ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

便秘になる原因にはどんなものがある?自分の生活を見直してみよう!

更新日:

何度も繰り返してしまう辛い便秘を治すためには、便秘を引き起こす原因を知ることが大切です。「自分は便秘体質なんだ」と諦めるのではなく、便秘の原因と突き止め、自身の生活習慣を見直してみましょう。

便秘の原因は食生活にアリ

消化後の食物のカスは、便となって排出されます。何を食べたかということは、便秘の状態に大きく影響しますよ。

食生活の乱れ

忙しさやストレスなどにより、食生活が乱れてしまうと、身体に必要な栄養素を充分に摂取出来ない状態になります。必要な栄養素の不足は、腸などの身体の機能が低下する原因となります。毎日朝ごはんをしっかり食べる、外食でもバランスの良いメニューを選ぶなど、栄養を満遍なく摂取できるような食生活を心がけましょう。

食物繊維不足

ダイエットや健康目的のために、野菜を沢山摂取するように心がけている人の中でも、便秘に悩む人がいます。サラダを沢山食べているから便秘にはならない、と思っている人もいるかもしれませんが、サラダで使用するレタスやキュウリ、トマトにはあまり食物繊維が含まれていませんごぼうやカボチャ、ニンジンなどの根菜や、ほうれん草などの食物繊維が豊富な野菜を多く食べるようにすることで、食物繊維不足を解消することができますよ。

腸内環境の悪化

腸の中には、善玉菌や悪玉菌など様々な細菌が生息してバランスを保っています。腸内環境が良い人は、悪玉菌よりも善玉菌の方が多く、整腸作用に優れています。腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えすぎてしまうと、腸の動きが悪くなり、便秘を引き起こしてしまいます。善玉菌を増やす為には、チーズやヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品を食べることが大切です。

水分不足

呼吸や汗、尿などで、私達の身体の水分量はどんどん減っていきます。むくみが気になるからといって、飲水量を控えている人はいませんか?身体の水分量が少なくなってしまうと、大腸は便から水分を吸収してしまいます。水分が少なくなった便は固くなり、腸が運動しても動きににくく、排出されにくい状態になります。便秘気味の人は特に、しっかりと水分を摂取するように心がけてみましょう。

寝ている間も水分は失われていく

起きている間だけではなく、寝ている間も意外と汗をかいたりして脱水状態になっています。寝ている間に失われた水分を補う為、朝起きてからコップ一杯の水を飲むと良いでしょう。脱水状態を改善させつつ、腸を刺激して蠕動運動を促進させることができますよ。

過度なダイエットによる食事摂取量の減少

食事制限ダイエットを始めてから、便秘に悩んだことはありませんか?過度なダイエットなどにより、今まで食べていた食事量を一気に減らした場合、食物繊維の摂取量も減ってしまいます。そうなると便の量が少なくなり、便秘になることがあります。ローカロリーの野菜や海藻、きのこなどをしっかり食べて、食物繊維の摂取量を減らさずにカロリーを抑えた食生活にすると良いでしょう。

ストレスも便秘を引き起こす

食べ物だけではなく、精神的なストレスも便秘の原因となります。

ストレスは便秘の大敵!

新学期や就職、引越しなどで環境が変わってから便秘に悩むようになった、という経験はありませんか?様々なストレスは、精神的な緊張をもたらします。身体が緊張していると、交感神経の働きで腸の動きが悪くなってしまいます。このように、ストレスによって便秘になることを痙攣性便秘と呼び、人によってはストレスの為に下痢と便秘を繰り返してしまうこともあります。痙攣性便秘が悪化した状態の「過敏性大腸症候群」では、女性は便秘に、そして男性は下痢で悩む人が多い傾向にあります。

ストレス性便秘の解消方法は?

ストレスが原因で起こっている場合は、趣味の時間を増やす、スポーツなどで身体を動かすなどといった方法でストレスを解消させ、リラックスできる時間を増やしてみましょう。良く寝るこも、ストレス解消に大切です。身体を良く休めながら、腸内環境を改善させるヨーグルトなどの発酵食品などを摂りつつ、ストレスを少しづつ発散させて溜め込まないようにしましょう。

腹筋が弱ってる?運動不足も便秘になる!

食生活やストレス以外にも、運動不足が便秘を引き起こしてしまう場合があります。

腹筋が弱くなると便秘になる

排便時には、必ず腹筋を使って便を押し出しています。運動不足で腹筋が弱くなると、いきむ力が弱くなるために便を出しにくくなり、便秘になってしまいます。また、腹筋は腸の周りにある筋肉にも刺激を与えるため、腹筋が弱くなることは腸の運動を悪くしてしまう原因にもなります。このように、女性など日頃から運動不足で悩んでいる人の多くは、腹筋が弱い為に便秘になると考えられています。

運動不足が引き起こす神経性の便秘

適度な運動は、筋肉に刺激を与えるだけではなく、自律神経のバランスを良くする効果もあります。自律神経のバランスが良くなれば、腸に影響を与える副交感神経の働きが改善し、腸が良く動いて便秘を解消してくれます。身体に負荷のかかりすぎる運動は、かえって自律神経のバランスを崩してしまいますので注意が必要です。ウォーキングやストレッチなど、負荷の少ない有酸素運動がおすすめです。自分の体力に合った方法で身体を動かし、筋肉に刺激を与えながら気分をリフレッシュさせましょう。

その便秘は病気が原因?

便秘の原因の中には、まれに重篤な病気が含まれていることがあります。生活習慣を変えても便秘が全く改善しない場合は、器質性便秘の可能性について考えてみましょう。器質性便秘には慢性と急性の2種類がありますが、どちらも専門医による適切な処置が必要です。

慢性の器質性便秘

腸にできたポリープや腫瘍が腸管を圧迫し、便の通り道を塞いでしまうことで便が出にくくなるのが、慢性の器質性便秘です。女性の場合は、子宮にできた筋腫が大きくなることで腸を圧迫する事もあります。腸管が狭くなるために、いつもよりも細い便や平べったい便が出たり、便に血液が混ざる場合もあります。人によっては、腹痛や違和感を感じる事もあり、腫瘍やポリープが悪化する前に早めの治療が必要です。

急性の器質性便秘

ある日突然、急激な痛みや嘔吐などを伴って起こるのが急性の器質性便秘です。原因は、腸閉塞や腸捻転などの腸の病気によるものです。食生活などを全く変えていないのに、ある日突然便秘に苦しむようになったり、激しい痛みが出る場合は急性の器質性便秘の可能性があります。すぐに病院で検査してもらいましょう。

薬の副作用が便秘を引き起こす?

病気が原因ではなく、服用している薬が原因で便秘になることもあります。抗生物質や咳止め薬、抗不整脈薬などは、人によっては便秘の原因となる場合があります。何らかの疾患で治療中の場合は、自己判断で下剤を飲んだり薬の内服を中止したりしないようにしましょう。飲んでいる薬が原因で便秘になっているのではないかと悩む場合は、かかりつけの医師か薬剤師に相談してみましょう。

便秘解消のために生活を改善してみよう

1日でも早く解決させたい辛い便秘には、色々な原因があります。便秘の主な原因としては、食事やストレス、運動不足などが挙げられます。まれに、恐ろしい病気が便秘の原因になっている場合もあります。生活を改善してみて一向に良くならない場合は、専門医の診察を受けてみましょう。今まで続けてきた生活を変えるのは大変かもしれませんが、便秘解消のために少しづつでも改善してみてください。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.