ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

にきび

口の周りにできるニキビの発症原因とは?正しい治し方と再発予防法!

更新日:

“口の周りのニキビ”は、顔下部の“Uゾーン”(鼻下・顎・口周り)に発疹する、典型的な“大人ニキビ”と呼ばれる「吹き出物」です。主に顔上部の“Tゾーン”(額・鼻筋)に発疹する“思春期ニキビ”とは、発症原因が異なります。

 

“思春期ニキビ”は、成長ホルモンの過剰分泌で起こる皮脂の毛穴詰りが原因です。しかし“口の周りの大人ニキビ”は、さまざまな生活習慣の乱れで引き起こされるストレスや栄養バランスの偏りやホルモンバランスの崩れなどが原因となります。

 

大人ニキビの典型とされる““口の周りにできるニキビ”について、その発症原因や正しい治し方や再発予防法について、詳しくお伝えします。

 

口の周りはニキビができやすい絶好の環境

“口の周り”は、皮脂腺が多く存在する部位です。顔の中でも、食べ物や飲み物が付着して汚れやすくて湿りやすく、そして乾燥しやすい部位です。皮脂が毛穴に詰まりニキビ菌が発症しやすい環境となってしまいます。

 

男性においては、毎日の髭剃りでの刺激を受けてデリケートになる部位であり、女性においては、化粧の洗い落しが残りやすい部位でもあります。さらに頬杖(ほおづえ)を突くクセのある方は、手垢が付きやすく特に注意が必要です。

 

口の周りのニキビの発症メカニズム

“口の周りのニキビ”は、二十歳を過ぎた大人になってから発症する“吹き出物(大人ニキビ)”の一種です。口の周りに多くある皮脂腺から分泌される「皮脂が毛穴に詰まり滞留してできた発疹」のことです。

 

「口の周りのニキビの発症メカニズム」は、3つの要因が重なり合うことで形成されます。

  1. 皮脂の過剰分泌があること
  2. 皮脂が毛穴に詰まって滞留すること
  3. 皮膚常在菌の「アクネ菌」が炎症を引き起すこと

 

口の周りのニキビの発症原因

何らかの原因で皮膚の「ターンオーバー(新陳代謝機能)が低下」すると、表皮の角質層が厚くなるという「過角化」が進行し、毛穴が塞がれてしまいます。この塞がれた毛穴に詰まった皮脂をエサとする「アクネ菌」が、異常繁殖して炎症を起こしてできた発疹が“吹き出物”であり、“口の周りのニキビ”なのです。

 

直接的な発症原因

皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり

“口の周りのニキビ”の直接的な原因は、「皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり」です。皮脂の毛穴詰まりが起こらなければ「アクネ菌」の繁殖に因る炎症も起こりません。そして皮脂の毛穴詰まりの原因は、表皮の「過角化」であり、「ターンオーバー(新陳代謝機能)が低下」が引き金となります。

 

間接的な4つの発症原因

“口の周りのニキビ”の直接的原因となる「皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり」を招く間接的な発症原因としては4つが考えられます。①ストレスによるホルモンバランスの崩れ②ターンオーバー(新陳代謝)の低下③栄養バランスの偏り④間違ったスキンケアの悪影響の4つです。

 

ストレスによるホルモンバランスの崩れ

「ストレス」「睡眠不足」の蓄積は、自律神経を刺激して「ホルモンバランスの崩れ」を引き起こします。男性ホルモン(アンドロゲン)の増加や月経周期における黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加は、皮脂の分泌を活発化させ、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりを招いてしまいます。

 

ターンオーバー(新陳代謝)の低下

健康な肌では、「ターンオーバー(皮膚細胞の新陳代謝)」の過程で、表皮細胞が“角化”されることで“垢(あか)”となって剥がされることで新しい肌に生まれ変わります。このターンオーバーの周期は約28日間とされています。

 

しかし“なんらかの原因”による「ターンオーバーの低下」は、表皮の角質層が厚くなり過ぎる「過角化」を進行させ、毛穴が塞がれてしまいます。この塞がれた毛穴に皮脂が溜まって発疹したのが“口の周りのニキビ”となるのです。

 

ターンオーバーの低下を招く、なんらかの原因”とは、多種多様です。「ストレス」「睡眠不足」「喫煙」「アルコールの多飲」「栄養のバランスの偏り」「間違ったスキンケア」「紫外線」などの生活習慣の乱れや外部からの刺激などが考えられます。

 

栄養バランスの偏り

「動物性脂肪や糖質の摂取過多」は、皮脂の過剰分泌を促進させます。血糖値の上昇指数を高める「高GI食」は、インシュリンの過剰分泌を招いて男性ホルモン量が増加することで、皮脂の過剰分泌が引き起こされます。

 

また、皮膚の成分となる「タンパク質(アミノ酸)の不足」は、古い角質を剥離して新しい細胞肌を作るターンオーバー(新陳代謝)の低下の原因となります。また代謝促進作用や抗酸化作用を持つ「ビタミンの不足」は、ターンオーバー低下の原因や皮脂分泌増加の原因となります。また細胞の老化を促進させる活性酸素を増加させ、ニキビの炎症を悪化させてしまいます。

