このページでは、最近注目の自宅で歯を白くする『ホームホワイトニング』についてやり方や特徴、口コミ情報・おすすめのホームホワイトニング情報などホームホワイトニングに関する情報をできる限り集めわかりやすくまとめました。ホームホワイトニングに興味のある方の参考になれば幸いです。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、自宅で歯を白くすることができる商品を使って、ホワイトニングをすることを指します。

 

歯の色は、顔の印象、その人の雰囲気を大きく変える重要な要素。

 

例えば、芸能人を注意してみてみると、キレイな歯並びをしているだけでなく、歯が白いことが分かります。きれいにかっこよく見えるには歯の色は重要ということです。

 

歯はメンテナンスをしていないと黄色っぽい色になってしまったり、黒っぽ色になってしまいます。そうなってしまった場合、ホワイトニングをすることで歯を白くすることができますので、第一印象をさわやかにすることができます。
ホワイトニングは、歯医者で行うというイメージですが、現在は自宅に居ながらでもホワイトニングをすることができるようになりました。

ホームホワイトニングのやり方

ネットやドラッグストアで購入できるホワイトニング剤をマウスピースにつけて、それを寝る前に装着すると、歯の色を徐々に白くすることができるというものです。

 

但し、説明書通りにホームホワイトニングをしなければ、効果が弱くなってしまうだけでなく、歯を傷つけてしまうこともありますので、注意が必要です。
さらに、歯医者に通う必要もありませんので費用も安く、通う時間も必要ありませんので、費用的にも時間的にもぜひオススメしたいホワイトニング方法なのです。

どうして歯が白くなるの?

ホワイトニングで歯が白くなる理由は2つあります。

歯の表面の色素を無色透明に変える

ホワイトニング剤には、色素を無色透明に変換してくれる作用のある「過酸化水素」や「過酸化尿素」が配合されています。これらの成分から出てくる酵素が、歯の表面に働きかけ白くしてくれるのです。

歯の表面の構造そのものを変える

過酸化水素や過酸化尿素の成分はエナメル質表面の構造を変える力を持っていて、象牙質の色が外から見たときに透けないような構造になります。

 

象牙質は人それぞれ色に違いはあるものの、基本的に黄色を帯びた色をしていますから、これが歯の黄ばみの原因のひとつとなります。それを外からは見えなくすることで、歯の美しさを得ることができるのです。
本来、歯というものは黄色く見えて当たり前の構造をしているのですから、黄色いからといって歯が異常だというわけではありません。ただ、私たちが美しいと判断するものは、黄色い歯ではなくて白い歯だったということです。

ちなみに、歯の黄ばみは、年齢を重ねるごとに実感しやすい症状ですから、一度じっくり鏡でチェックしてみてください。

ホームホワイトニングの口コミは信用できない

ネット上にあるホームホワイトニングの口コミには、本当は使ったことがない人が口コミを作り、あたかも良い商品というように偽ることがありますので注意が必要です。それでは正しい口コミを見抜くための情報の集め方をご紹介いたします

複数の口コミサイトをチェック

一つのうちコミサイトだけだと、情報が偏ってしまうことがあります。そのため、いくつかの口コミサイトを参考にして、実際にはどのように評価されているのかを確実に調べておくことができます。

信頼できる口コミサイトを探す

信頼できる口コミサイトでは、良いという口コミだけでなく、批判的な口コミも紹介されていますから、総合的に見て優秀なものであるかの判断が必要です。あとは、どう効果があって、どう悪かったのかという部分を詳しく説明してくれているなど、実際に使用しなくては知りえない情報を提供してくれている口コミも参考になります。

ホームホワイトニングでどの程度白くなるの?

通常、歯医者でのホワイトニングでは、2~4週間程度続けることで効果を実感できます。また、優秀な歯医者でないと自然な透明感のある美しい白い歯にはなりません。

 

ホームホワイトニングでは、効果が得られるまで歯医者よりも期間が必要ですが、歯医者でするよりも元に戻りにくいというメリットもあります。

ホームホワイトニングの効果・口コミ

・続ける内に歯が徐々に白くなっていったことを実感できた
・簡単にケアできる
・ホワイトニング歯磨き粉よりも効果が出てきた
・白さはまだでも歯の表面がツルツルしてきた

こんな効果を得られたという声があります。

 

効果が早いのは歯医者でのホワイトニングですが、手軽さと料金の安さで言えばホームホワイトニングがおすすめです。また、ホワイトニングは一度だけではなく、維持する必要がありますので、定期的に歯医者に通う必要を考えたら自宅でできるホームホワイトニングをお勧めします。

ホームホワイトニングにかかる料金・費用

歯医者でホワイトニングをしてもらう場合は、だいたい1回で1万円~3万円程度の料金が必要になります。

歯医者や施術方法によっても異なるのですが、キレイな白さにするまでに10万円程度もする場合もあります。
そこで、最近ではホームホワイトニングを利用する人も増えてきました。

 

始めに専用のマウスピースを作らなければならないため、2万円~5万円程度の費用がかかってしまうのですが、次回からは2週間分の薬剤が5,000円~1万円でホワイトニングができます。

 

さらに、通販のホームホワイトニングを利用する場合には、相場が1万円程度となっていますので、より安くで美しい歯を手に入れられます。
但し、通販で購入できる商品に関しては、いくつか種類があり、それが全て良い商品というわけではありません。

 

中にはあまり効果がない商品もあったり、歯に合っていない商品を使っても、効果がないなどのデメリットもあります。
商品を購入する前には必ずその商品について口コミなどを調べてみて、本当に効果があった人がどれくらいいるのかなどをリサーチしてください。

保険は適用できる?

