ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

引越

引越し費用はいつが安い?時期や時間、曜日でも変わる引っ越し業者の基礎知識

投稿日:

いざ引越しをするに当たり、あなたは引越しを専門としている業者に依頼するか、自分で行うかのどちらを選びますか?
 
 
一人暮らしで荷物も少なく、レンタカーで軽トラックを借り、友人に手伝ってもらって自分で行う引っ越しもあるでしょう。しかし、家具に傷がついたり、家電を壊してしまった場合、業者であれば保険をかけてあるため賠償が可能ですが、自分で引越しをした場合、友人にその金額を請求することは難しく、友情にひびが入ってしまう可能性もあります。
 
 
総合的に考えると、すべて引越し業者にお願いした方が、楽かも知れません。ということで、今回は引っ越しについてお話ししましょう。

お得な引越しとは

shutterstock_426305638誰でも引越し費用は抑えて、お得に引越しを行いたいものですよね。引越しは様々ですが、格安な料金で行うことも十分可能なのです。それでは、どのようにお得に引っ越しをしていけば良いのでしょうか。

時期の設定

入学や就職の時期と重なる2月や3月は、最も引越しが重なる時期です。そのため、引越しの料金が最も高く設定されています。したがって、この時期の値引きは期待できません。
 
 
逆に11月から1月にかけては、引越しが少ない時期となります。引越し業者は、スタッフの人件費やトラックの維持費のため、多少値引きしてでも仕事を引き受けたい時期にあたりますので、この時期に思い切って、値引きの交渉するのがおすすめです。

曜日と時間帯

土日祝日は、値段が高く設定されている引越し業者がほとんどです。平日に引越しを行うことが可能であれば、かなり料金を抑えられます。引越しは縁起を担ぐ人も多いため、大安の日は引越しが重なりやすいので、仏滅など、人気のない日を選ぶことで、値引きの可能性が出てきます。
 
 
また時間帯も選んでみましょう。通常朝から引越しを始めて、夕方に終わらせたいと考える人が多く、また遠距離に引越しをする方は、午前中から作業が必要になるため、引越し業者の午前中は、フル稼働状態になります。
 
 
近距離の引越しを考えているのであれば、午後にすると、料金が下がるでしょう。

引越し日について

冠婚葬祭は、日を選ぶことが多く、結婚には大安が、葬式には友引を避けるなどありますが、ご存知でしょうか?引越しは、冠婚葬祭ほどではありませんが、大きなイベントであるということで、日取りを気にする方もいます。特に高齢の方には、仏滅に引越しするとは常識がないと捉えられる可能性もあります。
 
 
しかし、実際引越しを行うとなると、六曜のようなお日柄を重視するよりも、現実的に引越しに適した日があります。これはどのような日なのでしょうか。

天候もしっかりチェック

なによりも晴天であることが一番ですよね。雨の日や台風の日に引越しを行うと、荷物や家具が濡れてしまったり、引越しに時間がかかってしまいます。最悪な場合は、引越しそのものができなくなるかもしれません。
 
 
このような事態にならないよう、台風や秋の長雨のシーズンを、避けた日程を設定しましょう。

道路状況も関係あり

ゴールデンウィークやお盆、3連休と行った時期は、道路が混雑するため、避けた方が良いでしょう。道路が混むと、なかなか荷物が到着せず時間をもてあましてしまい、大変非効率な引越しとなってしまいます。
 
 
またその地域の道路工事や、お祭りと行ったイベントがわかっている場合は、避けた方が良いでしょう。

手伝いをしてくれる人の予定を最優先

親戚や友人などに、引越しを手伝ってもらうことを予定しているのであれば、相手の都合の良い日を、最優先しましょう。引越しは思っている以上に、時間も体力もかかりますので、無理なスケジュールとならないような、日程を組むことが重要です。

