ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

更年期障害で高血圧の症状が!?その注意点と対策方法とは

更新日:

女性なら誰しも避けて通ることは出来ない更年期。急激な体調変化が訪れると聞いて、少し怖いかもと思っている方は多いのではないでしょうか。また、既に更年期障害に悩まされているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

更年期障害には様々な体調変化が含まれますが、その中でも最も危険なのは高血圧だと言われています。この記事では更年期障害の症状の中でも高血圧にスポットを当てて特徴や対策方法をご紹介します。

様々な体調変化が訪れる更年期障害とは

更年期とは閉経前後の女性に訪れる期間のことで、個人差はありますが40代中盤から50代中盤にかけて10年ほど続くとされています。この期間は急激にホルモンバランスが変化する時期であるため、体調に様々な変化が訪れます。

 

更年期障害とは体の中のホルモンバランスに乱れが生じることで起こる症状であり、学術的には自律神経失調症のひとつとされています。

 

閉経前後の女性の体内では、更年期になる前の女性に比べて女性ホルモンの一種であるエストロゲンと呼ばれる物質の分泌量が急激に減少し続けています。そのため今まで保ってきた体内のホルモンバランスが崩れてしまい、身体の各所に不具合が生じてしまい、結果体調不良として顕在化してしまうのです。

主な更年期障害の症状は体が重く感じる、暑くない場所で大量の汗が出る、火照りを感じる、冷え性になる(悪化する)、イライラを抑えることが出来ない、高血圧、不眠など数えだすとキリがありません。

 

特に不眠や高血圧、冷え性などは更年期障害の症状として起こったあと、重大な病を患ってしまうきっかけになりかねません。

また、更年期障害の症状はかなり個人差が大きいため、人によってはまったく更年期障害の症状を感じることなく、更年期が終わるという人も居れば、逆に更年期が終わったはずなのに更年期障害の症状が改善しないという方も居ます。

 

日常生活に様々な影響を及ぼしてしまう更年期障害。どうにか対策して症状を緩和することは出来ないのでしょうか?

更年期との上手い付き合い方は?しっかり対策すれば怖くない!

残念ながらどんな対策をしても更年期障害の症状を完全にシャットアウトすることは出来ません。しかし、状況に応じてひとつずつ対処していくことで症状を緩和することは可能です。

運動等のストレス発散の手段を多く持っておくことで不調を抑える

例えばスポーツなどは更年期のストレス発散方法として有効です。激しいスポーツで無くとも、軽いジョギングやトレッキング、学生時代にやっていたスポーツをまた再開するなど、軽に始められるものでもストレスを大幅に緩和することが可能です。仲の良い友人と共に趣味の一環としてスポーツを始めるというのも良いでしょう。

 

また、身体を動かすことは更年期障害の症状として特に対策すべき高血圧や不眠などの緩和にも繋がります。スポーツなどで汗を流すと自律神経が整うので、更年期障害を原因とした高血圧や不眠などの症状が緩和されるのです。

スポーツによるストレスの発散は運動不足を感じている方、ストレスの上手な発散方法を持っていないという方にオススメです。

更年期障害を緩和するための薬を飲んでみる

更年期障害の症状は薬を飲むことである程度緩和出来ます。特に早急な対策が必要になる不眠・高血圧などがある場合はすぐに飲み始めた方が良いでしょう。医師に処方されたものでなくとも、市販の薬で充分効果を得ることが出来ますのでまだ試していないという方は是非飲んで見て下さい。

 

しかしあまりにも症状が重い場合は市販の薬では太刀打ち出来ないことがあるようです。その場合は医師に相談して症状に合った薬を処方してもらうか、症状を緩和するためにはどのようなことをすれば良いのか聞いてみると良いでしょう。

イライラが出そうなときは一息ついてみる

 

エストロゲンの分泌量が減ることによって起こるイライラは、更年期ならある程度仕方のないことです。しかし、いつもイライラしていたのでは気持ちが参ってしまいますよね。

 

そうならないために、イライラしそうになったら一呼吸置いてゆっくりしてみると良いかもしれません。例えばティーブレイクを挟む、ストレッチをするなどはリフレッシュとなって効果的でしょう。

 

更年期障害の中でも高血圧には気を付けて!

更年期障害には非常にたくさんの症状がありますが、その中でも最も気を付けておかなければならないのが高血圧です。

高血圧になると脳梗塞やくも膜下出血、脳卒中のリスクが飛躍的に高まりますし、例え一命を取り留めたとしても後遺症が残る場合が多いです。代表的な後遺症は半身不随、言語障害などで、リハビリにより治る場合もありますが、完全に元通りという訳にはいかないことも多いようです。

 

それに加えて高血圧の状態が続くと心筋梗塞など、心臓に纏わる病気を引き起こす可能性も出てきます。このように更年期障害による症状の中でも高血圧だけは絶対に予防・対策しておかなければならないのです。

そもそもなぜ更年期になると高血圧になってしまうのか、ご説明しましょう。先ほど更年期とは自律神経失調症の一種だとご説明しましたが、高血圧もまた自律神経が乱れた結果起こる症状のひとつです。

 

エストロゲンの分泌が減少することで乱れた自律神経では上手く血圧をコントロールすることが出来なくなってしまい、高血圧を引き起こしてしまうのです。

 

よく見られる更年期障害を原因とした高血圧の症状は、普段はそこまで高血圧ではないのに、更年期障害特有のほてりや不眠、イライラなどを感じたときに付随して血圧が高くなってしまうというもの。この状態は短い時間に血圧が乱高下してしまうため身体に良くありませんし、更に精神の不調を感じてしまう原因になりかねません。

また、更年期障害の症状が強く出ている期間は積極的な運動が出来ず、家にこもりがちになってしまう人が多いため、運動不足を原因として高血圧になってしまう場合があります。

更年期障害で高血圧になったらどう対策する?

更年期に入る前は運動をしていなくても血圧が安定していたのに、更年期に入ってから高血圧になったという方は更年期障害の症状として高血圧を引き起こしている可能性が高いです。

 

他の更年期障害と同じく高血圧にも薬による治療や運動が有効ですが、出来ればそれ以外にも対策法を用意しておいた方が良いでしょう。

例えば昼寝を無くし、夜はしっかり寝るようにすると自律神経の乱れを調整できるようになるようです。

専業主婦の方などはついついお昼は寝てしまうという方がいらっしゃるかもしれませんが、夜にしっかり寝て自律神経を整えるために出来る限り昼寝を控えるようにしましょう。

食事を改善することもまた高血圧の対策として有効です。若いときであれば少々塩分や脂質を摂り過ぎたとしても高血圧になることはありませんが、更年期の症状が出てくる頃になると話は別です。もし、食事で塩分や脂質を摂り過ぎているなと自覚があるのであれば減塩や揚げ物を控えるなどの対策が有効になるでしょう。

 

高血圧を対策する上でもっとも重要なのが『放置しない』ということです。高血圧の状態が続くのはご説明した通り非常に危険です。多少なら大丈夫、などとは考えず、血圧が基準値を超えるようであればすぐに対策を始めるようにしてください。

まとめ

更年期障害は身体的にも精神的にも辛いですよね。しかし、しっかりと対策すれば症状を緩和することは可能です。更年期障害と付き合っていく上で最も重要なのは、起こった症状に関して丁寧に向き合い続けること。

特に高血圧などは更年期障害という枠には収まらない重大な病気を引き起こす原因になりかねませんので、充分注意して対策をするようにしてくださいね。

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-高血圧
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.