ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

洗顔

ワンランク上の美肌追求!人気の「拭き取り化粧水」の効果と正しい使い方

更新日:

次から次へと新商品が登場する化粧品アイテム。そんな中でも、今特に注目を浴びている人気アイテムが「拭き取り化粧水」です。正しく上手に使えば、今よりもワンランク上の美肌を手に入れることができますが、間違った使い方をすれば逆効果となります。

 

「拭き取り化粧水」は、洗顔後にお肌に残っている油脂分や汚れを拭き取り、化粧水の浸透性を良くしてくれる便利なスキンケアアイテムです。洗い残しをキレイに拭き取ってくれるので吹き出物やシミの予防効果も期待できます。この「拭き取り化粧水」について、その効果や正しい使い方について詳しくお伝えします。

 

拭き取り化粧水とは

一般的な化粧水は、お肌に「加えるモノ」ですが、「拭き取り化粧水」とは、お肌から「取り除くモノ」なのです。お肌に残っている古い角質や毛穴の脂汚れなどを、拭き取ってキレイに除去してくれる化粧水アイテムなのです。

 

肌の新陳代謝の活性が衰えると、古い角質が残りやすくなります。また油性の化粧品を使うと毛穴に油脂が残ります。クレンジングでの化粧落しや洗顔後に残った古い角質や油脂分や細かい汚れなどを、拭き取って取り除く役割を果すのが「拭き取り化粧水」なのです。

 

「拭き取り化粧水」は正しい使い方をすれば、「化粧水や美容液の浸透性を高める効果」や「吹き出物やシミやクスミを予防する効果」が得られます。しかし間違った使い方をすれば、逆に肌にダメージを与え、乾燥肌の原因となり肌のバリア機能の低下を招くリスクとなります。

 

拭き取り化粧水の役割

1.古い角質や皮脂や化粧残りを落とす

お肌には新陳代謝によって生じた古い角質が残されています。また皮脂腺から分泌される皮脂や化粧品の油性成分なども付着しています。これらの古い角質や皮脂や化粧残りなどは、クレンジングでの化粧落しや洗顔後であっても、完全に除去できずにお肌に残っています。「拭き取り化粧水」は、これらのお肌の不要物を取り除いてくれるのです。

 

2.浸透性の高い化粧前の下地を整える

拭き取り化粧水は、お化粧前の下地を整える「プレ化粧」の役割を担います。お肌に古い角質や皮脂や化粧残りの油脂分などの汚れが残った状態では、いわゆる「化粧ノリ」が悪くなります。「拭き取り化粧水」は、化粧前の完璧な下地を整えて、化粧水や化粧液の浸透性を高めて保湿と化粧ノリを改善してくれます。

 

拭き取り化粧水の効果

拭き取り化粧水」には、「洗顔後の洗い残しを除去する」「化粧水の浸透性を高める」「肌荒れを予防する」「肌のバリア機能を高める」などの効果が期待できます。

 

洗顔後の洗い残しを除去する

拭き取り化粧水」には、洗顔で落としきれなかった毛穴の汚れや古い角質を取り除く効果があります。朝の化粧前の洗顔や夜の化粧落としの洗顔であっても、洗い残しが必ずあります。古い角質や汚れ、毛穴に詰まった脂分などです。これらの洗い残しをキレイに取り除く効果があります。

 

化粧水の浸透性を高める

従来の洗顔方法では洗い残しがあり、化粧前の下地としては万全とは言えません。拭き取り化粧水は、余分な角質や皮脂や油脂分などの洗い残しを、キレイに取り除いて化粧前の万全な下地を整えてくれます。その結果として、化粧水の浸透性を高めて化粧ノリを良くする効果が期待できます。今よりもワンランク上の美肌が手に入れられます。

 

肌荒れを予防する

吹き出物(大人ニキビ)やシミやクスミなどは、洗顔で残った古い角質や皮脂や油脂分などが原因で引き起こされることがあります。油性の強い化粧品などの油脂分が毛穴に残って、大人ニキビになる可能性が高くなります。こういった不要な洗い残しをキレイ取り除くことで、肌荒れの予防効果が期待できます。

 

肌のバリア機能を高める

余分な角質や油脂分などが取り除かれることで、肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常化されます。また化粧水や化粧液の保湿成分の浸透性を高めることによって、角質層が健康に潤うことで肌のバリア機能が高まります。

 