保険の目的は、ご存知の通り、国民が最低限の医療を受けられるようにするための仕組みです。
つまり、健康上の問題を解決することが目的であり、美容などが目的での医療は全て保険対象外となります。

 

例えば、歯の神経が死んでしまい歯が黒ずんでいる症状を白く回復させる治療法はありますが、これは保険対象外になります。
そして、歯のホワイトニングももちろん保険対象外となります。

ホワイトニングは、歯を白くすることはできるものの、維持するにはケアを続けなくてはいけません。
ですから、保険適用外となると、できる限り費用を抑えたいものです。

 

そこで、オススメしたいのがホームホワイトニングです。
審美歯科でのホワイトニングは、効果は早く現れるものの、白さの持続力としてはホームホワイトニング1回あたりの費用は高くつきます。

 

その点、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニング(審美歯科などでのホワイトニングのこと)よりもリーズナブルですし、自宅でできるということで気軽にケアできる点も魅力。
そして、歯の白さが長持ちするのもこのホームホワイトニングなのです。

 

持続期間の長さは、それだけ安く済むということに比例していますから、あらゆる点から見てホームホワイトニングは多くのメリットがあるのです。

ちなみに、ホームホワイトニングは歯医者からでも購入できますし、インターネット上からでも購入が可能です。

ホームホワイトニングにかかる時間・期間

ホームホワイトニングを行うタイミングのほとんどが睡眠中です。
では、1回のケアにどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

それは、商品によっても異なるのですが、2時間~6時間と幅広くなっていますので、あなたのライフスタイルや効果など、総合的に考慮した上で選ぶ必要がありそうです。

 

ただ注意してほしいのは、長くつけておく=ホワイトニングの効果が強く現れるということではないので、説明書通りの使い方をしてほしいのです。

 

説明書を無視して、規定の時間よりもあまりに長くつけ続けてしまうと、痛みを感じてしまったり、知覚過敏のようにしみるようになってしまうなどの症状が現れることもあります。

 

そうなってしまっては、健康な歯を維持することはできませんよね。
ですから、くれぐれも自己判断でのケアは行わないよう気をつけましょう。

ホームホワイトニングに必要な期間

オフィスホワイトニングをする場合には、だいたい1回~4回程度の通院でホワイトニングができるようになるのですが、ホームホワイトニングは2週間~4週間かかります。

 

これは薬剤の濃度によっても異なり、薄くなるほど期間が長くなりやすくなります。
ホームホワイトニングをする時の手順としては、カウンセリングと検査をした後、マウスピースを受け取らなければならないため、2回の通院が必要になります。

 

通販の場合はマウスピースが付いている商品だと、歯医者に通う必要はありません。
ただ、歯の状態を正確に確認したいということであれば、歯医者でカウンセリングと検査は受けておくと良いでしょう。

ホームホワイトニングは歯医者に通ってホワイトニングをするよりも、効果を実感するまでの時間はどうしても長くなってしまいます。
それはホワイトニングに使われている薬剤の濃度が薄くなっているからです。

 

必要な期間はホームホワイトニングによって異なっているため、実際に使用する前に確認しておくとよいでしょう。

 

次に、ホームホワイトニングをする時にありがちなのは、途中でやめてしまうということ。
自宅に居ながら手軽にできるという反面、2週間~4週間もの間続けるというのは、意外に長く感じるものです。

 

これだけの期間を続けなければならないとなると、途中で面倒に感じてしまったり、なかなか効果が出ないため、途中で諦めてしまう方も少なくありません。
また、一度時間をおいてしまうと、また歯の色が戻ってしまう場合がありますので、始めたら1ヶ月は続けてみることが大切です。

ホームホワイトニンングは継続は必要?

