ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

婚活

婚活で成功する人の特徴まとめ!成功者の真似が一番の近道です

更新日:

あなたは何歳で結婚したいですか?

そのためにどんな準備を考えていますか?

と聞かれて、すぐはっきりした答えをできる人は少ないのではないでしょうか。

心の中では30歳までに結婚できればと思っていても、異性との出会いがなければ実現しません。

その意味では、結婚したいと思った人は全て、良い縁を「待つ」のではなく、積極的に婚活を始めるべきなのです。

婚活をするためには行動が重要!

shutterstock_112639601

特に女性の場合は、「待ち」の姿勢が多いようです。

「女性から結婚相手を進んで探すなんて恥ずかしいし、みっともない」と考えているのではないでしょうか。

 

いつかは良い縁が来ると信じて待っていても、「お見合い」など伝統的なしきたりがなくなってしまった現在、生涯のパートナーは自分で探すより仕方がありません。

婚活を目的としたパーティに参加するのに気後れするのであれば、友達を誘って一度参加し経験してみることをお勧めします。

雰囲気が分かれば、自分一人で参加できるようになるでしょう。

人間は男女とも多種多様ですから、さまざまな人に出会うことができます。

結婚したければ、できるだけ異性と触れ合う機会を増やすことです。

そのことによってあなたの異性を見る目が洗練され、きっと最良の生涯のパートナーとめぐり合うことができるでしょう。

もし、あなたが○○歳までに結婚したいと思っているのであれば、その年齢に達する相当前から婚活を始めるべきです。

 

特に「待ち」の姿勢の女性は、婚活に積極的になるまでに時間を要すると思います。

歳を取ってくると、結婚しようと思っている1年前から婚活を始めても間に合わないかもしれません。

「ちょっと空いた時間でパーティに参加して見ようかな」という軽い気持で早くから婚活パーティなどに参加すると、生涯のパートナー探しだけでなく、多くの人と触れ合うことで自分の視野を広げる社会勉強の場にもなります。

 

結婚を妨げているものは?

こんなに婚活をしているのに生涯のパートナーが見つからないという人もいれば、あまり婚活などをしなくても、あっという間に結婚してしまう人もいます。

 

昔から「縁は異なもの」と言われておりますので、ちょっとしたきっかけで生涯のパートナーが見つかることもあります。

しかし、一般的に見た場合、異性と出会う機会が多ければ多いほど、パートナーが見つかる確率は高くなります。

特に職場などに多くの女性がいると、多くの場合は愛結婚をしているようです。

100人の異性に日常接する職場と、3人程度の異性しか接することができない職場では、職場の恋愛結婚で差がでるのは明らかです。

つまり、異性との出会いが少ないことが、あなたの結婚を妨げている可能性があります。

 

もしくは理想が高すぎていないでしょうか?

理想が高すぎると、その理想を基準に相手を判断しがちです。

その結果、自分の理想に届かない相手の人を避けたりして、多くの人との出会いや人柄を知る機会を失ってしまいます。

「自分は口下手で異性と話しをしにくいている人も、本心は結婚したいのに異性を避ける傾向にあります。

交際を断られたとき自分が傷ついてしまうという判断が無意識のうちに働いているのかも知れません。

就活ではないですが、1~2回断られたからといって、ショックを受けてしり込みする必要はありません。

「それならもっと良いパートナーを探そう」という未来志向を持つことです。

 

恋愛感情を上手く表現できなかったりすると結婚の意思表示ができなかったりして結婚の妨げになることも考えられます。

行動で表現することだってできることがあります。

仕事が忙しいと婚活などできませんので、結婚できないこともあります。

キャリアの女性などに多いようです。

仕事が忙しくても、暇が出そうな時に婚活パーティなどに参加すれば仕事のストレスが解消され、良い縁が生まれる可能性があります。

とにかく、異性との出会いを積極的に目指すことです。

婚活イベントは積極的に参加しよう!

shutterstock_76330468

婚活を目的としたイベントやパーティなどは、例えば「クリスマス」や「バレンタインデー」のような国民的な広がりを持った日に開催されることがよくあります。

「バレンタインデー」などは異性のパートナーを探すには一番良いきっかけで、ムードも十分盛り上がっておりますので、このような機会を見つけてイベントやパーティなどに参加してみると、きっかけをつかめるかもしれません。

婚活イベントやパーティの趣向は、成功率を高めるために主催者が工夫を凝らしています。

例えば「お酒が飲めるパーティ」などは、普段は異性とあまり会話をしたことがない人でも、アルコールの勢いで積極的に異性に声をかけることができると思います。

 

