ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

睡眠

寝る時の姿勢は横向きが吉?横向き用の枕もチェックしよう!

更新日:

皆さんは寝ているときの自分の姿勢がどのようになっているか知っているでしょうか?
もちろん自分の寝ているときの姿を自分で確認する事不可能ですから誰かに聞かないと分からないことなのですが、人は寝ているときに何度も寝返りをしたりする過程でさまざまな姿勢をとっています。
 
しかしやはり寝やすい姿勢というのは人それぞれあるようで、特に意識しなければ特定の姿勢に偏っているなんてことも多いのではないでしょうか。
 
あまり意識することのない寝ているときの姿勢ですが、実はある姿勢で寝るのが身体に良いと言われているのをご存知でしょうか?
今回は寝ているときの姿勢で、身体にとってもメリットが大きいと言われている姿勢である"横向き"姿勢での睡眠について見ていきたいと思います。
 
実際に横向き用の枕までが開発されている横向きによる睡眠にはどんなメリットがあるのでしょうか。

横向きで寝るのが身体に良い?

横向きで寝ることには実は身体にとってメリットが多いことが最近では知られてきました。まずは横向きで寝ることのメリットについて調べてみましたのでご覧ください。

イビキが少なくなる?

横向きの睡眠においてまず挙げられるメリットがイビキが減るということです。イビキは睡眠による疲労の回復を疎外してしまう行為と言われています。イビキは気道が狭い状態で無理に呼吸をしているからおきることであり、これを続ければ身体は運動をしているときのような状態になってしまいます。
 
そのためイビキをかいている人はイビキを解消するだけでも睡眠の質が高まると考えられていますが、横向きで寝ることで舌の位置を固定し、いびきや無呼吸症候群になることを防ぐことが出来ます。

内臓に負担が少ない

消化器官に負担を少なくするには右側を下にして寝るのが良いと言われています。逆に左側を下にすると心臓への負担が減るなど、横向きは状況に応じて内臓を労わることのできる寝方でもあるのです。

妊婦さんにも最適

お腹が重くなっていく妊婦さんにとっても横向きで寝ることは負担の軽減につながります。
 
 
特に誰にとってもプラスとなるのは呼吸を安定させることで睡眠による疲労回復を高められるということではないでしょうか。横向きで寝るだけで疲れが取れやすいのであれば誰もがそうするべきですが、実は横向き睡眠にはデメリットも存在します。

横向き睡眠のデメリット

身体が痛くなる

横向きというのはどちらか一方の半身が下になってしまいます。仰向けの時の背中と異なり、横になった時に下に触れている部分の面積は狭く、そこにかかる負担も大きくなります。
 
そのため朝起きた時に肩が痛くなったり、腕がしびれるなどといったデメリットが起こる可能性もあります。
こうならないためにもスムーズに寝返りが打てたり、身体の負担を減らせるような寝具選びは大切です。

骨盤が歪む

横向きのまま眠ると身体の重心が偏ってしまうため骨盤など身体のバランスがずれることも考えられます。

 
 
横向きで寝るとどうしても身体にかかる負担がアンバランスになるため、身体のゆがみなどにもつながってしまいます。そのため横向き睡眠を実践したい場合は寝具を横向き睡眠に適したものに変えるのがオススメです。
 
特に最近では横向き睡眠向けの枕などが発売されています。枕は睡眠にとってとても重要な役割を果たしていますので要チェックですね。

枕の役割とは

枕は人の睡眠をサポートするとても大切なアイテムです。枕が適切な物を選べているかどうかでも睡眠の質は大きく変わると考えられています。では枕の役割とはそもそもどんなものなのでしょうか。それを知ることでどんな枕を選ぶべきなのかが必然的に見えてくるはずです。

枕の役割

枕の基本的な役割は寝ている間にどうしても偏ってしまう身体への負荷をなるべく均一にかつ和らげることにあります。人の身体は凹凸がありますから横に寝ようと仰向けに寝ようと必ず身体に圧迫される部分とそうでない部分が出てきます。
 
特に負担が出やすいのが首で、首に負担がかかると頸椎も圧迫して体調不良の原因にもなりかねません。そのため首にかかる負担を減らすために頭部と首の隙間にクッションとして置かれるのが枕です。

寝返りをスムーズにするためにも枕は重要な役割を果たしています。睡眠をより効果的なものにするためにも枕は欠かせないものであるということです。

枕は自分に合うものを選ぶ

枕を選ぶときは自分の身体にあったものを選ぶ必要があります。高すぎたり低すぎたり、固すぎたり逆に柔らかすぎたりすると、本来首への負担を和らげる役割を持つ枕が逆に首にダメージを与えることにも繋がってしまいます。

枕選びはそのような意味では非常にシビアな買い物です。また今回オススメしている横向き睡眠をする場合と仰向けに睡眠することを前提にする場合とでは買うべき枕も異なってきます。
 
自分がどのような睡眠を目指したいのか、ということまで考えないと理想の枕に出会うことは難しいのです。

枕選びのポイントは横向きになりやすいかどうか

さて、ここで今回オススメしている寝方である横向き睡眠に適した枕とはどんなものなのか考えてみましょう。
 
横向きで寝る際と仰向けで寝る際の最も大きな違いは高さです。仰向けに寝る場合と異なり、横向きに寝る場合は肩の分だけ首が高く上がることになります。
 
そのため横向き睡眠において必要な枕は少し高めのものであることが分かります。
そうはいっても人によって必要な高さはマチマチですから、枕を購入するさいはぜひ店頭で直接頭に枕を当ててみることをオススメします。
 
また、最近では横向き寝が身体に良いことが広まってきたせいか、横向き寝専用の枕などが発売されています。高さを考えるのが面倒な場合はこれらの専用枕を試してるのも良いかもしれませんね。

横向き枕で睡眠の質を向上させよう

いかがでしたでしょうか?横向きで寝ることのメリットや横向き睡眠をより効果的にするために必要な枕についてなど、睡眠をより高いクオリティにするためのポイントをご紹介してまいりました。
 
睡眠は身体の疲れをとるのにとても大切な時間です。ポイントをおさえて睡眠をとるようにすることで間違っても身体に負担のかかる時間にならないように気を付けたいですね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-睡眠
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.