ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

太りやすいのは「デブ菌」のせいかも?デブ菌はサプリで解消しよう!

更新日:

食べても太らないという人もいますが、食べると体につきやすかったり太りやすかったりという人もいます。もしかしたらそれは「デブ菌」のせいなのかもしれません。太りやすい体になってしまう「デブ菌」の正体と、「デブ菌」を解消するためのサプリを知って、痩せやすい体に変えていきましょう。

太りやすい人は「デブ菌」が原因かも?

太りやすい体質の人は、デブ菌の影響によるものかもしれません。「デブ菌」なんていうウソのような名前ですが、腸内細菌の一種として確かに存在しているんですよ。

「デブ菌」と呼ばれる腸内細菌がある!

腸内細菌は非常に多くの種類があります。「腸内フローラ」「腸内細菌叢」と呼ばれる腸内細菌群の中には「デブ菌」と呼ばれる腸内細菌があるのです。「ファーミキューテス菌」あるいは「フィルミテクス門」と呼ばれる細菌のことを言います。

「デブ菌」はあの科学誌でも取り上げられた!

「ファーミキューテス菌」はあの世界的に有名な科学雑誌「Nature」でも取り上げられたことがあります。肥満の人は、痩せている人に比べてファーミキューテス菌が多かったという調査結果が出ているのです。

「デブ菌」は善玉菌?悪玉菌?

「デブ菌」ことファーミキューテス菌は、善玉菌なのでしょうか?それとも悪玉菌なのでしょうか?実は腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」以外にも「日和見菌」という細菌がいます。日和見菌は善玉菌でも悪玉菌でもありませんが、腸内で善玉菌が優勢になると良い働きを、悪玉菌が優勢になると悪い働きをします。腸内環境によって働きを変える菌が「日和見菌」なのです。デブ菌はこの日和見菌の一種なので、善玉菌が多くなることでデブ菌の働きを抑えることが出来ます。

デブ菌による影響は?

デブ菌によってどのような影響があるのでしょうか?

「ファーミキューテス菌」の働きとは

デブ菌ことファーミキューテス菌は非常に多くの種類があります。腸内細菌の中で非常に多くの割合を占めており、200種類近いファーミキューテス菌があると言われています。ファーミキューテス菌は脂肪を好むとされており、肥満の人に多いのもこれが原因です。ファーミキューテス菌が優勢になっていると、エネルギーの消化・吸収率が非常に良くなります。通常よりもエネルギーを吸収しやすくなるため、太りやすくなってしまうというわけです。普通に食事をしているにも関わらず、吸収できるカロリーが増えてしまうという状態になってしまうのです。特に本来であれば消化できない食物繊維などを分解できる酵素を作るというのが大きな特徴です。食物繊維(セルロース)は糖の一種なので、食物繊維を分解、吸収すると糖の吸収量が多くなってしまうのです。

糖の吸収が増えるとどうなるか

糖の吸収が増えることで肥満や糖尿病が増えます。また、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞と言った心疾患や血管系の疾患のリスクが上がり、生活習慣病になりやすくなるのです。ガンや慢性の腎疾患などの原因にもなるのです。

「痩せ菌」も存在している

実はデブ菌と同様、腸内には「痩せ菌」と呼ばれる菌もあります。どんな人の腸の中にも、デブ菌も痩せ菌も存在しているのです。デブ菌よりも痩せ菌が増えることで痩せやすくなると言われています。

「デブ菌」と「痩せ菌」には理想的なバランスがある

デブ菌によって健康のリスクが上がると言われると、デブ菌が全てなくなってしまえば良いと思うかもしれません。しかし、デブ菌がなくなれば良いというものではありません。デブ菌にもエネルギーの吸収を助ける働きがありますので、デブ菌が無くなってしまうとエネルギーの吸収が阻害されてしまいます。そのため、デブ菌と痩せ菌のバランスが非常に重要だと言われているのです。デブ菌4:痩せ菌6というのが最も理想的なバランスです。

「デブ菌」はサプリで減らせ!