その他にも、「料理」や「釣り」あるいは「陶芸」をテーマにしたイベントなど共通の趣味人が集まるイベントなども企画されることがあります。

料理などは男性の数が少ないので、男性はもてるでしょう。

失敗などすると世話好きの女性が手伝ってくれたりしますので、それが縁で婚活が急展開する可能性だってあります。

「釣り」をテーマにしたイベントでは、逆に男性が女性をアシストしたり、「陶芸」では男女の共同作業で盛り上がるかもしれません。

魅力を感じたイベントを選んで参加してみましょう。

一方、「婚活パーティ」と銘打っている以上は、主催者もできるだけ成果をあげる取り組み方をします。

例えば、参加条件が「年収500万円以上で30歳代のみ」の時や「年収が400万円以上で20歳代のみ」という設定の仕方をすることがあります。

イベント後のサポートの仕方もいろいろです。

終了後はサポートなしで「自由行動」もあれば、「プライベート・ルームで気に入った相手と話しができる」「番号交換タイムを設けている」などさまざまです。

 

一人で参加するのが嫌であれば、友達との参加を認めているものもありますので、自分に合ったイベントなどに参加すると良いでしょう。

 

好感度を上げるためには

shutterstock_127898261

婚活のパーティなどに出席したら、あなたはどのような参加の仕方をするでしょう?

初めてで知らない人でも自分から積極的に話しますか、それとも少し引いて黙って周りの人の会話を聞いていますか?

婚活のパーティなどに参加する場合、同性同士はお互いにライバル関係にあることを認識しましょう。

パーティでライバルより先を行き、パートナーにしたいと思った人から良い返事をもらうには、あなたの好感度を上げることが大切です。

 

初めてだからといって、パーティが続く中で下を向いたままでほとんど会話をしないのでは、相手に与える好感度が良くありません。

「聞く耳を持つ」ということは必要ですが、自分から発信しなければ相手には「この人、何を考えているのだろう」と思われてしまいます。

聞くときは誠意を持って相手の言うことに耳を傾け、時には質問したり、大きくうなづいたりして、相手に関心を示すことが好感度をあげるコツなのです。

逆に、自分をアピールしたいがため、しゃべり続ける人がいますが、このような行為は印象を悪くすることがあります。

「聞き上手で、話上手」になるのは難しいことかもしれませんが、例えばコミュニケーションが苦手であっても、相手の目を見てしっかりと相手の言うことを聞いてあげると、その話の過程で「こんなことを聞いてみたい」と思うことがでてくるはずです。

 

相手からの質問があるかもしれません。

このようなプロセスをたどって会話は発展していくと思います。

また、普段「自分はおしゃべりが好きだ」と思う人は、婚活パーティなどでは「聞き役」になると良いかもしれません。

ここがポイントだと思った時に自分の考えなどを挟むと、貴方の好感度があがるでしょう。

自分なりに好感度をあげる工夫をしてみると良いですね。

 

 

婚活でデートに進んだ時には

shutterstock_157395833

婚活の第一関門を見事突破して、気に入った相手といよいよデートをすることになるのです。

でも、デートを何回も重ねて「この人となら生涯パートナーとしてやっていける」と決心するまでには、最短で数ヶ月くらい、もしも決心が遅れるときは数年間もかかることがあります。

できるだけ早くゴールインするためには、デートを上手に利用することです。

デートをする上での注意点をいくつかあげると第一に「服装と身だしなみ」に気を使うことです。

着飾る必要はありませんが、清潔感があるきちんとした身なりを整えていくことが求められます。

特に男性の場合は、「無精ひげ」などは厳禁です。

相手の人が「この人と一緒に歩くのが恥ずかしい」と思ってしまったら、せっかく結び始めた縁が破綻してしまいます。

 

会ったときは、笑顔で挨拶を交わしましょう。

一番気になるのは「デート費用」だと思います。

かっては「男性が払うもの」でしたが、近年は働く女性が増えておりますので、女性も経済的に恵まれた人が多いと思います。

それでも、「デート費用」は男性が払うものと思っている女性が多いようですので、お互いの気心が知れるまでは、男性が払う方が良さそうです。

男性が「デート費用」を負担した時は、女性は必ず感謝の言葉を言うようにしてください。

 

レディーファーストではないですが、デートコースを選ぶに当たっては極力女性の意見を優先すると、男性の株があがります。

デート中の会話に行き詰って気まずい思いをしないために、話題のネタは十分用意しましょう。

相手の趣味に合わせた話題を用意すると話しが弾むと思います。

初回のデートはそのあとに続くかどうかが決まる重要なステップですので特に準備を怠らないようにしてください。

 

 

婚活で知っておきたいデメリット

婚活は、自分が理想とする結婚相手を探す最高の場と思われますが、一方でデメリットもあることを知っておく必要があります。

最近は婚活に似た言葉として「就活」というのがあるのはご存知だと思います。

就活は大学生などが自分の勤めたい会社を選んで就職活動をすることですが、現在の経済状況から就職活動は厳しいようです。

このため、100通以上の履歴書を各会社に送っている人もいるそうです。

面接を受けて自分をアピールし続けても、一向に内定通知が来ないような状況が続くと、次第に気力がなえてきて、面接を受けても採用者に情熱が伝わらない状況が出てきます。

 

