ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

スッキリ爽快!便秘で溜まった便や固い便を出す方法とは?

更新日:

何日も便が出ていない・・・便秘に悩まされている方は少なくないことでしょう。こちらをご覧の皆さんは少なからず便通の悪さに悩まされている部分もあるのではないでしょうか?
 
便秘の状態が続くと体調が悪くなったり、口臭やおならなどの臭いに悪影響を与えたり、なによりもなんだか気分も晴れないような状態が続いてしまうのではないでしょうか?
 
便通は身体の流れの一環。ここが滞ると身体の流れも悪くなり気分的にも重くなってしまうということなのでしょうが、そうならないためにも毎日の便通をスムーズにしてスッキリさせておきたいものです。
 
さて、便秘を改善して便通を良くするためにはまずは便秘のメカニズムを知っておくことが大切です。なぜ便秘になるのか、ということを知っておくことでどのようにして便秘を改善し、スムーズに便を出すための方法を考えていきましょう。

便秘はなぜ起こる?

そもそも便秘とはどんな状態のことでしょうか?一般的には3日ほど正常な便通が無い状態のことを便秘と呼ばれます。便通は基本的に毎日起こるものですが、これが三日も起こらないとなると正常な状態とは言えないでしょう。慢性的な便秘は便秘は腹痛やお腹の違和感、食欲の低下、吹き出物やむくみ、肌荒れ、口臭や放屁の悪臭といったさまざまな弊害ももたらします。
 
このような症状に悩まされないためにも便通が定期的にしっかりと起こるようにしておきたいものです。ではなぜ便秘になってしまうのでしょうか?

便秘は自律神経の乱れと関係している

便通は腸内にある胃から消化された廃棄物を肛門から排出するさいに起こるものです。本来胃から送られてきた廃棄物は徐々に固形化され便となります。これが直腸に達すると脳から肛門へそろそろ排出するような信号が送られ、それと同時に人は便意を催しトイレに行って排出することになります。
 
この時脳から腸へおくられる信号は自律神経と連動しています。通常、自律神経は交感神経と副交感神経といういわゆるオンとオフのような状態をバランスよく切り替えることで正常に働いています。体内の消化活動は副交感神経と連動しており、つまりはリラックスしている時に消化は促進されるのです。
 
つまりストレスなどを受けたりして交感神経が優位になる状況が多い人は消化活動がうまくいかず、便秘や下痢のような症状を引き起こしやすくなるのです。自律神経の乱れはこれ以外にも様々な体調不良を引き起こしやすくなります。
 
消化活動が鈍くなるとたまった便を排出する動きも鈍くなります。こうやって便秘が引き起こされるわけですが、便秘のまま腸内に便が長くとどまると便は水分をどんどん腸に吸収されてしまうということがおこります。すると便は小さく固くなっていきます。便秘の人がいざ排便をする時に固い便で排便に苦労したり痔になってしまうのはこのような理由からなのです。

女性はなぜ便秘がおこりやすい?

下痢と便秘は表裏一体の現象でもあるのですが、一般的には女性の方が便秘になりやすいと言われています。これはなぜなのでしょうか?

筋力の差

女性より男性の方が一般的には筋力が低い傾向にあります。腸内から便を肛門へと送り出していく時には腹筋の力が使われるため、筋力が低い女性の方が排便がスムーズにいかないケースが多いとされています。

生理前は便秘になりやすい

女性特有の現象も便秘の原因のひとつです。生理前は女性ホルモンの関係から流産を防止するために子宮が収縮運動をおさえる傾向にあります。これによってお腹周りがうまく動かず便がスムーズにおくりだされなくなり便秘が起こりやすくなると考えられています。

食事制限

女性の場合は過度なダイエットによって便秘が起こりやすいような腸内環境になりがちな傾向にある人が多いとされてれています。具体的には栄養の偏りや水分不足などが原因で便通がスムーズにいかなくなってしまっていることが考えられます。

冷え性

身体が冷えると腸内運動が鈍くなってしまうことがあります。一般的に冷え性の傾向が強い女性は便秘になりやすくなってしまうと考えられます。

薬の飲み過ぎ

便秘を解消するための薬なども多く販売されていますが、便秘薬はいわば下剤のようなものでなのです。つまり強制的に便を排出せる効能を持っているわけですが、日常的に便秘薬に頼っていると腸自体の排便能力が低下していってしまうので、ここぞという時以外に日常的に便秘薬に頼るのはやめた方がよいでしょう。

溜まった便を出す方法とは?

リラックスする時間を作る

これが出来れば苦労しないという人も多いかと思いますが、消化を健全に行うためには副交感神経を優位にさせるリラッスタイムをしっかりと作ることです。
 
強いストレスを受け続けると自律神経のバランスは崩れてしまいますから、日々の生活の中にストレスを解消する時間やゆっくり休む時間を取り入れることが便秘解消に繋がります。

便を柔らかくするために水分をこまめに補給する

便秘の状態が続くと腸内で便から水分が奪われてしまい小さく固くなっていってしまいます。これを改善するためにも定期的に水分補修をすることが効果的です。
 
寝起きにコップ一杯程度の水を補給する事も効果的です。便通は朝におこる人が多いと思いますが、この時水分が足りないと便が固くなってしまいます。ぜひ試してみてください。

食生活を正す

特にダイエットをしていたり食生活に偏りがあって便秘気味の方は食生活を改善するだけでも便秘が改善されることがあります。腸内環境を整える食材、食物繊維の豊富な野菜や根菜、ヨーグルトのようなものを積極的に取り入れるようにしましょう。
 
また身体が冷えているなと感じる時は身体を温めるような食事をとるのもオススメです。血行が促進されて腸内活動も活発になるかもしれません。

生活リズムを整える

便秘の改善のためには生活リズムを整えることも大切です。便通は日々のリズムの中で起こるものです。そのため毎日不規則な生活を送っていると身体もいつ排便すればよいのか分からなくなってしまいます。
 
なるべく同じ時間に寝て起きて、食事の時間もあまりずらさないようにすることで便通のリズムも一定になる可能性があります。

身体を冷やさない

冷え性の傾向がある人は寝る時に腹巻をしたり、冷たいものを控えたりすることで身体が冷えることを防止するのも便秘改善に効果がある可能性があります。冷え性がきっかけで腸内活動が活発化していない場合は体を温めるだけでも効果があるでしょう。

便を出す方法は生活習慣の見直しから


ここまで見てきたように便秘は日々の生活リズムや生活習慣がきっかけで生じるケースが多いと言えるでしょう。自律神経をコントロールすることはなかなか難しいかもしれませんが、便秘を悪化させる要因を解消する事で少しでも症状を緩和出来れば便秘に悩まされることも減り、スムーズに便を出すことが出来るかもしれません。
 
また、あまりにも長い期間便秘が続くような場合は腸などの消化器官に隠れた病気が原因の場合もゼロではありません。なかなかよくならない、便が出ないという方は一度病院で診察してもらっても良いかもしれませんね。
 
人間の腸をはじめとした消化器官はとても繊細なのでちょっとしたことで機能不全に陥りがちです。すべての原因を取り除くのは難しくても、出来ることから少しずつ改善して少しでもスムーズな便通を目指していきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.