ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

ATP?ADP?健康に良いと話題のミトコンドリアの働きってどんなもの?

投稿日:

健康に良いと話題になっているミトコンドリアですが、多くの方は何となく昔学校で習った気がするというくらいのイメージしかないのではないでしょうか。

 

確かに日常生活でミトコンドリアを意識することはありませんが、ミトコンドリアは私たちの健康を守る上で非常に重要な役割を担っています。

あらゆる病気の予防に良いと噂のミトコンドリア

最近、ミトコンドリアが健康維持や病気の予防に良いと噂になっていますが、そもそもミトコンドリアがどんなものなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ミトコンドリアは60兆個を超えるヒトの細胞すべてに50個から数十万個内包されている細胞小器官と呼ばれるもののひとつです。人間の生命維持には臓器や血液などが欠かせませんが、それらにエネルギーを供給するのがミトコンドリアの役目と言えます。

 

あまり実感は湧かないかもしれませんが、ミトコンドリアは私たちにとって非常に重要な器官のひとつです。

 

例えばミトコンドリアの量が減ってしまうと様々な病気や老化の原因になります。身体の働きを支えるため、常にエネルギーを作り続けているミトコンドリアの数が減ってしまうと、生命の維持に必要なだけの充分なエネルギーを生産することが出来なくなります。

すると、少しずつ身体の機能が低下していき、深刻なレベルに到達すると病気になってしまいます。例えば糖尿病などはミトコンドリアの量が減ると発症する可能性が飛躍的に高まるとされています。

 

加えて現代人は不摂生や不規則な生活をしている人が多いため、体内のミトコンドリアの総量が減少しつつあると言われており、特に上記の病を引き起こす可能性が高くなっています。

 

逆にミトコンドリアが体内にたくさんある場合は病気の発症を抑止する効果が期待できます。例えば認知症などに対してミトコンドリアは強い予防効果を持ちます。

 

脳の機能が低下することによって起こる認知症は突き詰めて考えると、老化によりミトコンドリアが減少したために、脳を充分に働かせるエネルギーを供給できなくなった結果起こる病と考えることが出来るのです。

包括的に言えば、ミトコンドリアが体内に必要充分なだけ存在すれば、エネルギーを不足することなく身体の隅々まで届けることが出来るため、エネルギー不足による病気の発症を抑えることが可能なのです。

 

最近ミトコンドリアが注目されている背景には、現代人のミトコンドリア不足による病気のリスクが増加していることとミトコンドリアを一定以上に保っていれば健康の維持に役立つということがあったのですね。

実はミトコンドリアは別の生物だった!?

すべての生物が細胞の設計図として、また子孫に受け継がせるために持っているDNAですが、ミトコンドリアは独自のDNAを持っていることで有名です。

そもそもミトコンドリアは人間独自の器官ではありません。真核細胞生物であればほとんどの生物が持っている器官なのです。

 

ミトコンドリアの起源は人類が生まれる遥か昔、地球に生命が誕生した頃まで遡らなければいけません。

 

始めて地球上に生物が誕生したのは暗い海底だったと言われています。そこで発生した「原核細胞」と呼ばれる生物ははじめ酸素を使うことが出来ず、その他の有機物を分解することでエネルギーを得て生活していました。

それからしばらくした後、シアノバクテリアという光合成を行うことが出来る生物が誕生したところから地球上で爆発的に酸素が増え始め、酸素を使う単細胞生物が多く生まれるようになりました。

 

動物の祖先である真核細胞が生まれたのもこの頃で、真核細胞は酸素を使うことが出来なかったため、他の生物を吸収することで代わりに吸収した生物に酸素を使ってエネルギーを生産して貰っていたようです。

 

ミトコンドリアはそんな真核細胞に吸収された側の生物だと推察されています。元々別個の生物だったものが、より効率的に生き延びるために共生し始めた結果、他者を吸収することで自分をより高次元の生物へと進化させられることが分かったため、今日見られるような高度な知的生命体が誕生しました。

 

そして今、暗い海の底で生まれたミトコンドリアは私たちの細胞の中で生き続け、様々な恩恵を私たちに与えてくれています。その恩恵とは、ミトコンドリアの働きとは何なのでしょうか。

