ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

効率的な有酸素運動方法オススメ紹介!ダイエットに必要不可欠!

投稿日:

ダイエットを真剣に、かつなるべく短期間で成功させようと思うのであれば、やはり運動は欠かせません。めんどうくさいのでなるべくしたくないと思われる方もおられるかもしれませんが、するとしないとではやはり大違いです。

 

そして、その次に大事なのが、運動の内容。実は運動には大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」のふたつがあり、ダイエットには前者の有酸素運動が効果的だといわれているのです。

 

しかし、ただ有酸素運動だけを適当にやっていれば、ダイエットができるのでしょうか。痩身にとって重要な運動に関するあれこれ、この記事でいっしょに学んでいきましょう。

 

有酸素運動をただやっていれば痩せる?


まずは、ダイエット運動における最大の疑問である「有酸素運動の効果」について検証していきます。有酸素運動はダイエットによいと宣伝されていますが、そもそも有酸素運動とはなんなのか。そして、有酸素運動をただやっているだけで痩せることはできるのでしょうか。

 

そもそも「有酸素」と「無酸素」の違いは?

有酸素運動と無酸素運動、これらふたつの違いがどのような点にあるか、答えることができるでしょうか。答えられなかった方は、知らず知らずのうちに無酸素運動を行っているかもしれませんね。

 

これらのもっとも大きな違いは、その運動を行うにあたって酸素を必要とするかどうかということです。有酸素運動はたとえばジョギングや水泳、登山など、決して少なくない酸素を必要とします。

 

一方無酸素運動はベンチプレスやダンベルなど、それほど酸素を必要とせず、むしろ筋力が求められるもののことを指しているのです。

 

ただ歩くだけでも有酸素になる

有酸素運動の中には、日常的に行っている行動も含まれています。そのもっとも代表的な例というのが、歩くことです。長時間歩き続けるためには必ず多量の酸素が必要となるので、これもれっきとした有酸素運動といえるのです。

 

実際歩くという運動は、「ウォーキング」としてさまざまなダイエットメニューに取り入れられています。

 

効率が悪ければ効果なし!

ここでみなさまは、疑問に思われるのではないでしょうか。「歩くことでも有酸素運動になるのなら、なぜ自分は痩せないのか」と思いませんか?

実は、ここに大きな落とし穴があるのです。

 

それを解決するカギは「効率」ということばにあります。ふたりの人間が同じ距離を歩いたとしてもその歩き方やペース、そして道中なにをしたか、どのような姿勢で歩いたかによって、その効果というのは確実に変わってきます

 

運動をしてもなかなか痩せないという方は、この事実に目を向けなければなりません。そのやり方を改めなければならないのです。

 

効率のよい有酸素運動を行うコツとは


それでは、効率のよい有酸素運動というものを、いったいどのように行っていけばよろしいのでしょうか。ダイエットを行う上で必ず気をつけなければならない、いくつかのお約束を紹介しましょう。

 

常に一定の運動量を保つ

まず大事なことは、運動量を常に一定に保っておくということです。たとえば魚の動きを見ていると、敵などにおそわれたとき意外は、常に一定のスピードを保って泳いでいることがわかります。ダイエット運動においても、それが大事となるのです。

 

決まったリズムの運動は効率のよい脂肪燃焼とカラダづくりを促します。必ずこれを覚えておいてください。

 

全力を出し過ぎない

また、運動を行う際、常に全力を出し切ろうとする方がいらっしゃいますが、ダイエット敵にこれはよくないことです。全力を出し切る運動はスタミナを激しく消耗してしまうので、結果として短時間しか継続できないのです。

 

また、そうしたことを毎回続けているとよけいに疲れてしまうので、運動を続けることがイヤになってしまいます。それでは、ダイエットを果たすことができませんね。

 

食事はしっかり摂取する

よく、朝食前に運動をなさる方がいらっしゃいます。決して悪いことではありませんが、なるべくなら食事を摂取してから行うようにしましょう。食事というのは、カラダがしっかり力を発揮するためのエネルギーです。十分なエネルギーを蓄えていなければ、効果のある運動を行うことはできません

 

だから、たとえ急いでいても、運動はしっかり行っておくべきです。

 

サプリメントによるサポートも

また、運動の効率をあげるオススメの方法として、毎日サプリを飲む週間をつけておきましょう。サプリメントの成分、たとえばビタミンやDHA・HPAなどは、中性脂肪の現象効果や新陳代謝の活性化などが期待でき、ダイエットをサポートしてくれます。

 

これがあるとないとでは、ダイエットの効果も大きく変わる可能性があります。

 

効率的なオススメ有酸素運動その1、サイクリング


それでは、ここで効率的にダイエットがしやすいオススメの有酸素運動を紹介していくこととしましょう。まずは、自転車を使ったサイクリング・ダイエットです。

 

風景を楽しみながら運動ができる

サイクリングダイエット一番のメリットは、飽きずに楽しく続けられるということです。ペダルをこぎながら爽快に、道を駆け抜けていくのは気持ちがよいものです。

 

それに、周囲の風景を楽しみながらダイエットを行うことができます。いろいろなルートを毎日試してみて、お気に入りの道を選びましょう。ひょっとすると、意外な穴場を発見できるかも?

 

効率的な自転車のこぎ方

大事なのは、自転車をどのようにこぐのかということです。こぎ方において気をつけるべきポイントは、かかとを少しだけあげた状態を保つこと、ペダルを踏み込むのではなく回すように意識すること、あまり力を入れすぎないことです。

 

これらにさえ気をつけていれば、楽しくダイエットができるでしょう。

 

サイクリングのための自転車選び!

サイクリングのための自転車選びですが、どのようなものにすればいいでしょうか。ふつうのママチャリでも別にかまいませんが、いざ坂道に直面してしまうとなかなか大変です。

 

というわけで、ギアチェンジのできるものをセレクトした方がよいでしょう。自転車から降りる手間も省けますし、操作の仕方もうまくなります。

 

効率的なオススメ有酸素運動その2、水泳


もうひとつ、効率的な有酸素運動をオススメしましょう。それは、スイミングプールなどで行う水泳です。

 

ただ歩くだけでも地上とは大違い

水泳ダイエットを行う最大のメリットは、ふつうよりもはるかに高い効果が期待できるということです。水中では、地上のそれとくらべて大きな負荷がかかります。

 

ですので、ただ歩くだけでも非常に効果的な運動となりうるのです。これを利用しない手はなりません。

 

オススメは平泳ぎ

水泳ダイエットを行うからにはやはり泳ぎを使った運動を行いたいところです。その際オススメしたいのは、平泳ぎです。平泳ぎは初心者でもカンタンにできる泳ぎ方ですし、手足をまんべんなく使うので、効率的な運動が期待できます。

 

目安はだいたい25メートル。泳ぎが苦手な場合は休憩をしながら続けていきましょう。

 

準備体操は必ず行おう

水泳ダイエットの注意点としては、準備体操を欠かさないようにしておくということです。準備体操をおこたると、ケガをしやすくなってしまう上に、運動の効率も落ちてしまうのです。

 

重点的に体操を行うべきは、手首足首に腰、下半身など。痛い思いをしないためにも、しっかり行っておきましょう。

 

まとめ~有酸素運動は効率大事! 自分に合った方法を実践しよう~


以上、効率的な有酸素運動の方法について解説しました。「ダイエットのためにはとにかく運動だけすればよい」と思ってしまいがちですが、そう甘くはありません。ダイエットのためには、必ず効率を考えて運動を行うようにしましょう。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-ダイエット
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.