今まで何の病気もしてこなかった健康な人が50歳前後を境にして急に体調を崩すことがあります。もちろんさまざまな病気の可能性が出てくる年齢ですから、身体に何か重大な病気が出てきている可能性もあります。

しかし一見するとそのような病気がないのになんとなくだるい、イライラする、冷え症気味になる、動悸がする・・・といった症状に悩まされている場合、それは更年期障害かもしれません。

更年期は誰にでもやってくるものですが、その症状の出方は人それぞれです。中には冷えや動悸といった特定の症状が強く出るような場合もあります。

今回はそんな不快な症状をもたらす更年期について、どうしてそのような体調不良がおこるのかということ、そしていざそのような症状に悩まされたらどのように対処すれば良いのかということを見ていきたいと思います。

冷えや動悸をもたらす更年期障害とは

更年期は女性が閉経を迎える前後10年ほどの期間のことを指しています。日本人女性においてはおよそ45~55歳前後が更年期に当たると一般的には考えられています。もちろん個人差もあります。

この更年期にはさまざまな体調不良が起こることがあり、女性たちを悩ませるものとなります。身体の倦怠感やたちくらみ、発汗、頭痛、肩こり、耳鳴り、イライラや不安といった精神的な症状が生じるほか、冷えや動機に悩まされる人も少なくありません。

更年期障害といえばホットフラッシュと呼ばれるほてりや発汗が有名な症状ですが、それとは真逆に冷え性のような状態になることもあるということで、身体がどうかしてしまったのではないか、と不安になる人も少なくないことでしょう。

50歳前後というと仕事や育児が落ち着き、その後の人生を考えなければならない大切な時期にあたります。このような時期に体調不良で悩まされるというのは非常に辛いことでしょうし、出来ることであればうまく乗り越えていきたいと考えるのではないでしょうか。

更年期障害は何故おこる

更年期に体調が崩れてしまうのはどのような理由からなのでしょうか。まずはその原因を理解しておくことで更年期障害とはある意味いたって普通の生理現象であることを理解しましょう。

女性は思春期に差し掛かると卵巣からエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が始まり、これは30歳くらいまでピークに分泌され女性らしさをつくって行きます。エストロゲンの分泌量は30歳あたりを境に今度は少しずつ減っていき、40歳過ぎるころからほとんど分泌されなくなっていきます。

さて、エストロゲンという女性ホルモンは視床下部にある下垂体という部分で分泌しなさいという命令が卵巣に向かって出されてはじめて分泌されるのですが、卵巣の機能低下に伴ってこの命令はスムーズに実行されることが出来なくなっていきます。

するとまだエストロゲンが足りないと判断した下垂体がさらにエストロゲンを分泌するように命令を送るというような堂々巡りが起こります。結果的に命令を出している下垂体がこの事態を処理できずに乱れてしまうと、下垂体とも関連している自律神経も一緒に乱れてしまうため体調不良が起こるようになってしまうというわけです。

体温調整が乱れる更年期

ではなぜ更年期には冷え性気味になったり、ホットフラッシュのようにほてったような状態になったりするのでしょうか。自律神経は身体の様々な部分で調節を行っている神経です。実はその役割のひとつに体温を調節するというものがあります。

夏場のうだるような暑さの時には体温が上がりすぎないように、逆に冬場の凍えるような寒さには体温が下がりすぎないようにコントロールすることで人間の身体は一年中基本的にはさほどの変化もなく生活する事が出来ています。

しかしこの体温調節機能を持つ自律神経が乱れていると体温調節がうまくいかなくなります。すると予期せぬところで突然体温があがって発汗してしまったり、思ってもみないところで急に寒気を感じたり冷え性のようになってしまうのです。

更年期障害における冷えのような症状には基本的にはひざ掛けや薄手のカーディガン、温かい飲み物などの外的な体温調節の道具を準備しておくことでいつでも体温調節を出来るようにしておくしかありません。

そして自律神経がそれ以上乱れてしまわないようになるべくストレスなどを溜めないようにしたり、症状がひどいようであれば更年期障害そのものに効果的な対策をとって根本的な原因を緩和するといったことも考えなければならないでしょう。

更年期障害の対策とは?

運動をする

適度な運動は自律神経のバランスを取り戻すのに効果的だと言われています。またストレス解消にもなるため、余計に自律神経を乱してしまうデメリットも解消できます。

健康のためにも今まで運動をする習慣が無かった人にこそチャレンジて欲しい対策ですね。

考え込まない

更年期障害自体は誰にでも起こりうるものです。したがってあまり深く考え込んでふさぎ込まないことが更年期障害を悪化させないひとつの手段ともいえます。

更年期うつといわれるように、更年期障害が悪化してうつ病のような状態になってしまう人もいます。趣味や友達と会うなどして生活を充実させることでストレスを余計に溜めないように心掛けるのも大切なことだと言えます。

漢方やサプリを用いる

更年期障害に効果的なサプリメントや漢方がたくさん売られていますから、これらを試してみるのも良いでしょう。
更年期障害の症状を緩和させるサプリメントにはプラセンタや大豆イソフラボンを含んだようなもの、漢方では女性ホルモンの働きを助けると言われているサポニンが含まれたものなどが挙げられるでしょう。

漢方は更年期対策として病院で処方されることもあるようで効果を実感できる人も少なくないようです。

病院に行く

更年期障害は血液検査で診断することが出来ます。更年期障害かも・・・と思ったら一人で思い悩まず病院で診察をうけてしっかり診断してもらうのも一つの手段です。

場合によっては効果的な薬やホルモン注射などが治療法として提示され、選択肢が広がるだけでも心持は楽になるかもしれません。

更年期を乗り越えよう

更年期には突然の冷えや動悸に悩まされる事もあるなど辛い思いをすることも少なくありません。
辛いときは周りの人に相談したり、病院に行ったりして一人が抱え込まないようにするというのも大切です。

更年期を乗り越えた先にはきっと素敵なセカンドライフが待っています。そんな楽しい未来を想像しながら乗り越えていくというのもいいのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。