ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

クラウド会計

【個人事業主様必見】導入することで便利になる帳簿ソフトと言えばコレ!

更新日:

個人事業主にとって日々の経理業務は欠かせないことですが、事業を始めたばかりの頃は専門の方を雇うのは難しいことです。そのため自らが経理業務をやらなければいけない個人事業主の方は多いはずです。
そのような場合、経理業務の負担を少しでも減らそうと帳簿ソフトの導入を検討される方もいるでしょう。帳簿ソフトを導入することにより、経理業務の負担が大幅に減らせることは立証済みです。
中でも、特にあると便利は帳簿ソフトはfreee(フリー)というクラウド型のソフトになります。CMでも露出が増えているので、目にしたことがあるという方は多いかもしれません。
freeeは個人事業主の経理業務を助けてくれる、非常に便利なソフトになります。今回はfreeeを使う事によってどういったメリットを受けられるかについてご紹介していきます。

確定申告を効率化

個人事業主が毎年苦労する業務の一つが確定申告です。白色申告を選択するのであれば、そこまで難しく詳しい知識も必要はありませんが、大抵の個人事業主は青色申告を選択する事になるでしょう。
青色申告で確定申告を行う場合、複式簿記での帳簿作成が義務付けられており専門的な知識がない人でなければ帳簿の作成を難しいと感じてしまいます。
また、税務署に提出しなければいけない確定申告書の書き方も複雑ですし、日々の経理業務をこまかく管理していなければスムーズに作業をこなすことはできないことでしょう。

帳簿は自動作成

基本的に会計帳簿はfreeeを使う事によって自動で作成する事ができます。freeeを使わなければ、会計帳簿は0から作成しなくてはいけませんし、複式簿記の知識も勉強しなくてはいけません。

 

しかし、freeeを使えば必要事項を入力していくだけで自動で会計帳簿を作成する事ができるので、今まで帳簿を作成したことも管理した事がない人でも、簡単に作成する事ができてしまいます。

 

売上の管理や経費の流れなど、把握しなければいけないことも最小限の労力で管理していく事が可能です。口座やクレジットカードの利用明細、領収書などの管理も連携させるかスマホの撮影だけで済みます。

確定申告書も楽々作成

確定申告は1年間の所得額を決定します。そこから支払う税金を決めていくわけですが、売上や経費をきちんと管理できていなければ、確定申告の作業をスムーズに済ませることはできないでしょう。なので、会計帳簿の作成より正確に作成していかなくてはいけません。

 

しかし、いくら会計帳簿を正確に作成して、こまかく管理していたとしても確定申告書の記入方法がわからなければ意味がありません。freeeは確定申告書の作成も非常に楽にできてしまいます。

 

freeeで確定申告書を作成する方法は、質問形式の欄に答えを埋めていくだけです。質問に答えるだけで、簡単に確定申告書を作成する事ができるので、今ままで申告書の作成に時間をかけている人は、freeeを使うだけでその時間を大幅に減らす事ができます。

 

請求書の発行

事業を展開していく上で、取引先への請求書の発行は欠かす事の出来ない業務です。取引が増えれば増えるほどきちんと管理できるようにならなくてはいけません。

請求書を簡単作成

請求書を作成する上で、元からテンプレートなどがあれば良いですが、0から作成しなくてはいけないという方もいるのではないでしょうか?freeeはあらかじめテンプレートが用意されているので、項目に入力していくだけで簡単に請求書を作成することができます。

 

また請求書を作成すると、その情報が反映され売掛金としてソフトに自動登録されるので、どの請求先が未入金なのかも一目瞭然です。レポート機能も見やすいグラフ型になっており、非常に見やすい形式になっています。

請求書の郵送も代行

請求書を自分で発行し、さらにそれを郵送するとなると非常に面倒な作業になります。freeeはこういった請求書の郵送も代行で行なってくれます。価格は請求書1通につき150円となっています。

 

ワンクリックで印刷・封入・発送まで済ます事ができてしまいます。請求書の郵送代行は、個人事業主でも法人でも有料のプランのサービスになっています。

経営状況を一目で把握できる

個人事業主の方は、常にご自身の経営状況について的確に把握しておかなければいけません。経営状況を把握するには、様々な角度からお金の流れなどを見ていかなくてはいけません。

 

freeeでは必要に応じたレポートで、経営状況を一目で把握ができる仕様になっています。また、そのレポートも必要な時にすぐに出力ができるので、必要な状況で利用できるようになっています。

 

他にも、売掛金・買掛金の残高レポートやウィークリーレポート、損益計算書や貸借対照表の月次推移、試算表なども一目でわかるので、経営を分析したい場合には、最適のソフトといえます。

工夫されたダッシュボード画面

freeeにログインすれば、工夫されたダッシュボード画面により、経営状況を一目で把握することが可能となっています。自社の経営状況を常に把握することによって、現在どのような行動をすれば良いのか迷うことなくわかるはずです。

銀行口座の残高を複数管理

人によっては会社の口座を複数もって運用していく方もいると思います。そういった場合、その複数の口座残高などを同時に確認できると非常に便利ではないでしょうか?

 

freeeのダッシュボード画面では、簡単に複数の口座残高を確認することができます。

支払期日も忘れない

取引の中でも支払期日が近いものは、すぐにダッシュボードで表示されるようになっています。うっかり忘れていたなどのミスを防ぐことができます。取引が増えれば増えるほど、起こりがちなミスなので、こういった支払期日をすぐに確認できるのは、非常にありがたいことです。

コメント機能も充実

経理業務を担当者や税理士に任せている場合、一定期間の打ち合わせが必要なこともあるでしょう。しかし、お互いが忙しくなかなか時間を取れる日が少ないという方もいるはずです。

 

そういった場合、担当者がダッシュボードのコメント欄のところに質問などを記入しておけば、一目で書くにすることができます。

お金の流れも簡単把握

事業を展開していく上で、取引先への出金・入金が必然的に多くなってくることでしょう。さらに売掛や買掛など、現金が見えないお金の流れも把握していかなくてはいけません。

 

もちろん、自分で管理していくことも可能ですが限界があるはずです。こういった見えないお金の流れ・管理もfreeeに任せれば、効率的な入出金管理を行なうことができます。

入出金予定を一目で把握

取引日を入力し入出金予定も登録しておけば、一目で把握することができますし、管理は非常に便利なることでしょう。

取引先別にわかる売掛金と買掛金

取引先別に、現在の売掛金・買掛金残高が一目でわかるのは、効率が良いですし今後のビジネスにも役に立つでしょう。また、レポートして出力もできるので用途に合わせた使い方もできます。

まとめ

個人事業主は自分の事業を展開し、大きく発展させたり売上を伸ばす事に注力していかなくてはいけません。特に事業が軌道に乗るまでは、少しも気の抜けない状況が続くことも考えられます。

 

こういった事業をスムーズに展開していく為にも、経理業務などは必要不可欠な業務になることでしょう。しかし、できることであれば経理はその専門の方を雇って任せたいと思うのが個人事業主の本音ではないでしょうか?

 

しかし、まだまだそんな余裕はないと考える方も多いはずです。そんな時、freeeは非常に役に立ちます。個人事業主の大きな負担となる経理業務を、大きく軽減してくれるソフトとなるはずです。

 

料金も専門の経理担当を雇うよりも、はるかに安い金額で導入することができます。経理問題でもしお悩みであれば、freeeの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-クラウド会計
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.