ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

口臭予防には歯磨き粉が効く?原因別・効果的な口臭の予防法とは?

更新日:

人と話す機会がある人は非常に気になるのが口臭予防の方法です。歯磨き粉を変えれば口臭は防げるの?と思っている人もいると思います。口臭はちゃんと原因を考え、それに合わせた予防法をするのが大切なのです。もちろん、歯磨き粉の選び方も重要ですよ!口臭の原因と対策をしっかりチェックしてみましょう。

口臭の原因は?

口臭にはさまざまな原因があります。原因を知ることで的確に対処することができます。どのような原因があり、自分の口臭はどれに当たるのかを考えていきましょう。

病気などの原因

病気などの原因によって口臭が発生する場合があります。特に代表的な例は歯周病です。磨き残した歯垢や、歯垢が固まった歯石の中に存在している細菌によって歯肉が炎症を起こす症状です。出血のニオイ、膿のニオイ、たまった汚れを細菌が分解して出す腐敗臭などが原因でとなります。また、虫歯が原因となる口臭や、胃炎や胃潰瘍、便秘などのような胃腸の疾患によっても口臭が発生することがあります。

体内に原因がある場合

舌に白くたまっている「舌苔(ぜったい)」も口臭の元だと言われています。また、この舌苔は口腔内の細胞が剥がれ落ちて舌にたまり、腐敗したものですので、自分の舌を鏡で見て、べったりと白くなっている場合には注意が必要です。また、口の中が乾燥したり、唾液が少なくなっている場合にも口臭が発生します。

食べ物などによる原因

んにくやニラと言ったニオイの強い食べ物や、タバコ、アルコールなどによっても口臭が発生します。にんにくは食後16時間程度、タバコの口臭は禁煙後5〜10日程度持続すると言われています。アルコールは翌日になっても消えないニオイを発します。さらにタバコやアルコールは唾液の分泌量を減らす効果があるため、口腔内が乾燥し、余計に口臭が発生しやすくなるのです。

口臭予防には歯磨きがよい?

口臭を予防、あるいは解消するためには歯磨きが良いのではないかという固定観念があるように思われます。実際に歯磨きは口臭に対してどの程度効果があるのでしょうか。また、歯磨き以外が有効な手段であることもあるのかどうか見ていきましょう。

歯磨きが有効な場合

歯周病が原因になっている場合には、歯磨きをすることで口臭を予防・改善することができます。歯磨きをすることで歯垢を除去することができ、ブラッシングによって歯茎のマッサージをすることができますので、非常に有効な手段です。歯磨きは歯周病だけでなく虫歯の予防の基本でもありますので、虫歯による口臭を防ぐという意味でもやはり有効だといえます。

歯磨き以外が有効な場合

タバコやアルコールのニオイは歯磨きだけでは十分に除去することができない場合があります。また、胃腸のトラブルや便秘などによって口臭が起こる場合には、原因となっている疾患を治療することが最善の対処法になります。逆に歯磨きだけして胃腸の症状が残ったままでは口臭が解消されません。根本的に解決することが大切です。

水を飲むだけでも口臭予防になるって本当?

口腔内の乾燥による口臭であれば、水をのむというだけでも口臭の予防になります。また、ガムを噛むことで唾液の分泌を増やすということでも口臭を予防することができます。

舌苔の場合は舌のクリーニングも有効

舌の上に白い舌苔がべったりとついている場合、舌のクリーニングを行うことも有効です。ただしやり過ぎはよくありませんので、正しいやり方で舌苔を取り除くようにしましょう。

口臭予防になる歯磨き粉はどう選ぶ?

口臭予防になる歯磨き粉はどのようなポイントに気をつけて選べばよいでしょうか?

