ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

デリケートゾーン

【こっそりなんとかしたい】デリケートソーンのにおい対策とおすすめ

更新日:

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は少なくないとされています。ホルモンバランスや自律神経のバランス、加齢など様々な要素によってデリケートゾーンの環境も変わってきますが、においを自覚している場合はもちろん、自覚していない場合でもにおいが心配になるときはありますよね。

 

トイレに入ったときにふとにおいが気になったというケースや、パートナーの反応がおかしくなったというケースなどが挙げられることが多いのではないでしょうか。そんなデリケートゾーンのにおいは、どのようなことが原因で起こるのでしょう。そして、どのようなケアをしていったら良いのでしょうか。

 

今回はデリケートゾーンのにおいに関して、においの原因や適切な対策、そしておすすめのケア用品を紹介していきます。

デリケートゾーンのにおい

まずはじめは、デリケートゾーンのにおいがどのように起こるのか、そしてどのようなケアが必要なのかをみていきましょう。原因や対策をそれぞれ挙げていきます。

悩んでいる人は多い?

デリケートゾーンのにおいに悩んでいる女性は意外と多く、冒頭でも挙げたようにトイレでふとにおいが気になったというケースで自覚に至ることが多いようです。女性の場合は月経など周期によってもにおいは変化し、自身の体調も含めてにおいが強く感じられるときとそうでないときがありますね。

 

また、においが心配になるケースとしてパートナーの反応が変わったというケースが挙げられ、セックスレスなどにつながっていくこともあるようです。女性を悩ませることにもなるデリケートゾーンのにおいは、どのようにして起こるのでしょうか。

なぜ臭うようになるのか

においと言うと汗なども同じですが、基本的には雑菌の繁殖、そして蒸れや中途半端な乾燥などが原因として挙げられます。汗もそうですが、汗自体ににおいはなく、汗が雑菌によって分解されるとにおいが出ると言われています。汗をかいた直後はにおいがしなくても、時間が経って臭うのはこのためですね。

 

デリケートゾーンも同様で、もちろんのこと汗腺は存在します。そして、環境的に蒸れやすく、生理のときなどは特に雑菌も増えやすいと言えるでしょう。雑菌が増えてしまうことで汗や分泌物が分解され、特有のにおいにつながっていくということです。このように考えると、基本的には汗のケアと似ている部分が多いということですね。

洗いすぎも逆効果

近年では除菌や殺菌がブームとなっており、それらの商品もたくさん出されています。しかし、本来私たち人間は細菌とともに生きており、まったくの無菌状態は作り出せないこと、そして細菌も私たちにメリットをもたらしていることを知っておきましょう。常在菌という私たちの身体にもともと存在している細菌は、免疫の一端を担っています。

 

しかし、除菌や殺菌ブームで常在菌までなくしてしまうことで、逆に細菌などに弱くなってしまっていると言われているのです。これはデリケートゾーンも同様で、適切に細菌同士のバランスが保たれて外からの菌やウィルスに対抗しています。しかし、洗いすぎなどで常在菌のバランスが崩れると、雑菌の繁殖や感染が起こりやすくなってしまうということですね。

適切な対策を!

ここまでのことを踏まえてデリケートゾーンのにおい対策をしていくということですが、先に述べたように汗の対策とも似ています。蒸れなどに気を付けること、においが強い場合はこまめに履き替えることも対策としては有効です。わきが体質の人はいわゆるすそがやすそわきがも起こりやすいので、こまめに履き替えることは重要なポイントになります。

 

そして、雑菌が繁殖しない環境にすることは大事ですが、洗いすぎなどで常在菌まで排除されてしまうことは避けましょう。ソープなどは一回で丁寧に洗えば充分です。何度も洗ったり、擦り過ぎは逆効果なので注意したいですね。また、生活習慣を整えるなど体調を整えたり、体質の改善を図っていくことも有効です。

デリケートゾーンのにおい対策おすすめ①イビサソープ

デリケートゾーンのにおいについては、おおまかに理解してもらえたでしょうか。ここからは、デリケートゾーンのにおい対策におすすめのケア用品を紹介していきます。まず挙げるのは、イビサソープです。イビサソープの特徴などについて紹介します。

海外セレブも使っている

イビサソープはその効果の高さによって、海外セレブも使っていることが大きく宣伝されています。殺菌成分を含むとともに、肌を整える成分も含まれているということで、肌の炎症や荒れを抑えてくれるということですね。雑菌の繁殖を防ぐとともに肌のケアもできるということで、その効果に人気も高いということのようです。

 

植物由来の成分も多く含まれており、それらも肌の状態やデリケートゾーンの状態を整えることにプラスになっているとされています。ただし、上述したように洗いすぎは逆効果です。いくら良いものを使っていても、過度になってしまっては身体にはマイナスになるということを覚えておきましょう。

添加物を使っていない

イビサソープの特徴としては、無添加ということも挙げられます。着色料など、身体にあまり良くないとされるものを避ける傾向が顕著になってきている昨今ですが、シャンプーや石鹸なども同様ということです。口に入れるものだけでなく、肌や髪に使うものにも気を遣う人が増えているということですね。

 

デリケートゾーンは肌や髪よりもさらに気になると思うので、無添加というのはうれしいポイントです。具体的にはラウリル硫酸塩やラウリル硫酸ナトリウム(Na)という表記があるものは避けた方が良いので、自身が使っているシャンプーなども一度確認してみてください。

デリケートゾーンのにおい対策おすすめ②デオシーク

デリケートゾーンのにおい対策におすすめのケア用品として次に紹介するのは、デオシークです。デオシークの特徴について紹介していきます。

消臭成分がポイント

デオシークの特徴としては、消臭成分が挙げられています。上述のイビサソープと同じように殺菌成分や肌のケアもできる成分が含まれていることも挙げられますが、それに加えて消臭成分がよりポイントとなっているようです。もちろんこれらも植物由来の成分とされています。

 

同じく無添加ということも謳われており、全身に使っている人も少なくないようです。わきが体質の人などでは、これ1本で全身をケアしていけるということですね。

泡立ちが好評

デオシークの特徴としては、泡立ちの良さも挙げられており、口コミなどで評判が良いようです。洗うというとゴシゴシ擦るイメージが強い人が多いのではないでしょうか。しかし、シャンプーやソープなどの場合は泡が重要です。泡によってきれいになると言っても良いくらいなので、しっかりと泡立つことは重要なポイントですね。

 

これはお風呂や食器なども共通ということで、ゴシゴシよりも泡ということを覚えておくと良いでしょう。この点を知っていれば、洗いすぎということも防げるかと思います。適切にケアをしていくことで、逆効果になってしまうことを防ぎたいものですね。

まとめ

デリケートゾーンのにおい対策については、汗のにおいの対処と同じ点が多いということがまずはポイントです。蒸れないように対処したり、こまめに履き替えるなどのこと有効になります。そして、洗いすぎに注意し、ケア用品などを適切に使っていくことでにおい対策を継続していきましょう。生活習慣を整えることもプラスしていき、においに悩まされないようになりたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

おすすめランキング

-デリケートゾーン
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.