ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

亜鉛を摂取すると血圧が下がるってホント?オススメの摂取方法4選!

更新日:

この記事では亜鉛を摂取すると血圧が下がるのかどうかについて、効率の良い亜鉛の摂り方についてご紹介しています。

 

亜鉛は健康を維持するために欠かせないものですが、高血圧の人は摂り方を間違えると深刻な事態になってしまうこともあります。

 

そうならないためにもこの記事を読んで亜鉛と血圧の関係をしっかり学んでおきましょう。

スキンケアが劇的に楽になる!オールインワンゲル

管理人厳選のオールインワンゲル
32597 view

キレイな背中に惚れる!ニキビジェルで徹底対策

背中ニキビジェルランキング
12356 view

ジェルでほっそり足!簡単むくみ対策

むくみの定番アイテム
9552 view

PMS改善に効果!ルナテアはこちら

口コミまとめと実際のレビュー
90156 view

亜鉛を摂ると血圧が下がる?

 

亜鉛は酵素を効率良く働かせるために必要不可欠な成分で、摂取することで血管内皮細胞と呼ばれる血管の内側の細胞を補修する効果を得られます。そして、亜鉛には狂った血圧を調整する機能があるのです。

 

この『血圧調整機能』は高血圧だけに限らず低血圧を対策する上でも有効で、亜鉛の効果を正しく言うと『高血圧を改善する効果』、ではなく『血圧を正常値に戻す効果』と言えるでしょう。

ただ、詳しくは後述しますが、高血圧の人が亜鉛と一緒に降圧剤を飲むと単体では得られないような急激な血圧低下を引き起こしてしまう場合があります。

 

血圧が下がるのなら問題ないのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが下手をすると意識を失うほど危険なことですから、亜鉛の摂取には充分な注意が必要です。

亜鉛の持つ血圧調整機能の仕組み

亜鉛には血圧調整機能があると分かってはいるのですが、実はその機能が亜鉛のどんな部分に由来するのかまでは分かっていません。

 

しかし、実際にラットを用いた研究ではミネラルの欠乏の中でも亜鉛の欠乏が最も血圧を高めると分かっており、最近は高血圧患者に亜鉛摂取を勧めるケースが増えてきています。

 

亜鉛欠乏が起こす高血圧の仕組みはこのように解明されてはいないものの、有力な仮説では亜鉛の欠乏が起こす細胞分裂の鈍化が血圧の調整に深刻な悪影響を与えているのでは、と言われています。

亜鉛は血圧降下剤としての機能を持たない

亜鉛の効果は突き詰めると血圧を下げるものではなく、あくまで血圧を調整する機能を持っているに過ぎませんから、亜鉛を充分に摂取したとしても高血圧を完全に予防・改善するわけではありません

 

しかし、前提として亜鉛の欠乏が血圧の上昇を促しているのなら亜鉛を摂取しなくても良いとは言えないでしょう。むしろ積極的に摂取しておくべきです。

 

つまり、亜鉛は高血圧を予防・改善するために摂取しておくべきものではあるが、それ自体が血圧を下げるために大きく作用するものではない、と定義付けられます。

亜鉛と一緒に高血圧に効くサプリもご検討してみて下さい。

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

効率の良い亜鉛の摂り方

食品から摂取する

レバーや牡蠣などにはたくさんの亜鉛が含まれているため効率良く亜鉛を摂取することが出来ます。また、チーズやビーフジャーキーなどにもたくさん含まれているので晩酌の際などに食べると良いでしょう。

 

ただし、亜鉛を含む食品はどれも高カロリーで、食べる際に大量の塩分を必要とするものが多いことから食べ過ぎには注意しなければいけません。

 

亜鉛を摂取したけど塩分も摂り過ぎて結果的に血圧が上がってしまった、という事態になってしまっては意味がありませんから食品から亜鉛を摂取する際は充分に注意しましょう。

サプリから摂取する

純粋に亜鉛のみを摂取するのであればサプリから摂取するのがベストです。サプリであれば塩分や脂質、カロリーなどを気にする必要はありませんし、亜鉛の1日の目標量を達成するのも難しくありません。

 

しかし、サプリから亜鉛を補給する際は気を付けておかないと過剰摂取してしまう可能性があります。

というのも、サプリのみで亜鉛を目標量まで補給していると、亜鉛を含む食品を食べるとすぐに摂取量が目標量を超えるようになります。

 

亜鉛の過剰摂取は吐き気下痢低血圧を起こし危険ですからサプリで亜鉛を補給する際は食事と併せた亜鉛の摂取量が目標量を超えてしまわないよう気を付けておきましょう。

クエン酸・ビタミンCと一緒に摂る

サプリからであれ食品からであれ、亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂ることで身体に吸収されやすくなります。これは亜鉛だけでなくすべてのミネラルで同じことが言えます。

 