ホワイトニングは、一度だけのケアではなく、定期的に続ける必要があります。

茶渋やヤニなどの外側からの黄ばみが原因であれば、蓄積しないようにケアしなくてはいけませんし、象牙質の黄ばみが原因であっても、象牙質の色が透けて見えないようにするためのホワイトニングをしなくては歯の白さを維持することはできません。

 

歯を白くするには、歯医者でやってもらえるホワイトニングと、自宅でできるホームホワイトニングの2種類あります。
専門的な場所と、自宅でのケア・・・。
一見すると、専門的にホワイトニングしてもらった方が歯の白さを維持できるように思います。

ですが、実は意外なことに、自宅でできるホームホワイトニングの方が歯の白さを維持できるようです。

 

オフィスホワイトニングの持続期間は3~10ヶ月に対して、ホームホワイトニングは6~12ヶ月ほどの持続期間があると言われています。

より専門的な歯医者でのケアよりも自宅でできるケアが持続性が高いのはどうしてなのか?
その理由は、ホームホワイトニングは少しずつ有効な薬剤を浸透させていくため、歯の深くにまで薬剤が入り込むのです。

 

歯の白さを維持するためには、日ごろからホワイトニング効果のある歯磨き粉を利用するなどのケアも大切。
そして、オフィスホワイトニングなら半年以内に一度、ホームホワイトニングなら2~3年に一度のホワイトニングを行うことが理想とされています。

メリット・デメリット

メリット

ホームホワイトニングをする人が増えてきたのですが、具体的なメリットはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

・歯の白さを長く保つことができる

ホームホワイトニングは歯が白くなるまでに、約2週間~4週間かかるため、オフィスホワイトニングよりも時間がかかってしまいます。
その反面、オフィスホワイトニングよりもホワイトニングの効果が長時間続くという特徴があります。

 

具体的には、オフィスホワイトニングは3カ月~6カ月程度、ホームホワイトニングは1年~2年と言われています。

費用が安い

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べ、費用は安くホワイトニングができます。

オフィスホワイトニングは歯医者によって10万円程度かかる場合がありますが、ホームホワイトニングに変えるだけで3万円~5万円程度でできます。(歯医者でホームホワイトニングを購入する場合)

 

通販で購入する場合には、商品やメーカーによっても大きく金額が異なりますが、5,000円~2万円程度となっています。
予算に応じて、無理なく取り組める方を選んでください。

自分のペースでできる

自宅でできるホームホワイトニングは、空いた時間を利用したり、好きなペースでホワイトニングができます。
あまり時間を置くことはできませんが、好きなタイミングでできるというのは大きな魅力です。

 

また、どれだけ白くしたいのかによって、ホームホワイトニングをする期間を決めることができるというメリットもあります。

デメリット

ホームホワイトニングには、安価でホワイトニングができる、長期間歯を白くすることができるなどのメリットがあるのですが、デメリットがあることも覚えておく必要があります。

効果を実感するまでに時間がかかる

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べ効果をすぐに実感できません。
ほとんどの場合2週間~4週間程かかりますので、それだけ続ける必要があります。

自分で管理しないといけない

オフィスホワイトニングをする場合には、歯科医師が薬剤の塗布や装着、ケアなどをすべて行ってくれるのですが、ホームホワイトニングは全て自分でやらなければなりません。

 

また、通販でマウスピースを購入した場合には、質が落ちてしまう可能性があるため、しっかり薬剤が塗布できていない場合もあります。

痛みを感じることがある

長時間薬剤をつけ続けてしまうと、歯ぐきや歯に痛みを感じてしまうケースがあります。

何らかの刺激によってしみてしまったり、痛みを感じるなどのトラブルがリスクがあります。
どうしても不安があるという方は、オフィスホワイトニングをお勧めします。

思っていた効果が得られないこともある

ホームホワイトニングはやり方を間違えてしまうと、思ったような効果が得られないこともあります。
それどころか、歯を傷つけてしまう場合もあります。

 

ホームホワイトニングを行う際は、自己責任の元、説明書をしっかり熟読して間違いのないよう努めることが大切です。

ホームホワイトニングを効果的に使う方法

ホームホワイトニングには、歯を白くする効果があるのですが、正しく使わなければあまり効果を感じられないどころか、場合によっては歯を傷つけてしまう場合があります。

 

せっかくキレイな歯を手に入れるチャンスなのに、使い方を間違えてしまったためにホワイトニングがうまくいかないと、もったいないです。
料金も1万円~3万円程度もかかりますので、より効果的にホームホワイトニングをする方法を紹介していきましょう。

長期的に続けていく

もしホームホワイトニングをしても、全然効果を感じていないのでしたら、もしかして時間が足りていないのかもしれません。

 

ホームホワイトニングは、歯医者で使っている物よりも弱くなっていると言われていますので、それだけ時間がかかってしまいます。
個人差はあるのですが、だいたい18回程度は続けた方が良いと言われています。

オフィスホワイトと併用する

ホームホワイトニングをより効果的にしたいのでしたら、オフィスホワイトと併用してみるのも良いでしょう。

 

オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングと一緒に併用しても問題ありませんので、一緒に併用することでより高い効果が期待できます。

濃度を高いものに変えるみるのも手

ホームホワイトニングでは、歯医者で使われているものよりも濃度が薄くなっています。
もっと効果的に歯を白くしたいのでしたら、濃度を高くするのも良いでしょう。

 

