ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ビジネス

【個人事業主の帳簿管理】領収書はお金と一緒。どんぶり勘定はNG

投稿日:

個人事業主の方であれば、帳簿管理は必要なことです。しかし、独立したばかりの場合「帳簿のつけ方なんてわからない」という人が多いのではないでしょうか?経理の仕事をしていたなら別ですが、そうではない場合帳簿なんか見た事すらないという方も多いはずです。そんな個人事業主の方に、帳簿管理についてご紹介していきます。

 

記帳は毎日正確に記録する

帳簿管理をしていく上で、毎日の記帳は必要不可欠です。個人事業主は自分で事業を立ち上げ運営をしていくので、毎日どのくらいの売上で、どのくらいの利益が出ているのかを正確に記録しなければいけません。それを元にして確定申告し税金を納めていく義務があります。

 

記帳方法:複式簿記

複式簿記で記帳をしている個人事業主の方は多いです。かなり正確な記録が必要となる記帳の方法ですが、65万円の青色申告の控除を受ける事ができるという、大きな特典がメリットとなります。約7種類の帳簿に記録する事になるので、非常にめんどうで知識が必要になります。しかし、受ける事ができる特典が大きいので、複式簿記の記帳を選ぶ個人事業主が多いです。

 

記帳方法:単式簿記

単式簿記は、単純な記帳方法のため、知識がない方でも簡単に記帳することができる方法です。そのため、複式簿記とは違い大きな特典もありません。青色申告の10万円控除か白色申告だけとなります。誰でも簡単にできる記帳方法という魅力はありますが、特典を考えると複式簿記を覚えた方が将来的には良いですね。

 

基本的な帳簿作成方法

それでは、基本的な帳簿作成方法を流れに沿ってご紹介していきます。

 

通帳や領収書などのデータを入力する

まずは領収書を用意し、現金を利用した時に発行した領収書なのか、銀行の口座から支払った時の領収書なのかを分けて下さい。それができたら、現金の領収書は現金出納帳へ、通帳の領収書は預金出納帳へそれぞれ記帳していきましょう。現金出納帳と預金出納帳以外にも、売上帳仕入帳振替伝票にもデータを入力していきます。この記帳はこまめにつけていくのがポイントとなります。

 

売上を管理し決算をする

売上を管理する方法として、どの商品を誰に売ったのか?また納期と数量、価格を把握します。そして、その商品に対して先方からはいつお金が支払われるのか?仕入商品であれば、そのお金を支払うのはいつになるのかもわかるようにして下さい。そうして、支出と収入、利益や損失額を出しましょう。この数字にを元に来年の税金の金額が決まります。

 

領収書の整理・管理

個人事業主の方が意外に苦労するのが領収書の整理・管理です。まめな人であれば苦にならないかもしれませんが、そうでなければ紛失してしまうことも多くあることでしょう。ここでは、効率的な領収書の整理・管理方法をお伝えします。

 

記帳済み・未記帳をしっかりと分ける

まずは、未記帳の領収書や発行したばかりの領収書はすぐに分けておくようにしましょう。小箱でもいいですし、領収書が複数枚入るファイルなどでも良いでしょう。帰宅したら即財布から領収書を出し、その小箱やファイルに領収書を入れるクセをつけて下さい。そして記帳を終えた領収書はバインダー式のノートに随時貼っていくようにしましょう。同時に、何時どんな目的で使用した領収書なのかを書いておいた方が良いです。そうすることで、常に出費を把握しておくことができるので、税務調査の場合などに役に立ちます。領収書を保存しておかなければいけない期間は7年間となっているので、1年ごとにコピーをしておくようにしましょう。

 

めんどうな領収書管理はこのソフトにお任せ!

