ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

わきが

自分では気づかない!?簡単に出来るワキガのセルフチェック表

投稿日:

自覚症状のない方が多いワキガですが、あなたは大丈夫?汗や臭いが気になる・ワキガかも?でも、友人に面と向かって私はワキガ?と聞けないですよね。

 

悩むくらいなら、簡単なワキガのセルフチェックをしてみましょう。

 

ワキガと自覚することになるのは,殆どの方が知人や同僚から言われて、初めて自覚するのです。言われるまで気付かないのは、自分の臭いには麻痺してしまっているのが原因です。家の臭いや生活臭は、本人では気付かないのですから、自分の体臭となれば、ワキガを発見するのは難しいです。

 

ワキガの原因の一つである遺伝の場合は、家族もワキガの可能性があり、家の臭いや自分の体臭には気付かないので、自覚症状のない方が多いのです。しかし、遺伝や体質が原因でも、臭いの原因や改善方法を知る事で、臭いを抑える事ができます。まずは簡単に出来るセルフチェックをして、自分がワキガかどうか調べてみましょう。

簡単ワキガのセルフチェック表


ワキガの方に多い体質は共通点があり、セルフチェックで簡単に判断できます。

以下のポイントに複数当てはまる方はワキガの可能性があるということです。

耳垢が湿っている

体温調節をする汗腺にはアポクリン腺・エクリン腺の二種類があり、耳の中にはエクリン線は分布しないので、臭いの原因であるアポクリン線が耳の中に分布されていて耳垢が湿っているのです。

 

残念ながら耳垢が湿っている、ネトネトしている方のワキガの可能性は高いです。アポクリン腺はワキガの臭いの原因であり、耳の中・わき・陰部に多く分布し、遺伝によって数が決まります。

衣類への汗染みや、わき汗が多い

わき汗が多いだけでは判断は難しいですが、わき汗によって衣類が黄ばむ、わき毛に白い粉が付く、汗がベトベトしている場合はワキガの可能性があります。

 

多汗症で元々汗をおおくかく人も、黄ばみやベトベトになってくると、アポクリン腺の働きが活発になっている可能性があります。

 

アポクリン腺からでる汗は皮脂や糖質、アンモニア、タンパク質などを多く含んでいるため、衣類への黄ばみや白い粉になります。激しい運動をした後の汗は塩分を含んでいる場合もありますので、白く粉が出る場合があります。

わき毛が多いと注意

女性の場合は、わき毛が多く太く剛毛で1つの毛穴から何本も生えている方は要注意です。男性の場合は毛が柔らかい場合にワキガが多いです。

 

わき毛が多いと、アポクリン汗腺が発達している可能性があるので、ワキガの可能性が高くなりますが、単純に剛毛という場合もあります。

 

女性はわき毛の剛毛に、男性はわき毛の細めで、いずれもわき毛が多い方は注意が必要です。

嗅覚をリセットして確認する

コーヒーの香りやフレーバーティなどを使って嗅覚をリセットして確認します。

 

まずは、サランラップを用意して、わき全体を覆うサイズに切って密着させておきます。密着させてからコーヒーやフレーバーティなどの香りの強いものを10分程かけて飲んで嗅覚をリセットします。

 

飲み終えたらサランサップを外して臭いの確認をしてください。自分の体臭は気づきにくいですが、臭いを抑えつつコーヒーなどの香りの強い飲み物でリセットした事により、ワキガであれば臭いに気付けるようになっています。

 

臭いの表現としては・ネギのツンとした臭い・鉛筆の芯の臭い・酸っぱい臭いなどと言われています。私の感じかたとしては大きく吸い込んでしまうと苦味のある臭いに感じました。いずれにしても臭いがあれば嗅覚リセットで確認できます。

ワキガの臭いと原因


同じ汗でもワキガの人はなぜ臭うのか?同じ汗のように見えてアポクリン腺の分泌物と、エクリン腺からでる分泌物は違うのです。

 

エクリン腺からの分泌物は水分と塩分ですが、アポクリン腺から出る分泌物は、皮脂やアンモニアなどで皮膚の細菌によって分解されて臭いが発生するのです。

 