拭き取り化粧水の正しい使い方

拭き取り化粧水」は、使用量や使用頻度において、「使い惜しみ」も「使い過ぎ」もどちらもNGです。またゴシゴシと強く拭き取ると肌にダメージを与えてしまいます。コットンに化粧水をたっぷり(適量)と含ませてから、優しく丁寧に拭き取ります。

 

使用回数

1日に使う回数は「朝と夜の2」までで、洗顔後に使用します。使い過ぎは、肌の保湿を守る皮脂までも取り過ぎて肌にダメージを与えてしまいます。朝は「寝ている間に付いた皮脂や汚れ」を、夜は「昼間に付いた汚れや角質や化粧残り」を、取り除きます。

 

使うタイミング(順番)

使うタイミング(順番)は、「洗顔後の化粧する前」です。クレンジングでの化粧落しや洗顔の後であり、化粧する前です。洗顔の洗い残しをキレイに取り除いてくれます。また化粧前の正しい下地づくりに導いてくれます。

 

【朝】であれば、「洗顔」→「拭き取り化粧水」→「化粧水(化粧液)」→「乳液」→「化粧」の順番となります。【夜】であれば、「クレンジング」→「洗顔」→「拭き取り化粧水」→「パック」→「化粧水(化粧液)」→「乳液」の順番となります。

 

コットンに適量を含ませて拭き取る

洗顔後に、コットンに適量(たっぷり目)を含ませて拭き取ります。手の平などに取らずに必ずコットンを使いましょう。取り惜しんで少な過ぎると効果は半減します。コットンに汚れが付かなくなるまで繰り返します。

 

1回目は、コットンにたっぷりと含ませ、頬部や額部の中心部から外方向に優しくすべらせるように拭き取っていきます。2回目は、新しいコットンに取り替え、1回目より少なめのを含ませて目の周辺や小鼻の周辺を優しく拭き取ります。

 

優しく丁寧に拭き取る

拭き取り化粧水が滲みこんだコットンで優しく丁寧に拭き取ります。強く擦り過ぎると、健康な皮脂まで取り除いて肌にダメージを与えてしまいます。ゴシゴシと肌を擦らず、すべらせて撫でるような優しい使い方をします。

 

使用後は必ず保湿する

拭き取り化粧水を使った後は、保湿作用のある化粧水や化粧液で十分に保湿する必要があります。拭き取り化粧水を使った後のお肌は乾燥しています。ここでしっかりと保湿しないと、乾燥肌や大人ニキビや肌荒れなどの原因になってしまいます。

 

拭き取り化粧水の使い方での注意点

拭き取り化粧水」には、さまざまなタイプがあります。また肌質や時々の肌の状態も、人によってそれぞれ異なります。自分の肌質や肌の状態に合わせた使い方や選び方が大切です。

 

自分の肌質に合ったものを選ぶ

敏感肌乾燥肌の人、生理中や日焼け後や顔そり後などの肌が敏感になっている時吹き出物や肌荒れがある時などには、それぞれの症状に適応したタイプを選んで使用する、または使用を控えるという選択が必要です

 

敏感肌・乾燥肌・肌荒れは要注意

敏感肌や乾燥肌の肌質の人は、それぞれに適応したタイプのものを選んで、使用頻度などを減らすなどの工夫が必要です。また肌荒れがひどい時や炎症が見られるときなどは使用を控えるのが賢明です。拭き取り化粧水の役割は「不要な汚れを拭き取るもの」です。したがって不要な汚れが気にならない時には使う必要はありません。

 

ピーリング化粧品との併用は控える

お肌の余分な角質や皮脂を取り除く効果のあるピーリング石鹸やピーリングジェルなどの化粧水との併用は控えましょう。必要な皮脂や角質までも取り除かれて、肌のダメージを与え、乾燥肌や肌荒れの原因となってしまいます。

 

まとめ

「拭き取り化粧水」は、洗顔後に残った古い角質や毛穴に詰まった油脂などを取り除いてくれます。正しく上手に使うことで、化粧水の浸透性を高めワンランク上の美肌を手に入れる効果や大人ニキビやクスミなどの肌荒れを防止する効果も期待できます。しかし間違った使い方や選び方をしてしまうと逆のマイナス効果となってしまいます。自分の肌質に合った選び方や使い方が大切です。

 

化粧水関連でよく読まれてる記事

APPS化粧水おすすめランキング!美白・ニキビに効果絶大

このページでは、お肌の健康・美白・ニキビ対策に効果た高いAPPS化粧水について、口コミで人気・おすすめのAPPS化粧水の ...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-洗顔
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.