ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

便秘になる食べ物って?便秘は食生活から改善しよう!

更新日:

便秘で悩んでいるという方は多いのではないでしょうか?便秘が何日も続くと身体がどんどん重くなっていってさまざまな体調不良に繋がるというとも考えられます。
 
そうでなくとも何日も身体の中に排泄物が残っているというのは気持ちの良いものではありません。本来なら毎日おこるはずの便通が起こらないのはそのよう意味においてもなんとかして改善したい事態のひとつです。
 
では便秘はどのようにして改善していけばよいのでしょうか?便秘はお腹の中で起きることですから重要な要素のひとつに食べ物があります。便秘になりやすい食べ物、なりにくい食べ物を把握しておくことで便秘の改善に少しでもプラスになるようにしてみましょう。

便秘になりがちな方へ

そもそも便秘とは一般的に3日ほど正常な便通が起こっていない状態のことを指します。便秘が続くと身体が重くなる、吹き出物がでる、肌が荒れる、食欲の低下、口臭の悪化などが起こりやすくなると言われています。

また、男性よりも女性のほうがなりやすいとも言われており、特に生理前やダイエット中に便秘になる傾向が強いとされています。

便秘の原因は?

便が直腸に達すると脳から便を排出するような命令が肛門へおくられます。すると人は便意を感じてトイレへ行くのですが、この命令がうまくいかないことが便秘の最大の原因だと言われています。
 
脳から腸への命令は自律神経の働きリンクしています。自律神経は通常、交感神経と副交感神経からなっており、これを切り替えることで身体のバランスを保つ神経ですが、この神経は非常に繊細で外的なストレスなどによって簡単にバランスを崩してしまいす。
 
消化器官の働きは副交感神経が優位の状態に活発化するため、ストレスなどによって交感神経ばかりが働いている状態になると便秘になりやすくなる可能性があると言えるのです。
 
脳から命令がうまく働かないと排出されるべき便は腸に留まることになってしまうのですが、腸は便から水分をどんどん吸収してしまうため、長く放置された便はどんどん固く小さくなっていきます。便秘になるといざ便意を催したときに排出するのにかなり苦労することがあるのはこのためです。
 
この悪循環が便秘をどんどん悪化させていきます。つまり便秘の主な原因はストレスや疲労などによる自律神経の乱れ、そしてそれによって排出が滞った便が腸内でより排出されにくい状態になっていくことに起因しています。

便秘になりやすい食べ物

ストレスなどによって乱れ神経をコントロールするとは容易ではありません。では便秘対策として私たちに気軽に出来ることはなんでしょうか。それは腸内で作られる便がなるべく排出されやすい状態を保つことです。これは食生活によっても改善することが出来ます。
 
まずは便秘になりやすい食べ物とはどんなものなのか確認しておきましょう。便秘中はこれらを避けることで少しでも便秘を和らげたいものです。

肉類

便秘になりやすいものとしてまず挙げられるのが肉類です。肉類に含まれるタンパク質は腸内の悪玉菌を増加させて腸内バランスを崩してしまいす。野菜なども含めたバランス良く食事をしていれば問題ありませんが、肉ばかり食べていると便秘を悪化させてしまうでしょう。

タンニンを含んだ食材

タンニンはポリフェノールの一種でさまざな食材に含まれていますが、実はタンニンをとりすぎると腸が便を繰り出すぜん動運動というものを妨げてしまうと言われています。
 
特にお茶や赤ワインなどの飲み物にも含まれているため、これらの飲み過ぎには注意する必要があると言えるでしょう。

カフェイン

カフェインは便を固くしてしまう作用があります。便が固くなるとそれだけ排出に苦労しますから便秘を促進する成分としてカフェインも考えることが出来るでしょう。

アイスクリームなどの冷たいもの

便秘を促進する要素として身体を冷やす、血行を悪くさせるというものが挙げられます。そのため冷たい食べ物や飲み物は便秘を悪化させてしう可能性があると考えられます。

便秘を解消してくれる食べ物

続いて便秘を解消してくれる食べ物についても見ていきましょう。

野菜・フルーツ

なんといっても便秘解消のためには野菜類やフルーツをバランスよく食べることです。具体的には食物繊維をたくさん摂ること、さらに詳しく言うとフルーツなどにふんだんに含まれる水溶性食物繊維と根菜などに多い不溶性食物繊維をバランスよくとることが大切です。

発酵食品

ヨーグルトや納豆といった発酵食品は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるため便秘にも効果的な食材だとされています。

身体を温める食べ物

身体が冷え気味で便秘になっている方であれば、身体を冷やさない食べ物を食べないようにするのと同時に身体を温める食べ物が効果を発揮することも考えられます。

食生活以外の便秘解消法とは?

水分補給

便秘の人に意外とありがちなのが水分補給が出来ていないパターンです。人の身体は想像以上に多量の水分を必要しています。水分が不足すると便秘も悪化していくことが多いのでこまめに水分補給しましょう。
 
寝起きに一杯の水をしっかり飲むだけでも軽度の便秘であれば朝の便通が期待できるはずです。

腹筋をする

お腹の筋肉が不足していることで腸が便を押しだせないこともあります。特に女性で腹筋が弱い方はお腹の筋肉を少し鍛えてあげると便通が少し良くなるかもしれません。

身体を冷やさない

冷たいものを食べないということでも分かるように、身体を冷やして血行を低下させると腸内活動が弱まって便秘につながりやすくなります。
 
食べ物に気を付けるほかにも冷え性の方は寝る時に腹巻をしたり、身体を冷やさない恰好を心掛けると良いでしょう。

便秘を食べ物から改善してみよう

便秘は食生活を改善する事でも緩和する事が出来る可能性があります。便秘の原因は人それぞれ異なっており、ひとつの要因というよりは複数の要因が重なって悪化していくものですが、誰にでも共通して改善の余地があるのが食生活ではないでしょうか?
 
便秘がちな方はぜひ食生活を意識して改善する事で便秘を少しでも改善してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.