個人事業主になれば、領収書の管理は大切なことで税率を決める上でなくてはならないものになります。わかってはいるのですが、この領収書管理というのは非常にめんどうで怠ってしまう人が多いのも事実です。そして毎年確定申告の時期になって焦って領収書の整理を始めてしまう。わけがわからなくなって「こんなことなら最初からしっかりと管理しておけば良かった」なんて個人事業主の方は多いのではないでしょうか?そんな方に最適なクラウド会計ソフトfreee (フリー)を紹介します。

 

領収書の管理・整理が簡単すぎる

freee (フリー)を利用すれば、領収書の管理は簡単にできてしまいます。普段、どのような管理・整理方法で領収書を管理していますか?多くの個人事業主の方は、領収書をまずまとめて、後からその内容を手入力や手書きで帳簿に写しているはずです。しかし、これが思っている以上にめんどうですし手間が掛かるんですよね。freeeであれば、こんな煩わしい作業は一切必要なく、領収書をスマホで撮影するだけです。それだけで、領収書を簡単に登録することができてしまいます。また、その登録した領収書を自動判断し、どのような目的でどれだけの金額が使用されたのかも推測してくれます。読み込み精度も非常に高いと、利用者には高い評価を得ています。

 

知識がなくても簡単入力

freeeでの会計帳簿の作成は非常に簡単です。入力する箇所は取引日、勘定項目、金額を入力するだけで完了します。勘定項目というと、なにかややこしい印象も受けますが、項目は複数あるので直感的に選ぶ事も可能となっています。難しい会計処理なんかも、非常に簡単な入力なので専門知識がなくてもサクサク作成していけることでしょう。個人事業主の方で確定申告に悩んでいる時、freeeと出会いあまりの簡単さに感動すら覚えたという方もいるくらいです。

 

ノーミス宣言!自動連携サービス

freeeは3000を超える銀行と提携しており、その提携している銀行を利用するのであれば通帳から書き写す手間がなくなります。これが自動連携の強みです。他にも、100種類のクレジットカード会社とも提携しているので、クレジットカードを利用した会計処理に関しても自動連携してくれます。もちろん、決済サービスやレジ、電子マネーも対応しているので、今まで手入力で会計処理をしていた人の手間もミスもゼロになることでしょう。

 

悩みは全てfreee認定アドバイザーにお任せ

いくらfreeeが便利で簡単なソフトだとわかっても、ひとりで会計処理をしていくのには不安はつきものでしょう。特に確定申告の時期になると難しいことが多くて、頭が混乱してしまうことも多いはずです。そんな時、的確にアドバイスをしてくれる専門家の方が近くにいると心から安心できますね。freeeにはそのような頼れる認定アドバイザーがいます。しかも、ご自身の会計freeeアカウントに、認定アドバイザーを招待するれば、どんな場所にいようとも認定アドバイザーのアドバイスを受ける事ができます。自分の会計処理は正しいのか?確定申告書類は正しく作れているのか?そのようなことも確認してもらえます。日本全国3000拠点に認定アドバイザーがいるので、あなたに的確なアドバイスをくれるアドバイザーが必ず見つかるはずです。

freee公式サイト

 

freeeを使った領収書管理方法

freeeを使えば領収書の管理が大幅に楽になるのは当たり前ですが、もっと効率的に領収書を管理する方法をご紹介します。領収証は7年間の保存義務がありますし、税務調査が入った時などに保存ができていないと追加で税金を払わなければいけなくなるので、しっかりと整理・管理をしておきたいところですよね。まずは領収書を見つけたらスマホで撮影をしておきましょう。そして撮影した領収書は三つ折りにし、どこか決めた場所か袋にどんどんまとめておきます。こうすることにより、うまく領収書を整理できない方も、上手に整理できるようになります。

 

まとめ

個人事業主の方は、普段からやることがいっぱいです。全てのことをひとりでやらなければいけないので、省ける手間は少しでも省きたいものですよね。中でも帳簿管理は非常に手間が掛かるので、少しでも負担を軽減できれば、これほど助かる事はありません。そう考えている方はfreeeの導入を検討してみて下さい。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-ビジネス
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.