ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

わきが

ワキガは元から絶つ!臭い発生のメカニズム

更新日:

体臭は人それぞれに付きもの。しかしワキガ臭のある人の悩みは深刻ですよね。不快な臭いが、「周りの人に気付かれないだろうか?」とビクビクしながら不安やストレスを抱えることにもなりかねません。

 

このワキガの不快臭は、どのように発生するのでしょうか?またワキガの人は特異体質なのでしょうか?ワキガ臭が発生するメカニズムを詳しく知ることで、ワキガをシャットアウトする改善策が見えてきます。ワキガの不快臭の発生メカニズムについてお伝えします。

 

ワキガ(腋臭)の症状

日本人のワキガ体質の人の割合は10%(10人に1人)程度。ワキガ臭のきつい症状は医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼びます。この腋臭症は他人に移染することなどありませんから病気ではなく「生まれつきの体質」と言うほうが適切です。

 

このワキガ体質は遺伝によるもので、普通の人が急にワキガ体質にとつぜんに変質することはありません。生まれながらのワキガ体質の人が、その食生活やストレスや疲労などの生活習慣の変化の度合いによって、ワキガ臭の程度も変化すると考えられています。同じワキガ体質の人であっても、臭いの種類や程度は人それぞれに異なっています。

 

ワキガ臭とアセ臭との違い

 ワキガ臭もアセ臭もどちらも発汗によるものですが、この2つは、臭いの性質や強さにおいて明らかに異なります。

 

活動や運動でかく普通の汗は、全身に分布するエクリン腺から出る汗で、特に頭部や顔部や背中から集中的に発汗します。その成分の99%が水分(残りは塩分のため、サラサラした性質をしています。この汗による臭いはそんなに強くなく異臭という感覚はなく、少し汗臭いというイメージです。

 

いっぽうワキガ臭の汗は、わき下や耳中などの局部に集中するアポクリン腺から発汗されます。その成分にはタンパク質や脂質(脂肪分)、アンモニアなどが含まれておりネバネバ感やベタベタ感があります。普通のアセ臭とは異なる特有の臭いを放ちます。

 

その特有の臭いとは、「古びた洗濯バサミの臭い」「使い古し雑巾の臭い」「鉛筆の芯の臭い」「腐った玉ねぎの臭い」「納豆の臭い」などと、昔から比喩的に表現されています。

 

なお、花王の「ワキガ臭の発生メカニズムを解明する研究」の報告よれば、腋臭は「硫黄臭(生臭く鼻をつくニオイ)」と「スパイシー臭(カレーのスパイスのようなニオイ)」と「脂肪酸臭(古い雑巾のようなニオイ)」の3つのタイプに分けられるとしています。

 

ワキガ(腋臭)のきわだった特徴

 ワキガ(腋臭)であるのかどうかの自己診断で、よく間違えられるのが多汗症です。しかし腋臭症と多汗症との症状やメカニズムは根本的に異なります。多汗症で、ワキ下に大量の汗をかくとしても、その汗はエクリン腺から出る無色透明のサラサラした塩分1%だけの99%が水分です。だから無臭なのです。

 

そこでワキガ(腋臭)の症状についてのきわだった特徴を挙げてみます。

・ワキ下のアポクリン腺から発汗する

・アポクリン腺からの汗だけが、普通の汗とは違った異臭を放つ

・女性では乳輪や陰部からも臭いがすることがある

耳の垢がネバネバまたはベタベタしている

・下着やシャツのわき下部分がよく黄ばんでいる

わき毛の先が白くなっている

両親の片方もしくは両方ともワキガ症である

 

ワキガの臭い発生のメカニズム

ワキガ臭が発生するメカニズムには、ワキ下に存在する「アポクリン腺」と「エクリン腺」の2つの汗腺に、皮脂を発する「皮脂腺」を加えた3つが相互に関与しています。これらの汗腺や脂腺から分泌された成分に、皮膚に存在する「常在菌」の分解作用で独特の臭いが発生するというメカニズムが成り立っているのです。

 

エクリン腺とアポクリン腺と皮脂腺

 ワキガ臭を発生するワキ下には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺と、皮脂を分泌する皮脂腺が存在しています。それぞれの役割や性質が絡み合って、ワキガ臭を発生するメカニズムを構成しています。

 

エクリン腺

エクリン腺は、人体のほぼ全身の皮膚に存在していますが、特に頭部や顔部、背中部などに集中しています。もちろんワキ下にもあります。エクリン腺からの汗は「エクリン汗」と呼ばれ、汗孔(かんこう)という皮膚の表面にある穴から発汗されます。このエクリン汗は酸性で、その成分は99%が水分で、残り1%の成分のほとんどが塩分です。このエクリン汗が一般的な汗です。

 

