ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

睡眠

ストレスで眠れない!と悩んでいる人に、誰でもできる3つの対処法をご紹介

更新日:

寝たいのに眠れない、ということは多くの人が経験したことがあると思います。不眠症には多くの原因が考えられるのですが、ストレスが原因で寝つきが悪くなってしまっている人が非常に多いです。

 

ストレス社会とも呼ばれているこの社会で、どうすればストレスに悩まされずに眠ることができるのか、誰でもできる3つの対処法をご紹介したいと思います。

ストレスで寝られなくなってしまう理由とは

そもそも、どうしてストレスが溜まっていると寝られなくなってしまうのでしょうか。

 

寝るときは、脳を落ち着かせる必要があります。興奮していると寝られないのは想像しやすいと思います。運動をしたり、アクション映画をみたりすることによって興奮していなくても、ストレスが溜まっていると脳は興奮状態になってしまうのです。

 

リラックスと緊張は神経の働きによって調節されています。リラックスさせる神経である副交感神経、緊張させる神経である交感神経はそれぞれのシチュエーションでどちらかが活発になるのです。

 

しかし、ストレスが溜まってしまっていると、この交感神経が活発になってしまうため、リラックスさせ睡眠を促す副交感神経が働けなくなってしまうのです。

寝られたとしても問題がある

ストレスがたまっていても、疲労が酷ければ当然寝ることはできます。寝つきは悪くなりますが、全く寝られなくなってしまうわけではありません。

 

しかし、ストレスが溜まっている状態で寝付くことができたとしても、深い睡眠につくことはできません。ノンレム睡眠、レム睡眠と呼ばれる睡眠を繰り返すことで人は体を休めることができるのですが、ストレスはこの二つの睡眠の規則正しい周期を壊してしまうのです。

ストレスで寝られない時は病気?

悩み事が多く、全然寝付けないというときは、睡眠不足のせいで体調も悪くなってきてしまいます。不眠からくる体調不良でしたら、睡眠を改善することに努めていれば改善することができます。

 

しかし、ストレス障害で不眠になってしまっている場合は、きちんとした治療が必要となってしまう場合があります。

PTSD

自己や災害などを原因としてトラウマが残ってしまい、寝付くことができない、寝付けたとしてもすぐに起きてしまう、という人がいます。この場合は、専門医による治療を受けなければ改善することは難しいです。

ストレスが酷い場合は病院へ

ストレスを放っておくと、鬱などの精神疾患に繋がってしまう恐れがあります。不眠が治らないようであれば、病院に行ってきちんと治療を受けるようにしましょう。

 

睡眠障害を軽く考えてしまう人もいますが、寝られない、というのはとても大変なことだと肝に銘じておきましょう。睡眠は人生の3分の1を占めている、というのは有名な話です。睡眠の質が人生を大きく左右してしまいます。

ストレスで寝られないときに実践してほしい3つの対処法

ストレスの解消、と聞くと非常に難しく感じてしまうと思います。そこで、今から挙げる3つの対策を1つずつ、無理のない範囲で行ってみてください。

 

どれも簡単にできることばかりですが、何もせずにストレスに悩んでいるよりはよっぽど効果的ですし、きちんと続ければしっかりと効果を感じられるはずです。また、3つが実践できるようになったら次に実践していただきたいことも紹介しておくので、余力があれば実践してみてください。

日記やメモを書く

頭の中に悩みごとをためておくのは非常に苦痛だと思います。そこで、悩みはすべて紙に書きだすようにしましょう。

 

日記のように文章で書いても構いませんし、メモのように箇条書きで羅列しても構いません。そうすることで、悩み事が整理されますし、ストレスを抱え込みにくくなります。書き挙げることで、意外と悩みが少ないことに気づく人がいるかもしれません。

 

同じように、悩み事を人に話すのも良いのですが、愚痴になってしまうので、相手の気分を害してしまうかもしれません。日記やメモであれば相手の気持ちを考える必要がないので、気楽に実践できるはずです。

寝られなくても横になっておく

寝られないことによって焦ってしまう人が多くいます。中には、この時間が無駄だ、と思ってしまい、仕事や勉強に取り掛かってしまう人もいるかもしれません。

 

寝ていなくても、横になっているだけで疲労は結構とれるものです。そう割り切って横になっておくようにしましょう。寝られないまま時間が経つのは焦るかもしれませんが、できるだけ落ち着いて、体を休めましょう。

 

