マスクを長時間着用していると、耳の後ろが痛くなってしまうことってありませんか?特に仕事などで毎日の着用が必要な場合、痛みが続くとマスクを着用することがつらくなってしまいますよね。そんな時に試してほしい対策とアイテムをご紹介します。

マスクで耳が痛くなるのはなぜ?

そもそもなぜ、マスクをつけると耳が痛くなってしまうのでしょうか。

ひもの素材

マスクの耳かけ部分がゴムタイプのマスクは、耳が痛くなる可能性があります。ゴムは伸縮性があるため、マスクによっては伸縮が強すぎることで、耳に食い込み痛みが生じるのです。特にゴムが細く丸型の場合はそのリスクが高くなる傾向にあります。

サイズが合っていない

マスクのサイズが自分の顔のサイズよりも小さいと、耳かけのひもが短くなるため、耳に食い込んでしまいます。また、あまりにもリーズナブルな価格で販売されているものは、同じ製品内でもひもの長さが揃っていないということもあるようです。そのため、昨日のマスクは痛くならなかったのに、今日のマスクは痛くなったということも。

肌トラブル

自分では気付かない内に、耳の後ろの肌が荒れていることがあります。擦り傷などのけがや、マスクの耳かけ部分による摩擦による肌荒れなどがあると、より痛く感じてしまいます。

 

会話をする際や、息苦しくなった時などマスクを頻繁にずらす習慣のある人は、耳かけと皮膚の摩擦が起こる回数が多いため、肌トラブルも招きやすいです。心当たりはありませんか?

マスクで耳が痛い時の対策

耳かけひもの太さと素材を選ぶ

ひも部分がゴムだと伸縮して食い込み、痛みを招くため、ひも部分が伸縮しないよう不織布のものを選ぶとよいでしょう。不織布は薄いため、眼鏡でひもを挟んでしまっても食い込みにくくなるというメリットもあります。

 

ゴム素材のものがよいのであれば、太いものをおすすめします。細いゴムと比べると力が分散されるため、痛くなりにくいといわれています。

ピッタマスク(株式会社アラクス)

柔らかいポリウレタン素材を使用。耳への負担が少なく、耳が痛くなりにくいです。洗って繰り返し使用できるため、コスパもグッド!

超快適マスク(ユニ・チャーム)

やわらかストレッチ耳かけを採用。素材にはシルクを配合したシルクタッチフィルタを使っているため、快適な付け心地です。もちろん耳かけ部分は太めとなっており、長時間快適に過ごせるのではないでしょうか。

ゴムを伸ばす

マスクを着用する前に、耳かけのゴムを引っ張って伸ばしておくと食い込みにくくなります。ただし、伸ばしすぎてしまうと、マスクと顔の間に隙間ができ、ウイルスや花粉が侵入しやすくなってしまうため要注意。少しずつ伸ばしてみましょう。

耳をカバーする

マスクのひもが当たる部分の皮膚を、保護する方法があります。ガーゼやガーゼタオルをカットしたものや、ばんそうこう、コットン、ティッシュなどを耳とマスクひもの間に挟んでおくと摩擦を防ぐことができ、痛みの解消が期待できます。

自分に合ったサイズを選ぶ

マスクを選ぶ際には、耳の付け根上部に親指を置き、人差し指を鼻の付け根から1cmほど下に当てます。この親指と人差し指の間の距離が、自分に合うマスクを選ぶ目安です。10.5~12.5cmの人は小さめを、12~14.5cmの人はノーマルサイズを、14cm以上の人は大きめを選ぶようにしましょう。

耳以外にマスクをかける

髪の長い人は、髪をツインテールにくくると、左右の髪にマスクのゴムをかけることができます。また、ゴムの部分にクリップを付け、左右のクリップを輪ゴムでつなげると、ゴムの一を自由に配分することが可能に。間にクリップを入れていることで、輪ゴムが自由に動き、かかる力が分散されます。

 

パッと見て工夫しているのが分からないようにしたいという方は、ヘアピンでマスクを髪に固定する方法をおすすめします。ゴムの後ろを後頭部へと引っ張り、ヘアピンで固定してしまうことで、ゴムが耳にあたらず快適です。

