ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

自まつ毛のようにナチュラルに仕上がるマツエクの選び方!初心者向けに解説

更新日:

「マツエク(まつげエクステンション)」は、ナチュラルな仕上がりが見た目にも自然で、まるで“自毛みたい”だと人気のまつげメイクの手法です。美容サロンなどで美容師免許を持ったアイリストによって施術されます。

 

「マツエク」は、つけまつげとは違って、自毛のまつげ1本ごとに、人工のまつげ(マツエク)を専用接着剤で装着させることで、ナチュラルな仕上がりを可能としているのです。このナチュラルな「マツエク」について、初心者の方でも分かりやすいように詳しくお伝えします。

 

マツエクの基礎知識

「マツエク」は韓国発のまつげメイクの手法で、日本では2003年頃に、人毛のような毛先が細い人工毛が開発されてから、じわじわと流行するようになりました。今では、その種類やデザインも豊富で技術も進歩し、人工毛のエクステを1本ずつ自まつ毛に装着する手法で、そのナチュラルさと長時間持続の利便性から、人気のまつげメイクとなっています。

 

マツエクとは?

「マツエク」とは「まつげエクステンション(eyelash extension)」の略称で「まつげエクステ」や「エクステ」とも呼ばれています。自分のまつげ1本ずつに、人工のまつげ(エクステ)を、「グルー」という強力な専用接着剤で付け足すアイメイク手法です。
つけまつげのように、まぶたの肌に粘着させるのではなく、自分のまつげの延長みたいな感覚なので目元はナチュラル、しかもまつげが長く濃く見えて見栄えします。また化粧直しするたびに、取り外す(取り外せない)必要がないので、お化粧の時短も図れます。さらに最近では人毛のエクステも多く取り扱われるようになっています。

 

マツエクの施術方法

「マツエク」の施術は、マツエク専門サロンや美容サロンなどで行われますが、施術者には美容師の免許取得が義務付けされています。首から上の顔は美容にとっては重要な部位なので、十分な知識と技術が要求されているのです。「マツエク」の施術をおこなう美容師は、「アイデザイナー」や「アイリスト」などと呼ばれています。

 

「マツエク」の施術方法は、自然にカールされた人工毛や人毛のエクステを、自分のまつ毛1本ごとに毛根から1~2 mmの部分にピンポイントで装着させます。装着には「グルー」と呼ばれる専用の瞬間接着剤を使用します。

 

装着本数は、個人の好みに応じて両目で数十本~百本以上となり、1本ずつ装着する作業には、緻密さと熟練された技術が要求されます。最近では1本の自まつげに複数本のエクステを装着する「ボリュームラッシュ」と呼ばれる手法も取り入れられています。

 

施術時間は、マツエクする本数や美容師の技能によって大きく異なってきますが、熟練で技量の優れたアイリストほど、施術時間も短く仕上がりも良くなるのは当たり前のことです。マツエクの施術では痛みを伴うことはほとんどないと言われています。

 

マツエクの種類

マツエクの種類はファショナブルなものまで含めて、非常に多様で豊富になってきています。「長さ」「太さ」「カール(角度)」「カラー」「質感」のバリエーションを自由に組み合わせることで、自分好みにオーダーメイド感覚で装着することができます。

 

長さと太さ

「長さ」では、「3mm~20mm」まで1mm単位で変わってきます。また「太さ」では、「0.10mm~0.28mm」まで0.01mm単位で分類され、1本タイプや複数タイプなどがあります。

 

カール

「カール」はカーブ(角度)の緩やかなものから強いものまで、大きく4種類となっています。呼び名はサロンによって異なる場合があります。カールの度合いがナチュラルな「Jカール」、カールの度合いが上品で緩やかな「Bカール」、カールの度合いがやや強い「Cカール」、そしてカールの度合いが強い「CCカール」の4タイプです。

 

カラー

「カラー」はもちろんブラックが主体です。ダークブラウン、ブラウン、そしてブルーやグリーンなど10色以上ものカラーバリエーションを揃えているサロンもあります。ナチュラルが主流ですが、「カラーエクステ」という色の異なるマツエクも人気のようです。

 

質感

「質感」は、「シルク」「ミンク」が主流で、次にポピュラーなのが「セーブル」です。もちろん本物ではなく「・・・調」という意味の化学繊維などで作られた人工毛で、その違いは柔らかさやつや感などです。自まつげはとても柔らかいので、エクステの質感もより柔らかい方がナチュラル感を高めます。最近では「人毛」のエクステや「抗菌」のエクステなども登場しています。

 

マツエクとつけまつげとの違い

「マツエク」「つけまつげ」との決定的な違いは、マツエクの方が「見た目がナチュラルと「持続性がずっと長い」と「化粧の時短ができる」の3つが挙げられます。また「マスカラ」と比較しても、この3つと同じような違いが挙げられます。

 

マツエクの見た目のナチュラルさ

つけまつげとの違いは、まず見た目のナチュラルさです。つけまつげでは、根元の接着線がアイラインのように見えて、つけまつげだと分かりやすくなっています。これに対して、マツエクは、元々生えている自まつげの1本1本に対して人工毛を装着するので、自分のまつげが伸びているようでナチュラルな状態をつくることができます。

 