 

間違ったスキンケアの悪影響

「油性の強い化粧品」は、毛穴を塞ぐ原因になり、化粧落しでの洗い残しなどにも注意が必要です。「強力な洗浄力があるクレンジングでの洗顔」では、皮脂を取り過ぎてしまって、逆に肌を守ろうとして「過角化」が起こり、毛穴が塞がれてしまいます。また「乾燥肌」は、ターンオーバーの低下の原因となり、古い角質が剥離されずに硬く残ってしまいます。

 

口の周りのニキビの正しい治し方と再発予防法

 

“口の周りのニキビ”は、大人になってからできる吹き出物であり、一過性の特徴を持つ思春期ニキビとは異なり、少々厄介です。いま発疹しているニキビを治したとしても、直接的原因と間接的原因の両方を改善しなければ、再発する可能性が高いからです。間接的な原因を改善する再発予防法がとても大切です。

 

正しい治し方

“口の周りのニキビ”が初期段階(炎症する前の白・黒ニキビ)においては、自前の治し方でも比較的簡単に治癒することができます。軽い洗顔などで患部を清潔に保ちながら、市販のニキビ治療薬を使用して治します。後期段階(炎症を起こした赤・黄・紫ニキビ)であれば、専門医での診療をオススメします。

 

1.口周りのニキビを触らない

口周りのニキビに触ったり潰したりしてしまうと、さらに悪化して炎症を起こしてしまったり、ニキビが治った後でも、シミやカスミやクレーターなどのニキビ痕を残す原因となります。

 

2.口周りを清潔に保つ

洗浄力の強いクレンジングを使わずに、ぬるま湯で軽く洗顔して清潔に保ちます。石鹸を使う場合には、直接肌の患部に付けずに、手で泡にしてから洗い落とします。また口周りのニキビを触ったり、擦ったり、潰したりしてさらに悪化させないように注意します。

 

3.市販の塗り薬の使用

市販されているニキビ治療薬は、塗り薬と内服薬とを含めて50種類以上もあるとされています。自分のニキビの症状に適した塗り薬であれば、初期段階で比較的容易に治すことができます。塗り薬は薬剤師と相談して選びましょう。

 

4.後期段階のニキビは、専門医の治療を受ける

自前で治療するのは、ニキビが炎症を起こす前の白ニキビや黒ニキビの初期段階です。ニキビが炎症を起こして充血や膿(うみ)を伴っている後期段階(赤・黄・紫ニキビ)の場合には、皮膚専門医での治療をオススメします。間違った治し方をしてしまうと、薄黒いシミや凸凹のクレーター痕などの原因となりかねません。

 

正しい再発予防法

1.口周りを絶えず清潔に保ち乾燥肌を防ぐ

口周りは、食べ物や飲み物で汚れたり、頬杖の手の垢が付いたりしやすい部位でもあります。洗浄力の比較的弱い石鹸などを、手の平で泡立ててからぬるま湯で洗い落とし、常に清潔に保つことが大切です。また強力なクレンジングを使って、皮脂を落し過ぎて乾燥肌にならないように注意が必要です。

 

2.油性の強い化粧品を使用しない

油性の強い化粧品は避けて、できだけ油性の弱い化粧品を使用しましょう。油性の強いファンデーションやコンシーラーなどを使用すると、毛穴を塞いで皮脂を滞留させる原因となります。またメイク落としでは、落し残しがないように十分な注意が必要です。

 

3.睡眠不足とストレスを解消する

睡眠不足やストレスの蓄積は、自律神経系とホルモン分泌系を刺激して、ホルモン分泌のバランスを崩してしまい、男性ホルモン(アンドロゲン)や女性黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進させます。アンドロゲンやプロゲステロンには、皮脂の分泌を活発化させる作用があることが分かっています。

 

4.脂っこい動物性脂肪食や高GI値食に偏らない

脂っこい「動物性脂肪食」を食べ過ぎると、皮脂の分泌量を増大・促進させてしまいます。また糖質量の多い「高GI値食」も、インスリンの過剰反応によって皮脂の分泌量を増大させる原因となります。“低脂肪・低糖質”を意識した食生活への改善が大切です。

 

5.ビタミンやミネラルや食物酵素を積極的に摂取する

「ビタミン」や「ミネラル」や「食物酵素」は、タンパク質(アミノ酸)の代謝を促進させて、肌が生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)を活発化させます。また強力な抗酸化力があり、活性酸素やニキビ菌(アクネ菌)の活動を抑制してくれます。

 

まとめ

口周りのニキビが発症する直接の原因は「皮脂の分泌と毛穴への詰り」です。口周りのニキビを予防するためには、「皮脂の分泌」と「毛穴の詰り」を引き起こす食生活や生活習慣の改善が必要です。「口周りの清潔性の保持」「栄養素のバランス改善」「睡眠不足やストレスの解消」「スキンケア方法の改善」など細心の注意が必要です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-にきび
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.