ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

睡眠

不眠症に悩んでいる人に試してほしい、誰でも簡単にできる対策法をご紹介

更新日:

眠りたいのに眠れない、寝ても睡眠が浅くすぐに目が覚めてしまう、など睡眠に関する悩みを抱えている人は非常に多いです。その割合は20%とも言われています。

 

睡眠に異常があると、疲れがとれず、どんどん疲労が蓄積し、病気にかかりやすくなってしまったり、鬱などの精神異常につながってしまったり可能性があります。これらを防ぐためにも、不眠症を改善していきましょう。

不眠症になってしまう理由

まず、不眠症になってしまう理由をご紹介します。どうして不眠症になってしまうのか、ということを知っておけば、対策をするのも簡単になるのです。

精神状態

睡眠は精神状態に大きな影響を受けます。寝るときに悩み事などが溜まっているとそのストレスで眠れなくなってしまいます。ストレスに限らなくても、子供のころ、遠足の前日に興奮して眠れなくなってしまうように、興奮なども睡眠を妨げる原因になります。

環境

出張や旅行などで寝る場所が変わってしまうと、上手く寝付けなくなってしまうということもあります。他にも、騒音が酷かったり、暑すぎたり、明るすぎたりという環境も睡眠を邪魔してしまう原因です。

生活習慣

生活習慣が不眠症を引き起こすこともあります。しっかりとした睡眠をとるためには、精神的にも肉体的にもほどよく疲労している必要があり、運動不足で肉体的に疲れていないと、寝つきが悪くなってしまうのです。

 

他にも、喫煙や飲酒も不眠症を引き起こしてしまう可能性があり、食事の栄養価も睡眠に影響を与えます。

不眠症の対策法

不眠症の原因が分かったところで、どのようにして不眠症の対策をすればよいのかをご紹介したいと思います。いずれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

運動をする

不眠症の対策で非常に重要なのが、運動です。運動でしっかり体を疲れさせてやれば、自然と深い眠りにつくことができます。

 

体を披露させる、といっても疲れて動けなくなってしまうほど運動しなければならないというわけではありません。1日30分だけでもいいので、ウォーキングをしたり、ランニングをしたりするようにしましょう。

飲酒は控える

お酒を飲むと寝やすくなる、と思っている人もいるようですが、その睡眠は非常に浅いもので、疲れはほとんどとることができません。途中で起きてしまうこともあるので、睡眠に不満がある人はお酒を飲むのを避けるようにしましょう。

睡眠のリズムを整える

睡眠を引き起こす眠気には、周期があります。その周期に従って睡眠することで、寝つきやすくなり、深い睡眠に入ることができます。睡眠を周期通りに行うために重要なのが、同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、ということです。

 

平日は早寝早起きをしているのに、休日になると夜更かしをして、起きるのも昼を過ぎてから、または、休日に寝だめをする、という人もいらっしゃるかもしれませんが、そのような生活をしていると、平日の寝つきが悪くなってしまったり、眠りが浅くなってしまったりする恐れがあります。少なくとも、睡眠時間は2時間以上変えないようにしましょう。

 

睡眠のリズムを整える上では、日の光を浴びることが大切です。人間は日の光を浴びて、体内時計がリセットされ、日の光を浴びてから眠気が来るまでの時間は決まっています。なので、起きたら一番に日の光を浴び、目を覚ますとともに次の睡眠に入る準備をするようにしましょう。

仮眠を利用する

不眠症を解消するうえで重要となるのが、仮眠です。

 

不眠症の原因として、昼過ぎの眠気に勝てず、昼から夕方の間に寝てしまう、という人もいらっしゃると思います。昼過ぎに眠気が来るのも、眠気の周期上仕方がないことなのです。

 

この昼過ぎの眠気を解消するために、仮眠を使うのがお勧めです。15分~30分程度の仮眠であれば、夜の睡眠を邪魔せずに寝ることができます。さらに、仮眠をして眠気を取ることで、昼の作業効率も上がるので、仕事、勉強などに打ち込むことができます。

 

仮眠を取りたくても、寝る場所がない、という人も多いと思います。横になるのが一番良いのですが、机などで寝ても大丈夫です。仮眠をとるときは、ネクタイやシャツの第一ボタン、ベルトなどの体を締め付けるものは外すようにしましょう。

仮眠が15分~30分の理由

どうして仮眠は15分から30分にしなければならないのでしょうか。

 

睡眠には慣性というものがあります。慣性とは、同じ状態や運動を続けようという物理学などで使われる言葉で、睡眠をとり続けていると、どんどん睡眠を続けようとするのです。

 

30分を超えて睡眠をとると、この慣性が強くなりすぎて、目覚めた後も眠気が襲ってきてしまうのです。当然、この睡眠を続けようとするのに身を任せてしまうと、寝すぎてしまい、夜の眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなってしまったりします。30分では足りないという人も、1位間は絶対に超えないようにしましょう。

 

15分以上なのは、眠気を取るためです。仮眠をとっても、短すぎれば、疲れと眠気が取れず、眠いまま過ごさなければなりません。

カフェインを避ける

興奮物質であるカフェインは、非常に長い時間、睡眠を阻害します。カフェインの効果は人によって差があるのですが、どんな人でも夕方を過ぎてからカフェインを摂取するのは避けたほうが良いでしょう。

