美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

スポーツ・アウトドア

【トレーニングチューブ】おすすめランキング!口コミで人気のBEST3(Amazon・楽天)

更新日:

このページでは、トレーニングチューブを探している方向けにおすすめの人気商品や、タイプなどから考えた選び方を解説しています。

タイプごとの特徴や使いやすさ・強度などのポイントを比較して、より良いおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

 

トレーニングチューブの選び方

健康ブームやダイエットブームもあって、自宅でトレーンングをする人が増えていますが、そのアイテムの一つとしてトレーニングチューブが人気です。

ただ引っ張るだけの簡易な仕様でトレーニングができて、とても便利なトレーニングチューブですが、実は種類がたくさんあります。

ここでは、タイプごとの特徴や使いやすさ、強度、口コミなどから考えるトレーニングチューブの選び方を紹介します。

 

まずは自分にあったタイプから選ぶ

 

シンプルでアレンジしやすいチューブタイプ

最もシンプルなタイプで、ホースのようなチューブでできたトレーニングチューブです。

自分のトレーニングに合わせて、長さを調整できたり、束ねることで強度も調整できるので、シンプルだからこそ、様々なトレーニングに活用できるタイプです。

活用法を思いつけるトレーニングに慣れた人におすすめです。

 

強度調整のしやすいバンドタイプ

ゴムバンドのように平らになっているゴムのトレーニングチューブです。形状から、チューブよりも長さや強度の調整がしやすいのがメリットです。

輪になったタイプであれば、持つ場所を変えることで長さ調整が必要なく、初心者でも使いやすくなります。

ただし、摩擦でゴムが劣化しやすいところがデメリットです。

 

持ちやすくオリジナルデザインタイプ

最近最も人気が高く、様々なお店でも見かけるようになったモビバンやアルインコマルチチューブなど、シンプルなものでなくオリジナル性の高い形をしているトレーニングチューブです。

トレーニングに合わせて自分で調整できなくても、すぐにトレーニングできる初心者におすすめのタイプです。

負荷も比較的軽めになっているので、トレーニングだけでなく、リハビリなどにもおすすめです。

ただし、ゴムのような素材でできているものが多く、ホコリがつきやすかったり、亀裂が入ったりなど切れやすい商品もあるので、あまり安価なものはおすすめできません。

 

自分の筋力に合わせて選ぶ

トレーニングチューブは、商品によって負荷を変えられるものと変えられないものがあります。

調整できるタイプなら、筋力に合わせて変えていけばいいのですが、変えられない場合は、サンプル品で試してから購入するのをおすすめします。

強度については、基本的に強度が何キロかと表示されているので参考にしましょう。

真剣な筋力アップのためのトレーニングを目的としている場合は、強度の異なるチューブや本数を揃えておくことをおすすめします。

 

グリップ付きのものを選ぶ

トレーニングチューブは、簡易なものからオリジナルなものまで様々ありますが、どんなタイプにしても便利に活用できるのは、持つところにグリップがついているのがおすすめです。

チューブをそのまま持つのは意外と大変で、特に強度のあるチューブだと手が痛くて思うようにトレーニングができないこともあります。

グリップがあるだけで、手の負担が少なくなるのでトレーニングに集中しやすくなり、初心者の人も上級者の人にもおすすめです。

 

口コミで人気の商品を選ぶ

トレーニングチューブを探しているときはぜひ商品の口コミをチェックしましょう。

例えば「ゴムの負荷が弱く調節もできずトレーニングにならなかった」「ゴムが伸びてしまってすぐに使い物にならなくなった」などの悪い口コミが目立つトレーニングチューブはやめた方が良いです。

編集部で良い口コミのある商品をチェックしてみたところD&M セラバンドCLXは「リハビリ用にちょうど良い負荷で良い効果があった」「無理なく始められる程度の強度でトレーニングをしっかり習慣つけることができた」などとても好評でした。

 