但し、濃度を高くする場合には必ず歯科医師に相談してください。
特に知覚過敏がある方が強い濃度で利用すると、悪化してしまう恐れがありますので、注意が必要です。

ホームホワイトニングの注意点

ホームホワイトニングには、歯を白くキレイにする効果があり、安価でホワイトニングができるなどのメリットがあります。

 

ですが、やり方を間違えてしまうと、様々なトラブルに見舞われたり、効果が感じられなくなってしまうなどの側面もあります。
そこで、ホームホワイトニングをする上で、どのような注意点があるのかを紹介していきたいと思います。

ホームホワイトニングをした後は食べ物に注意すること

ホームホワイトニングをした後は、歯がデリケートな状態になります。
そんな状態になっている歯に対して、着色料の多く含まれている飲食物を摂取すると、歯に色が付いてしまう場合があります。

 

それから、コーヒーや赤ワイン、キムチなど濃い色の飲食物も危険です。
ホームホワイトニングをした後は、できれば1時間程度は何も食べない方が安心でしょう。

長時間つけないこと

ホームホワイトニングは、歯を白くする成分をマウスピースにつけて装着するのですが、長くつけると効果が強くなるわけではりません。
濃度によってつける時間が異なるので、指定された時間は絶対に守ってください。

 

もし、指定された時間を超えてしまうとしみてしまったり、痛みを感じてしまう場合があります。

長期的に続けること

ホームホワイトニングは、歯医者で使っているものよりも濃度が低いので、長期的に続けなければなりません。
長くケアすることで、少しずつ歯の白さを実感できるようになり、白さの持続力もUPするのです。

アフターケアもしっかり行うこと

ホームホワイトニングが歯がキレイになったら、ホッとひと安心・・・ではありません。
次は、白さを持続できるよう日ごろのケアにも気を遣ってみましょう。

 

とは言っても、難しいことではなく、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を日常的に使うだけで、白さを保つことができます。

ホームホワイトニングのジェルの濃度

ホームホワイトニングのジェルには、10%~22%の濃度があります。
この濃度は、高くなるほど短期間で歯を白くするという効果があるのですが、使い方に気をつけないと、トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

濃度の高いジェルを使用すると、知覚過敏の症状を起こしてしまい、しみるようになったり、痛みを感じるようになる場合があります。
ですが、商品の中にはしみ止めが配合されている場合があります。

 

しみ止めが配合されている商品だと、濃度の高いジェルでもしみにくくなります。

 

このことから、濃度が高いホームホワイトニングを使って、短期間で歯を白くする方もいます。
ただ、しみ止めが配合されている=安全というわけではなく、合わない場合には知覚過敏の症状があらわれてしまう可能性があります。
そのため、安全にホワイトニングをしたいというのでしたら、濃度の低いジェルを使うことをお勧めします。

 

どうしても短期間で歯を白くしたいという方は、オフィスホワイトニングと併用してみると良いでしょう。

オフィスホワイトニングだけでも短期間でホワイトニングができるのですが、ホームホワイトニングを一緒に行うことにより、より高い効果が期待できます。

 

このホワイトニングを組み合わせて行うことで、個人差はありますが遅くても2週間程度では歯を白くすることができるでしょう。
ホームホワイトニングだけだと、2週間~4週間程度かかりますので、効果の実感が早くなることが期待できます。

ホームホワイトニングで痛みが出た時の対処法

ホームホワイトニングをしていると、痛みを感じることがあります。
もし、痛みが発生してしまった場合でも、正しく対処することにより痛みを抑えたり、痛みをなくすることができます。

 

では、どのように対処していけばいいのか見ていきましょう。

余分な薬剤を拭き取る

歯ぐきが傷む場合には、マウスピースから薬剤が余分に出てしまっている可能性があります。

 

薬剤が歯ぐきに付着してしまうと、そこから痛みを感じる場合がありますので、マウスピースをつける前に出ている分を拭き取るようにしてみてください。

痛み止めを使う

歯が痛む場合は痛み止めを服用してください。
痛み止めは歯医者でも受け取ることができますが、市販の痛み止めでも効果があります。

 

それでも痛みが治まらないという場合などは、歯医者の医師に相談してください。

歯に刺激を与えない

継続的に痛みを感じる場合は、歯に対して刺激を与えないようにしてください。

歯を触ってみたり、噛み締めたり、カチカチしたりと、痛みを感じるとイライラしてついやってしまうかもしれませんが、できるだけ刺激を与えないようにしてください。

 

また、冷たい物や熱い物なども歯に刺激を与えるきっかけになりますので、これらの飲食物も避けましょう。

ホワイトニング剤をつける時間を短くする

痛みを感じるのは、もしかしたら長い時間つけ続けているせいかもしれません。

ホームホワイトニングの薬剤は、長時間つけ続けてしまうと、それから知覚過敏の症状が起こる場合があります。
指定された時間を確認して、その通りに外すように心がけてください。

 

