ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

更年期にイライラするのはどうして?漢方やサプリが効果的?

更新日:

女性にとって避けては通れないのが更年期です。
更年期は女性にとってとても大切な時期にやってきます。子供の独立や夫婦関係、両親、仕事、友達などさまざまな観点から見ても人生の転機とも言える時期に突如襲い掛かってくるため、非常に悩まされてしまう人も少なくありません。

誰しもが大なり小なり経験することになる更年期の不調に対して心構えを作っておくことも大切です。どのような症状が考えられるのか、どのような対策があるのか、これらを知っているだけでもいざ更年期になった時にも焦らずに生活することが出来るはずです。

更年期におきる更年期障害

そもそも更年期とはなんなのでしょうか。更年期とは女性が閉経を迎える前後10年ほどの期間のことで、日本人女性の場合はおよそ45~55歳前後が更年期に当たるとされています。

更年期にはさまざまな体調不良が起こりうると言われていて、具体的には身体の倦怠感、たちくらみ、発汗、頭痛、肩こり、耳鳴り、動悸などといった身体的な症状とイライラや不安といった精神的な症状などが現れます。

特に更年期においては精神面でイライラしがちな傾向があるため、人間関係などでトラブルを起こしやすくなってしまうことも少なくありません。旦那さんやお子さんといった家族から仕事仲間や友達に至るまで、人生をかけて築き上げてきた関係性すらも時に傷つけてしまうことになってしまうのです。

更年期障害は何故おこる

ではそもそも更年期障害とはどうして起こるのでしょうか。原因はホルモンバランスにありました。

一般的に女性は10歳前後から卵巣でエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が始まり、30歳くらいまでは盛んに分泌が行われます。その後徐々にエストロゲンの分泌量は減っていき、40歳過ぎると分泌量は著しく低下します。更年期とはすなわち卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌がかなり低下した状態を指すとも言えるのです。

本来このエストロゲンという女性ホルモンは脳の一部である下垂体という部分で分泌命令を受け卵巣で分泌されます。しかし卵巣の機能が低下してエストロゲンの分泌が出来なくなってくるとこの命令を実行することが出来なくなります。

しかしその事情を把握していない下垂体はさらにエストロゲンを分泌するように命令を送ります。これを繰り返しているとしだいに下垂体が混乱してしまいます。下垂体がある視床下部というところは自律神経も調節しているため、下垂体が乱れることで結果的に自律神経も乱れてしまうのです。

更年期障害の症状は自律神経失調症のような病気とも重なる部分があるのはこのような理由からです。加えてエストロゲンという成分には気持ちを落ち着かせる効果を持っているため、これが減少することによって精神的にもイライラしやすい状態になっています。

このようなことが重なり更年期はイライラしやすく、体調不良も起こりやすくなってしまうのです。

更年期障害のイライラをおさえるには?

イライラするのは良くないことと分かっていてもなかなかコントロールするのが難しいのが実際のところではないでしょうか?そうはいっても少しでもイライラを軽減できる方法があれば知っておきたいもの。更年期障害のイライラを軽減する方法にはどんなものがあるが確認してみましょう。

朝日を浴びる

エストロゲンの減少がイライラを増幅させるのはセロトニンと呼ばれる物質の分泌を低下させるからだと言われています。セロトニンは朝日を浴びることによっても増加するため、少し早起きをして散歩をしたりするだけでも気分が落ち着くことがあるでしょう。

漢方やサプリが効果的

更年期障害に効果的なサプリメントや漢方を摂取するのも一つの手段です。漢方やサプリメントは更年期障害の症状全体を緩和させてくれる可能性もあるため試してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

漢方系では自律神経の働きを調節する効果が期待されるサポニンなどを含んだものが、サプリメントでは大豆イソフラボンやプラセンタなどが代表的な更年期障害対策と言えるでしょう。

病院に行く

更年期障害は一見どうしようもないもののようにも見えますが、実は病院で診察してもらうことでしっかり治療をしてもらえるものでもありす。

血液検査で更年期かどうかは判別できるため、そこにあわせて薬やホルモン注射といった方法で症状を緩和させることが出来るのです。本当に辛くてどうしようもない場合はぜひ専門医に相談してみてください。

周りの人から理解を得よう

更年期は人によって症状の程度も違います。中には本当に辛くてどうしようもなく感じてしまう人もいるかもしれません。

そんな時は一人で抱え込むのではなくまわりの人からの理解を得ることも大切です。今の自分の状況を包み隠さずまわりの人に話し、必要に応じてフォローしてもらえるような環境を作りましょう。

周りに更年期をすでに体験した人生の先輩がいれば話を聞いて参考にするのも良いでしょう。すでに更年期を乗り越えた人がいると思うだけでも精神的に心強い部分もあるのではないでしょうか。

更年期だからといってふさぎ込んだり、ただやみくもにイライラしているだけでは周囲との関係も悪化し、余計にストレスをためて症状をより悪くさせてしまうこともあります。中には更年期うつといったうつ病のような状態になってしまうこともありますから、なるべくうまく付き合っていけるように考えていくと良いでしょう。

更年期のイライラをうまく乗り越えよう

更年期障害やそれに伴うイライラはそう簡単にコントロールできるものではありませんが、状況に応じて病院を受診したり、家族の助けを得たりすることで無理なく改善していくのが一番良いでしょう。

また事前に更年期障害についてしっかりと理解を深めておくことでいざ更年期障害になったときにも動揺することなく生活できるようにしたいものですね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.