アポクリン腺

アポクリン腺は、ワキ下や耳の中、女性の乳輪や陰部などの局所に存在しています。アポクリン腺からの汗は「アポクリン汗」と呼ばれ、毛穴から発汗されます。

 

このアポクリン汗はアルカリ性で、その成分は7080%が水分で、残りの成分にはタンパク質や脂質(脂肪)やアンモニアなどが含まれています。このアポクリン汗がワキガ臭の原因とされています。またワキガ体質の人とは、「アポクリン腺のが遺伝的に多い人」なのです。

 

皮脂腺

皮脂腺からは汗ではなく皮脂が分泌されます。この皮脂腺は、体毛1本ごとの毛穴に存在し、肌の保湿や毛髪表面の保護などの働きをします。手の平と足裏以外のほぼ全身に分布していますが、特に頭部や顔部(額から鼻筋)、背中部や胸部などに多く集中しています。

 

皮脂の成分は、中性脂肪や脂肪酸、コレステロールなどで構成されています。この皮脂腺もワキガ臭の生成に関与しているとされています。

 

ワキガの腐敗臭の根源は常在菌

常在菌とは

ワキガ臭を発生するメカニズムにおいて、その腐敗臭の根源となっているのは「常在菌(じょうざいきん)」です。常在菌とは、多くの人の体内に存在する微生物で、病原性のない細菌のこと。その種類は多種多様で腸管内に最も多く棲息し、その他では、ワキ下、口腔や鼻腔、生殖器そして皮膚全域に分布して生息しています。

 

ワキガ臭発生のメカニズムの概要

 ワキガ臭を発生するメカニズムの概要は、ワキ下のアポクリン腺から分泌された無臭の成分(水分+タンパク質・脂質・アンモニア)が、エクリン腺から分泌された多くの水分でワキ下全体に拡散されるとともに、皮脂腺から分泌される脂肪分と混ざり合い、ワキ下の常在菌によって分解されることで腐敗臭が生成されるというサイクルです。

 

つまり、アポクリン腺から発汗される成分に含まれるタンパク質や脂質やアンモニアに皮脂腺から分泌される脂肪分が混ざり合って、常在菌の絶好のエサとなり繁殖させることで特有なワキガ臭が発生するというメカニズムなのです。

 

さらに、ワキ毛アポクリン腺や皮脂腺からの分泌成分を、ワキ下部に保留する役割を担い、常在菌によって生成されたワキガ臭を留めて保持するという絶好の環境を整えているといえます。ワキガ臭のある人のわき毛が白くなるという症状はこの影響なのです。

 

食生活との関係

 日本人を含め東アジア圏の人のワキガ体質の人の割合は10%程度となっています。しかし欧米人のその割合は80100とも言われています。それでは、なぜ欧米人のほとんどがワキガ体質なのか?動物性たんぱく質や脂肪を中心とする長年の歴史的な食文化が影響していると考えられます。

 

ワキガ臭の原因は、アポクリン腺から分泌されるタンパク質や脂肪分を含む汗にあります。したがって動物性のタンパク質や脂肪を中心とする食生活は、遺伝的ワキガ体質の度合いを強めてしまいます。これらのタンパク質や脂肪の摂り過ぎは、アポクリン腺からの分泌を刺激し、より強いワキガ臭を発生させる原因となります。

 

ストレスとの関係

 ストレスを抱えた状態のワキガ体質の人は、ワキガ臭をより強くするといわれています。その原因はストレスによって免疫力が低下し、「活性酸素の発生」や「自律神経の乱れ」を生じることにあります。

 

老化促進作用の強い活性酵素は、体内の過酸化脂質(中性脂肪やコレステロールなどの脂質)を生成・増加させます。これらの脂質を含む成分がアポクリン腺から発汗されて、常在菌によってワキガ臭をより強力にするというメカニズムを構成されてしまいます。

 

ストレスによる自律神経の乱れは、多汗の原因や肝機能低下の原因となります。肝機能低下は、体内の悪性物質や不要物を増加させ、汗に混じって排出されワキガ臭の原因となります。

 

発生する年齢期

ワキガ体質の人のアポクリン腺は、赤ちゃんの時から存在します。耳の中にあるアポクリン腺は幼少の時でも発達しているため、幼児や小学生低学年でもワキガ臭が発生する傾向が強くなっているようです。

 

ワキガ臭が発生する一般的な年齢期は、アポクリン腺が発達し活動が活発化する第二次性徴が認められる思春期以降とされています。わき下や耳中、乳輪や性器などの局所部に存在するアポクリン腺は、性ホルモンと関係しているためです。

 

女性であれば、「エストロゲン」と「プロゲステロン」、男性であれば「テストステロン」と言う性ホルモンです。これらの性ホルモンの活動が活発な1030代の年齢期がワキガ臭のピークとなる傾向にあります。

 