トレーニングチューブの負荷調節のポイント

トレーニングチューブは負荷が自分の筋力にあっていないとトレーニングの効果は期待できないので、強度選びは慎重になると思いますが、負荷調節に関して強度選びは難しいものです。

そこでおすすめしたいのは、色によって強度を分けて販売しているトレーニングチューブです。

複数の強度から選べることで自分の筋力に合わせやすいし、三つ以上用意しておけば、負荷の必要なスクワットやデットリフトなどから、負荷の軽い二の腕を鍛えるチューブカールなどにも活用できてトレーニングの幅を広げられます。

 

肩の筋トレにはトレーニングチューブがおすすめ

トレーニングチューブは様々な筋肉を鍛えるために活用できますが、背中の三角筋を鍛えるにはかなり有効的です。

三角筋は異なる三つの動きに対してトレーニングすることが必要ですが、それらの全てがチューブの活用でトレーニングできます。

筋トレに慣れていないとつい反動をつけて鍛えてしまいますが、チューブの場合は例え反動をつけてしまったとしても、負荷が減ることが少ないので、自然とトレーニングフォームが身につき、十分な負荷をかけられるようになります。

 

トレーニングチューブで腹筋を鍛える方法

トレーニングチューブを購入する場合、腹筋を鍛える目的の人はとても多いでしょう。

トレーニングチューブを活用しての腹筋トレーニングは腹筋のあまりできない人でもトレーニングしやすいベリーブラスター、本格的なトレーニングであるチューブクランチやチューブレッグレイズなどがあります。

これらの腹筋のトレーニングのためにトレーニングチューブを購入する際には、チューブタイプとバンドタイプの二種類があると、ほとんどのトレーニングをすることができます。

 

トレーニングチューブランキングBEST3

ここからは、おすすめのトレーニングチューブをランキング形式でご紹介します。より効果的に活かせるトレーニングチューブを選ぶ際に、ぜひご参考にしてください!

9つのループでできている「D&M CLX」

9つのループでできている「D&M CLX」

タイプ:チューブタイプ
サイズ:5×150cm
強度の種類:5段階

レビュー

普通のバンドタイプのトレーニングチューブに見えて、開いてみると9つのループが繋がっているため、長さや負荷の調整が簡単にできて、トレーニングの際に手足をかけやすくなっています。

シンプルでわかりやすく使いやすいので、初心者の人にもオススメです。

公式サイトには様々な活用方法の動画がアップされているので参考にするとより効果的なトレーニングをすることができます。

 

本格的な筋トレのできる「FREETOO」

本格的な筋トレのできる「FREETOO」

タイプ:バンドタイプ
サイズ:20.8×1.3(2.2,3.2,4.4)×0.45cm
強度の種類:4段階

レビュー

特殊で強力、そして厚みもしっかりしているゴムを採用しているので、本格的なトレーニングを目的にしている人におすすめです。

これまでトレーニングチューブで物足りなさを感じていた人もこれなら納得のトレーニングができるでしょう。

負荷も選べて、お得なセット販売もあるので、目的にあった組み合わせで購入すると様々なトレーニングに活用できます。

 

グリップで楽々「Orange Roll」

グリップで楽々「Orange Roll」

タイプ:チューブタイプ
サイズ:-
強度の種類:5段階

レビュー

初心者でも使いやすいチューブタイプに持ちやすいグリップがついているトレーニングチューブです。

グリップがあることで長時間のトレーニングでも手の負担が少ないので、余計なことを気にせずにトレーニングに励むことができます。

5段階の強度が選べて。リバビリや軽いエクササイズから本格的な筋トレまで様々なトレーニングに活用できます。

 

 

まとめ

トレーニングチューブは様々なメーカーから販売されていますが、自分のトレーニングにあったものを選べると効果的に筋肉を鍛えることができます。

今回ご紹介した商品も含め、様々なトレーニングチューブをチェックしてより良い商品をお探しください。

-スポーツ・アウトドア
-

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.