ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康 老眼サプリ

ルテインとアントシアニンの違いまとめ。効果があるのはどっちか比べてみました!

更新日:

目の健康にブルーベリーが効果的であることは良く知られています。サプリメントなどで摂取する際には、ルテインやアントシアニンという成分が有名です。目に良いとされる成分であるルテインやアントシアニンには実際にどのようなはたらきがあるのでしょうか。また、摂取の際の注意点なども合わせて知っておく必要があります。ルテインやアントシアニンとはどのようなものなのか、それぞれの効果や摂取の際の注意点、そしておすすめのサプリメントを紹介します。

 

スキンケアが劇的に楽になる!オールインワンゲル

管理人厳選のオールインワンゲル
32597 view

キレイな背中に惚れる!ニキビジェルで徹底対策

背中ニキビジェルランキング
12356 view

ジェルでほっそり足!簡単むくみ対策

むくみの定番アイテム
9552 view

PMS改善に効果!ルナテアはこちら

口コミまとめと実際のレビュー
90156 view

ルテインもアントシアニンもポリフェノールの1種

ルテインもアントシアニンも、ポリフェノールの1種です。ポリフェノールとは強い抗酸化作用をもった成分であり、健康関連やアンチエイジングの分野で注目されています。ポリフェノールがメディアで取り上げられてブームになった例ではココアのココアポリフェノールやチョコレートのカカオポリフェノール、赤ワインのレスベラトロールなどが挙げられます。

 

これらを積極的に摂取していたという人も多いでしょう。ストレスや疲労などによって体内では強い酸化力をもった活性酸素が生まれます。その強い酸化力によって細胞が酸化、つまり錆びてしまい、細胞本来のはたらきが失われたり老化につながるのです。ポリフェノールには活性酸素から細胞を守ってくれるはたらきがあります。

ルテインの効果と注意

ここからは、それぞれの効果や注意についてみてきましょう。まずはルテインの効果や摂取の際の注意について挙げていきます。

ルテインの効果

ルテインはカロテノイドと呼ばれる色素でもあり、体内では網膜の中にある黄班という部分にあります。ルテインを摂取することで目の健康に良いというのはこのためです。ピントを合わせて網膜に像を結んでいるということは理科の授業で習いますが、網膜の中でも視細胞が集中している部分が黄班であり、ここにピントを合わせているとも言えます。

 

また、ルテインには近年よく取り上げられるようになったブルーライトの負担を軽減するはたらきがあります。パソコンやスマートフォンが普及した現代では目は酷使され、ブルーライトにさらされています。ブルーライトを吸収して負担を軽減すること、さらにブルーライトを浴びることで発生した活性酸素を除去するはたらきの両方がルテインにはあります。

ルテイン摂取の注意点

薬やサプリメントの摂取で常に注意しておかなければならないのが副作用です。正確には副作用という言葉は薬にのみ用いられるので、サプリメントの場合は過剰摂取による症状です。ルテインの場合にはもともと自然界に存在するものであり、過剰に摂取することで健康を害したといった事例は今のところないとされています。

 

ただし、ルテイン単独で摂取するというケースは考えにくいので注意しましょう。サプリメントであれば、天然か合成かで影響を受ける場合があります。合成の場合は人工物が含まれているので、過剰摂取によって不調が起こる可能性があります。また、コンプレックスタイプのサプリメントも多いので、一緒に摂れる成分に過剰摂取の弊害がないかも確認する必要があります。

 

やばい!教えたくない神ファンデ

手放せないおすすめファンデーション
22597 view

プチプラでも効果抜群のファンデ特集

プチプラファンデーションランキング
121056 view

最新アイコス互換の電子タバコEFOS!