そして、加齢とともに低下していく性ホルモンの分泌や働きと比例するように、アポクリン腺の活動も低下して、ワキガ臭も少なくなるのが一般的です。したがって、ワキガ体質の人であっても40代ごろからワキガ臭の悩みは薄らいでいくといえます。

 

ワキガ臭の発生しやすい体質

ワキガ体質」とは、「アポクリン腺の数が多く大きいという遺伝的形質。生れた時から決められているので、普通の人が生活要因や環境要因でワキガ体質に変化することはありません。また生まれつきのワキガ体質の人が、普通の体質に変えることはアポクリン腺を除去するという手術以外には方法はありません。

 

ワキガ臭の発生しやすいタイプ

 同じワキガ体質であっても、ワキガ臭が強くしかも頻繁に「発生しやすいタイプ」と「発生しにくいタイプ」の人が存在します。発生しやすい人の生活習慣の特徴を挙げると次のようになります。

動物性の肉類や乳製品の比重が高い食生活の人

タバコ喫煙やアルコール過多の人

ストレスを抱え込むタイプの人

わき毛が濃く、処理をしないで放置している人

・お風呂で入浴する回数の少ない人

・下着シャツを毎日取り替えない

 

ワキガの遺伝的要因

ワキガ体質による腋臭症は、遺伝的要因が100であり、その他の環境要因などでワキガ体質になったり、腋臭症を発症したりすることはありません。統計的なデータ―によると、片親がワキガ体質であれば50%の確率、両親ともであれば80%の確率で遺伝するとされています。

 

おなじワキガ体質であっても、そのワキガ臭の発生頻度や臭いのタイプや強度などには個人差があります。同じワキガ体質の両親と一緒に生活している場合などでは、ワキガ臭に鈍感となり、自分では気づかない臭覚に慣れているので、人前では注意が必要です。

 

ワキガ(腋臭)の予防法と治療法

ワキガ(腋臭)対策としては、自己による予防法とクリニックなどの専門機関による治療法とがあります。自己による予防方では、あくまでも一時的、断続的に臭いを緩和すことが狙いです。ワキガ体質そのものを変えることはできません。

 

ワキガ体質を根本的に断ち切るためには、専門機関での手術が必要です。ワキガ臭の発生源であるアポクリン腺を除去することで半永久的に断ち切ることができます。半永久的という意味は、ワキの下だけのアポクリン腺を除去しても、乳輪や陰部などの他の局所から再発する可能性があります。また思春期などの発達途上での除去手術は、後で再発する可能性もあります。

 

自己での予防法

 自己で行う主な予防法としては「ワキ毛の処理や脱毛」「アルコールでの消毒」「制汗剤での抑制」などがあります。

 

ワキ毛の処理や脱毛

ワキ毛の処理や脱毛によって、ワキ下に汗からの分泌物が滞留することを防止し、常在菌からの分解を抑制して、ワキガ臭を軽減することが目的です。あくまでも特有の臭いを軽減することが目的であり、アポクリン腺からの発汗を抑制するものではありません。

 

アルコールでの消毒

アルコール消毒では、ワキガ臭を生成する常在菌を殺菌することが目的です。一般的に市販されている消毒用の「エタノール水溶液」や「イソプロパノール水溶液」をワキ下部に塗ることで常在菌を殺菌します。わき毛の処理や脱毛の後で、併用すれば効果は高くなります。

 

制汗剤での抑制

制汗剤は、一般の薬局で市販されています。制汗剤には、発汗の抑制とともに殺菌作用もあるので、常在菌を殺し、ワキガ臭の発生を軽減する効果があります。

 

専門機関での治療法

 専門機関とは、皮膚科や形成外科、美容外科どの専門医のことです。治療法には、「ボトックス注射」と「手術によるアポクリン腺の除去または破壊」とがあります。

 

「ボトックス注射」では、A型ボツリヌス毒素製剤を注入することで、アセチルコリン(汗の分泌を促進する神経伝達物質)の働きを抑制させ、発汗を抑制することが目的です。1回の注射で約5ヶ月程度の期間で効果が持続するとされています。

 

「手術によるアポクリン腺の除去または破壊」では、「剪除法(せんじょほう)」「吸引法」「皮下組織削除法」などでのアポクリン腺の除去や、「マイクロウェーブ法」でのアポクリン腺の破壊などがあります。

 

まとめ

ワキガ臭が発生するメカニズムにおいては、アポクリン腺から分泌される成分のタンパク質や脂肪を皮膚に存在する常在菌が分解することで腐敗臭が発生することが解明されています。

 

ワキガ臭発生のメカニズムを理解することで、食事改善によってアポクリン腺から分泌される成分の質を変えることや常在菌の繁殖を消毒や脱毛などで抑えることが予防対策につながります。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-わきが
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.