ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

わきが

悩み解決!ワキガ最新治療の効果と選び方!

更新日:

ワキガの悩みは相談をしにくいものです。ワキガ治療をするとしても、治療方法に不安がありませんか?誰にも相談出来ずに鬱ぎ込んでいては駄目です。

 

今回は、そんな悩みを解決します!ワキガの程度によっては、塗り薬で臭いを抑える事ができ、重度の方でも20分で終わる最新治療もあります。

 

悩んでいる時間は勿体無いです。ワキガの治療は、まず皮膚科に相談していただいて、その他の方法として美容外科での治療も可能です。皮膚科と美容外科で、どのような治療方法があるのか解説させていただきます。

塗り薬による治療方法


ワキガの治療方法の中でも軽度のワキガの方は塗り薬による治療で臭いを軽減することが出来ます。病院で出される処方薬と市販薬、デオドラント系と種類があります。いずれも軽度のワキガの方が対象となります。

塩化アルミニウム液

病院から一般的に処方されるのが塩化アルミニウム液です。塩化アルミニウム液は汗腺に浸透し、汗自体を出づらくさせてくれる事により、臭いの発生を抑えます。病院で処方される塩化アルミニウム液の他に市販の塗り薬にも含まれています。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

デオドラントやワキガクリームには基本的に全てに配合されているパラフェノールスルホン酸亜鉛は金属塩で、汗に含まれるタンパク質と凝固し汗を出づらくさせ、皮脂分泌も抑えるものです。使い続けることにより汗の量が減少する効果もあります。(個人差があります)

デオドラントクリーム

制汗効果と消臭力を併せ持つのがデオドラントクリームになります。デオドラントクリームは処方箋がなくても薬局で購入できるので手軽にためす事ができます。塩化アルミニウム液パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれているうえに香料がついているデオドラントクリームは軽度の方にお勧めします。

注射やレーザーなどの治療方法


ワキガ治療で切開手術となれば、気になるのは傷跡や手術後の経過です。何日も休む必要がある、傷痕が目立つ、など色々と不安に思う方もいます。ワキガの最新治療では注射やレーザーで切開をせずに治療することができます。

ボトックス注射

ボトックスとは美容整形でシワ解消などに使われているものですが、筋肉を萎縮させるボツリヌストキシンという毒素を含んでいます。このボツリヌストキシンはアセチルコリンの分泌を抑制する効果があり、エクリン汗腺の細胞にあるレセプターと結合しなくなる事により発汗を抑える事ができます。

ワキガ治療というよりは制汗治療になり、効果は個人差がありますが平均すると半年間です。

レーザー治療

毛穴にそって存在するアポクリン汗腺に、レーザーを直接照射し汗腺を燃焼させます。クリニックによっては同じレーザー治療でも違いがあり、1回の治療時間が短く5分程度で3回程の通院治療が必要な場合と、20分程で通院の必要のないレーザー治療とあり、クリニック毎の特色があります。

多汗症の方は効果が薄いとの声もあり、ワキガ再発の可能性があります。

電気凝固

わきのアポクリン汗腺に電極を差し込み高周波電流を流し、汗腺としての機能を不全にする方法です。元々は脱毛の方法として使われていたものです。

ワキガの臭いが軽減できるということでワキガ治療としても広まっていますが、効果は半年程度になります。

切開・外科的な治療方法


切開や外科的な手術での治療方法では、今では小学生でも手術可能な方法もあり、最新治療では切開する範囲も最小限で目立たなくなっています。手術となれば大変なイメージですが、ワキガ再発が少ない治療方法です。

クワドラカット法

体の小さな子供でも負担が少なく、再発もなく傷痕も目立たない治療方法です。吸引管に刃がついていて、汗腺を削り吸引します。傷痕は最少4mmと小さいです。手術後約1週間で抜糸、約2週間で運動もできる状態になり、3ヶ月程度でほとんど目立たなくなります。