売り切れ必死!品切れ前に購入!
95237 view

人気急上昇の格安医療脱毛レジーナクリニック

美容業界注目の格安医療脱毛クリニック
9452 view

アントシアニンの効果と注意

次に、アントシアニンの効果や摂取の際の注意点について挙げていきます。ルテインと同じく、アントシアニンも目に関連する効果は大きいです。

アントシアニンの効果

アントシアニンもルテインと同じく色素でもあり、ルテインは黄色、アントシアニンは紫色をイメージしてもらうとわかりやすいです。ブルーベリーの紫色は、アントシアニンの色でもあります。また、暗いところや明るいところに順応するはたらきを担っているロドプシンの合成を助けます。眼精疲労や目の機能低下はロドプシンの不足が原因と言われているのです。

 

ロドプシンの不足を防ぐことで、目の健康に役立っています。また、目の血流を良くしたり、抗酸化作用によって活性酸素を除去するはたらきもあります。ルテインと同様にブルーライトの負担を軽減するはたらきもあり、カロテノイドなど色のあるものはやはり身体に良いということです。

アントシアニン摂取の注意点

アントシアニンもルテイン同様で、過剰摂取によって健康を害した事例は今のところないようです。ただし、多く摂取することで胃腸系の症状や肌荒れなど消化器系に関わる症状が出る場合があります。また、サプリメントの合成成分や一緒に摂取できる成分についても注意が必要なのは同様です。

ルテインとアントシアニンは一緒に摂取したい

ルテインとアントシアニンについてそれぞれ挙げてきましたが、この両者は一緒に摂取することでそのはたらきをさらに引き出すことが期待できます。どちらも目の健康に良いということで、アントシアニンとルテインで共通してブルーライトの負担軽減にはたらき、機能低下を防ぎます。

 

また、ルテインが黄班に補給されるのをアントシアニンが血流を良くすることでサポートする効果も期待できます。どちらも抗酸化作用を有することから、目の老化を防ぐこと、そして目の機能を維持して健康を保つことに協力してはたらきます。サプリメントなどでもセットになっているものが多いのはこのためです。

ルテインとアントシアニンのサプリ①Lutein 40mg

ルテインとアントシアニンの効果や注意点について理解したところで、次はおすすめのサプリメントを紹介していきます。どちらも含んでいるサプリメントでまず紹介するのは、Lutein 40mgです。ドクターズチョイスのサプリメントで、ルテインの含有量が他のサプリメントと比較して突出して多い商品です。

 

ルテインやアントシアニンの他にゼアキサンチンという成分も含んでおり、これらの成分を一緒に摂取することで加齢黄班変性の発症リスクや進行リスクを低下させるという研究データがあります。白内障の予防にも効果が期待されている成分です。ゼアキサンチンにもブルーライトの負担軽減が期待でき、ルテインやアントシアニンと協力して体内ではたらきます。

 

ルテインとアントシアニンのサプリ②めなり

ルテインとアントシアニンのサプリでおすすめする2つ目のサプリメントは、めなりです。上記のゼアキサンチンも含んでおり、効果を実感している人やリピート率が高いことが謳われています。めなりは一緒に摂れる成分が充実しており、同じく抗酸化作用をもつ成分であるアスタキサンチンが目の筋肉にはたらきをサポートします。アスタキサンチンは甲殻類や鮭に含まれる赤もしくはピンク系の色素です。

 

また、ルテインやアントシアニンは亜鉛や銅などの微量元素と一緒に摂取することでそのはたらきがよりスムーズに行われます。めなりはこれらの微量元素も酵母として含んでいるので、効果の実感につながっています。コストパフォーマンスが良いという点でも好評であり、人気が集まっています。

 

終わりのある脱毛とは?

本当の格安永久脱毛サロンはココだけ!
52597 view

更年期の悩みが解決!華美幸年の◯◯が凄い!

口コミで人気の更年期サプリ
35697 view

高血圧は命にかかわる重病に!?対策情報

高血圧を下げる情報
15056 view

無制限で使える格安データ通信はこちら

ポケットWIFIランキング
12452 view

まとめ

目の健康に良い成分であるルテインやアントシアニンは、一緒に摂る成分も重要です。どの栄養素でも同じですが、協力してはたらくことでより大きな効果が得られるので、バランスよく摂取するよう意識することが大切です。また、ルテインやアントシアニンはあまりあてはまりませんが、過剰摂取には注意しましょう。たくさん摂取すれば効果が出やすいということではないので、バランスを整えていくことが重要です。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

おすすめランキング

-健康, 老眼サプリ
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.