ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

わきが

切らないワキガ治療、ワキガの吸引法とは

投稿日:

多くの人が悩みを抱えているワキガ。体質的な要因が強いため、自分でのケアに限界があるのも辛いところです。臭いというデリケートな問題なため、特に女性は悩む人が多いようです。

 

しかし最近では技術の進歩により、色々なワキガ治療方法が登場しています。今回はその中でも最近注目されている、ワキガの吸引法について紹介していきます。

気になるワキガを治療したい

身体から独特の臭いが発生してしまうワキガ。臭いというのは周囲の人にも気づかれるため、特に敏感になってしまいますよね。

 

最近では様々な優れたデオドランド商品も出ていますが、どうしても何回も塗りなおす手間があったり継続して買うのにはお金がかかったりするものです。ワキガがどうしてもひどいという人は、手術という手も一つあることを知っておいてもいいかもしれません。

ワキガの手術

ワキガの手術は、主にアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などワキガの原因となる身体の一部を除去するという形になります。

 

デオドランドのように臭いを抑えるのではなく、においの元、そして影響を与える要因を直接取り除くため、根本的にワキガが解決できると言われています。入院の必要なども基本的にはないため、一生ものだと考えると手術を選ぶ人もいるようです。

ワキガの手術は切るもの?

ワキガの手術は切るもの、というイメージが強い人が多いのではないでしょうか。確かに身体にメスを入れる治療法が、一般的には広く知られていますし現在の主流でもあります。しかし最近では、身体にメスを入れずに済むワキガ手術も存在します。

直視下手術法

いわゆる切るワキガの手術として知られているのは、この直視下手術法です。直視下手術法はドクターが実際に患部を見ながら、臭いの元や原因を取り除いていく手術であり、ワキガの手術としては剪除法(せんじょほう)が多くのクリニックで行われています。

 

ワキの下を3~5cmほど切開し、現れたアポクリン腺を目で確認しながら取り除いていきます。ドクターが目視してアポクリン腺を取り除いていくため、確実にこれを除去することが可能だと言われています。また手術時間もそれほど長くはなく、日帰り手術が可能です。しかし身体にメスを入れるため、身体に傷は残ってしまう形になります。

非直視下手術法

最近話題となっているワキガの吸引法は、この非直視下手術法にあたります。吸引法と一口に言っても種類がいくつかありますので、自分に合った手術方法を選ぶと良いでしょう。

 

こちらは身体に極力傷跡を残さないワキガ手術であり、手術跡が小さくて済むのが特徴です。この非直視下手術法のワキガ吸引法については、詳しく次の項目で説明したいと思います。

切らないワキガ治療、ワキガ吸引法とは

身体にメスを入れずにワキガが治療できる非直視下手術法。ワキガの手術を考えて病院に行ったら、この吸引法を勧められたという人もいるのではないでしょうか。具体的なワキガ吸引法の内容を紹介していきます。

皮下組織吸引法

ワキの下に1cmほど穴をあけ、そこからチューブを差し込み、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などワキガの原因となるものを吸い取るのが、皮下組織吸引法です。

 

剪除法より傷跡は小さいですが、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などに広くアプローチできるのが特徴です。しかしあくまで吸引になるため、これらが残ってしまうことも考えられます。

超音波吸引法

超音波吸引法もワキガ吸引法の一つであり、基本的には皮下組織吸引法と内容は同じです。ただこちらは超音波を発生させ、その熱でアポクリン腺などワキガの原因を破壊しながら吸引していきます。

 

皮下組織吸引法より効果が高いといわれていますが、やはりこちらもアポクリン腺などの取り残しが生じる可能性はあります。また皮膚が薄い人は火傷のようになってしまったり、下手をすれば皮膚壊死をするなど合併症のリスクがあるともいわれています。

ワキガ吸引法の効果は?

傷跡が残りにくいとして、注目を集めているワキガ吸引法。しかし本当に吸引法は効果があるのでしょうか。ここではワキガ吸引法の効果について解説していきます。

効果はある

ワキガ吸引法は目視はしていないとはいえ、広範囲でアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などを除去することができます。なので吸引したのに全く効果が出ないということはまずありません。

 

ただし前述したとおり、目で確認しながらの除去ではないので、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を吸引し損ねる場合も勿論あり得ます。しかしその場合も以前よりは気にならない程度だとはいわれています。

保険は?再発は?ワキガ吸引法の疑問点

ここからはワキガ吸引法を行うにあたり、よく見受けられる疑問点をまとめて紹介していきたいと思います。ワキガの手術をしようかと考えている方は、参考にしてみてください。

ワキガ吸引法は保険適用となる?

剪除法などの直視下手術法は、保険適用となるクリニックが多いです。同じように不直視下手術法になるワキガ吸引法も、一応は保険の適用範囲だといわれています。

 

一応と記載したのは、ワキガ吸引法は自由診療でしか行っていないクリニックが非常に多いためです。この理由として吸引法は手間が非常にかかるため、また器具が高額なためといわれています。

 

そういった理由から、保険適用が認められた手術方法ではありますが、自由診療でしか行ってくれないというクリニックが多いです。もちろん保険診療をしてくれる病院もありますので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

値段は?

保険適用かそうでないかによって値段は大きく変わってきます。保険適用になる場合だと、5万円程度で済むこともありますが、自由診療の場合10万円~30万円程度かかる場合もあります。

 

ちなみに剪除法は保険の適用の有無にもよりますが、30~50万円といわれています。こちらはやや大掛かりとなるため、保険の適用があっても少しお値段が張りますね。

再発はする?

上記でも少し説明しましたが、吸引法はアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を吸引し損ねる場合もあります。またそうでなくとも、これらは非常に再生力が強いことで知られています。

 

そのため約10%程の確率で、再発の恐れはあると言われています。ただし再発した場合も、手術前よりはワキガは感じないため、日常生活を送る分には問題ない場合も多いようです。気になるようでしたら、経過を見ながら再手術も可能です。

傷口と痛みはある?

ワキガの吸引法も体内にチューブを入れる必要があるため、約1センチ程度の傷口は残ることになります。しかし目立たない場所で傷口も小さいため、日常生活に支障はきたしません。

 

手術中の痛みについては、麻酔を施すのでほぼ心配する必要はないでしょう。術後は少し動かすと痛む感覚はあるかもしれませんが、すぐに治まる程度です。身体への負担は少ないところが、吸引法の最大のメリットだともいえるでしょう。

お風呂には入れる?

ワキガ吸引法は、基本的には翌日から、遅くとも3日前後でシャワーは問題なく浴びることはできると言われています。しっかりお風呂に浸かる入浴は経過次第ですので、お医者さんと相談しながら行ってください。

 

基本的には翌日からシャワーOK、もちろん入院の必要もないので、会社勤めをしているという方でも比較的手軽に行えるところが魅力なのではないでしょうか。

まとめ

切らないワキガ治療として注目を集めているワキガ吸引法について、様々な観点から解説をしてまいりました。

 

本記事での紹介を参考にしながら、現在の生活環境やワキガがどのくらい酷いのかなどを含め、お医者さんとしっかり話し合いをしながら納得できるワキガ治療を行ってください。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-わきが
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.