ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ライフスタイル

ロレックスのオーバーホールは面倒?依頼のポイントや期間などの流れ

更新日:

時計が好きな人であればロレックスの時計に憧れる人も多いかと思います。コレクションが趣味の人もいれば、ステータスの象徴として保有したいという人もいるでしょう。ロレックスはよく知られた高級時計であり、その額は驚くようなものもありますね。しかし高級時計は購入して終わりということだけでなく、維持費もかかることが一般的です。

 

これは時計に限らずですが、車なども維持費がやはりかかるのは当然であり、購入にばかり目が向いていると維持費に苦しくなるということも見受けられます。高級時計の場合はオーバーホールが面倒とも言われていますね。今回はロレックスのオーバーホールに関連して、オーバーホールの概要やポイント、オーバーホールの是非と流れを中心に紹介していきます。

オーバーホールの概要とポイント

まずはじめは、ロレックスのオーバーホールについてその概要やポイントをみていきましょう。依頼先のことについてや、依頼先によって変わるメリットとデメリットなどを挙げていきます。

時計の手入れの基本

オーバーホールは時計の手入れの基本とも言われていることです。普段の時計の手入れといっても、よほど時計好きな人でもない限りは電池交換やたまに汚れを落とすくらいで、特に何もしていないという人が多いのではないでしょうか。電池交換も時計屋さんに頼むことが多く、自分で時計を変えるという人は多くはないでしょう。

 

そのままにしておけばやはり故障や狂いがなくても、いずれはダメになってしまいますね。高級時計ではそれを防ぐために、オーバーホールが必要と言われています。ムーブメント内の油汚れやパーツの摩耗などを交換もしくは清掃することで機能を維持するということです。

オーバーホールの依頼先

オーバーホールとなると、さすがに素人では手が出せないでしょう。機械式腕時計では古い油と新しい油を換えたり、パーツの交換などが必要かどうかも判断しなければなりません。ロレックスのオーバーホールに限らずですが、方法としては代理店に頼む場合と町の時計屋さんなど代理店以外に頼む場合とがあります。

 

これは車で言う車検と同様ですね。正規のディーラーで車検を受ける場合もあれば、ガソリンスタンドや整備工場などで車検を受ける場合もあるかと思います。サービスや価格の違いなどがありますが、購入の状況にもよるでしょうか。腕時計の場合には点検などの義務があるわけではありませんが、放っておくとダメになってしまうということで、行った方が良いと言えますね。

メリットとデメリット

代理店でオーバーホールを依頼する場合と、それ以外の時計屋さんなどにオーバーホールを依頼する場合ではそれぞれメリットとデメリットがあります。代理店に依頼するメリットとしてはやはり安心がありますね。ロレックスの場合は新品同様になって返ってくるとも言われています。

 

その反面でやはり値段は高くなりやすく、パーツ交換などがかさむとかなりの高額になる点がデメリットでしょう。非正規の場合のメリットは逆に値段が高くならないことですが、純正のパーツが使用されない場合やオーバーホール後の機能低下が保証されない場合などの点がデメリットと言えます。防水機能などは低下してしまうことがよく取り上げられますね。

オーバーホールの是非と流れ

ロレックスのオーバーホールについてその概要やメリット・デメリットなどのポイントを挙げてきましたが、次はオーバーホールの是非やその流れについてみていきましょう。オーバーホールの実際の流れとして、期間や値段などを挙げていきます。

オーバーホールはした方が良いのか

オーバーホールの是非という表現だと、オーバーホールをしなくても良いということになってしまいますが、この場合は正規の代理店で行う是非ということです。時計の機能を維持し、長く使っていくためにはもちろんオーバーホールは必要な手入れということになります。

 

正規の代理店で行う場合には上述したように高額になることもあり、パーツ交換なども必要な場合には維持費としてとても高くなってしまうと言えます。しかし、純正以外のパーツで交換する場合は動作が保証されないということもあり、悩みどころですね。

 

安く済ませられることに越したことはないですが、せっかくオーバーホールをしたのに不具合が生じてしまっては意味がありません。これらも含めて、保有している人は考える必要があるということです。

オーバーホールはどのくらいのスパンでするべき?

オーバーホールのメリットやデメリットについてはわかったし、オーバーホールの必要性や依頼先の選択も理解できたけど、実際オーバーホールはどのくらいのスパンで必要なの?という人も多いと思います。機械式腕時計のオーバーホールについては、3~5年に1度はした方が良いということです。

 

車検と同じくらいと考えるとそこまで使っていないというイメージもあるかと思いますが、常に動いていると考えると長いとも言えるでしょうか。分解してきれいにすることや油を注すこと、もしくはタイミング調整と言って精度の調整をすることをこのスパンで行うことで、時計の寿命を延ばすことにつながっていくということですね。

オーバーホールの流れ

ではオーバーホールのおおまかな流れについてみていきましょう。まずは依頼先を決めます。正規の代理店に頼むのか、それ以外に頼むのか、ここまで述べてきたことを充分に考慮して決めましょう。年数や状態を簡単に伝えると、まずは概算の見積もりで値段が出ます。多くの場合はここから大きく変わることはありませんが、オーバーホールを長い期間していない場合など例外もあります。

 

そして時計輸送のためのキットが届いたり、持ち込みで時計を預けます。時計の状態を詳しく調べられた後で、本見積もりの値段が連絡されます。承諾すればオーバーホールが行われ、承諾しなければ依頼時の状態で返ってくるということです。

オーバーホールの期間

オーバーホールの承諾を出してからは、概ね1ヶ月で手元に戻ってくると言われています。配送の場合には時計のやり取りも含めるともう少しかかりますが、だいたい1ヶ月ということが目安になるようです。

 

ただし、繁忙期や依頼が重なっているようなケースだと長引くこともあるとされています。最短で1ヶ月という覚え方で良いでしょう。正規の代理店以外ではもっと早く終わって返ってくる場合もあるようです。

オーバーホールの値段

ロレックスのオーバーホールの値段としては、正規の代理店の場合は5万円前後となることが多いようです。機械が複雑なほどやはり手間も時間もかかるので、その分上がるということになります。スイスに送ってオーバーホールが行われるケースもあるとされています。これにパーツ交換が必要な場合は別途料金がかかり、さらに上がるということですね。

 

正規の代理店以外の場合は値段もバラバラのようですが、安く抑えられる場合が多いとされています。メジャーな修理業者では3万円強でオーバーホールをしてくれます。

まとめ

ロレックスのオーバーホールについては、オーバーホールの必要性という点ではもちろん必要ですが、正規の代理店に依頼するかどうかという点ではしっかりと考えた方が良いでしょう。維持費としてはかなり高額になる場合もあるので、購入時にそこまで考えられるのが一番良いですね。すでに保有している人はこれらのことを参考にオーバーホールを考え、これから保有することを考えている人は維持費のこともしっかりと理解しておきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.