ブルーベリーというと、視力回復効果がある、目にいい、というイメージを持っている人は多くいらっしゃると思います。しかし、どうしてブルーベリーが目にいいのか、ということまで知っている人はそう多くないと思います。

 

ブルーベリーがどうして目に良いのか、子供の視力にも効果が期待できるか、と言ったことについて説明したいと思います。

そもそも視力はどうして低下するのか

ブルーベリーがどうして目にいいのかを説明する前に、まずは目が悪くなる理由について説明したいと思います。

目の疲労

人間の目は、もともと何を見るためのものだと思いますか?本来、人間は狩りをしたり、植物を採集したりして生きていたので、 遠くのものを見る能力が重要でした

 

しかし、最近の暮らしを考えると、パソコンの画面をずっと見る必要があったり、書類を読み書きしなければならなかったりと、 近くのものを見る機会が非常に多いです 。プライベートでも、スマートフォンの画面をずっと眺めていたり、ゲームをしたり、近くのものを眺めている時間が非常に長いのがわかると思います。

 

人間の目は、近くのものを見るときに非常に負担がかかります。 毛様体筋と呼ばれる筋肉は、近くを見るときに緊張しますし、目にある水晶体という部分も分厚くなってしまいます。これが長い間続くと、最初から近くを見ることに特化しよう、と目が近くを見やすいように変化していきます。その結果として、遠くを見ることができなくなるのです。

 

さらに、目の疲労によって、脳に網膜で得た情報を伝達するロドプシンが分泌されにくくなり、これまた視力の低下につながるのです。

どうすれば近視を防ぐことができるのか

では、どうすれば近視を防ぐことができるのでしょうか。さすがに、パソコンやスマートフォンを完全に断つというのは、現代社会では不可能だと思います。

 

そこで、近くを見ることに体が順応しなくてもよいように、目の疲れをしっかり取り除いてやることが大切なのです。そうすれば、近視を起こさずに、本来の目の仕組み通り、遠くを見られるままでいられます。

老化も視力に大きな関係があります

視力の低下の原因に老化があります。 視力というのは、網膜に存在する血管や神経細胞などの働きによって維持されています、年齢を重ね、老化が起きると、これらの細胞や血管も老化してしまいます。

 

当然、これらの細胞や血管の老化は視力の低下につながり、目の疲れだけでなく、老化への対策も必要です。老化を引き起こす物質は活性酸素と言われる物質で、激しい運動やストレス、喫煙などが原因で発生してしまいます。原因を取り除くことも大切ですが、活性酸素を除去する働きのある抗酸化成分をしっかり摂取することも大切です。

様々な悪影響のある活性酸素

活性酸素の悪影響は視力の低下だけではありません。全身の老化を引き起こす上に、動脈硬化やがんなどの生活習慣病なども活性酸素が原因だと言われています。さらに、肌の老化の原因にもなり、ほうれい線やしわ、たるみなどを引き起こします。

どうしてブルーベリーは視力回復に効果があるといわれているのか

では、どうしてブルーベリーは視力回復に効果があると言われているのでしょうか。それは、ブルーベリーに含まれている栄養素に関係があります。

 

その栄養素は、アントシアニンです。アントシアニンにどのような効果があるのかご紹介したいと思います。

ロドプシンの分泌を促進

目の疲れによって分泌量が減ってしまうロドプシンですが、アントシアニンにはこのロドプシンの分泌を促進する効果があります 。そのため、目の疲れが軽減させることができるのです。

活性酸素を除去することができる

活性酸素による老化も、視力が落ちる原因になるとのことですが、この活性酸素を除去する働きが、アントシアニンにはあります 。つまり、アントシアニンは抗酸化成分だということです。

 

活性酸素は生活習慣病や肌の老化も引き起こすとのことでしたので、アントシアニンを摂取することは、視力の低下を防ぐだけでなく、健康や美容にも効果があります。

視力改善よりも、予防に使うのがお勧め

これらのように、アントシアニンには目に良い効果があるのですが、アントシアニンで視力を上げる、というのは実際には結構難しいことです 視力回復トレーニングなどと並行して摂取して、目に疲れがたまって、視力が下がるのを予防する、という利用法が一番お勧めです。

視力回復のためにできることとは

ブルーベリーは視力低下の予防に最も適しているとのことでしたが、視力を回復したいという人はどうすればよいのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

視力低下を防ぐ

視力を良くしたいのであれば、まずは今以上の視力低下を防ぐことが大切です。 近くを見る時間をできるだけ減らすとともに、ブルーベリーを利用して、目に疲労をたまらないようにしましょう。

 

特にスマートフォンやパソコンなどから発せられる光は、ブルーライトと呼ばれており、目に大きなダメージを与える光です。最近では、ブルーライトをカットする眼鏡のレンズや、画面保護シールなども存在するので、そういったものを利用するのがお勧めです。

 

ブルーライト以外にも、紫外線も目の奥の細胞を傷つけ、活性酸素を発生させる原因になります。紫外線を肌に当てないようにする日焼け止めはもちろん、目を保護するサングラスも利用するようにしましょう。しかし、サングラスのレンズを黒くしすぎると、瞳孔が開き、レンズの横から反射して入ってきた光をたくさん吸収してしまうので、色は少し薄めのものを選ぶようにしなければなりません。