液晶画面を見ないようにする

液晶画面からはブルーライトという非常に強力な光を発しています。ブルーライトは睡眠にも害を与え、睡眠を流す物質であるメラトニンが減ってしまうのです。寝る直前にはスマートフォンやテレビ、パソコンなどは見ないようにしましょう。

お風呂に入る

少し体温を下げるようにすることで寝付きやすくなるので、寝る前にお風呂に入って体温をしっかり挙げてやるのは非常に大切です。ただし、お湯の温度が高すぎると覚醒してしまう恐れがあるので注意しましょう。

食事で不眠症対策

体の活動は、食べたものを原動力として行われています。当然、睡眠も例外ではありません。食べ物から摂取した成分でホルモンなどを作り、睡眠を促しているのです。

 

不眠症の対策に有効な成分をいくつかご紹介します。

トリプトファン

アミノ酸の一種で、セロトニンの生成に関与するのが、トリプトファンです。乳製品や魚、大豆、はちみつ、ナッツなどに多く含まれている成分で、より吸収率を上げたいのであれば、ビタミンB1と同時に摂取するようにするのが良いでしょう。

カルシウム

睡眠は精神状態と非常に深いかかわりがあるとのことでしたので、精神を落ち着ける働きのあるカルシウムの摂取は不眠症対策にお勧めです。小魚や牛乳などを積極的に食べるようにすると良いでしょう。

テアニン

テアニンは精神を沈め、睡眠を促す効果があると言われています。お茶に多く含まれているのですが、お茶の中には睡眠を邪魔してしまうカフェインが含まれているものもあるので、ハーブティーなどのカフェインを含んでいないものを利用するようにしましょう。

GABA

気分を落ち着ける働きがあり、睡眠だけでなくストレスの解消にも効果があると言われているのが、GABAです。

 

口から摂取してもGABAは効果を発揮しない、という意見もありますが、効果があったという実験結果もあるので、睡眠に悩んでいるのであれば摂取してみるのが良いでしょう。GABAが多く含まれるのは、発芽玄米、キムチ、かぼちゃなどです。

食事の時間にも気を付ける

睡眠中は内臓の働きは弱まるので、食事の時間が遅いと寝るときまでに消化しきれず、消化不良になっておなかの調子が悪くなってしまい、眠りにも悪影響を及ぼします。消化にかかる時間は食べたものによって変わるのですが、大体ねる2時間前までには食事を終わらせるように心がけましょう。

グッズを使って不眠症対策

不眠症に効果のあるグッズを使うことで、不眠症対策をすることもできます。どのようなグッズがあるかいくつかご紹介したいと思います。

耳栓、アイマスク

不眠症の原因が騒音や明るさなどにあるのであれば、耳栓やアイマスクを使って眠りやすい環境を作り出すことができます。出張や旅行などのときでなくても、幹線道路に近かったり、街灯がちょうど窓の近くにあったりなど、自宅だからと言って必ずしも眠りやすい環境だとは限りません。

 

アイマスクには、蒸気で目を温めてくれるものもあり、疲労改善やストレス軽減などが期待できます。不眠症の対策にも有効なので、利用してみると良いでしょう。

枕は不眠症改善の上で非常に重要です。人によって最適な枕の高さは様々なので、できることなら枕の専門店で、オーダーメイドで作ってもらうのが良いでしょう。

アロマ

アロマはストレス軽減、気分を落ち着けるなどの効果があるので、不眠症の改善にぴったりです。手軽に利用できる点も魅力的なので、自分のお気に入りのアロマを探してみましょう。特におすすめのアロマは、ラベンダー、イランイラン、ネロリなどです。

グッドナイト2700を利用して不眠症対策

睡眠に必要な栄養素は意外と多く、食事での摂取だけで十分なのか不安、という人におすすめなのが、サプリメントによる摂取です。サプリメントであれば、持ち運びも簡単なので、出張や旅行のときにも利用することができます。

 

不眠症解消のためにサプリメントを摂取するのであれば、できるだけ多くの成分が配合されているサプリメントがお勧めです。どの成分が不足しているのかはっきりしていない状態で1つの成分が配合されているだけのサプリメントを飲んでも、効果を得られる可能性が低く、お金の無駄になってしまいます。

 

不眠症対策に必要な成分を包括的に含んでいるのが、グッドナイト27000です。グッドナイト27000にはアミノ酸であるトリプトファン、GABA、グリシン、L-アラニンに加え、気分を落ち着かせてくれる成分であるラフマ、カモミールなどを含んでいます。食事の中から摂取したい栄養素のほとんどが配合されているので、他にサプリメントを併用する必要がありません。

ラクティウム配合

母乳を飲んだ後の赤ちゃんがすやすやと眠ることができるのは、母乳の中に含まれるペプチドのおかげだと言われており、これに似た働きを担うのがラクティウムです。様々なストレスに効果があると言われており、今注目を集めている成分です。

 

グッドナイト27000にはこのラクティウムが非常に多く配合されており、不眠症対策サプリメントの最先端だということができるでしょう。

まとめ

不眠症になってしまう原因は生活にあることがほとんどです。生活を変える、というと難しく聞こえますが、1つずつ行っていけばそこまで難しいことはないはずです。特に、ここに挙げたことは基本的で簡単に行えるものが多いので、少しずつ試してみてください。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-睡眠
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.