ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

仕事中でも簡単エクササイズ!デスクワークでダイエットはこうしよう

更新日:

ワークは動くこともなく、同じ姿勢でずっといるため運動不足になったり、肩や首、腰などが凝ってしまったりします。でも実は座ったままの仕事中でも出来る簡単エクササイズがあるんですよ。デスクワークだからダイエット出来ないというのは今日でおしまい!簡単デスクワークダイエットでスリムになってしまいましょう。

デスクワークだと太ってしまいやすい3つの理由

デスクワークだと太ってしまいやすいと一般的には考えられています。実際、どのような理由で太りやすくなってしまうのでしょうか?その理由を考えていきましょう。

長時間動かない

デスクワークだと基本的には自分の机の前に座りっぱなしです。そのため、トイレや食事以外ではほとんど動かずに仕事をすることができてしまいます。消費カロリーも営業などで歩き回る人と比べると雲泥の差。食事した分の摂取カロリーよりも消費カロリーの方がずっと少ないという人も多いことでしょう。

姿勢が悪くなることで血行が悪くなる

長時間座っていると姿勢が悪くなりがちです。特にパソコン作業を長時間続けていると、ついつい顔が前のめりになったり、背筋が丸まって猫背になってしまったりします。また、足を組んで座る人は骨盤の歪みなども生じてしまいます。こういった姿勢の悪さによって血行が悪くなり、冷えやすくなったりむくみやすくなったりします。冷えやむくみはダイエットの大敵ですね。また、長時間動かないことで筋力が弱まり、腸の働きも鈍くなって便秘になってしまう人もいます。便秘もダイエットの大敵ですよね。

つい間食をしたり甘い飲み物を飲んだりしがち

ずっと同じ場所、同じ姿勢で作業をしていると、気分転換に甘い飲み物を飲みたくなってしまうという人もいるでしょう。ランチの帰りや休憩中にカフェに寄って、クリームたっぷりの甘いカフェラテなんて最高ですよね。ですが、動かない分消費カロリーが少なくなるのに、高カロリーな飲み物を飲むというのは太る元です。ちなみにペットボトルの甘い飲み物なども糖分がたっぷり入っていますから、カロリーを消費しきれなくなってしまいますよ。

デスクワークでもダイエット出来る!ながらエクササイズ4選

デスクワークでも、座ったまま、仕事をしながらエクササイズができれば、程よく気分転換にもなりますし、痩せることもできそうですね。座ったままできる「ながらエクササイズ」を取り入れてみましょう。周りから見ると全くわかりませんし、簡単に取り入れることができますよ。

ちょっとした変化でスリムアップ!座り方に変化をつけよう

多くの人が「足を組んで座る」「首が前に出て背中が猫背になってしまう」という座り方をしているのではないでしょうか?座り方をちょっと正すだけで、普段使っていない筋肉を使うことが出来るんですよ。筋肉をつけることで基礎代謝が上がりますから、血行も促進されますし痩せやすい体になります。

正しい座り方

正しい姿勢で座るのもかなりのエクササイズになります。この座り方でしっかり座れるようになると、体の軸に近いインナーマッスルを鍛えられるため、日頃から姿勢が良くなりますよ。

  1. 椅子に深く腰掛ける
  2. 両足の裏は床につける
  3. 椅子の背もたれには寄りかからず、背筋を伸ばして座る
  4. 頭のてっぺんを上にひっぱられているイメージで、背筋と首を伸ばし、軽くあごを引く
  5. パソコンの画面と目線がだいたい合うように椅子の高さを調節する

ペットボトルをはさむだけ!太ももエクササイズ

正しい座り方で座れるようになったら太ももの引き締めをしてみましょう。少し浅めに腰掛け、正しい姿勢で座ったまま、ペットボトルを両方の太ももではさみ、落とさないようにキープするだけです。最初は1〜2分程度から始め、慣れてきたら長時間続けられるようにしましょう。内ももの筋肉が鍛えられるため、骨盤の歪みにも効果があります。