アポクリン腺とは、遺伝によって量や大きさが決まると言われています。あくまで遺伝で決まってしまうのはアポクリン腺の数と部位で、臭いに関しては食生活やストレスなども大きく影響してきます。

 

体中にある皮脂腺も臭いを強くする原因の1つです。皮脂腺は悪さをするだけではなく、毛穴から皮脂腺によって分泌された成分が、髪の毛や皮膚を健康な状態に保つのですが、アポクリン腺の多い方にとっては、臭いが強くなる原因になってしまうのです。

ワキガ対策に食生活もセルフチェック


セルフチェックで該当項目が多かった方でも、食生活によって改善することができます

 

不規則な食生活で今までは気にならなかった臭いが強くなっているだけかもしれません。効果別にチェックしていきます。

]皮脂を増加させない食生活

食の欧米化が進み、ワキガの方が増えていると言われています。肉や乳製品などの動物性のタンパク質や脂質をたくさん摂取すると皮脂腺が発達してしまいます。

 

また、糖質も過剰摂取してしまうと皮脂量をコントロールするビタミンB群を糖質の代謝に必要とされてしまい、結果として皮脂を抑制できなくなってしまいます。

 

タンパク質・脂質・糖質に気を付けるだけではなく、ビタミンB群などバランス良く摂取するのが理想です。

植物系タンパク質を摂取する

豆類や穀物、野菜からも摂取できる植物性タンパク質は、動物性タンパク質とは違い必須アミノ酸は少ない傾向にありますが、大豆であれば必須アミノ酸を豊富に含んでいます

 

必須アミノ酸とは20種類あるアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類のアミノ酸で食事からとる必要があるのです。

 

肉・魚・卵・乳製品などに含まれる動物性タンパク質には脂肪やコレステロールも多くふくまれていますが、豆類や穀物から摂取する植物性タンパク質は、コレステロールが含まれず脂肪量も低いので皮脂を抑えるだけではなく、成人病予防やダイエットにまで効果があります。

ビタミンAで臭い軽減

臭いの発生原因であるアポクリン腺からの分泌物を細菌が分解することによって臭いが強くなります。

 

ビタミンAを摂取すると皮膚の新陳代謝や抵抗力を高め、細菌の繁殖を防ぐ事ができます。ビタミンAを多く含む食べ物は、ニンジン、ほうれん草、小松菜などです。

ポリフェーノールで抗酸化作用

ポリフェノールは活性酵素を除去してくれる抗酸化作用が高いです。活性酵素というのは体内の脂肪やコレステロール、皮脂などの脂質と合体して過酸化皮質になります。

 

つまり、皮脂腺の皮脂を酸化させてしまうい体臭の原因となる脂肪酸やアルデヒドを発生させワキガの臭いが強くなってしまいます。

 

ポリフェノールを摂取すると、アポクリン腺からでる分泌物の成分が薄くなり、ワキガの臭いを軽減することが出来ます。ポリフェノールの高い食品は、お茶のカテキンや大豆のイソフラボン、ベリー、タマネギなど色々な野菜に含まれています。

 

お酒の好きな方は、赤ワインにも多く含まれていますのでワインを楽しみにながら改善することが出来ます。

サプリメント

食生活の改善は大変な事です。糖質や脂質を抑えようとしてストレスを感じる方もいます。普段の食事から少しだけ動物性タンパク質や糖質を抑え、尚且つ抗酸化や皮脂を抑える為に必要なビタミン類のサプリメントから始めると簡単です。

 

ビタミンA・C・Eを含むマルチサプリメントやポリフェノールサプリメントは、薬局や100円ショップでも販売していますので気軽に試す事が出来ます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。自分では気付かないうえに遺伝で決まってしまうワキガですが、セルフチェックや食生活の改善で臭いを抑えることが出来るのです。

 

食の欧米化により動物性タンパク質やファストフードなどが増え、ワキガの人が増えたという話も聞きますが、食生活が原因ならば食生活で改善できる方もいらっしゃるのでは?と思います。

 

ストレスや不規則な生活も大きく関係してきますので、まずは食生活から改善されてはいかがでしょう。

 

ワキガのセルフチェック表を参考にしていただき、原因と対策方法がわかり改善できると良いですね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-わきが
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.