マスクで耳が痛い時に使えるアイテム

マスク固定用フック

いやあらっくす(ホークアイ)

伸縮性のあるバンドの両端に、フィッシュクリップがついたアイテムです。このフィッシュクリップにマスクの耳かけひもを挟み、マスクといやあらっくすが輪になるようにつなげます。こうすることで、マスクひもを首の後ろに通して装着できるのです。バンド部分は首に直接触れる部分なので、素材が気になるところですが、服飾にも使われている肌触りが柔らかなものなので安心。3.5cmまで長さを調節することができるため、ずり落ちの心配もありません。

くびにかけるくん(相模カラーフォーム工業株式会社)

Uの字型の商品で、調整穴が左右3個ずつ設けられており、頭や首回りのサイズに応じて調節することができます。白と黒の2色展開で、好みや服装などに応じて選べるのも嬉しいですね。

マクピタSMP(ニッセイ)

首に触れる部分には、形状記憶樹脂を使用しており、体温によって変形するという特徴があります。そのため、首筋にぴったりフィットし、使い心地がよく長時間の使用も気になりません。マスクの耳かけひもは、耳の下を通り、首の後ろでひっかける状態となります。メガネが曇りにくく、イヤホンやめがねの着脱もできるというメリットも。

マスク固定用フック バレッタタイプ(Heart&Love)

レッタタイプの固定用フックです。マスクの耳かけひもを、バレッタについたフックにかけることができます。ヘアスタイルもきまり、マスクで耳も痛くならず一石二鳥です。

マスク用ゲルストラップ

マスク用ゲルストラップ(コモライフ)

伸縮性のあるゲル素材のストラップ。先端をマスクの耳かけひもに通してから先端部分を折り返し、本体の穴に通して固定します。反対側の先端も同じようにすると、マスクとゲルストラップが固定された状態となるので、頭の上からかぶってマスクを装着します。ゲルストラップが後頭部にくるため、耳を傷める心配がありません。透明なので目立ちにくいのもいいですね。

マスク紐用クッションカバー

ミミストップEX(株式会社グリム)

マスクから皮膚を守るためのクッションカバーです。素材には、皮膚と同じ柔らかさをもつクリスタルゲルを使用。独自のアーチ形状は耳の形に添っており、長時間のマスク着用で生じる耳の痛みを防ぎます。断面はC字型になっているため、着脱も簡単!透明なので、着用しているのがばれにくく、仕事でも使いやすいです。洗うこともでき、衛生面も優れています。

グーミミ プロテクトクッション(マイノロジ)

素材は成形自在のソフトなシリコン。適度な弾力もあり、マスクの耳かけひもにしっかり巻き付き、耳の形に添ってフィットすることで食い込みを防ぎます。マスクだけでなくメガネにも使用可能。洗って繰り返し使えます。

マスク痛くない!クリア(SHO-BI)

マスクのひも部分にくるくる巻き付けて装着するタイプのクッションカバー。らせん状になっているので、広い範囲のひもをカバーしてくれます。1パックに4本入っているので、2回分使用できます。

耳にかけないタイプのマスク

ひもなしマスク(ピーエヌ)

頬に貼るタイプのマスクなので、耳かけひもがありません。繰り返し着脱可能な医療用シリコンテープがサイドについており、頬に2点止めします。あごにかけるような形状になっており、下から引きあげてフィットさせる仕組み。鼻周りには隙間がないため、眼鏡が曇りにくいのも特徴です。

オーバーヘッドマスク

耳かけひもがマスクの上下についているタイプです。上側のひもは後頭部へ、下側のひもは首の後ろへかけて使用します。見た目が気になる方は、髪の毛で隠したり、帽子をかぶったりするとよいでしょう。また、就寝時にマスクを着用する方は、アイテムを使用すると寝返りの際などに下敷きになって痛いなど気になるかもしれませんが、このマスクなら外れにくく寝返りを打っても気にならないためおすすめです。

まとめ


マスクによる耳の痛みをあきらめていた方も、解決策が見つかったのではないでしょうか。アイテムを使用したり、自分に合った対策を取り入れたりしながら、マスクを上手く活用していけるといいですね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。