になります。歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまいます。歯が抜け落ちることで表情が変わってしまったりという影響もあります。

歯周病を予防したり進行を止めたりするには?

歯周病の予防に最も大切なのは日々の歯磨きです。毎日丁寧に歯磨きをすることで歯周病の予防をすることができます。その際、歯周病の予防に効果的な歯磨き粉を使用すれば、効果はさらにアップします。

歯周病に効く歯磨き粉の成分は?

歯周病を予防する歯磨き粉をチェックする際に気をつけておきたい成分は「殺菌効果」「抗炎症作用」「引き締め作用」です。

殺菌効果で原因菌を一網打尽にしよう

殺菌効果のある歯磨き粉を使用することで、歯周病の原因である細菌を一網打尽にすることができます。もちろん、1度磨いただけでは十分ではありませんので、毎日使用する必要があります。殺菌効果のある成分には「イソプロピルメチルフェノール」「塩化セチルピリジニウム」「塩酸クロルヘキシジン」と言った成分がある他、自然由来の「カマズレン」「アズレン」と言った成分もあります。

抗炎症作用や歯茎の引き締め効果が入るとさらに良し!

歯周病は細菌が原因になって歯肉の炎症が起こるため、炎症を抑えるための「抗炎症作用」の含まれている歯磨き粉も有効です。歯周病対策の歯磨き粉の中には殺菌成分が入っておらず、抗炎症作用のみ含まれているという物もあります。また、ぷよぷよと締まりの無い歯茎をしっかり引き締めるための「引き締め効果」のある歯磨き粉も効果的です。

プラスαの成分もしっかりチェック

殺菌成分、抗炎症作用、引き締め効果と言った成分以外でも、プラスαでチェックしておきたいポイントも抑えておきましょう。

発泡剤や研磨剤が入っていないものを選ぼう

しっかり磨けているかチェック出来るように、発泡剤を使用していない歯磨きを選ぶと良いでしょう。通常の歯磨きの多くが発泡剤を使用しているため、磨いている間に口の中がアワアワになってしまいます。そのため歯を磨いたような気になってしまい、実はうまく磨けていないということもあるのです。また、研磨剤が入っていると電動歯ブラシを使用した際に歯の表面を傷つけてしまい、そこが細菌の温床となってしまう場合もあるのです。研磨剤が使われていない歯磨きを選びましょう。

歯科専売品の歯磨き粉もチェック!

歯周病予防の歯磨き粉の中には、殺菌成分やそれ以外の有効成分の含まれたものが多くあります。ドラッグストアなどの店頭で見つけることもできますし、歯科でしか購入することができない「歯科専売品」もあります。さまざまな種類があるため、成分や価格などを比較するとよいでしょう。歯科医に相談してみるというのも良いですね。

歯周病を予防できるブラッシング&ケアは

日頃から歯周病を予防するためのブラッシング方法やケア方法を考えていきましょう。

一番のポイントはブラッシング

一番の改善ポイントはブラッシング方法でしょう。大きくガシガシと力任せに磨いている人も居るかもしれませんが、これでは効果的とは言えません。歯ブラシは細かく小刻みにブラッシングするのが良いのです。歯と歯の間、歯と歯茎の間にブラシの先端が当たるようにして丁寧に磨きましょう。なお、押し付けすぎるとブラシの先端で磨くことができないため、あまり押し付けないようにするのもポイントです。

前歯はブラシをタテにして

前歯はブラシをタテにして、1本ずつ磨くようにしましょう。前歯を磨く際に歯ブラシを横にしてゴシゴシとしている図やマンガなどを見かけますが、あれではしっかり磨けません。

電動歯ブラシを使用するとスピーディに効率よく磨ける

ブラッシングの時間を短縮し、効率よく磨くために、電動歯ブラシを使用すると良いでしょう。電動歯ブラシはブラシの先端を歯に当てるだけで自動的に汚れをかき出してくれます。口の中を上下左右で四等分して、30〜40秒ずつ磨けば、3分以内で磨くことができます。その際に研磨剤の含まれていない歯磨き粉を選ぶということと、ブラシを歯に押し付けすぎないようにするというのがポイントです。

デンタルフロスを使うと効果的!

歯周病を予防する際に、実は歯磨きだけでは不十分だと言われています。歯ブラシの届かない歯と歯のすき間の歯垢を取り除くことができないためです。歯と歯のすき間の歯垢を取り除くためには、デンタルフロスを使用すると良いでしょう。デンタルフロスを使うことで、80%の歯垢を取り除くことができると言われており、歯科医からも歯周病予防のためにデンタルフロスを使用することを勧められているのです。面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、毎日の習慣にしてしまうとよいでしょう。

洗口液で仕上げをしよう!

殺菌効果のある洗口液で仕上げに口をゆすぐというのも歯周病予防のために有効な方法です。洗口液を使うと口の中がピリピリする、という人はアルコール不使用の洗口液を使うと良いでしょう。洗口液は朝・晩の1日2回使えば効果的だと言われています。また洗口液を使用したあとは30分程度飲み物を飲まないようにすると良いでしょう。

歯周病に効く歯磨き粉を使って正しくブラッシング!

歯周病は誰にでも可能性が潜んでいる病気です。寝込んでしまったり、大きく体調を崩すような病気でないために見逃されがちですが、気がついたら歯を失っていることにもなりかねません。歯周病を予防するために、歯周病に効く歯磨き粉を選び、正しい方法でブラッシングしましょう。歯は素敵な笑顔の元になりますし、しっかりと噛むことが出来ることで食べ物を美味しく食べることができます。元気な歯で毎日を過ごせるように、日々の歯磨きをしっかりするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.