これはクエン酸やビタミンCが『キレート作用』と呼ばれる効果により、亜鉛等のミネラルを吸収しやすい形に整えてくれるからで、この作用により吸収されにくい亜鉛を効率よく吸収することが出来るのです。

 

そのため、亜鉛を摂取する際はクエン酸やビタミンCが含まれた食品やサプリも一緒に摂っておくようにしましょう。

シュウ酸・フィチン酸と一緒に摂らない

クエン酸やビタミンCのように、一緒に食べることで吸収効率が高まる成分もあれば、そうでない食品もあります。特にほうれん草に含まれるシュウ酸やインスタント食品に含まれるフィチン酸と亜鉛は相性が悪いです。

 

シュウ酸やフィチン酸などは亜鉛と結びつきやすい特性を持っているため、一緒に摂ってしまうと亜鉛単体で身体に吸収されることが無くなり、結果的に吸収効率が大きく落ち込んでしまいます

 

フィチン酸の場合は動物性食品と一緒に食べることで亜鉛との結合を防ぐことが出来ますが、シュウ酸の場合は何を一緒に食べても亜鉛と結合してしまうため亜鉛を摂取する際は控えるようにしましょう。

やばい!教えたくない神ファンデ

手放せないおすすめファンデーション
22597 view

プチプラでも効果抜群のファンデ特集

プチプラファンデーションランキング
121056 view

最新アイコス互換の電子タバコEFOS!

売り切れ必死!品切れ前に購入!
95237 view

人気急上昇の格安医療脱毛レジーナクリニック

美容業界注目の格安医療脱毛クリニック
9452 view

高血圧の人が亜鉛を摂取する際の注意点

薬の種類によっては亜鉛の摂取が禁忌

血圧を下げるための薬、所謂『降圧剤』にはいくつか種類があり、中には亜鉛との飲み合わせが悪いものがあります。例えばアンデオンシンⅡ受容体拮抗薬などは亜鉛との相性が悪いです。

 

アンデオンシンⅡ受容体拮抗薬は降圧剤の中でも優れた血圧低下効果を持っているのですが、それゆえに血圧の調整機能を持った亜鉛と一緒に服用すると血圧を大きく低下させてしまうことに繋がります

 

つまり、お互いの効果が強く重なり想定以上に血圧が下がってしまうのです。急激な血圧の低下は昏倒などを引き起こし非常に危険ですから高血圧で薬を飲んでいる人は亜鉛との飲み合わせを確認しておきましょう。

塩酸ベラパミルを含む薬の場合

アンデオンシンⅡ受容体拮抗薬より更に亜鉛と相性が悪いのが『塩酸ベラパミル』です。アンデオンシンⅡ受容体拮抗薬と亜鉛を一緒に摂取しても、亜鉛が大量でない場合はそこまで悪影響はありません。

 

しかし、塩酸ベラパミルの場合は別で少量でも同時に飲んでしまうと頭痛や関節痛などの症状に加え酷い場合は起立性低血圧を引き起こす可能性すらあります。

 

アンデオンシンⅡ受容体拮抗薬と同様、急激な血圧の低下は意識障害など危険な状態を招く原因となりかねませんから、塩酸ベラパミルを含む薬を服用している場合は亜鉛の摂取に気を付けておきましょう。

亜鉛を多く摂取しなければいけない場合もある

プレミネントなど一部の降圧剤は利尿作用を高める効果を持っているため、体内の亜鉛が大量に失われてしまいがちです。そのため、利尿作用のある降圧剤を服用している方は亜鉛のこまめな補給が必要になります。

 

ただ、一部の利尿作用を持つ降圧剤はアンデオンシンⅡ受容体拮抗薬を含んでいる場合があるためどれくらい亜鉛を摂れば良いのか判断するのは難しいです。

 

亜鉛欠乏症になると自覚症状として味覚障害が出ますから、亜鉛欠乏症だと感じたタイミングで医師に相談し適切な亜鉛の摂取タイミングを支持してもらうようにしましょう。

終わりのある脱毛とは?

本当の格安永久脱毛サロンはココだけ!
52597 view

更年期の悩みが解決!華美幸年の◯◯が凄い!

口コミで人気の更年期サプリ
35697 view

高血圧は命にかかわる重病に!?対策情報

高血圧を下げる情報
15056 view

無制限で使える格安データ通信はこちら

ポケットWIFIランキング
12452 view

まとめ

亜鉛は血圧を調整してくれるだけでなく血管内皮細胞を修復することで動脈硬化を防ぐためにも役立ちます。

 

しかし、降圧剤を飲んでいる人の場合亜鉛と同時に服用すると急激な血圧の低下が起こることがあるため注意が必要です。

 

亜鉛と上手に付き合うのは少し難しいですが、亜鉛の持つ血圧調整機能は魅力的ですから、医師と相談するなどして亜鉛が欠乏しないよう心掛けましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

おすすめランキング

-高血圧
-, , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.