ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ファンデーション

リキッドファンデーションのここがすごい!オススメする理由と特徴

投稿日:

最近は一口にファンデーションといっても、色々な種類の物があります。どれを使っても同じ…というわけではなく、種類によってメリットもあればデメリットもあり、自身の肌質やどれくらいのカバー力を求めているかによって、選ぶべきファンデーションは変わってきます。

 

今回はファンデーションの中でも、リキッドファンデーションに着目して、リキッドファンデーションの特徴やリキッドファンデーションがおすすめの人などを、その理由と共に紹介していきたいと思います。

リキッドファンデーションの特徴とは

まずはリキッドファンデーションとはどのようなファンデーションなのか、その特徴を紹介していきたいと思います。

リキッドファンデーションの質感

リキッドファンデーションはその名の通り、ファンデーション自体が液体状になっているタイプの物を指します。液体状になっているため肌の細かい部分までしっかりとファンデーションが入り込み、しっかりと肌に浸透させることができます

 

リキッドファンデーションのテクスチャ自体は、軽めの物からこってりとした物まで様々です。感覚としてはパウダーファンデーションよりもしっとりしているけど、クリームファンデーションほど油分は多くない、ちょうど中間のあたりに位置するタイプのファンデーションになります。

リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションはカバー力が高いものの、化粧崩れを起こしやすいと感じている人が多いファンデーションです。これはついつい、カバー力を求めるあまりリキッドファンデーションを厚塗りしてしまったりすることが原因として挙げられます。なので正しいリキッドファンデーションの塗り方を知っておけば、化粧崩れも怖くはありません。

一旦リキッドファンデーションを手に取る

メイク前のスキンケアを済ませ、いざこれからリキッドファンデーションを塗るという際には、まず肌へ直接つけたりせずに、一旦手の甲などに出して体温とテクスチャを馴染ませましょう。こうすることでリキッドファンデーションが温まり、肌へのノリやフィット感がかなり違ってきます。

ファンデーションを広げていく

手の甲で温めたファンデーションを肌に乗せ、広げていきます。まず一点にリキッドファンデーションを置き、内側から外側へ放射状に塗っていくことを意識してください。1度にたくさんファンデーションを付けると厚塗り感がでてしまうので、最初は少ない量から塗って、カバー力が足りなければ塗り足していきましょう。

 

広げる手段としては指やパフ、スポンジ、ブラシなどがありますが、部位やどのくらいカバーをしたいかなどに合わせて使い分けてください。

リキッドファンデーション押さえる

リキッドファンデーションを塗り終えたら、上からスポンジで押さえて肌とファンデの密着度を高めていきます。こうすることでファンデーションをしっかりと馴染ませることができるのはもちろんですが、つきすぎたファンデーションを落とすこともできます。

 

厚塗りは化粧崩れの原因にもなるので、この過程はとても大切。必ず仕上げにスポンジでファンデーションを押さえるようにしましょう。

フェイスパウダーで仕上げる

リキッドファンデーションを使う際は、フェイスパウダーを最後に乗せることをおすすめします。粉状のフェイスパウダーで仕上げることで、リキッドファンデーション特有のベトつきを防ぎ、化粧崩れも起こしにくくなります。

 

リキッドファンデーションと同じように、顔の内側から外側へ乗せていってください。最後にティッシュなどで軽く押さえると、余分な粉が落とせて、より自然な仕上がりとなります。あまり粉をはたき過ぎると折角のツヤ感がなくなってしまうので、あくまでほどほどに。

リキッドファンデーションのカバー力

リキッドファンデーションは、パウダーファンデーションと比べてカバー力が高いことが最大の特徴です。肌に密着するためカバー力が高く、また上手にリキッドファンデーションを使えばその状態が長持ちします。

 

なのでパウダーファンデーションではカバー力に不満があるという人は、リキッドファンデーションを試してみると良いかと思います。

リキッドファンデーションがおすすめの人

シミやそばかす、毛穴が目立つ人

リキッドファンデーションは前述したように、パウダーファンデーションよりも高いカバー力があることで知られています。なので濃い目のシミができてしまっている肌にもおすすめできます。またリキッドファンデーションは伸びやすくもあるので、広い範囲にできてしまっているソバカスなどもカバーしていくことができます。

 

さらにリキッドファンデーションは液体状であるため、肌への密着力も高いです。毛穴に入り込んでそこをカバーしてくれるため、毛穴が目立つ肌もつるりとした質感に仕上げてくれます。

肌が乾燥気味の人

リキッドファンデーションは保湿効果が高いファンデーションのため、パウダーファンデーションだと肌が粉を吹いてしまうというような乾燥肌の人に非常におすすめです。

 

肌が乾燥気味の人でもリキッドファンデーションであれば、しっとりとしたツヤ肌を手に入れることができます。

リキッドファンデーションのデメリット

高いカバー力や保湿力など、優れた特徴をもつリキッドファンデーションですが、デメリットも存在します。人によってリキッドファンデーションが合わない人もいるので、以下のデメリットに自分が当てはまらないかチェックしてください。

厚塗り感がでやすい

リキッドファンデーションは量や塗り方の調整が非常に難しく、高いカバー力が仇となり場合によっては厚塗り感が出てしまう場合もあります

 

シミやそばかすをカバーをしようと一生懸命重ねているうちに、気づいたら厚ぼったい雰囲気になってしまっていたということは、リキッドファンデーションによくある失敗の一つです。また厚く塗りすぎると化粧崩れも起こしやすくなるため、注意が必要となります。

肌に負担がかかりやすい

リキッドファンデーションは、乳化剤保存料などの添加物が含まれるものが多いため、肌が敏感な人は肌荒れを起こしてしまったりしがちです。また肌にしっかりと密着するという性質はメリットである一方、化粧が落とし辛かったり肌にファンデーションが残ってしまったりというデメリットでもあります。

 

添加物の件やファンデーション自体が落とし辛く、どうしても強い洗浄力のクレンジングを使う必要があるため、肌が弱い人はもちろん、そうでない人もどうしても薄付きの物よりは負担がかかってきます。最初は良くてもつかっているうちに…ということもリキッドファンデーションはよくあるため、肌の調子を見ながら使うようにしましょう。

化粧直しに手間がかかる

リキッドファンデーションは、パウダーファンデーションよりも化粧直しに手間がかかります。一度乳液などで崩れた部分をオフして、そのあとにまたファンデーションを乗せるという過程が必要なため、メイク直しの道具などもやや嵩張ってきます。

 

化粧崩れを起こしにくいリキッドファンデーションですが、直すときはやや手間がかかるということを知っておきましょう。

まとめ

リキッドファンデーションの特徴やリキッドファンデーションがおすすめの人、使う時のデメリットなどを、その理由と共に紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

 

リキッドファンデーションは、広い範囲を高いカバー力で覆い隠してくれる、女性にとっては強い味方となるファンデーションになります。ぜひ正しい使い方やコツを知り、憧れのうるツヤ肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ぜ~んぶ2000円以下!プチプラファンデーションランキング2017

現在では、薬局や化粧品店、そしてネット通販など、至る所でたくさんのプチプラが売られており、2,000円以下で買える安くて ...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-ファンデーション
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.