マツエクは持続性が長い

つけまつげは、水に弱いので涙や肌の汗や皮脂によって剥がれやすいというデメリットがあります。これに対してマツエクは、「グルー」という専用の強力な接着剤で装着するので、水や涙や汗にも強く、取れにくいので持続性が長くなります。ただし自まつげが抜けるとともに同時に外れてしまいます。平均的なマツエクの持続期間は、3~4週間とされています。

 

マツエクは化粧の時短ができる

つけまつげやマスカラは、毎日の化粧毎に装着やメイクに時間がかかります。しかしマツエクだと、まつ毛自体のお化粧はする必要がなくなり、アイメイクの時間がかなり短縮できます。つけまつげと違って化粧落しの時でも外す必要もなく、忙しいOLの方たちにとって、お化粧の時短はとてもありがたく便利です。

 

ナチュラルなマツエクのデザインの選び方

マツエクはデザインが豊富なので、自分の好みに応じてよりファッショナブルにも、より派手にも、そしてよりナチュラルにも自由自在です。しかし日常生活の中では、やはりマツエクの最大の特徴である「ナチュラルな目元」を実現したいですよね。

 

自まつ毛と同じ質感のエクステを選ぶ

よりナチュラルに見せるためには、自分のまつ毛により近い質感のエクステを選ぶ必要があります。質感によって値段も異なりますがアイリストと相談しながら選びましょう。「人毛」「ミンク」「シルク」の中から、より自まつ毛と同質感のあるエクステを選びましょう。

 

 ナチュラルに見える長さと太さとカールを選ぶ

「長さ」は、短めの「9mm、10mm、11mm」がオススメです。日本人のまつ毛の長さの平均は「6.8mm」とされています。まつげの長さにも個人差がありますが、平均的には「9~11mm」の範囲で選ぶとよりナチュラルに仕上げることができます。

 

「太さ」は、「0.10mm・0.15mm・0.20mm」がオススメですが、自まつ毛の太さに近いエクステを選ぶことで、よりナチュラルにボリュームアップすることができます。

 

「カール」は、最もナチュラルな「Jカール」または上品で緩やかなカーブを描く「Bカール」を選ぶと、より自然なまつ毛に仕上げてくれます。

 

ナチュラルに見えると本数(ボリューム)を選ぶ

ナチュラルな本数選びが一番悩むところです。目の大きさや横幅に関係するので大きく個人差があります。実際の目の大きさや横幅に照らし合わせてみないと、ここで“何本”だと断定することはできません。ただ自分のまつ毛の本数以上に装着することはできません

 

一般的・平均的なナチュラルで可愛いい目元が作れる本数は、「最低で両目で80本」、「最高で両目で120本まで」とされています。実際には、個人差がありますので、アイリストと相談しながら「最低両目で80本~最高両目で120本」の範囲で選べば、ナチュラルな目元が実現できる可能性が高いといえます。

 

マツエクをオススメしたい人

「マツエク」の特長は、「自毛みたいなナチュラルさ」「見栄えが良い」「長い持続性」「化粧の時短ができるなどです。今までの「マスカラ」や「つけまつげ」などのまつげメイクでの悩みを解消してくれる救世主になるかも知れませんよ。

 

「マツエク」は、次のような人たちにオススメです。

・自まつげを長く見せ、ボリュームアップを希望する人

・ナチュラルなアイメイク志向派の人

・忙しくて化粧の時短がしたい人

・外れやすいつけまつげをしている人

・マスカラでのまつげメイクが苦手な人

・活動的で汗かきの人

・スポーツやエクササイズをしている人

・すっぴんでもまつげに自信を持ちたい人

 

マツエクの美容サロンの選び方

マツエクを専門とする美容サロンは、各地に数多く存在します。しかしマツエクの施術者には、美容師の免許取得が法律で義務付けられています。顔の中でも一番目立つ目の部分の美容施術なので、「安全性」が一番です。美容サロンを選ぶ時には、施術者が美容師免許を取得していることの確認が大切です。

 

次に、施術者の「技量」の問題です。施術者の技量は、安全性はもちろん、マツエクの仕上がり状態に影響します。これはなかなか確かめにくいのですが、お目当てのサロンの口コミ評価などを参考にする方法があります。また現在行きつけの美容院で訪ねてみるのもひとつの方法です。

 

美容師免許取得による「安全性」と施術者の「技量」を第一優先に考え、次に「衛生面での清潔さ」や「サービス面の充実」や「施術費の妥当性」なども総合的に考慮して、お目当てのサロンを選ぶことが大切です。

 

また、マツエクの美容サロンの中には施術方法をお客様に指導して、お客自身が装着する「セルフ方式」を採用するサロンもあるようです。これは、美容師の無免許業者の規制逃れの抜け道とされ、自分で装着すること自体に危険性があるので注意が必要です。

 

まとめ

「マツエク」は、あまり派手には目立ちたくないナチュラルメイク派の人にとっては最適のアイメイクアイテムと言えます。「ナチュラル」「見栄え」「時短」「持続性」を重要視される方にオススメしたい最新のアイメイク法です。ただマツエクの美容サロンを選ぶ時には、チャンとした美容師免許を取得しているアイリストが施術することを確認することが大切です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.