「婚活」でも同じことが言えます。

婚活パーティに何回も参加しているのに、一向に成果が見られないと、婚活パーティに参加することが目的化して覇気がなくなり、理想の生涯のパートナーを見つける行動がマンネリになる可能性があります。

異性に出会って「ときめき」を感じ、この人とならやっていけそうだというフィーリングが、婚活に参加する回数が増えるごとに次第に薄れることが出てきます。

「ときめき」が薄れると良い結果はでないでしょう。

特に、結婚を急ぐ人は、婚活に参加することが生活の中心になりがちです。

気をつけたい注意点です。

もう一つ知っておく必要があるデメリットは、結婚相手を探す活動をするわけですから当然費用がかかります。

結婚相談所を利用すると数十万円の費用がかかることもあるそうです。

いろいろ情報を集め確かめた上で利用することをお勧めします。

 

また、婚活パーティは比較的安価で、パーティ費用は数千円で済むケースが多いようですが、回数が増えれば当然費用もかさみますし、意気投合したパートナーが見つかり、二次会などをすれば、さらに費用が膨らみます。

経済的な問題も十分考慮しておく必要があります。

メリットの多い婚活

shutterstock_339321956

婚活を目的としたパーティなどへの参加者が増加しています。

なぜでしょう?

それだけのメリットがあるからなのです。

昔行われていた「お見合い」は、既に親や親戚などが推薦する相手の人とお見合いをしてから交際が始まり、お互いの人柄などを知り合っていきます。

自分が相手を選択する余地はほとんどないか、あってもごく限られていたと思います。

これに対し婚活パーティでは、さまざまな男女が一堂に集い、フィーリングや趣味などが合う人を見つけ出すことができます。

結婚相手を理想的な条件の下で見出すことができるのです。

 

現在でも、学校や職場で「恋愛」をして、結婚に踏み切るパターンが多いと思いますが、「恋愛」の熱がさめたときに、離婚してしまうカップルが増えているようです。

「恋は盲目」と言いますので、その恋がさめて生活の厳しさなど現実問題に直面したときに、お互いをよく理解しないで結婚したために、理想と現実のギャップに耐えられなくなったのかもしれません。

婚活では、初めから結婚相手を探すことが目的ですので、自分の生活環境などの条件にある程度沿った方向で生涯のパートナーを探すことができます。

 

結婚相談所を利用する場合でも、自分の条件を言うことができますので、その人の希望に合いそうな異性を紹介してくれます。

生涯を一緒に暮らすわけですから、結婚してから「失敗した」と思わないようなクールな目を持つことも必要です。

その意味では、多くの異性が集まる婚活パーティへの参加などは自分の「人を見る目」を磨く絶好の機会です。

パーティでは、社交性のある人が目立ってしまう傾向がありますが人間の好みは多様です。

実直で飾り気がない比較的無口な人でも、異性が気に入ってくれる可能性は高いです。

結婚したいのであれば、婚活に向けて、その第一歩を踏み出すことです。

 

マッチングによる婚活

shutterstock_395068252

マッチングという言葉は聞いたことがあると思いますが、英語で「調和する、釣り合う、適合する」などの意味があります。

マッチングを主体とした結婚相談所を開設している例もあります。

この場合は、自分の希望する条件に合う相手を探してくれるサービスを提供してくれます。

 

実際にどのようなサービスを提供してくれるのかを見てみましょう。

あなたが入会した結婚相談所には2000人の登録者がいてそのうちの900人は男性でした。

あなたは女性で、「年収550万円以上で長男以外の人」を希望する条件に提示しました。

そこで検索したところ、年収550万円以上の男性は500人いるが、長男以外の人の条件を加えると300人になった。

さらにこの300人のうち150人は相手方の女性の年収が400万円以上を希望しているが、あなたの年収は300万円に満たない。

このような結果が出ると、この時点では150人があなたの生涯のパートナーになる可能性がある男性ということになります。

しかし、この数はあなたの別の条件や相手方の条件でどんどん下がってしまいます。

最終的に何名になるか分かりませんが、マッチングで候補者を探していくとかなり数が限定されてくることは知っておく必要があります。

 

できるだけ多くの候補者の中から選びたいのであれば、あなたが提示している年収や年齢、あるいはその他の細かい条件などを見直すことも考えたほうが良いと思います。

生涯のパートナーを探すわけですから、条件をある程度緩やかにして、多くの候補者の中から選択したほうが悔いが残らないかもしれません。

マッチング・サービスを提供している結婚相談所の中には、占いやアンケート結果などを利用しているところもあるようですので、事前にどのようなサービスを提供してくれるのかキチンとチェックをしてから利用されることをお勧めします。

 

まとめ

婚活で失敗をしないようにするためには、婚活におけるメリットやデメリット、そして婚活の方法や仕方などについても、学んでおく必要があります。

やみくもに行動をするのではなくて、情報を得てから行動をした方が成功率が高くなります。

メリットやデメリットを事前に知っておけば、いざという時にも慌てなくて済むので、落ち着いて婚活が出来るでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

おすすめランキング

-婚活
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.