美容

スリーサイズの測り方と日本人平均※理想のボディを目指すトレーニング方法

更新日:

皆さんは自分のスリーサイズって知っていますか?

そもそもスリーサイズとはどんなものなのでしょう。

日本の多くの女性がダイエット経験があることと思いますが、自分の年齢や身長にあった理想のサイズを知っておくことは大切なこと。

まずは、きちんと自分のスリーサイズの正しい測り方を知ることからはじめましょう!

 

そもそもスリーサイズとは?

スリーサイズとは?

女性なら誰もがスリーサイズを気にしていることでしょう。

そもそもスリーサイズという言葉は、和製英語だって知っていましたか?

スリーサイズとは、「バスト」「ウエスト」「ヒップ」の体の3つの部分の寸法のことを指したもの。

「B●●・W●●・H●●」のように表示されていることが多いですね。

体型を表現するための指標となるスリーサイズですが、「バスト」については、それだけで胸の大きさを表すものとはなりません。

ブラジャーを選ぶときのカップの大きさは、トップとアンダーの差によって算出されますよね?

スリーサイズでは、トップバストのみを計測することになるので、数字が大きいからといって胸が大きいとはならないのです。

 

日本人の平均的なスリーサイズって?

日本人の平均値

体型を表す指標としては、スリーサイズのほかに身長と体重、そして肥満度を調べるためにはBMIなどがありますね。

現代の日本の女性は以前に比べると、手足が長く、身長も大きく増加しています。

指標はあくまでも目安となるもの。

年齢や身長によって平均値も異なります。

まずは、平均の身長と体重を年齢別に見て見ましょう。

 

<日本人女性の平均身長と体重>
(文部科学省 学校保健統計調査・運動能力調査しらべ)
20代:159cm 50.8kg
30代:159cm 51.1kg
40代:158cm 52.4kg
50代:157cm 53.1kg
60代:155cm 52.6kg

 

これはあくまでも目安。

平均以上だからといって「=太っている」というわけではありません。

次に、肥満判定の国際基準であるBMIを算出してみましょう。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)

?
この数式から導き出される数字が22の場合は、標準値であるといえます。

18.5未満なら痩せタイプ、18.5~25未満なら標準タイプ、25以上なら肥満タイプとなります。

BMIが標準なのに、「太って見える」「凹凸がない」と感じる方もいますよね。

実際には、健康な体型の目安となるBMIよりも目に見えるスタイルの方が気になるもの。

正直なところ女性にとっては、体重やBMIといった数字での目安よりもスリーサイズの方が大切ですよね。

では、いよいよ日本人の平均スリーサイズを年齢別に見てみましょう。

【最新版】身長を伸ばすサプリ人気ランキング!|成分・口コミから本当に効果あるものを厳選

このページは、身長を伸ばすサプリにご購入前の気になる点についてまとめています。 身長を伸ばすサプリは実際に身長が伸びる? ...

 

<日本人女性の平均スリーサイズ>
(資生堂しらべ)

20代:B 83.1cm W 63.1cm H 88.2cm
30代:B 83.1cm W 64.5cm H 89.1cm
40代:B 83.6cm W 66.4cm H 90.4cm
いかがですか?

平均の身長と体重を組み合わせてみると、
身長:158cm
体重:50kg
バスト:84cm
ウエスト:63cm
ヒップ:86cm
これが、一般的な平均の日本人女性の体型であるといえるようです。

 

スリーサイズを測ってみよう

スリーサイズを測る

日本人の平均値がわかったところで、次に気になるのは自分のスリーサイズ。

 

誰にも知られず、正しい数値を知りたいですよね。

そこで、ここではセルフチェックによる正しいスリーサイズの測り方をご紹介します。

準備するものは、「メジャー」と「大きな鏡」。

大きな鏡がない場合は、お風呂場や洗面所などの鏡でもOKです。

大切なのは、メジャーが斜めになったりねじれたりしないこと。

床と平行になるかを確認しながら計測してくださいね。

 

 

スリーサイズのセルフチェック

正しい測り方を確認しながら、セルフチェックしてみましょう。

バストの測り方

乳房の一番高い部分(トップバスト)の位置にメジャーをあわせ、メジャーを背中からまわします。

メジャーが床と水平になっているかを確認し、体の前で測ります。

ウエストの測り方

お腹の一番細い位置(おへそより少し上)にメジャーをあわせ、背中から回します。

メジャーが床と水平になっているかを確認し、体の前で測ります。

ヒップの測り方

お尻の一番高いところにメジャーをあわせ、背中から回します。

メジャーが床と平行になっていることを確認し、体の前で測ります。

 

理想的なスリーサイズとは?

