ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

引越

引っ越し業者の選び方!いい業者選びチェックリスト

投稿日:

さあ引越しをしよう!と思っても、やることが多すぎて何から手を付けていいのやら・・・と途方に暮れてしまいませんか?とりあえず、引っ越し業者を選んでから、引っ越しの準備に取り掛かっていきますよね。引越し業者は数多くありますが、失敗だけはしたくないものです。

大事な荷物を壊されたりしたら困りますし、理不尽に高い料金を取られても困りますよね。いわゆる、良い業者を選ぶにはどのようにしたらよいのでしょうか?

引越し業者はトラックや人だけでなく、梱包資材の提供やノウハウなどを持っているため利用するととても便利です。ということで、今回は、いざ引っ越し!というときに困らないために、業者選びのポイントをお話しします。

引越し業者の選び方について

まずは多くの業者から見積もりをとりましょう。インターネットでは引越し業者を比較するサイトが多くありますので、それらを利用してみましょう。

自分の荷物や現在の住居などを確認した上での料金を見積もってもらう方が、後々のトラブルを防ぐことになります。したがって、電話での見積もりではなく、訪問見積もりをお願いしましょう。特に複数の業者を一括して比較できるようなサイトだと便利です。ここでは概算を確認しておきます。

訪問見積もり

概算を確認したら、実際に担当者と話をして訪問見積もりを取ります。あまり多くの業者と対応するのも時間がかかりますので、先の比較サイトで何社かあたりをつけて、その業者のみで比較を行います。

引越しは個々により条件が様々であり、自分なりのこだわりやライフスタイルもあります。実際に担当者と会って確認し、疑問点や不安を解消することが重要です。訪問見積もりの際に、各社の対応を確認することもできます。約束の時間を守るか、誠実な態度か、わかりやすい料金説明か等も、各社の比較を行うときに重要です。料金やサービスだけでは測れません

口コミ評価を確認

仕事の質やサービスを確認するには、実際に引越を経験した人の口コミ評価を確認するのも一つの方法です。しかしながら口コミを全て信用してはいけません

引越し業者も全て同じ人が対応するわけではありませんし、口コミをしている人が信用できるとも限りません。あくまで参考程度にとどめておき、実際に自分で確認することが重要です。その場で営業担当者の応対やサービス内容を自分なりの目で確認しましょう。

疑問点や不安なところはすべて確認

訪問見積もりの際には、疑問点や不安なところはすべて確認しましょう。また曖昧な返事やどちらとも取れるような言葉は避けた方が良いでしょう。また全て確認が終了したら、見積書や契約書など、書面で残すようにしましょう。どちらも引越しのトラブルの原因となりかねません。

引越し業者に依頼できない荷物

shutterstock_434064691引越し業者はトラックや人だけでなく、梱包資材の提供やノウハウなどを持っているため利用するととても便利です。しかしすべての荷物を運んでくれるわけではありません。以下にまとめますので、これらは自分で運んだり専門業者を手配するなど、事前に準備しておきましょう。

他の荷物に損害を及ぼす可能性のあるもの

例えば火薬類、灯油やガソリンといった可燃性のもの、腐敗する可能性のある生鮮食品などです。ペットや植物など生体も運ぶことができません。

また保証ができないもの、保証できないようなものも運ぶことができません。例えば現金、有価証券、キャッシュカード、クレジットカード、宝石類や美術品、骨董品といったような貴重品、ピアノのように運ぶことで損害を与える可能性が大きいものなどです。

依頼できてもできれば自分で持ち運ぶと良いもの

また、運ぶことは可能ですが、カギやリモコンなど新居ですぐに使うもの、紛失しては困るものはダンボールに詰めてはいけません。紛失しないまでも、新居でどのダンボールに入っているかわからなくなったり、取り出しにくかったりして困ることになる可能性が大です。これらの品物は手持ちで運ぶ方が良いでしょう。

引越しのスケジュールについて

shutterstock_101235769それではざっと引越しのスケジュールをまとめてみましょう。自力で荷物を運ぶのか、引越し業者に依頼するのか、友人に頼むのか・・・。自力で運ぶのであれば車の手配が必要です。友人に頼むのであれば早めに彼らのスケジュールを抑えなくてはいけません。

大型電化製品、特にエアコンについては、取り外しと新居の取り付けについて考えておく必要があります。自分でできるのなら良いのですが、専門業者を手配しておいた方が安心です。

新居を下見する際にコンセントの位置を確認し、どこに何を設置するかレイアウトを決め、図にしておくと業者の作業がはかどります

引越しの日程

業者をある程度絞り込んだら、引っ越しの日程を決めます。時間もかかり体力も使いますので、無理のない日程で行いましょう。日程が決まり次第、引越しをする旨大家や不動産業者に伝えなくてはなりません。家賃をいつまで払うのか、退去日はいつなのか連絡しておくことを忘れずに・・・。

これを機会に不要品を処分すると新居に運ぶ荷物を減らすことが出来ます。何年も使っていないものはリサイクルに出したり知人にあげたりするなど手放してしまいましょう。

荷造り

粗大ゴミに該当するものを捨てる場合は、早めに自治体へ回収を依頼しましょう。そして引っ越しへ・・・という流れになっていきます。子どもがいる場合は転校の手続きもしておかなければ行けません。

転出届を市区町村役場に提出し、転出証明書を取得しましょう。また教育委員会から異動票を取り寄せ、通っている学校に提出しておくと、後から慌てることがありません。

引越し前日にすべきこと

shutterstock_427451347引越し直前には、荷造りが終わっていなかったり、忘れていた手続きがあったりと落ち着かない状態のまま徹夜してしまうなどと言うこともあるかもしれません。

しかし、前日は早めに就寝し、当日早起きすることをお勧めします。引越し当日まで使用する日用品は荷造りできません。バッグやダンボールを取っておき、使い終わったらしまいましょう。

現金の用意

引越し業者への支払は当日現金が多く、そのほかにも交通費や食事代等が必要となります。ですから、現金は忘れず多めに用意しておきましょう。

また、電気、水道、ガスの利用料金は引越し当日にまとめて精算となることもあります。その費用も見込んでおきましょう。

近所への挨拶

最後に、今までお世話になったご近所の方に挨拶をしておきます。今までのお礼と共に、引越し当日は騒がしくなることをお詫びしておきましょう。最後の最後で、ご近所トラブルにならないようにごみや掃除の後片付けはしっかり行うよう、ほうきとちりとりは最後までしまわず用意しておきましょう。

まとめ

引越し業者に依頼するのであれば、手配の上見積もりを取る必要があります。引越し業者はそれぞれに特徴があり価格に差があるので、複数見積もりを取った方がよいでしょう。

複数業者を比較し、納得の上で安心してお任せできる業者を選ぶことが最も重要なのです。引越しは条件によって大きく値段が異なります。また個々の条件が異なるため、一般的な相場というものもありません。また、引越しと行ってもサービス内容は様々ですよね。

ぎりぎりまで値段を下げる代わりに最低限のサービスとするのか、過剰なほどのサービスを行う代わりに高い金額となるのかは各社の個性です。1社のみで見積もりを取ると、各社のサービスを比較して自分にあった引越しを、行うことができない可能性もありますし、足元を見られて高い値段を提示されることもあります。複数業者の見積もりを取って比較することが重要になるでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-引越
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.