皆さんは便秘に悩まされていますか?便秘は身体にとって決していいことではありません。本来毎日定期的に起こるはずの便通が滞ると身体に悪影響があるのは当たり前といえば当たり前ですよね。
 
便秘で悩まされている人は年々増加傾向にあると言う話もあるくらいで、これには近年の生活スタイルなども関係していると考えられています。特に食生活の乱れや不規則な生活、過度なストレスなどは便秘の原因になってしまうのですが、なかなかこれらの生活スタイルを明日から改善しろといっても難しい部分もあるのではないでしょうか?
 
そんな時に便秘改善の方法として役立つのがストレッチ。たかがストレッチ、されどストレッチ。ストレッチは身体をほぐすことでさまざまな効果が期待できる運動です。実は便秘対策としてもとても有効な手段でもあります。
 
いったいどんなストレッチが便秘に効果的なのか。そもそもの便秘の原因を考えながら見ていってみましょう。

便秘はなぜ起こる?


便秘とは一般的に3日程度のあいだ正常な便通が無い状態のことを指します。便通は本来毎日起こるのが正常なのですが、これが3日も滞るとなると身体にも悪い影響が出てしまいます。具体的に慢性的な便秘が続くと、便秘は腹痛やお腹の違和感、食欲の低下、吹き出物やむくみ、肌荒れ、口臭や放屁の悪臭といったさまざまな弊害ももたらします。
 
便秘を放置してしまうと日常の生活にも弊害が出てくることがありえますので、改善できるようであれば改善したいですよね。ではそもそもなぜ便秘という状態が起こってしまうのでしょうか?それを知ることで改善の糸口を探してましょう。

便秘は自律神経の乱れが原因

便秘の最大の原因は自律神経の乱れにあると言われています。
 
本来便通とは腸内に溜まっている消化物を肛門から排出する行為です。腸内に溜まっている消化物は腸を下るにしたがって水分がなくなり、固く小さく固形状になっていきます。これが直腸に達すると脳から肛門へそろそろ排出するように指示が行き便通が起こります。
 
ところで食物が消化されるとき、実は自律神経が関係していることをご存知でしょうか?自律神経は交感神経と副交感神経という神経から成っており、興奮時などは交感神経が、リラックスしている時は副交感神経が働いています。体内の消化活動は副交感神経が優位の時に活発化するようになっており、食後すぐに活動せずに食休みするように言われるのは消化を活発化するためでもあるのですが、何らかの原因で交感神経が常に優位になっている状態の人は消化がスムーズに進みません。
 
自律神経が乱れている人は腸内の活動が活発化しないために消化活動も滞ってしまう問い分けです。自律神経の乱れはこれ以外にも様々な体調不良を引き起こしやすくなります。
 
消化活動が鈍くなるということはたまった便を排出する動きにも支障が出るということです。自律神経の乱れは便秘だけでなく下痢などを引き起こすこともありますが、それ以外にも様々な要因が重なって便秘の状態を引き起こすことになるのです。

便秘の要因

便秘が時の自律神経の乱れから生じることが分かりました。しかし便秘を引き起こす要因はそれだけではありません。日常の生活習慣の中にも便秘になりやすい行動が隠されています。

食事の偏り

現代人はファストフードや外食文化の発達と忙しさが重なり栄養に偏りのある人が増えています。便秘は食物繊維が少ないと起こりやすくなると言われており、この食物繊維はファストフードや外食で補えないケースも少なくない栄養です。
 
特に女性の場合はダイエットなどに勤しむあまり栄養が偏ってしまうケースも少なくありません。食生活が乱れている自覚のある人で便秘がちな人は一度栄養バランスを考え直しることも大切でしょう。

運動不足

デスクワーク中心の方などは特に日頃運動の習慣のない方も多いと思います。便秘は腹筋の筋力低下によっても引き起こされます。これ以外にも適度な運動は身体のバイオリズムを正すうえで重要な働きをするものです。
 
このあと紹介する便秘改善のストレッチもそうですが、適度な運動は健康につながることを覚えておきましょう。

水分不足

便は腸を下るにしたがって徐々に水分が腸に吸収され固形化していきます。しかし便秘がちになって長い間腸に便が留まったりすると水分が必要以上になくなっていき小さく固くなっていきます。
 
小さくて固い便は排便を難しくするためより便秘が進むと言う悪循環に陥ってしまいます。朝起きてコップ一杯の水を飲んだり、水分服にならないようにこまめの水分補給をすることが大切です。

便秘にストレッチに効果アリ?

ストレッチは非常に手軽にできる運動です。ストレッチの仕方にもよりますが、便秘に対しては腸を刺激し活発化させ、血行を高めて身体の巡りをよくし排便を促したり、ストレスを解消させてリラックスさせることで自律神経を整え消化を活発化させられる可能性があります。
 
お腹と骨盤の筋肉を軟らかくしスムーズに動かせるようになることで内臓機能が活発化するだけでなくスタイルもよくなったように見えるので美容にも効果的です。
 
手軽に取り入れられるストレッチでも上手く行うことが出れば便秘の改善に効果を示す非常に手軽な手段と考えることが出来るでしょう。

便秘に効くストレッチとは?


便秘に効果が期待できるストレッチは主に下半身、特に腰と股関節近辺のストレッチです。
腸を刺激したり、骨盤の位置を修正することで内臓のゆがみを直して活動を活発化させることが便秘の改善にもつながります。
 
具体的には立って腰に手を当てて骨盤をまわしたりも仰向けになって両足を天井方向につき上げたり、座って上半身を捻るようなストレッチが効果を示す可能性があります。
 
また、もし身体に歪みを感じるようであれば整体師さんなどにお願いして本格的なマッサージをうけるのも一つの手段です。プロの手によって歪みを矯正してもらうことで体内環境も大きく変わる可能性があります。
 
ただしストレッチにしろ整体マッサージにしろ効果は一時的な物です。大切なことはさきほど見てきたような便秘の根本原因を解消すること、そしてストレッチを継続して身体のバランスを継続的に整えていくことです。
 
慢性的な便秘に苦しんできた方はなかなかすぐには症状を完全に改善する事難しいでしょうが、継続的に改善する努力をしていくことで少しでも早く便秘に悩まされなくなる日がくるようにしていきましょう。

ストレッチ以外の便秘解消法とは?


ストレッチだけではなかなか改善されない便秘ですが、根本的に便秘を改善するには自分の便秘がどのような原因から起こっているのかを考えてみることも大切です。
 
たとえば日常的に食生活に偏りがあるようであれば、食物繊維をしっかりととる食事を継続していくことで便秘が改善に向かうかもしれません。
 
便秘は冷え性の人がなりやすいとされていますので、冷え性の自覚がある方であれば寝る時に腹巻をするだけでも効果があるかもしれません。
 
もちろん複数の原因が重なっていることも考えられます。また、便秘の大きな要因とされている自律神経を整えるための対策も必要です。
なかなか一朝一夕に便秘を改善する術は見当たりませんが、今回ご紹介したような手軽に取り入れられるストレッチを行って症状を改善しながら、根本的な原因を取り除けるように日々の生活を見直し、便秘を改善していきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。