理想のスリーサイズ

自分のスリーサイズがわかったら、次は理想的なスリーサイズを知ること。

 

身長によって理想サイズは異なります。

理想とするプロポーションは、理想のスリーサイズということ。

あくまでも美容上としての目安として、計算式をつかって自分の理想サイズを調べて見ましょう。

自分の理想のスリーサイズを知るための計算式

理想のバスト
身長×0.52

理想のウエスト
身長×0.37

理想のヒップ
身長×0.53

 

 

この計算式から算出された数値が、あなたの理想のスリーサイズの目安となります。

やみくもに「ただ痩せればいい」ではなく、均整の取れた美しいプロポーションを目指すことが大切なのです。

 

理想のスリーサイズに近づく!ウエストシェイプ法

ウエスト

体重が平均より少ないからといって安心は出来ません。

 

全身のバランスは、きゅっとくびれたウエストで印象がぐっと変わります。

理想のプロポーションを手に入れるには、くびれのあるウエストから。

 

脂肪がいちばんつきやすい部分でもあるので、日ごろからのウエストシェイプが大切です。

 

ここでは、無理なく続けられるウエストシェイプ法について見てみましょう。

腹筋

腹筋を鍛えることは、ウエストシェイプに効果のある方法のひとつといえます。

しかし、いきなりはじめる腹筋運動は、腰を痛めたり筋肉痛の原因となり、長続きしない人も多いことでしょう。

コツは、無理のない腹筋をすること。

お腹をひっこめる効果的な腹筋をご紹介します。

 

<手順>
1.ひざを立てた状態で仰向けに寝ます
2.両腕を頭の下に支えるように押さえます
3.顔は上を向いたままの状態で、起き上がるように腹筋に力を入れます
※このとき、起き上がる必要はありません。

腰に負担がかからないよう、おへその下に力を入れる感じです。

4.そのまま10秒
5.息を吐きながら力を抜いて仰向けになります。

 

いきなり全部を行う必要はありません。

腰に負担をかけないよう、少しずつ回数を増やしていきましょう。

これを5セット繰り返します。

ねじる

わき腹のぜい肉などが気になるウエスト部分は、筋肉を使うことが大切。

腹斜筋をしっかりつかってねじり運動をしましょう。

 

<手順>
1.仰向けに寝ます
2.両手は横に広げ、手のひらを上に向けてまっすぐ伸ばします。

3.両足を揃えたまま、垂直になるようにあげます。

4.ゆっくり左へ倒します(いちばんつらいと感じる位置でキープ。


5.ゆっくりと元の位置へもどります。

6.同じように右へ倒します。

7.ゆっくりと元の位置へ戻ります。

慣れないうちは、かなりキツめのエクササイズとなりますので、とめる時間や行う回数は、少しずつ増やすようにしてください。

また、腰に負担をかけることになるため、膝を曲げて行ってもOKです。

 

理想のスリーサイズに近づく!ヒップアップ法

ヒップアップ

いくら平均以内の数値だからといって安心はできません。

 

きゅっと引き締まったヒップは、足を長く見せる効果もあります。

ヒップアップに効果のあるエクササイズを見てみましょう。

お尻と太ももの筋肉を鍛える

エクササイズは、ゆっくりと行うのがコツ。

筋肉が引き締まっていることを意識しながら、少しずつ行いましょう。

<手順>
1.四つんばいになる。

2.背筋を伸ばしたまま、片方の足をゆっくりと持ち上げ、腰と同じ高さでキープ
3.ゆっくりと元の位置まで戻します。

4.もう片方の足を同じように行います。

5.ゆっくりと元の位置まで戻します。

1セット5回。

3セットを毎日行います。

 

お尻と太ももの筋肉を鍛える その2

<手順>
1.横向きにまっすぐ寝ます。

2.膝を伸ばしたまま、上のほうの足をゆっくりと上げます(45度の位置でキープ)。

3.ゆっくりと足を下ろし、下ろしきらないまま2の動作を繰り返します(5回)
4.逆の足が上になるように体勢をかえ、2と3の動作を同じように行います。

左右で1セット。

3セット毎日行います。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

日本人女性の平均スリーサイズと理想のスリーサイズをご紹介しました。

正しい測り方で、自分のスリーサイズをセルフチェックしたら、後はそれに向かって努力あるのみ!

理想的なプロポーションには、理想のスリーサイズを目指すこと。

いくら痩せても、細いだけでは意味がないのです。

また、無理なダイエットは体に負担をかけるだけでなく、リバウンドしやすいという大きなデメリットがあります。

 

野菜中心の健康的な食生活と適度な運動が、理想のプロポーションを手に入れるための一番の近道であることは間違いありません。

毎日のエクササイズを続けることで確実に体型は変わります。

 

きゅっと引き締まったウエストとヒップを手に入れて理想のスリーサイズを目指しましょう!

よく読まれてる人気記事

【妊活に効果ある?!】ミトコア300mgを実際に使った私の口コミ!

妊活に効果のあるサプリとして噂のミトコア300mg! 不妊症に悩む方に評判の高いサプリメントとして、雑誌やネットでよく取 ...

【メンズ向け】モテる男は匂わない!おすすめ人気ボディソープランキング

最近では、メンズ専用のボディソープが多く売られていますが、 「ボディソープっていっても結局はどれも一緒でしょ?」 と思う ...

ぜ~んぶ2000円以下!プチプラファンデーションランキング2018

ファンデーションは、薬局や化粧品店、ネット通販などで、いろんなプチプラファンデーションが購入できます。   2 ...

無制限ポケットwifi【最新最安値ランキングBEST5】制限なしはコレ!

このページでは、無制限で使えるポケットwifの中でコスパ・安定性のいい売れ筋のポケットwifiをランキング形式でご紹介し ...

【今からでも遅くない】小じわは消せる!乾燥肌の原因・徹底保湿対策

このページでは、気になる小じわ対策についてまとめています。小じわの原因やその原因のもととなる乾燥肌を改善する保湿対策。 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-美容
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.