テレビに出演している人たちは、テレビ上ではとても元気で時にはものすごく強い精神を持っているのではないか、一般の人とは違うのではないかと錯覚させるほどプロとして元気に振る舞っています。
 
しかしそんな彼らも人間。その裏にはプライベートや仕事、人間関係、体調などでさまざまな問題やそれにまつわる不安を抱えています。人間ですから精神的なムラが出てくることももちろんあるでしょう。
 
そんなことを表面には出さずに気丈に振る舞っていると、中には見るからに体調を崩してしまう人もいます。そして活動を自粛・休養する事態になってしまうことも・・・。
 
今回ご紹介する小林麻耶さんも最近体調を崩して活動を休止していた一人。
アナウンサーとしてさまざまな番組で看板娘を務めてきた彼女に起こった体調不良。その裏にはやはり皆さんもおそらく知っているあの悲しい出来事があったようです。

小林麻耶さんとは?

小林麻耶さんは1979年7月12日新潟県生まれのアナウンサー。TBSアナウンサーとしていわゆる業界人生活をスタートさせ順調にキャリアアップした後2009年にフリーのアナウンサーに転身しました。
 
その後も変わらず、むしろ自由になったことにより積極的な活動を展開していった小林麻耶さん。まずはそんな彼女の生い立ちを軽く確認してみましょう。

大学時代から頭角をあらわす?

青山大学在学中に文化祭で声をかけられたのをきっかけに「恋のから騒ぎ」というバラエティ番組にレギュラーとして登場。当時からその存在感を放っていたといいます。
 
卒業後はTBSにアナウンサーとして入社。順調にさまざまな番組に出演したのち2009年にフリーアナウンサーに転身。その後はぶりっ子キャラを活かして人気を高めていきます。
 
恋のから騒ぎへの出演からも分かるようにもともと個性的なキャラクターを持ったタレント気質な部分もあったためフリーアナウンサー転身後にも高いパフォーマンスを発揮しています。
 
実際にTBS時代の先輩からはアナウンサーとしてよりタレントとしての方が活きるのでは・・・と考えられていたこともあったそうですが、持ち前の真面目な性格でアナウンサーとしての技術も身に着け、フリー転身後はタレントアナウンサーのような立ち位置でのお仕事が続いていたように思います。

生放送中に体調不良?10か月の休養へ・・・

そんな人気絶頂にあった小林麻耶さんに異変が起こったのは2016年5月19日。火曜日レギュラーとして出演していたワイドショー「バイキング」の生放送中に体調が急変、途中退席し救急車で運ばれるという事態に発展。その日を境に活動を休止し休養すると言う旨が発表されました。
 
共演者は当時の小林麻耶さんを振り返り、ずいぶん顔色が悪くて貧血のような感じだったと話しているそうで、過呼吸的な状態になってかなり切迫した状態だったという証言もあったようです。
 
過労による休養という形で事務所から休養の理由が示されましたが、病院では具体的な理由が判明していなかったとする報道や事務所からのうやむやにするようなおおまかな発表でファンの間では当時さまざまな憶測が飛び交っていましたね。
 
特に本番中に過呼吸をおこした・・・という情報からパニック障害を指摘する声が多く、小林麻耶さんとパニック障害をひっかけたような情報が今でもネット上に散見されました。
 
パニック障害とは突発的に動悸や発汗、過呼吸、めまい、吐き気などが襲い掛かる病気で、遺伝や環境によって引き起こされるものだと言われています。有名人ではKinKi Kidsの堂本剛さんなどが悩まされていたことで有名ですね。
 
当時明らかに疲れているそぶりを見せることが多かったとされる小林麻耶さん。そして突然の休養に心配する声も多く、なにか重大な病気にかかったのではないかと囁かれていました。しかしその後、真相は別のところにあったことが分かることになります。

小林麻耶さんが休養の真相?闘病中の妹・小林麻央の存在

2016年6月9日、小林麻耶さんの妹・小林麻央さんが乳がんにかかっていることが発表されます。そしてその会見の口ぶりから状態はかなり切迫しているのであろうということが噂されました。
 
そして姉である小林麻耶さんが発病初期から一緒に闘病生活をサポートしていことが発覚。多忙な毎日の中をぬって妹のもとへ駆けつけ、様々な支援をしていたというのです。これを聞くと小林麻耶さんが倒れてしまったのもまさしく過労・・・それも肉体面・精神面両方で限界にまで近づいていたのであろうということが推察されます。
 
二人の小さな子供がいる小林麻央さん、その子供たちの面倒も見ていたというのですから、疲れが溜まってしまうのも無理はないでしょう。また小林麻耶さんが倒れた時点ではだ小林麻央さんの病状が発表されていない時であり、事務所としてもお茶を濁すような発表で対応するしかなかったということなのでしょうね。

そんな小林麻耶さんが現場に復帰

疲労のあまり休養を余儀なくされた小林麻耶さんでしたが、11か月の充電期間を経て休養前最後の番組となったバイキングにVTRで出演。休養中の苦労を告白していました。
 
彼女の話によると休養中は「自分のスピード以外のものに乗れなくなっていた」と言い、エレベーターや車ですら乗れない日々が続いていたそうです。そんな中でも闘病している妹のことを考え体調を取り戻していった小林麻耶さんは、徐々にテレビやイベントへの出演を開始し、仕事への本格的な復帰を始めています。
 
妹の小林麻央さんについてはなかなか良い情報が出てきません。情報が開示された段階で手術が難しいことなどが報告されており、転移もあるのではないかという話が出ているなど、まだまだ先行きの見えない状態が続いているようで、小林麻耶さんにとってもまだまだ気を許せる段階ではないと思います。
 
それでもなお復帰を決意したのは、せめて自分が元気な姿だけでも小林麻央さんに見てもらおうと思ったからなのではないでしょうか。自分が原因でふさぎ込んでいる・・・と思ったら麻央さんとしても心中穏やかではないですからね。
 
とは言え肉体的にも精神的にも負担の大きい状態はまだまだ続きそうですから、麻耶さんにも無理のない程度での仕事を期待したいところ。ファンとしても元気でいてくれるのが一番うれしいはずですからね。

小林麻耶さん、休養の真実

小林真央さん突然の体調不良と休養の裏側には妹の麻央さんの存在があったようでした。麻央さんが癌に倒れるという絶望的な状況の中で疲労を募らせてしまった麻耶さん。しかし麻央さんの分まで頑張ろうと思って復帰にこぎつけたのかもしれません。
 
今後も小林姉妹の動向を見守りながら、叶うのであれば姉妹揃って活躍する姿を見れる日がくることを信じたいものですね。小林麻耶さん、そして小林姉妹の今後を見守りたいと思います。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。