ダイエット

座るとお腹が出る!?原因は何?簡単エクササイズで今すぐ解消!

更新日:

お腹周りが気になっているという人の中には、立っているときは目立たなくても座るとお腹がぽっこり出てきてしまうという人が少なくないのではないでしょうか。

また、座るとお腹の肉がズボンやベルトに乗ることが気になるという人や、食後になるとどうしてもお腹が出ている気がするという人もいるでしょう。

このように、座ったときだけお腹がぽっこりするというのはどのようなことが原因として考えられるのでしょうか。

 

また、これらを放っておくと身体には良くない状態が続くということで、しっかり解消することが大切とされています。

予後や解消法についても気になるところですね。

今回は座るとお腹が出るという人のために、お腹がぽっこり出てしまう原因や座った状態で簡単にできる解消法、そして放っておくとどのような予後になるのかということを紹介していきます。

 

座ると腹が出る原因

 

まずはじめは、座るとお腹が出てしまう原因についてみてきましょう。

どのような原因が考えられるのか、主なものを挙げていきます。

皮下脂肪が多い

座るとお腹が出てしまう原因についてまず挙げられるのは、皮下脂肪が単純に多いということです。

私たちの細胞にタンパク質や脂質は重要なものであり、身体にとって脂肪があるということも同様に重要です。

女性であれば筋肉が少ない分熱を作り出す力が男性より弱く、脂肪によって体温を逃がさないようにしている面もありますし、脂肪によって衝撃などから保護されているという面もあります。

 

つまりなくてはならないものでもあるということですが、余分についているというのが現代人ということですね。

あまり動かない場所につきやすく、座っていることが多い人では余計にお腹につきやすいということです。

 

飲んで皮下脂肪を減らす「シボヘール」というサプリがあります。このページで(シボヘールの口コミを徹底調査。効かない!?ほんとに効果ある?)詳しくご紹介していますので、チェックしてみてください。

姿勢が悪い

座るとお腹が出てしまう原因について次に挙げられるのは、姿勢が悪いということです。

座っている時の姿勢は、座っている時間が長くなればなるほど崩れていきやすいですね。

背もたれにもたれかかるような姿勢や、顎が上がって首が前に出てしまうような姿勢の人が多いのではないでしょうか。

見栄えの良いものではありませんが、健康にも良くないということはよく指摘されていますね。

 

座っている姿勢、特に背中が丸まった姿勢で骨盤が後傾するようにクタっと座っている姿勢ではお腹の力が抜けてしまい、常にはたらいているはずの深い層の筋肉も使いづらくなってしまいます。

力が抜けてしまうことでお腹が目立つようになるということですね。

内臓下垂

座るとお腹が出てしまう原因について次に挙げられるのは、食後に特に気になるという人であれば内臓下垂もあります。

胃下垂を聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

食事によって内容量が増えた胃などの内臓が、重力に負けて垂れ下がることでお腹がぽっこりしてしまうということです。

 

姿勢が悪いとお腹に力が入りにくくなると述べましたが、その弊害とも言えるでしょう。

腹筋は自然のガードルもしくはコルセットという表現を聞いたことがあるのではないでしょうか。

筋肉がはたらくことで適切な位置に保たれている内臓が、弱くなることで垂れ下がってぽっこりお腹になってしまうということですね。

空気嚥下症の場合も

座るとお腹が出てしまう原因には、食事にも関連するものとして空気嚥下症も挙げられます。

ストレスなどが主な原因ということですが、食事の際に空気を多く飲み込むことでガスが溜まっていきゲップが増えたりお腹が張ってくるという症状が出ます。

余分な空気は身体も排出するようにはたらくので、口からはゲップ、下からはおならという形で回数が増えるということです。

 

お腹に空気が溜まってしまうということで、ぽっこりしてしまうのですね。

ストレスが強い状態にある場合には、食事でなくとも、例えば唾を飲みこむなどでも空気を飲む量が増えるとされています。

座ると腹が出る人におすすめのエクササイズ

座るとお腹が出てしまう原因として考えられるもので、主なものを紹介してきました。

次はそんな状態を解消するためのエクササイズについて紹介していきます。

座った状態で簡単にできるので、是非やってみて継続していきましょう。

骨盤のエクササイズ

原因の1つとして姿勢が悪いことを挙げてきましたが、もたれかかるような姿勢では骨盤は後傾しています。

この状態が長いと身体の後ろ側の筋肉は伸ばされた状態が続くので、肩こりや腰痛にもつながってしまいます。

後ろにもたれていると感じたら、思いきり良い姿勢をしてみると、反対に骨盤が起き上がって前傾することが感じられるでしょう。

 