もし、指定された時間に外していても痛みが治まらない場合は、それよりも早く外した方が良いでしょう。

こんな人はホームホワイトニングはできません

ホームホワイトニングは自宅で手軽にできるという魅力があるのですが、歯の状態や体の状況によってできない場合があります。

 

歯医者で検査を受けた後だと、歯科医によって判断してもらえるので安心ですが、通販でホームホワイトニングをする場合には注意しなければなりません。

 

では、どのような状況でできなくなってしまうのか見ていきましょう。

歯周病がある

歯周病がある場合には、事前に歯周病の治療をしなければなりません。

まずは歯医者に通って、歯周病を治した後にホームホワイトニングを利用するようしてください。

虫歯や歯にひびがある

虫歯や歯にひびがある状態だと、そこから痛みを感じてしまう場合があります。
その理由は虫歯やひびを通して薬剤が歯肉に触れてしまい、痛めてしまう恐れがあるからです。

 

虫歯やヒビがある場合には絶対にホームホワイトニングをしないでください。
ご自分ではよく分からないとう場合は、歯医者で一度歯の健康状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

妊娠している

妊娠している人はホームホワイトニングを避けた方が良いと言われています。

ホームホワイトニングをすると何らかの悪影響を及ぼすというデータは出ていないのですが、胎児に何らかの影響がないとも言い切れないというのが現状ですので、オススメできないのです。

 

妊娠中はできる限り、刺激のない生活を送ることがベストですね。

差し歯や詰め物が変色している

差し歯や詰め物が変色している場合もホームホワイトニングは避けましょう。
歯の色のバランスが悪くなり、目立ってしまうことがあります。

 

一度歯医者で処置してもらった後にホームホワイトニングを行いましょう。

ホワイトニングにはアフターケアは必要です

ホームホワイトニングは、効果が現れるまでに一定の時間はかかるものの、一度効果を得られると歯医者でのオフィスホワイトニングよりも長持ちすると言われています。

 

では、せっかく歯の白さを得られたのですから、その白さを維持していくのはどのようなことが必要になるでしょうか。

ホワイトニングのアフターケアは以下のようなことを心がけてください。

 

・ホームホワイトニング前だけではなく、普段から歯キレイに磨くこと
・ホームホワイトニングした後1時間程度は、着色料が含まれている食べ物や飲み物を控えること
・ホームホワイトニング後はもちろん、日常的に喫煙を控えること
・ホワイトニング効果のある歯磨き粉を日常的に使うこと(歯医者などで購入できますし、通販ショップでも購入できます。)

ホームホワイトニング剤の成分

ホームホワイトニング剤に使われている主成分は、過酸化尿素です。
簡潔に説明すると、この成分が配合されている割合が少なくなるほどに、白くなるまでにかかる期間が長くなる傾向にあります。

 

配合されている割合は一般的に、10%~21%となっており、それ以上濃度が高くなるとしみるようになったり、痛みを感じるようになるなどの症状が心配されます。

ホームホワイトニング剤を購入する際には、どれくらいの割合で過酸化尿素が配合されているのかにも注目して、平均的な濃度のものを利用すると良いでしょう。

 

また、ホームホワイトニング剤には増粘剤の成分も含まれています。その理由は、過酸化尿素が液体だからです。
液体だとしっかり歯に付着してくれなかったり、乾いてしまうために効果が出にくくなってしまうなどの問題があるからです。

増粘剤を混ぜることにより、長時間歯に付着しやすくなり、より効果が現れやすくなります。
それから、ホームホワイトニング剤には「触媒」も配合されています。

 

触媒は着色成分を分解することにより、歯を漂白させる効果があります。

ちなみに、歯医者などでやってもらえる、オフィスホワイトニングには過酸化水素が使用されています。
過酸化水素は過酸化尿素よりも早く歯を白くする効果があるため、より数回の通院でホワイトニングの効果を感じられます。
オフィスホワイトニングに含まれている過酸化水素の割合はだいたい35%と言われています。

ホームホワイトニングに使うマウスピース

ホームホワイトニングをする際には、マウスピースを使う必要があるのですが、入手方法は大きく分けると2つあります。
歯医者でホームホワイトニング剤を購入する時には、その歯医者で専用のマウスピースを作ってもらうことができます。

 

それから、当然通販でホームホワイトニングを購入する際にもマウスピースが簡単に歯型が取れるようになっており、使い方としては熱湯に数秒つけることで柔らかくし、それを歯に合わせることで歯型を取ることができるという仕組み。

 

短時間で簡単に作ることができるようになっていますので、面倒くさがりな方でも安心です。
ただ、通販で購入したマウスピースは、歯の根元部分をフィットさせることができなかったり、若干広がってしまうため、完全にピッタリな歯型に作ることが難しい場合もあります。

 

一方、歯医者でマウスピースを作ってもらう際には、1週間くらいの時間がかかるのですが、しっかり歯型を取ることで、歯にフィットしたマウスピースを手に入れることができます。