殺菌成分の入っている歯磨き粉

歯周病の予防・改善や虫歯の予防などの場合には、殺菌成分の入っている歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。合成成分だけでなく、自然由来の殺菌成分が含まれている場合もありますので、成分をよく見て比較してみると良いでしょう。

歯周病が原因の口臭の場合は引き締め成分や抗炎症成分も

歯周病予防のために、歯茎の引き締め成分や、炎症を抑える成分が入っているとさらに効果が高いでしょう。

消臭成分の入っている歯磨き粉

消臭効果のある成分を含む歯磨き粉は口臭対策として非常に人気があります。ハーブなどの香りで口臭を消すことができるものや、タンニンなどの消臭成分が含まれているものなどがあります。

歯垢や歯石の沈着を防ぐ歯磨き粉も有効

歯垢も歯石も細菌の温床ですから、口臭の原因となっています。そこで、歯石の沈着を防ぐ「ターターコントロール」の出来る歯磨き粉や歯垢を取り除く「プラークコントロール」の出来る歯磨き粉も口臭予防には有効です。中には細かい粒が砕けて歯の細かい溝などに届き、歯垢をかき出して除去できるというものもあります。

口臭予防に効果的な歯磨き方法は?

口臭を予防するためには効果的に歯垢を除去するための歯磨きの方法も知っておく必要があります。

基本的な磨き方のポイント

基本的な磨き方のポイントは以下のようなものです。日頃の歯磨きの中でしっかりできているのかどうか確認してみると良いでしょう。

  • 強く押し付けすぎない
  • 細かく動かす
  • 歯と歯茎の境目にも当たるようにする(45度の角度であてると良い)
  • 前歯を磨く場合は歯ブラシをタテに持ち、1本ずつ磨く

電動歯ブラシでスピーディ&効果的に

歯ブラシを細かく動かしながら全ての歯を丁寧に磨くというのはなかなか大変です。電動歯ブラシを使えば、1本あたり5秒以内という短時間で磨くことができ、手よりも細かく振動させることが出来るため、効果的に歯垢を除去することができます。振動のパターンや振動数も製品によって異なりますし、持ち運びやすいものや大きさなどもさまざまな種類がありますので、自分の生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

デンタルフロスで見えないところの汚れもすっきり!

デンタルフロスを使うと、歯ブラシの届かない歯と歯のすき間の歯垢もしっかりとかき出すことができます。デンタルフロスを使うだけで口臭が改善されたという体験談もあるくらいで、口腔内の歯垢の多くはデンタルフロスを使うことで除去することが出来るのです。歯科医からもデンタルフロスを使うことが推奨されているため、口臭に悩んでいる人はぜひ使ってみると良いでしょう。ヒモのみのものや、柄の付いているタイプもありますので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

洗口液で口の中をすっきりと!

洗口液を使うと口の中の細菌を効率よく除去することができます。歯茎の引き締め成分が含まれているものもありますので、ブラッシング、デンタルフロスと合わせて使用すると良いでしょう。アルコールが含まれているものは口の中がピリピリして辛いという印象がありますが、アルコール不使用でマイルドな味わいのものもあります。1日あたり朝と夜の2回使えば殺菌効果が持続するという物が多いようです。

舌磨きで舌苔を除去

舌苔を除去することでも口臭の予防をすることができます。通常の舌苔であれば問題ありませんが、舌の表面をこすって悪臭のする舌苔が取れた場合には舌磨きを導入すると良いでしょう。舌磨きは舌ブラシを使い、1日1回、朝のみ行うようにしましょう。歯ブラシを使用したり、何度も何度も行ったりすると舌の表面を傷つけてしまうことがありますので注意してください。

口臭予防には歯磨き粉選びと合わせて原因を考えることが大切

歯磨きは口臭の予防としては効果的な方法です。歯周病対策、虫歯対策によって口臭を予防することができます。より効率の良いブラッシング方法や歯のケア方法を行うようにしましょう。逆に歯磨きをしても解消されない口臭の場合、別の原因を考えて見る必要があります。自分の口臭がどのような原因にあるのかをしっかり突き止め、口臭を解消できるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.