デブ菌をほどよく減らし、デブ菌と痩せ菌のバランスを整えるのには、サプリメントが最も効率が良いと言われています。どのようなサプリメントを選べば良いのか見ていきましょう。

「デブ菌」はサプリで効率よく減らそう

サプリメントは腸内環境を整えるのに非常に効率が良いのです。腸内環境を整えて善玉菌を増やすことによって、同じく日和見菌である痩せ菌が活発になります。サプリメントなら気軽に飲めますし、毎日続けやすいですね。

「デブ菌」を減らすための成分とは?

デブ菌を減らすためには、まず「腸内の善玉菌を増やす」ということが大切です。善玉菌を増やすために必要な成分には以下の様なものがあります。

乳酸菌

善玉菌として働くビフィズス菌などの乳酸菌が含まれているサプリメントを選びましょう。「EC-12」と呼ばれる乳酸菌が含まれているサプリは非常に効率よく、多くの乳酸菌を摂取することが出来ます。また「乳酸菌が生きて腸まで届く」と書かれているサプリメントもおすすめです。

オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌のエサとして働くため、善玉菌を増やし、腸内環境を整えるのに役立ちます。

食物繊維

食物繊維は「腸内の掃除屋さん」として働きます。腸内に溜まっている便を排出する働きがある他、分解されると善玉菌のエサにもなるのです。

ラクトフェリン

ラクトフェリンは悪玉菌の働きを抑制します。さらに善玉菌を増やす働きもあるため、腸内環境改善に役立ちます。

ダイエットサポート成分が含まれているサプリもある

カテキンなどのポリフェノールをはじめ、ダイエットサポート成分が含まれているサプリメントもあります。サプリメントを購入する際にはどのような成分が含まれており、どのような働きをしてくれるのかもチェックするとよいでしょう。

サプリ以外で出来るダイエット方法とは?

サプリはあくまで「健康補助食品」という位置づけで、薬ではありません。サプリだけに頼るのではなく、他の方法も取り入れながらダイエットするようにしていきましょう。

食生活の見直し

まずは食生活の見直しが非常に大切です。デブ菌の影響によって、通常よりもカロリーの吸収量が増えてしまうため、間食を控えるようにしましょう。また、ファーストフードを含む外食も控えめにすると良いでしょう。高カロリーで塩分や脂肪分、糖分の多い食事を避けることが大切です。ビタミンやミネラル、タンパク質など、栄養バランスの取れた食事をすることが望ましいでしょう。できれば栄養バランスを考えて自炊するとよいですよ。食物繊維もしっかり摂るようにしましょう。

痩せやすい体を作る!

痩せやすい体を作る方法は、痩せ菌の力を借りるだけではありません。筋肉の量を増やすことで基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなるのです。ヨガやストレッチ、ウォーキング、筋トレなどを行いましょう。筋トレと聞くと「ムキムキになってしまうんじゃないか?」と心配する人もいると思います。筋トレを行うことで筋肉量が増えますが、ムキムキになることはありません。女性は筋肉が増えにくいですし、男性でもムキムキにするためにはスポーツ選手のように毎日厳しいトレーニングをする必要があります。適度に筋肉をつければ全身が引き締まってスリムに見えますし、代謝も上がって痩せやすい体になりますよ。

プールは消費カロリーが大きいのでおすすめ!

筋力だけでなく有酸素運動も出来るのはプールでのエクササイズです。泳ぐことはもちろん、水中ウォーキングを行うということでも良いでしょう。水の中は高い負荷がかかりますが、浮力が働くために怪我もしにくいのです。体重50kgの人が陸上でのウォーキングを1時間行うと150kcalほど消費できますが、水中でウォーキングを行うと240kcalほど消費できます。水中のほうが陸上の約1.5倍程度消費するカロリーが多くなるのです。クロールを行った場合には陸上でのウォーキングの3倍近い440kcalも消費できますよ。

デブ菌はサプリで減らして痩せやすい体を作ろう

一生懸命にダイエットしようとしても痩せない、あるいは食べたら体重が増えやすい、という人はデブ菌による影響があるのかもしれません。効率よく腸内環境を整えてデブ菌を減らすため、サプリメントの力を借りましょう。痩せ菌を増やして痩せやすい環境を整え、食生活を見直したり運動をしたりして、ダイエットに成功できるとよいですね!

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-ダイエット
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.