一本一本にフィットしており、歯の根元部分の微妙な角度もキレイに合わせていますので、どうしても気になるという方は歯医者でマウスピースを作ってもらいましょう。

自分に適したマウスピースを作ることにより、効果を感じやすくなるだけでなく、装着していてもほとんど違和感なく使用できます。

 

もし、ホームホワイトニング剤があって、マウスピースだけが欲しい場合には、通販でホームホワイトニング用のマウスピースを手に入れることも可能です。

ポリリン酸ホワイトニングの特徴

最近はポリリン酸ホワイトニングという言葉を聞くようになりました。
芸能人もポリリン酸ホワイトニングを使って歯を白くしている人も多く、そのことからも話題になっています。

 

では、ポリリン酸ホワイトニングとはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

ホワイトニングよりも効果が高い

ポリリン酸ホワイトニングは、これまでのホワイトニングよりも高い効果があります。

 

できるだけ歯を白くしたいという方や、ホワイトニング剤では満足できなかったという方は、ポリリン酸ホワイトニングを使ってみることをお勧めします。

刺激が少ない

個人差があるのですが、ポリリン酸ホワイトニングは刺激が少なく、しみにくいという特徴があります。

 

ホワイトニング剤を使うと、使い方によってはしみたり痛みを感じてしまうのですが、ポリリン酸ホワイトニングは刺激が少ないので、安心して使えます。

短時間で白くなる

オフィスホワイトニングでは、歯を白くするまでに数回歯医者に通う必要があると言われているため、面倒だと感じている人もいるでしょう。

 

ですが、ポリリン酸ホワイトニングでしたら、速ければ15分程度で色を白くすることができます。
しかも、ホワイトニングの効果が長持ちする効果もあります。

コーティング作用がある

ポリリン酸には、歯をコーティングする作用もありますので、歯を白くするだけでなく、歯を守ることもできます。

また、もともと人の体にも存在している成分なので、健康を害することがないなどの特徴もあります。

オフィスホワイトニング

ホワイトニングのやり方は、主にオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。
ホームホワイトニングは、その名前から自宅で行うホワイトニングだとなんとなくわかると思いますが、オフィスホワイトニングはよく分からないかもしれません。

 

オフィスホワイトニングというのは、歯医者などの専門的な所でケアしてもらうということです。

具体的なやり方としては、濃度の高い薬剤を使うだけでなく、より効果を高めるレーザーを当てることにより、短期間でホワイトニングの効果を実感できます。

 

個人差はあるものの、大抵は1回の通院で歯を白さを実感できることから即効性があります。
効果の実感が遅い人でも、ほとんどの場合4回以内にはキレイな白い歯に変身できているでしょう。

また、歯科医に直接検査やケアをしてもらうことができますので、その点はホームホワイトニングにはない安心感がありますね。

 

但し、デメリットとなる部分もありますので、その点は注意する必要があります。
料金に関しては歯1本に対して2,000円~1万円程度となっているため、全部の歯をホワイトニングするとなると、10万円以上かかる場合もあります。(歯医者によって料金設定は異なります)

 

また、費用面に対してだけでなく、オフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べると、短期間で歯の色が戻ってしまうなどのデメリットもあります。
個人差はあるのですが、だいたい3ヶ月~6ヶ月と言われていますので、日ごろから歯の白さを維持するためのケアを行うことも大切です。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングというのは、歯医者でやってもらえる「オフィスホワイトニング」と自宅でできる「ホームホワイトニング」を組み合わせて歯を白くする方法です。

 

費用は高くなるものの、すぐに効果を実感できることから、結婚式など”この日までキレイにしておきたい!”という明確な目標があるのなら、デュアルホワイトニングがオススメです。

 

デュアルホワイトニングは、即効性があることが一番のオススメしたいポイントとなりますが、他にもメリットはあります。

歯の黄ばみが強い人にも有効

歯のホワイトニングは、効果に個人差があります。
象牙質の影響で歯が元々白くなりにくい人や、遺伝や加齢、歯が黄ばみやすい生活習慣(喫煙など)を送っている人ですと、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングのどちらかひとつをやってみても、効果が得られないこともあります。

 

その点、デュアルホワイトニングはそれぞれのメリットを大きく活かすことができますので、即効性がある上に効果も実感しやすいのです。

歯医者によっては格安でやってくれるところもある

予め、デュアルホワイトニングのコースを選ぶと、コース割引を実施している歯医者もあります。
または、1年間通い放題コース、歯が白くなるまで通えるコースなど、ユニークでお得なコースを設けているところもあります。

 

料金設定は、歯医者によって大きく異なることから、複数の料金設定を確認することをオススメします。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチを知っていますか。
ホワイトニングにあまり興味のない方は、もしかしたら聞いたことがないかもしれません。

 

ウォーキングブリーチを簡単に説明すると、神経を取った歯の中にホワイトニング剤を入れることで、歯を白くすることができるというもの。
では、そのほかにはどのような特徴があるのでしょうか。