 マイクロリムーブ法

1~2cm切開し、米国ストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラーという器具を使用します。ハンドピース先端のマイクロチップを回転させ、アポクリン汗腺を粉砕除去していきます。目視での作業ではないので完全に取りきれない場合もあります。

シェービング法

シェービング機という特殊な機械を使用し、約1cmほど切開しシェービング機を使いアポクリン汗腺を除去します。術後は24時間の固定を要し、痛みを伴う場合もあります。約1週間で抜糸でき、1ヶ月程度で運動もできるようになります。

切除法

一昔前まで行われていた治療方法で、3~5cm×15~20cmの範囲で皮膚ごと切り取ります。切除後は周りの皮膚を伸ばして縫い合わせるので切除範囲には限度があります。

剪除法

わきの皮膚を数cm切開して裏返し、アポクリン汗腺を目視して切除する方法です。確実に除去することができるので再発が少ない治療方法です。わきのシワに沿って切開するので傷跡は目立ちにくいです。

皮下組織削除法

わきの下に2~4cmほど切開し、キューレットというスプーンのような特殊器具を差し込み、アポクリン汗腺、エクリン汗腺をかき取るように除去します。皮下脂肪と均一に削り取っていく、イナバ式皮下組織削除法という方法もあります。

皮下組織吸引法

ダイエットの脂肪吸引と同じ器具を使用しています。手軽にできるのですが、アポクリン汗腺をすべて吸引できるわけではありません。軽度のワキガの方であれば臭いが軽減しますが、再発する可能性も高いです。

高周波による最新治療方法


前述した治療方法は全て、切開をして治療方法にあわせた器具を使います。その器具によってダウンタイムや切開する大きさが変わりますが、剪除法や切除法以外は目視が出来ない治療方法のために、完全に除去できない可能性もあります。

高周波による最新治療では切開をせずに治療することが出来ます。ダウンタイムも短く日帰り可能な治療もあります。

ミラドライ

ミラドライはマイクロ波エネルギーを水分の多い汗腺をターゲットとして照射し、アポクリン汗腺、エクリン汗腺を破壊します。マイクロ波エネルギー照射後に冷却照射も行います。術後はアイスパックなどで冷却し経過観察後は帰宅することができます。切開を必要としない治療方法ですが、効果は半永久的です。

ビューホット

ビューホットはミラドライよりも新しい最新治療方法になります。高周波の極細針を装着したカートリッジを皮膚の上からあて高周波を照射します。従来の皮膚の上からだけではなく、極細針を使用することにより高周波のみの場合よりも確実にアポクリン汗腺、エクリン汗腺を狙って照射することができます。

高周波照射のみの治療と違い、術後は針の跡がプツプツと少しのこりますが1ヶ月程でなくなります。日常生活に支障のない程度です。施術時間は20分程度と短く、入浴も翌日から可能となります。

1度の施術では約95%の方に、2度目の施術では98%の方に効果があると言われています。

まとめ

塗り薬や消臭剤、傷跡の残らないレーザー治療で臭いを軽減することが可能です。塗り薬はもちろん継続使用しなければ効果はありませんし、レーザー治療も個人差はありますが半年程度と言われているものがほとんどです。軽度のワキガ治療にお勧めです。

 

切開幅が小さい外科的治療では、目視でのアポクリン汗腺除去が出来ないので、クリニックによっては完全除去できない可能性もありますが、汗腺を破壊するので軽度のワキガ治療には効果もあり、体への負担も少ないので子供でも治療することが出来ます。

 

切除法と剪除法は大きく切開する治療方法ですが、目視してアポクリン汗腺の除去が出来るので、確実ではありますがダウンタイムや傷跡が他の治療方法にくらべて大きいですが重度のワキガ治療に最適です。

 

高周波による治療は体への負担も小さく、傷跡も残りません。常に高周波での治療方法は進化しており、現状でも十分な治療が可能ですが、今後はよりよい治療方法が確立されるでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-わきが
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.