引越し費用について

shutterstock_301331096
 
 
引越しには、費用が多くかかりますが、その中でもわかりづらいものに引越し業者の料金があります。
 
 
引越しごとに荷物の量や質が異なりますし、引越し先も条件によってかなり値段が異なるため、わかりづらくなってしまうのです。

基本運賃とは

引越しの料金は、基礎運賃、実費、サービス料から構成されています。基礎運賃とは、国土交通省が定めている引越約款に基づいて、計算される運賃のことです。この運賃には、時間制と距離制の2種類があります。
 
 
時間制は「4時間」と「8時間」の2種類が設定されており、これを1時間超過するごとに追加料金が発生する仕組みです。距離制は基礎距離を100kmとして、これを超過すると追加料金が発生します。なお、軽貨物業者の基礎距離は30kmです。
 
 
なお、使用するトラックのサイズによって基礎運賃も変動しますので、荷物の漁師代では高くなる可能性もあります。

実費、サービス料とは

実費とは、引越しに関わる作業員数分の作業料金、ダンボールや緩衝材などの資材料、高速道路などを使用した場合は有料道路通行料などを指します。これも、遠距離の引越しや荷物が多い場合は高くなります。
 
 
サービス料は、業者によっても異なりますが、エアコンの取り付けや不要品の処分などを指します。この金額も、業者によって設定が異なっていますので、確認しましょう。
 
 
なお、内金や手付け金といったものを、引越し業者が請求することは、禁止されているので、請求された場合は、ご注意下さい。

引越しにまつわるトラブル

shutterstock_299057372
 
 
引越しにはトラブルがつきもの、というくらい多くのトラブルが発生します。せっかく、心機一転、新鮮な気持ちでスタートを切りたいところ、トラブルに巻き込まれて、嫌な思いをしてはたまりません。
 
 
実際に、トラブルが発生したときに困らないよう、よくあるトラブルについてご紹介しましょう。

荷物の破損や紛失

引越し業者とのトラブルで最も多いのが、荷物の破損や紛失です。大型家具については、傷があるかどうかを確認しておきます。軽く、写真を撮っておくと、客観的に把握できるのでお勧めです。
 
 
余計なトラブルが生じないよう、引越し業者立ち会いの下で行うことが、重要なポイントです。荷物が紛失していたり破損していた場合は、写真を撮影し、引越し業者より事故証明書を受領します。こちらも必ず、その場で作成してもらいましょう。

業者によるトラブル

見積もりと作業員やトラックの数が異なる、トラックの遅延により引越しが遅延した、業者が提供する予定だった梱包材がない、荷物が指定日に到着せずホテル宿泊を強いられた・・・といったトラブルがありますが、これらももちろん料金の減額が可能です。おおよそ10%の減額と行ったところが一般的のようです。

退去のトラブル

賃貸アパートやマンションの場合、入居の際に敷金を入れているケースが、多く見受けられます。敷金から差し引かれるような、破損や汚損といった者は、居住者の故意や過失等によって、生じた者に限られます。
 
 
しかしながら、多少の壁の汚れや風呂場の汚れなどは、経年劣化といえますので、これらのクリーニング代を、敷金から差し引かれた場合は、借り主として大家や不動産業者にその旨を主張し、敷金返還を請求することになります。

まとめ

誰でも引越し費用を、抑えてお得に引越しを行いたいものです。荷造りや荷ほどきを自分で行ったり、梱包資材を自分で準備することで、引越し料金を値引きしてくれることもあります。
 
 
引越しは、格安な料金で行うことが、可能なのです。万が一、急なキャンセルや、日程変更がわかった時点で、すぐに業者に連絡を入れておくことも、忘れないでくださいね。
 
 
引越し業者に頼むと、自分で引越しをするより費用がかかってしまいますが、その分は、「楽と安心を買った」と考えを切り替えることで、気持ちもすっきりするかもしれません。かといって、悪徳業者にだまされず、賢明な消費者でいるためにも、引越し料金が、どのような構成となっているのかを、しっかりと確認しておきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-引越
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.