歯の裏に穴をあける

ウォーキングブリーチは、神経を取った後に薬剤を入れなければならないため、一度歯の裏に穴を開けなければなりません。
そこから薬剤を入れ、歯の内側から白くした後にその穴に蓋をします。

 

その時に、歯に穴をあけてしまったことから、歯が割れやすくなってしまったり、歯の中にガスが溜まってしまうなどのデメリットもあります。

約1ヶ月かかる

治療にかかる期間は約1ヶ月かかります。
1ヶ月の間に4回~5回薬剤をつめかえなければならないため、その間は何回か通わなければなりません。

ウォーキングブリーチを扱っている歯医者自体が少ない

ウォーキングブリーチは、歯の裏に穴を開けなければならないだけでなく、そこから薬剤を入れたり、蓋をしたりと非常に手間がかかります。
そのため、ウォーキングブリーチをしている歯医者は少ないです。

 

また、実際にウォーキングブリーチをしている方も少ないので、近所の歯医者で処置してもらうのは難しいかもしれません。

治療費が高い傾向にある

ウォーキングブリーチにかかる費用は、1本1回1,000円~2,000円程度となっています。
但し、この金額は薬剤を詰め替えるだけの金額なので、穴をあけたり蓋をすると、さらに費用がかかります。

ホワイトニング剤が流れ出た時

ホームホワイトニングは、気軽にできる反面、ご自身で管理の元、ケアしていかなくてはいけない責任があります。
もしも、間違ってホワイトニング剤を誤飲してしまった時、体内ではどのような影響があるのでしょうか。

 

日本国内で販売OKとしているホームホワイトニング剤は、もしも飲み込んでしまっても体内への悪影響はないとされています。
ホームホワイトニング剤の主成分は「過酸化水素水」と呼ばれるもので、これは唾液や消化物に反応して分解されることから、毒性はないので安心してください。

 

ただ、薬剤が外に漏れてしまっていたら、本来得られる効果が半減してしまうこともありますから、次のことに注意してみてください。

マウスピースから薬剤が流れ出ていた

→マウスピースが合っていない可能性あり!
通販で購入した場合に多い事例なので、この場合は薬剤は既に購入したものを使用し、マウスピースだけは歯医者で作ってもらうと、ピッタリ適合するでしょう。

マウスピースを装着すると、薬剤が流れ出てきた

→ホワイトニング剤の量が多いかも!
ホワイトニングは、量が多ければその分白くなるということではありません。
正しい方法を継続することで、歯に変化が出てきますから、説明書通りに使用してください。

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニングをするためには、歯医者で処置してもらったり、ホームホワイトニングなどをしなければならないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、最近では歯磨きをしながら歯を白くする効果のあるホワイトニング歯磨き粉もあります。
ホワイトニング歯磨き粉にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

日本では市販で購入することは不可

日本では歯を白くする薬剤が入っている歯磨き粉を販売できないため、日本国内で手に入れるためには、歯医者で処方してもらうか、インターネットを利用して海外から注文する必要があります。

 

アメリカでは、白くすることのできる薬剤も販売されていますので、アメリカから購入する必要がありますのですが、ネット上には日本語のサイトも用意されています。

 

そのため、英語が苦手という方でもそれほど苦労することなく手に入れることができるでしょう。

日本ではホワイトニングの後に使われる

日本で販売しているホワイトニング歯磨き粉は、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングをした後に使われることがほとんどです。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使うことによって、歯の色が元に戻ってしまうのを遅くすることができるため、長期的に白い歯を保つことができます。
ただ、歯を本来の色に戻すという効果もあるため、茶渋やヤニなどで歯の色が変わっている場合には、ある程度歯を白くすることができます。

安く手に入手することができる

ホワイトニング歯磨き粉は、商品によっても金額が異なるのですが、比較的安く手に入れることができます。
相場としては、1,000円~3,000円程度となっています。

 

普通の歯磨き粉と比べたらかなり高いですが、歯の白さを維持できると考えたらリーズナブルだと思います。

歯を白くするには?

歯磨きだけで歯を白くすることはできる?

ドラッグストアなどへ行くと、歯を白くする効果を示すような歯磨き粉がズラリと並んでいます。
でも、実際に使ってみると歯の白さを実感することはなかなかできないというのが、大半の意見のようです。

 

ホワイトニング歯磨き粉が思ったような効果を発揮しない理由。
それは日本の法律にあります。

本来、ホワイトニングというのは、歯の象牙質の色を目立たせないようにするための薬剤が配合されています。
日本では、この薬剤が含まれている歯磨き粉を販売することは禁止されているのです。

 

アメリカでは、ホワイトニングに有効な薬剤が含まれている歯磨きも販売されているのですが、これは歯医者で処方してもらってからではないと入手することはできません。

しかも、有効な薬剤が入っている歯磨き粉は、一度ホワイトニングをした上で歯が黄色く戻らないようにするためのアフターケアとして利用されることが主目的です。

 