ミトコンドリアの主な働き

酸素を元にエネルギーを生産する生物を起源として生まれたミトコンドリアは太古の昔からその本質を変えていません。人間を始めとする真核細胞生物の細胞小器官となった今でもミトコンドリアは酸素を元にエネルギーを生産し続けています。

 

人間の肺から取り込まれた酸素は血管に入り込み、体中の細胞に行き渡ります。その後、細胞内のミトコンドリアが酸素をATP(アデノシン三リン酸)に分解します。

 

このとき、ミトコンドリアが酸素を分解しATPを得るために必要なエネルギーが脂肪や糖分です。私たちの食事はミトコンドリアにエネルギーを与えるための行動と言っても過言ではないのです。

 

ミトコンドリアによって作られたATPはエネルギーとして使う際、ADP(アデノシン二リン酸)と呼ばれる物質に分解されます。人間はこのミトコンドリアが行う一連の働きを通じて生命維持に必要なエネルギーを得ているのです。

 

もう少し日常的な話をしましょう。ミトコンドリアが生成したATPはエネルギーとして使われる際、ADPと呼ばれる物質に分解されると前述しましたが、このとき同時に代謝水と呼ばれるものが発生します。

この代謝水は人間の肌に潤いを与えてくれるものです。歳を取ると肌に潤いが無くなるのは、ミトコンドリアが減少することで生成できる代謝水の量が減ってしまうからなのです。

 

このことは逆説的に考えると、ミトコンドリアを増やせばいつまでも潤いのある綺麗な肌でいられるということになります。

 

ミトコンドリアは小さな器官で、働きも単純なものですが、この例を始め様々な面で人間の生活を支えてくれているのです。そして、体内のミトコンドリアが充分量存在しているのかどうかというのは、私たちの生活を守っていく上で非常に重要な要素になり得ます。

ミトコンドリアに異常が生じると病気になるかも…

先ほどミトコンドリアが減ってしまうと病気になってしまうかもしれないと述べましたが、もう少し詳しくご説明しておきましょう。

 

活性酸素というものをご存知でしょうか。活性酵素とは積極的に酸化を促進させる力を持った酸素のことで、少量ならむしろ身体に良いものなのですが、増えすぎると老化や癌などの病気の原因となってしまいます。

元々、酸素とは無害なものではありません。酸素は同じく酸性の塩酸や硫酸と比べても同じくらい危険な物質で、あらゆる物質を酸化させることによって蝕んでしまう性質を持っています。

 

そんな酸素をエネルギーとして私たちは常に取り込んでいるのですから、当然酸素により身体を侵食されてしまい、結果的に病気を発症させてしまいます。

 

活性酵素はそんな私たちの身体を蝕む酸素の中でも特にやっかいなものです。多少であればミトコンドリアを始めとする身体の器官はある程度活性酸素を無害化できる機能を持っているため、ほとんどを無害化することが出来ます。

しかし、ミトコンドリアが減ったり、ミトコンドリアに異常が発生したりすると活性酸素による身体の侵食を抑えられなくなり、身体機能や生命維持に必要な器官に綻びが生じてしまうのです。

 

現に近年の研究で癌の原因はミトコンドリアの機能低下や減少によるものだとする結果が出始めており、他の病気ではいくつかミトコンドリアの量が満足ではない場合に発症することが分かっています。

ミトコンドリアが減って病気になってしまわないようにするにはサプリがオススメ!

病気の原因がミトコンドリア不足にあると分かっても、どう対処して良いか一般人である私たちには分かりませんよね。

 

ミトコンドリア不足による病気を予防したにであればミトコンドリアサプリがお勧めです。

 

その名の通りミトコンドリアサプリは歳と共に減ってしまうミトコンドリアをしっかり補ってくれるもので、病気の予防をするにあたり非常に有効です。

 

先ほども述べましたが、癌や認知症などの恐ろしい病はミトコンドリアが必要充分な量体内に存在しないことが原因で起こるのではと考えられています。

 

そんな病気に罹らないためにも、これを機にサプリでミトコンドリアを補ってみては如何でしょうか?

ミトコンドリアサプリ効果ランキング!妊活・卵子の若返りにオススメ
このページでは、妊活中の方に注目されている『ミトコンドリアサプリ』について、おすすめ出来る売れ筋の商品の紹介と、特徴や効果、体験談などをわかりやすくまとめています。ミトコンドリアサプリをお探しの方は、ぜひ参考になさってください。ミトコンドリアの働...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-健康
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.