会社をやめて独立し個人事業をスタートさせる場合、個人事業主としての人生が始まります。個人事業主になればまずやらなければいけないこと、それは開業手続きになります。

 

開業手続きと聞くと面倒だと感じる方は多いはずですが、会社設立の手続きに比べ、個人事業の開業手続きは驚くほど簡単に済ませる事ができます。

 

今回は、そんな個人事業の開業手続の流れと無料で行なう方法をご紹介していきます。

個人事業主が開業手続きを行なう流れ

個人事業主になれば、その「事業を始めた」ということを税務署に報告しなければいけません。それを開業届といい、個人事業主には欠かせないこととなっています。開業届を出す事により、確定申告時に青色申告を始める事ができますし、銀行口座も自分のお店の名前で開設する事も可能になっています。

 

また、個人で事業をしているといっても周囲からの信頼は得られにくいですが、開業届を出すことによってあなたの事業が認められるわけですから、社会的信用力もあがります。

 

開業する上での準備

開業届を出す前に、いくつか準備をしておいた方が良いことがあります。これらのことを決めておく事で、開業手続きをよりスムーズに済ます事ができるでしょう。

開業日を決める

個人で事業を開始した日のことで、店舗がある個人事業であればその開店日、店舗がない場合の事業は適当でも構いません。

会社名を決める

いわゆる屋号といわれるもので、自分の会社の名前を決めときましょう。自分の名前で事業を展開していく場合は決める必要はありません。

事業内容

開業手続きに必要な書類には、自分の事業内容を記入する欄があります。どういった内容の事業になるのかを記入できるようにしておきましょう。例えばアフィリエイトなどで個人事業を展開していく場合は、WEBサイト運営、インターネットビジネスで大丈夫のようです。

確定申告の方法

確定申告には白色申告と青色申告の2つの方法がありますが、どちらで確定申告をするのかを決めておきましょう。それによって、開業手続きの際に提出する書類が変わってきます。本格的に個人事業を始めるのであれば、青色申告にした方がメリットは多いはずです。

開業届に必要な書類

準備が整えば、いざ開業手続きですが提出する書類は2つだけです。確定申告が白色申告であるのであれば、必要書類は1つだけです。必要書類を準備し、税務署に提出すれば開業手続きは完了します。

個人事業の開業・廃業等届出書

個人事業を開始した場合の、開業・廃業をした報告をするのがこの書類となります。開業・廃業をしたら1ヶ月以内に提出する決まりとなっています。

青色申告承認申請書

確定申告を青色申告で行なう場合は提出しておかなくてはいけない書類です。青色申告には65万円控除という、大きなメリットがあるので確定申告は青色申告で行なう事をおすすめします。

 

こちらの書類は開業日から2ヶ月以内の提出になるので、必ずしも個人事業の開業・廃業等届出書と一緒に提出する必要はありません。また、白色申告で確定申告を済ませるのであれば、提出する必要はありません。

開業手続きを無料かつ簡単にすませるソフト

個人事業主が開業手続きをするには、必要書類を作成し税務署に提出する必要があります。個人事業主の開業手続きは、会社設立に比べ非常に簡単にできます。

 

しかし、書類というだけでややこしく感じたり、面倒と感じてしまう方もいるはずです。そんな方開業freee (フリー)を利用すれば、驚くほど簡単に開業手続きを済ませる事ができます。

 

必要書類は自動作成

開業freeeでは、質問に答える形で記入をしていけば、簡単に必要書類が出来上がる様になっています。またどちらにしようか迷ってしまう確定申告の方法も、予想所得額からきっちりと計算し申告方法の提案までしてくれます。

 

また、自分の管轄の税務署の場所がわからない方へも、どこの税務署に提出すれば良いのかを地図つきで教えてくれます。なので、流れとしては質問に答えて書類を作成し、それを税務署で提出するだけなので、少しの手間も取らせない事でしょう。

利用特典が豪華

個人事業主はひとりで事業をしている人が多いため、どうしても私生活と事業を切り離して生活をしていくのが難しいと感じていることもあるようです。そんな場合は開業freeeの特典を利用すれば解決するはずです。

事業用銀行口座

個人事業を始めれば、事業用の銀行口座を持つはずです。開業freeeではジャパンネット銀行と連携をしているので、もしジャパンネット銀行を事業口座に選択するのであれば利用履歴や明細を自動で取得できるようになっています。こうすることによって、記帳業務の手間が大幅に削減できます。

クレジットカードも持てる

個人事業主はなかなか社会的信用を持ちずらいというのは事実です。こういったことから、クレジットカードを持ちたいけどなかなか審査の通らないという個人事業主の方も多いです。そういった方のために、開業freeeではライフカードの連携を始めています。開業freee経由でライフカードに申し込むことができ、審査も通りやすくなっています。

会計ソフトも安く導入できる

開業freeeを利用すれば、会計業務に役立つ会計freeeというクラウド会計ソフトを安く利用することができます。個人事業主にとって日頃の会計業務は面倒ですが、確実にこなしていかなくてはならないものです。会計freeeを利用すれば、そんな会計業務の手間を大幅に減らす事が可能です。

 

開業freeeを利用する3つの大きなメリット

開業freeeを利用すれば、個人事業の開業手続きはいつも簡単に済ませる事ができるというのは、理解していただけたはずです。しかし、開業freeeを使うメリットは、開業手続きをスムーズに済ませすだけではありません。

 

確定申告で悩まない

個人事業主の開業手続きを済ませる場合、1番悩むことといえば確定申告の申告方法ではないでしょうか?もちろん、青色申告の方がメリットはあるのですが、作業の面倒さなどから白色申告にしたいと考える人も多いはずです。

 

また、自分の所得による納税率によっても、どちらの申告方法の方が良いのかも変わってきます。開業freeeでは、自分の納税額のシミュレーションをすることができるので、白色申告か青色申告、どちらの方があなたにメリットがあるのかを一目で確認することができてしまいます。こうすれば、もう申告方法で悩む必要はないでしょう。

従業員を雇っても大丈夫

個人事業を展開していく場合、売上などが伸びひとりでは業務に追いつかなくなる時にあるはずです。そういった時は、従業員を雇うという考えになると思いますが、従業員を雇う場合にも届け出が必要になります。

 

こちらの書類も開業freeeであれば、楽で簡単に作成することができます。開業開始から従業員を雇おうと考える方であれば、なおさら開業freeeは便利に感じる事でしょう。

他のfreeeのソフトで事業運営が楽になる

freeeには開業freeeだけではなく、他のサービスも充実しています。日々の会計業務を効率化する会計freeeであったり、確定申告を楽にする確定申告ソフト、また個人事業からの法人化を考える場合は複雑な会社設立手続きをしなくてはいけません。会社設立手続きには、会社設立freeeというサービスを使えば最小限の手間で終える事ができるでしょう。

 

このような数多くの事業運営を楽にしてくれるソフトやサービスを開業freeeで登録した情報をそのままで利用できます。

freee

まとめ

始めて個人事業主とスタートする方は、開業していくまでにつまずいてしまうことがあるでしょう。開業freeeを使う事によって、そのようなつまづきを最小限に抑える事が可能になっています。またfreeeでは専門のサポートをしてくれる方もいるので、何か不明な点があればすぐに質問することもできます。

 

ひとりで事業をスタートするには不安なこともたくさんありますが、その不安を解消するためにも開業freeeを利用し、安心した状態で事業を始めませんか?

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。