ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

旅行

もう現地で慌てない!快適な旅行にするためにオススメな持ち物とは?

更新日:

旅行に行くからには、最後まで思いっきり楽しみたいもの。しっかり用意したつもりでも、旅先で「持ってくれば良かった」「あれが欲しい」と慌ててしまうことってありますよね。いつもの旅行をより快適に過ごすために必要な持ち物についてまとめてみました。

美容

旅先であっても美しくいたいもの。基礎化粧品はもちろん、日焼け止めなどは必須アイテムですね。

日焼け対策グッズ

普段は室内に居る事が多く、滅多に日焼けをしないような人でも、旅行中は太陽の光をいつも以上に浴びるものです。きちんと日焼け対策をしておかないと、旅行から帰ってきてから思わぬ日焼けで悩むことになります。顔と身体用の日焼け止め、帽子、サングラスでしっかりと日焼け対策をしましょう。

いつもの化粧品

慣れない化粧品を使って、旅行中に肌荒れを起こすのは避けたいですよね。いつも使っている化粧品なら、その心配は要りません。旅行中に不足しないよう、少し多めに化粧品を用意しておくと良いでしょう。

ウエットティッシュ

旅先ですぐに手を洗いたい時や、食事前などにサッと使えるのがウエットティッシュです。海外などでは手洗いをする場所がなかなか無いので、カバンなどの取り出しやすい場所に入れておくと安心ですね。アルコール入りのウエットティッシュなら、手の除菌もできるので清潔です。

ボディクリーム

旅行中は、普段よりも沢山歩きますよね。疲れた足を、夜にクリームでマッサージしてあげましょう。ホテル内や旅館内は空調が効いていて空気が乾燥していることが多いので、ボディクリームでしっかり保湿をしておけば乾燥肌を防ぐことができます。自分の好きな香りのボディクリームを使えば、リラックスすることができます。

洗顔ネット

旅先でも、ふんわりとした泡で洗顔したいですよね。朝の支度を短時間で済ませて、予定の沢山詰まった1日を思いっきり堪能したいもの。洗顔ネットがあれば、一気に石鹸を泡立ててくれるので、自宅にいる時と同じようにノーストレスで洗顔できますよ。

電化製品

旅行に行く際に必要な電化製品についてもしっかり考えておきましょう。特に海外旅行に行く場合には注意しておく必要がありますね。

デジカメ

携帯のカメラでも充分綺麗な写真が撮れますが、やはりデジカメの方が性能も良く、沢山の枚数を撮ることができます。一眼レフやコンパクトデジタルカメラなど、旅行に合わせて持っていくカメラを選びましょう。カバンに入れて持ち運ぶのであれば、小さくて軽いカメラが良いですね。オートフォーカスや手ぶれ補正、画質、価格などのバランスを見ながら、自分に合ったカメラを持参しましょう。

携帯用充電器

夜のうちにしっかり充電しておいたつもりなのに、携帯を使いすぎて電池残量が少なくなってしまって慌てたことはありませんか?そんな時、携帯用充電器があれば、カバンの中で充電することができます。旅行先で、電池残量を気にしていては旅を充分に楽しむことはできませんよね。携帯用充電器の充電もお忘れなく!

海外用電源プラグ変換アダプター

海外旅行に行く時に、考えなければならないのがその国の電圧とコンセントの形状です。海外のコンセントは、日本とは異なる形状をしている為、そのままでは日本の電化製品を海外で使うことはできません。旅行先のコンセントの形状や電圧を確認し、それに合った海外用電源プラグ変換アダプターを用意しておきましょう。

機内であると便利!

飛行機内を快適に過ごす為には、どのような持ち物が必要でしょうか?