本来は前傾と後傾の間でニュートラルな位置にあることが理想ですが、多くの人で後傾の時間が長くなっているということですね。

つまりこまめに前傾させることを意識していけば、バランスがとれてくることで改善が期待できるということです。

お腹を凹ませてツイスト

姿勢が悪くお腹の力が弱くなってしまった人は、お腹の力を取り戻す必要があります。

上述したように骨盤を起こして良い姿勢をとり、思いきりお腹を凹ませましょう。

お腹を凹ませたまま呼吸ができるでしょうか。

 

緩んでしまうという人は呼吸ができるようにしていきましょう。

そして呼吸ができる人は、その状態で身体をひねってツイストさせることで腹筋に刺激をいれましょう。

左右1回ずつで真ん中に戻ったら一度力を抜いて、もう一度凹ませてからツイストをする、というように繰り返します。

まずは5回を目安にし、徐々に増やしていきましょう。

 

毎日自宅でエクササイズするのは面倒くさい!そんな方にはお腹痩せエステがおすすめ!
この記事(お腹痩せエステおすすめランキング!効果の高いエステを集めました)で、今人気のお腹痩せエステをご紹介しています。

 

座ると腹が出る人は要注意

では最後は、座るとお腹が出てしまう状態、つまり姿勢が悪かったりお腹の力が抜けてしまっている状態にしているとどのような結果につながるのかを紹介していきます。

しっかり改善して、更なる不調を防ぎましょう。

冷えやむくみの原因に

あまり動かないところに脂肪が溜まるとも述べましたが、筋肉も弱くなってしまうということで冷えやむくみの原因になってしまいます。

足先などの末端だけでなく、お腹周りも血流が悪くなって循環が滞ってしまうということですね。

 

むくみに関しても同様で、ふくらはぎなどが冷えとセットのイメージですが、股関節などのリンパも流れが悪くなることで冷えにもつながってしまうということです。

女性であれば周期に影響も

お腹周りの循環が悪くなって冷えやむくみが起こるということは、女性であれば女性周期や生殖器に影響を及ぼすということが考えられます。

周期に乱れが出たり、PMSなど周期によって体調が著しく変化する場合には血流など冷えも考えてみましょう。

 

周期の問題に加えて、冷えは妊活に関しても大敵です。

子宮や卵巣が体内にあるのは温度が重要だからなので、冷えやむくみなど循環に気を遣うようにしていきましょう。

 

もしPMSや周期の乱れでお悩みでしたらルナテアというサプリが今人気です。このページで(ルナテアは効果ある?口コミをまとめました。PMSの改善効果を徹底検証)詳しくご紹介していますので、よかったら読んでみてください。

最後は全身の不調に

お腹周りの循環や代謝が落ちるということは、内臓のはたらきの低下にもつながります。

内臓のはたらきは自律神経やホルモンバランスなどとも関連しているので、放っておくと徐々に全身の不調につながっていくこともあるのです。

 

単純に体型の問題だけと片付けず、後々につながっていくということもしっかりと意識して改善を図っていきましょう。

 

まとめ

今回は座るとお腹が出るという人のために、お腹がぽっこり出てしまう原因や座った状態で簡単にできる解消法、そして放っておくとどのような予後になるのかということを紹介してきましたがいかがでしたか?

見栄えが悪いだけでなく、放っておくと不調が起こりやすくなってしまいます。

しっかりと意識して、解消するようにしていきましょう。

よく読まれてる人気記事

体を絞るトレーニング3選!効果的な方法で筋肉アップ&超ダイエット!

もし、今すぐ目の前に二人の異性が現れたら、どちらを選びますか? ひとりは肥太っていて、もうひとりはスラッとした筋肉質です ...

【スリミングジェル効果ランキング】口コミで人気の高いものを集めました

スリミングジェルは、自分で気になる部分に塗ってマッサージすることで部分的に痩せられるジェル。 スリミングジェルは、エステ ...

【簡単・即効で効果が!】女性のための体幹トレーニング動画まとめ

体幹トレーニングは効果が出るまでに時間が掛り、外見からも変化を感じることが難しいためになかなか続かないという方が多いよう ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ダイエット
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.