フィギュアスケートの浅田真央選手が引退を表明してニュースでも大きく取り上げられるなど注目が集まっていますね。国民栄誉賞の話も出るなど、フィギュアスケートを通した貢献に対する評価がとても高いと言えます。それに続いて、同じフィギュアスケートの村上佳菜子選手も現役引退の表明をしました。国別対抗戦のエキシビションが現役最後の演技となり、競技生活にピリオドをうつということです。浅田真央さんの次を担う選手として注目を集めていた村上佳菜子さんですが、引退に至った理由は何なのでしょうか。また、今後はどのような活動をしていくのでしょうか。今回は村上佳菜子さんについて、その経歴や引退理由、今後の活動などを紹介していきます。

フィギュアスケーター村上佳菜子

まずは、村上佳菜子さんのことについて情報をまとめていきましょう。村上佳菜子とは、どのような人なのでしょうか。

愛知県名古屋市出身

村上佳菜子さんは愛知県名古屋市出身です。名古屋の大須にあるスケートリンクはトップクラスの選手をたくさん出していることでよく知られていますが、村上佳菜子さんも大須スケートリンクに通っていたということです。最初はお姉さんについていったのが始まりで、その後スケートを始めたとされています。

 

安藤美姫さんや浅田真央さんなどが知られていますね。通年のスケートリンクはそれほど多くないので、同じところから何人も輩出されるというのはある程度決まっているのかもしれません。その後は中京大学に進学しており、安藤美姫さんや浅田真央さんの後輩ということになります。

 

中京大学にも専用のリンクがあるので、集まりやすい環境ではあるということですね。

実はあがり症

村上佳菜子さんはサバサバした性格であるとされていますが、実はあがり症で本番前は緊張して硬くなることも多いようです。他のスポーツでもプレッシャーに強く力を発揮する人や、緊張しやすく硬くなりやすくても結果を残している人がたくさんいるように、村上佳菜子さんも緊張してあがりながらも結果を残してきたということですね。大観衆の前で視線を一身に浴びて演技をするというのは、どのような気分なのでしょうか。

 

また、自身の演技に集中するということもそうですが、オリンピックの枠がかかっていたり表彰台を期待されているなど他のプレッシャーもやはり加わってきます。そんな中で演技をしてきた彼女はやはりすごいですね。

 

他に、性格的には末っ子タイプとも言われており、本人も浅田真央さんなどに変わって自身が日本のスケートを引っ張っていくということが負担だったようです。

村上佳菜子の経歴は?

次は、村上佳菜子さんの経歴についてみていきましょう。ジュニアの頃から注目を集めていた村上佳菜子さんの経歴をジュニア期やソチオリンピックを中心に挙げていきます。

ジュニアで輝かしい成績を残してシニアに

お姉さんについていったことで始めたと上述したスケートですが、ジニア時代からメキメキと頭角を現します。全日本選手権で最年少ながら入賞を果たし、新人賞をとったことを覚えている人も多いのではないでしょうか。そのときから笑顔が印象的なスケーターでしたね。

 

翌シーズンでは全日本ジュニア選手権やジュニアグランプリファイナルなどで軒並み優勝という結果を残し、世界ジュニア選手権も優勝しています。世界ジュニア選手権優勝という実績を引っ下げ、さらに翌シーズンからシニアのグランプリシリーズに参戦してきました。世界ジュニア選手権優勝は日本人では6人目の快挙だったということです。

ソチオリンピックとそれ以降

シニアデビュー後もグランプリファイナルで3位に入り、全日本選手権でも3位に入るなど順調な滑り出しをみせ、将来が期待されていました。この頃から浅田真央の次の世代としてさらに注目が強くなっていったとされています。しかしその後は故障もあってかショートもしくはフリーのどちらかでジャンプのミスが必ず出るなど、本人の納得できる演技から離れていったようです。

 

それでも、優勝こそないものの入賞はきちんとしており、やはり実力はもっていたということですね。ソチオリンピック前年の世界選手権でも4位に入っており、日本の出場枠3を確保することに貢献しています。期待が高い分やはり優勝が望まれるのでしょうが、このときの世界選手権4位というのは自身最高順位です。

 

ソチオリンピックに向けては、その前の四大陸選手権で優勝するなど自己ベストを更新して良い流れで入っていけたとされています。本番は残念ながらジャンプのミスが出て入賞を逃してしまい、このとき既に引退を考えていたようですが満足できる演技をするために続行を決意したとのことです。

村上佳菜子の引退理由は?

では次は、村上佳菜子さんが引退を決意した理由についてみていきましょう。若くして引退を決めた理由とはいったいどのようなものなのでしょうか。

無理していた村上佳菜子

もともと末っ子タイプということは上述しましたが、自身が注目を集め、結果を求められる立場になってきてからは無理していた部分があったとしています。浅田真央さんが休養したり、鈴木明子さんが引退したりといったことで次を担う立場である村上佳菜子さんに期待が集中したということですね。ジュニア期のようなのびのびとした滑りでこそ本領を発揮するタイプだったようです。

 

メディア向けには結果を残して日本を引っ張っていくという旨のコメントを残したりしていましたが、重荷になっているのではないかといった指摘は当時からあったとされています。

自身のイメージとのズレ

直接の引退の理由として本人が明かしているのは、限界を感じたからということのようです。自身の演技の構成を完璧に行うことができないことにイライラもあったのでしょうか。ショートもしくはフリーで必ずミスが出てしまうというのはやはりプレッシャーもあったのかもしれません。

 

それらを克服するために練習に励んだようですが、練習の激しさからか故障も抱えるようになり、自身の描くイメージとはズレていってしまったということのようです。多くのアスリートがケガなどで自身のイメージとズレが生じ引退を決意するということが言われていますが、村上佳菜子さんも同じということですね。

村上佳菜子の今後は?

最後に、村上佳菜子さんの今後についてみていきましょう。ちょうど最終学年ということもあり、進路には注目が集まっています。

まずはプロスケーターに

多くのフィギュアスケーターがそうであるように、村上佳菜子さんもプロスケーターとしてアイスショーに出ていくというのが今のところの予定のようです。

 

得点のためでなく、魅せるためにという部分だけのスケートになるので、村上佳菜子さんの持ち味も活きそうですね。のびのびとできるという点でも今後の彼女の滑りに期待できそうです。

ゆくゆくは指導者としての夢

プロスケーターとして活動していくことに加え、ゆくゆくは指導者として後進の指導をしたいという夢もあるようです。教え子をオリンピックに連れていくという夢を本人も口にしています。

 

実績だけが重要ではありませんが、やはりその場に立ったことがあるという経験は何物にも変えられません。指導者としても、期待が高まりますね。

まとめ

今回は村上佳菜子さんについて、その経歴や引退理由、今後の活動などを紹介してきましたがいかがでしたか?彼女の経歴の中で、滑りに魅了されたという人は少なくないと思います。まずはプロスケーターになるとのことなので、印象的な笑顔で魅了するスケートを見せてほしいですね。現役の時は無理もしてきたと思いますが、身体をしっかりと整えて次のステージでも頑張っている姿をみせてくれるでしょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。