アイマスク

機内で寝ようと思っても、証明や窓から入ってくる光が眩しくて眠れないことがあります。そんな時に役立つのが、アイマスクです。遮光性が高く、フィット感の良いものを選びましょう。締め付けが強いアイマスクは、長時間使うには適していません。ベルトなどで、固定する場所を自分の頭に合わせて調整できるものが良いでしょう。

ネックピロー

長時間機内で過ごす為に欠かせないのがネックピローです。首を丁度よい場所に固定することができるので、気持ち良く寝ることができますよ。首だけではなく、ネックピローを背中や腰に当てたり、足の下に置いたりと様々な使い方をすることができます。ビーズクッションタイプのネックピローも良いですが、できるだけ荷物を少なくしたいのであれば、空気で膨らますネックピローを用意しましょう。使わない時は空気を抜いて小さくたたむことができるので、余計な場所を取りません。

リップ

乾燥する機内では、皮膚の薄い唇があっという間にカサカサになってしまうことも。カバンにリップを忍ばせておけば、気になる時にすぐに唇の保湿をすることができますよ。ほんのり色付くリップがあれば、ナチュラルメイクにもなるので便利です。

布スリッパ

狭い機内で、ずっと靴やブーツを履いているのは大変です。離陸したら、布スリッパに履き替えて、足元をリラックスさせましょう。足を締め付けずに楽にすることで、浮腫み防止にも繋がります。長時間のフライトでしたら、時々足をマッサージしてあげると、より浮腫みを軽くすることができますよ。

筆記用具

意外と機内で必要なのが筆記用具です。出入国カードに記載する時に筆記用具が必要になりますので、必ず持参しましょう。フライト中に、ガイドブックに印を付けたり、何か日記を書いても良いですね。

できるだけコンパクトに持ち運ぼう

女子は必要な持ち物が沢山!あれこれ持っていきたいけど、カバンやスーツケースに入る量には限界があります。スマートな旅にするために、できるだけコンパクトにする方法についてチェックしてみましょう。

圧縮袋

100円ショップなどで手軽に手に入る圧縮袋は、旅行のマストアイテムです。中に衣類を入れて、ギューっと圧縮して空気を抜けば、ビックリするほどぺったんこになりますよ。かさばる衣類を圧縮袋で小さくしてしまえば、出来たスペースに他の持ち物を詰めることができます。衣類のシワが気になる人は、現地に着いてから次の日着る服を出しておき、ハンガーで一晩吊るしておきましょう。

化粧品は小分けボトルか試供品で

慣れない土地だからこそ、化粧品はいつも使っているものを持っていきたいもの。でも、家で使っている大きなボトルを旅行先に持っていく訳にはいきませんよね。そんな時は、小さな小分け用ボトルに、必要な分だけ詰めて持って行きましょう。毎日使っている化粧品を旅先でも使うことができますし、何より軽くてかさばりません。家にある試供品を、旅行に持っていって使い切るのも良いでしょう。化粧水、乳液、美容液などを全て持ち運ぶのが面倒に感じる人は、お手入れが簡単になるオールインワンゲルを使用するのも良い方法です。

パジャマは不要!

パジャマは持っていかずに、普段着としても使えるゆったりとした服を一着増やし、それをパジャマ代わりにしましょう。いざという時の着替えが、一着でも多くあると安心しますし、旅行先のホテルや旅館でパジャマが用意されていることもありますので、意外とパジャマを持参しなくても問題なく過ごすことができます。

生理用品はスリムタイプで

旅行中になってしまうと困るのが生理ですが、いつ生理になっても慌てなくて良いように準備しておく必要があります。生理用ナプキンを持っていく時は、必ずスリムタイプにしましょう。スリムタイプの方がやや値段は高いですが、通常のタイプよりも少ないスペースで沢山持ち運ぶことができます。

スーツケースのレンタル

家に置いておくと、かなり幅を取ってしまうスーツケース。一人暮らしの人は特に、どこで保管したら良いのかと困ってしまいますよね。このスーツケースも、レンタルにすれば、よりスマートな旅行にすることができます。泊数やサイズ、ブランドなどを選んで、旅行にぴったりのスーツケースを必要な日数だけレンタスすれば、旅行後にスーツケースの置き場所に困る事はありません。

入念な準備が旅行を楽しくしてくれる!

楽しい旅行にするためには、何を持っていくのか良く考え、後で慌てる事の無いようにしっかりと準備をしておくことが大切です。旅行先の情報を良く調べておき、現地で手に入るものは現地で、という方法で荷物を減らすのも良いでしょう。準備が終わったら、後は旅を楽しむだけですよ!

 

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-旅行
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.