ふくらはぎを引き締めよう!かかと上げ下ろしエクササイズ

ふくらはぎは「第2の心臓」と言われる器官です。足に送られた血液を体の上の方に送り返すポンプの働きがあります。ふくらはぎを鍛えるだけで血行も促進されますし、ふくらはぎが引き締まったきれいな足になれますよ。やり方は簡単!浅く腰掛けて背筋を伸ばして座り、つま先立ちをするように両足のかかとを上げたり下ろしたりするだけです。ふくらはぎの筋肉の動きを意識しながら、ゆっくり上げ下ろしをすると良いでしょう。

お腹に力をこめるだけ!腹筋引き締めエクササイズ

ポッコリお腹を引き締めたい!という人もきっと多いことでしょう。座ったまま出来て腰に負担もかからない腹筋引き締めエクササイズを紹介します。やり方は「腹筋に力を入れる」というだけ。お腹をへこませるように腹筋に力を入れ、5秒キープします。これを延々と繰り返すだけで大丈夫です。好きな時に何回でも出来て、しかもあまり疲れないというメリットがあります。それでいて効果は抜群!腹式呼吸のトレーニングとして、ボイストレーニングにも使われているエクササイズなのです。周りから見てもエクササイズしているとは全くわからないというのも良いですね。

休憩中にリフレッシュ!立って行うエクササイズとストレッチ

休憩中にうまくリフレッシュ出来るような簡単エクササイズや、血行促進のためのストレッチも紹介します。

壁を使ったお手軽腕立て伏せ

休憩室のドアや壁などを使って、簡単な腕立て伏せをやってみましょう。腕立て伏せと言っても、床に手をつくタイプのトレーニングではありません。立ったまま壁にもたれかかるように腕立て伏せをします。1セット5回程度でも、休憩の度に行えばかなりの運動量になります。二の腕をしっかり引き締めてしまいましょう。

肩こり解消お手軽ストレッチで血行促進&やせ体質に

肩こりを解消して血行を良くすることも、ダイエットのサポートになります。

肩こり解消ストレッチ

  1. 右腕を右斜め下に伸ばす。わきから肩甲骨にかけての筋肉が伸びるように角度を調整する。
  2. 伸ばした腕をねじる。手のひらを表裏に回すような感じで捻る。
  3. 逆の腕も行う

痩せ体質になれて背中のこりも取れる簡単ストレッチ

肩甲骨を動かすことで肩こりを解消します。肩甲骨周辺には「褐色脂肪細胞」と呼ばれる脂肪細胞があり、脂肪の燃焼に役立つため、痩せ体質になれると期待されています。

  1. 胸を張り、肩甲骨同士をくっつけるイメージで腕を後方に回す。そのまま10秒キープ。
  2. 今度は息を吐きながら丸太を抱えるような腕の形にして、背中を伸ばす。背中を丸めて背筋と背筋の間を広げるようなイメージで。そのまま10秒キープ。
  3. これを何度か繰り返す。

オフィス以外で簡単にできるダイエット

オフィスの中だけでなく、家庭や通勤途中でも簡単にできるダイエット方法を一緒に取り入れていくと更に効果が高まります。

1駅歩いてみよう!

仕事帰りに1駅分歩いてみませんか?あまり遠くの駅までは歩くことが出来ませんが、1駅分、あるいはバス停1つ分など、毎日少しずつ歩く距離を確保するようにしましょう。20分以上歩くようにすると運動効果が高くて理想的ですよ。普段行くよりちょっと遠目のスーパーや本屋などに行く、というのも良いですね。

外食を控えて自炊を取り入れよう

外食は高カロリーで塩分や脂肪分が多いと言うものが多いです。栄養バランスが取りづらいこともあります。自炊にして、野菜を多く摂るようにすると摂取カロリーも抑えることが出来るので良いですね。栄養バランスや摂取カロリーを意識するだけで、健康的にダイエットができますよ。

デスクワークだから痩せないというのはウソ!うまくダイエットしよう

デスクワークだからなかなか痩せられない、というのは実は大きなウソ!デスクワークでもうまくエクササイズを取り入れることは出来ますよ。座ったままできる「ながらエクササイズ」や、食事などでの摂取カロリーをしっかり考えることで、うまくダイエットしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-ダイエット
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.