ですが、中にはホワイトニング歯磨き粉で効果を得られたという方もいます。
恐らくそれは、茶渋やヤニなど歯の表面に付着している汚れのみが歯を黄ばませていたからでしょう。

 

歯の黄ばみというのは、先ほどの茶渋やヤニなどの汚れ以外にも、象牙質の黄ばみがが原因となります。
しっかりとしたホワイトニングをすると、この象牙質の黄ばみを外側から見えにくくする効果がありますから、根本的に黄ばみを解消することができるのです。

ホワイトニング歯磨き粉では、象牙質の黄ばみまで解決することはできませんから、効果がない場合も多いのです。

歯のマニキュア

マニキュアと言えば、爪に塗る物をイメージする方も多いのですが、歯に塗るマニキュアもあります。
では、歯のマニキュアにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

1回で歯を白くすることができる

歯を白くするとなると、ある程度時間がかかってしまいます。
ですが、歯のマニキュアは塗るだけですぐに歯を白くすることができますので、わずか1回でもすぐに歯の白さを実感することができます。

 

特別な日や、デートの日などを控えている場合でも、慌てることはありませんね。

短期間しか白くならない

歯のマニキュアは爪のマニキュアと同じように、時間が経つと徐々にはがれてしまうため、短期間で落ちてしまうというデメリットもあります。

 

商品によってどれくらいの間白色を保てるのかは異なりますが、速いものだと数日でその効果が無くなってしまいます。
長い物でも3ヶ月程度となっています。

 

但し、パーマネントマニキュアというのは、使い方によって2年~5年効果を保つことができます。

商品によって色の強さが異なる

歯のマニキュアはどの商品を使うのかによって、どれくらい白くなるのかが異なります。
中には、パッと見た感じではよくわからないような商品もあります。

 

逆に、芸能人のようにかなり真っ白な歯にすることができる商品もあります。どのくらい効果があるのかについては、使ってみた人の写真などを見てから利用する商品を選んでください。

 

効果の現れ方には個人差がありますから、色々と試してみる必要もありそうですね。

歯のクリーニング

歯のクリーニングには歯と歯の間に詰まっている歯垢や、歯と歯茎の間に詰まっている歯垢なども除去できます。

 

歯のクリーニングをすることにより、様々なメリットがあるのですが、普段の生活の中ではそれほど必要性を感じないかもしれません。
では、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

虫歯や歯周病予防ができる

毎日歯磨きをし続けていたとしても、歯垢を全て落とすことは非常に難しいです。

 

毎回正しい歯磨きを心がけなければなりませんし、歯垢が残っていることは自覚しにくいため、知らない間に歯垢が溜まってしまう恐れがあります。
歯垢が溜まってしまうと、虫歯や歯周病の原因になります。

 

また、歯垢が固まってしまうと歯石になってしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

歯石を取り除くことができる

上記でも触れましたが、歯垢が固まることで歯石になってしまうのですが、歯石は自分で落とすことができません。
そのため、定期的に歯のクリーニングをして歯石を取り除いてもらう必要があります。

 

歯石は目には見えないのですが、多くの穴が開いており、そこに歯垢が入り込むことで、余計に取り除きにくくなります。
ひどくならないうちに早めにクリーニングをすることをお勧めします。

口臭予防になる

歯には煙草のヤニや歯垢などが付着してしまうため、口臭の原因になります。
定期的に歯のクリーニングをすることにより、歯をキレイな状態に保ち、口臭予防をすることもできます。

ラミネートべニア

歯を白くする方法の一つとして、ラミネートべニアを提案する歯科医師もいます。

 

ラミネートべニアはあまり聞いたことがないという方も多いと思いますが、歯を白くするための理想的な方法だという方もいます。
そこで、どのような特徴があるのか紹介していきましょう。

歯を薄く削る

歯を白くする方法と言えば、ホワイトニングを思い浮かべる方も多くいるでしょう。

ホワイトニングは、歯の色を白くすることにより、キレイな歯にするのですが、ラミネートべニアは、歯の表面を薄く削って、セラミックを塗ることによって歯を白くします。

 

非常に薄く削りますので、大きな変化を感じることはありませんし、通院回数も2、3回で全ての歯を処置することができます。

様々な状態の歯に対応できる

ホワイトニングは虫歯やびひが入っている歯だと、歯肉を傷めてしまう恐れがあるため、できないのですが、ラミネートべニアは虫歯やひびが入っている歯でもできます。

 

さらに、摩耗してしまった歯や奇形歯などにも対応できるなど、ラミネートべニアは幅広い人が対象となります。

施術後は変色しにくくなる

ラミネートべニアは施術を受けた後でも、また歯が変色するという事例は少ないと言われています。
また、日常的なケアに気を遣うことで、歯の白さを保つこともできます。

歯が大きく欠損しているとできない

虫歯や治療などによって歯が元の3分の1~2分の1以上がない場合は、ラミネートべニアができません。
歯を非常に薄く削ると言っても、もともとが小さいのであれば処置をするのは非常に難しくなるためです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。