視力回復トレーニング

視力が低下するのを防ぎながら、視力が回復するというトレーニングを行いましょう。いくつか方法があるので、ご紹介します。

 

まず、遠くのものを見ることで、毛様体筋を延ばすことが大切です。遠くにあるものを見るのが効果的なのですが、ただ眺めるのではなく、あれを見よう、と思って見るようにしましょう。ただし、目を細めてはいけません。

 

次に、毛様体筋をほぐすために、近くと遠くのものを交互に見るトレーニングをしましょう。先ほどと同じように、必要以上に目に力を入れてしまわないようにしましょう。

ブルーベリーは子供の視力回復にも効果があるのか

子供の視力が悪いと、何とかして回復させてあげたい、と思うのが親心だと思います。ブルーベリーは子供の視力回復にも効果があるのでしょうか。

子供の視力回復にはお勧めしません

子供の視力回復に効果があるか、といわれると、そこまで効果があるとは言えません。 アントシアニンの効果は、疲労を抑えるというものなので、目を酷使している人の予防改善にはお勧めなのですが、子供の視力回復には目を使いすぎることによる近視の予防程度しか期待できません。

 

アントシアニンの抗酸化作用も、子供であればそこまで活性酸素による老化の影響は小さいと思いますので、効果は期待できないでしょう。

 

ですので、勉強やゲームなどをする時間が長いのであればブルーベリーで視力が下がらないように予防するのは良いのですが、回復は別の方法を考える必要があります。

子供の視力回復には何をすればよいのか

では、具体的にどのようなことをすれば、子供の視力を回復させてあげられるのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

 

まず、これ以上視力が低下しないように、視力が低下してしまう原因となる行動をさせない、ということが大切です。ゲームやスマートフォンなどの使用時間はできるだけ短くさせ、休憩も適宜入れさせる、ということを徹底しましょう。また、部屋の明るさなどにも気を遣い、特に勉強や読書などは目の負担になるので、照明などを用意してあげましょう。

 

今以上の視力低下を防いだ上で、視力回復トレーニングを行うのが効果的です。視力回復トレーニングは、先ほど紹介した方法と同じもので大丈夫です。

ブルーベリーを利用したサプリを紹介

目にいいと言っても、ブルーベリーをたくさん、しかも毎日食べるのは大変だと思います。そこで、サプリを利用するのがお勧めです。アントシアニンを利用したサプリはたくさんあるのでいくつかお勧めのサプリをご紹介します。

アントシアニンたっぷりルックルックベリー

アントシアニンサプリを利用するのであれば、アントシアニンの量は気にしていなければなりません。数あるブルーベリーサプリの中でも、トップクラスのアントシアニンの量を誇るのが、ルックルックベリーです。

 

約367個のブルーベリーに匹敵する量のアントシアニンを含んでおり、ほかにもカシスやアサイーなども使われています。カシスには、カシスアントシアニンと呼ばれる特別なアントシアニンが入っており、このカシスアントシアニンはブルベリーなどに含まれているアントシアニンよりも目に良いという実験結果もあるくらい、優秀な成分なのです。

 

また、アサイーはスーパーフードとして人気のある食材で、非常に多くの栄養素がぎっしり詰まっています。それらに加え、抗酸化成分であるビタミンE、アントシアニンなどと同じく目に良い成分であるビタミンAなども配合されていながら、1カ月分が1728円という非常に優れたコストパフォーマンスを誇ります。さらに、定期コースであれば1カ月あたりのコストが1000円で購入可能です。

えがおのブルーベリー

えがおのブルーベリーは非常に多くの栄養素を配合したサプリメントです。どうしてたくさんの栄養素を配合しているのか、というと、アントシアニンが壊れてしまわないようにするためです。

 

アントシアニンは不安定な成分で、そのままサプリメントに配合したのでは吸収するまでに壊れてしまい、いくらアントシアニンがたくさん入っていても、あまり効果が実感できない、という結果になってしまうことがあります。そこで、ビタミンCやアミノ酸のリジン、ヒスチジンなどを配合して、アントシアニンが最大限の効果を発揮できるように保護しているのです。

 

アントシアニンを配合するだけでなく、その質にもこだわっているサプリメントなので、ほかのアントシアニンサプリで効果を感じられなかった人にもお勧めです。定期購入であれば3カ月分4353円、1カ月当たり1344円なので、コストパフォーマンスにも優れています。送料も無料なので、無駄な費用もかかりません。

まとめ

視力は回復させること以上に、低下しないように予防することが大切です。ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、パソコンやスマートフォンなどの普及した現代では、積極的に摂取すべき成分だと言えるでしょう。

 

あまり日本人になじみのないフルーツですが、ジャムにしたりすればパンやヨーグルトなどの味付けに利用して食べることができますし、生のブルーベリーをそのまま食べるのも非常においしく、くせになってしまうほどです。最近ではコンビニなどでも冷凍のものを取り扱っているので、ぜひ食事に取り入れてみてください。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。