毎日同じ時間にベッドに入るようにすることも大切です。同じ時間に横になるようにしていると体が、この時間は睡眠の時間だ、と覚えるようになります。

運動をする

運動をすることは非常に大切です。ストレスで精神ばかりが疲れて、体の疲労が追い付かないと眠ることはできません。

 

運動をする、といっても疲れ果てて動けなくなるまで運動をしなければならないというわけではありません。運動をしすぎるのも体にとっては大きな負担になるので、日ごろ運動をしない人ほど運動のし過ぎに気を付ける必要があります。運動の強度は軽く息が弾む程度でかまいません。体力がついてきたら徐々に負荷を強めるようにしましょう。

どれか1つだけでも行いましょう

3つすべてを行えなかったからと自分を責めてしまうと余計にストレスになってしまいます。時間がなくてどれかが行えない、ということは十分にあり得るので、ストイックになりすぎないようにしましょう。

睡眠の改善も

これらはストレスを軽減しながら、睡眠の質を上げる方法です。ストレスが溜まっているときは、どうしても睡眠の質が悪くなってしまうので、ストレス解消と同時に睡眠の質を上げることも大切なのです。

 

これら3つを実践して、余力があるようでしたら、睡眠の質を向上させるようにしましょう。睡眠の質を改善する、と聞くと難しく感じるかもしれませんが、これに関しても簡単にできることがあります。

 

例えば、寝る直前の1時間はスマートフォンやパソコンなどの液晶画面を見ないようにしたり、お風呂にしっかり使って体を温めたりするだけで寝つきを改善したり、深い睡眠を促したりすることができます。

食事内容について

食事内容も睡眠やストレスと深い関係にあるので、気を遣えるようであれば、気を遣うようにしましょう。気分を落ち着けるカルシウムやマグネシウムは特に摂取するように心がけましょう。カルシウムやマグネシウムは乳製品、大豆製品などを食べるようにすると摂取することができます。

 

他にも肉類などに多く含まれるたんぱく質や、ベリー類やナッツ類に多く含まれる活性酸素を除去して健康的な体にしてくれる抗酸化成分なども併せて食べるようにするとよいでしょう。

ストレスで寝られないときは薬を使うべき?

ストレスを解消するのは大切でも、とりあえず薬で睡眠不足だけでも解消するべきなのでは、と思う人もいらっしゃると思います。睡眠薬と聞くと副作用など怖いイメージを持ってしまう人も少なくないと思いますが、実際にはどうなのでしょうか。

睡眠薬の安全性

睡眠薬は、非常に安全性が高く、睡眠不足に悩む人は積極的に利用してもよいものです。その際は、必ず病院に行き、自分に合ったものをもらって服用するように心がけてください。

 

睡眠障害には、寝つきが悪くなってしまうものや寝付くことはできるが何度も目覚めてしまうものなどいくつかのタイプがあるので、他人がもらってきた薬は飲んではいけません。

 

ただし他の薬と同じく、めまいやふらつき、集中力の低下などの体調不良が副作用で考えられます。このような不調が出てしまった際には病院に行き、相談するようにしましょう。

睡眠薬に関する誤解

睡眠薬は量を増やしていかなければ効果がなくなってしまう、睡眠薬を一度服用すると、睡眠薬なしでは眠れなくなってしまう、などの誤解をしている人がいますが、睡眠薬を適切に使えば、このような心配はありません。

 

睡眠薬は量を増やさなくてもしっかり効果はありますし、睡眠障害の原因が解消されれば、睡眠薬をやめても寝ることはできます。ただし、睡眠薬をやめる際は医師の指示に従って、適切な方法でやめなければならないので、自分の判断で急に睡眠薬をやめるのは厳禁です。

ストレスで寝られない時におすすめ、グッドナイト27000について

睡眠薬は安全性が高いとはいえ、副作用は十分考えられますし、睡眠薬を服用するのは避けたい、という人は多いと思います。そんな人には、サプリメントの利用がお勧めです。

 

サプリメントであれば、食事に足りない栄養素を補うようなものなので、副作用の心配もありませんので、気軽に利用できると思います。また、睡眠改善のサプリメントの中にはストレスにも効果があるものもあるので、睡眠の改善とストレスの改善を同時に行うことができます。

 

ストレスで寝られなくなっている人におすすめなのが、グッドナイト27000です。

グッドナイト27000とは

グッドナイト27000には、睡眠の質を改善する成分と、ストレスを軽減し、精神を落ち着かせる成分が配合されています。

 

リラックス成分として、お茶に多く含まれるL-テアニン、カカオやキムチ、発芽玄米などに多く含まれるGABA、ハーブのラフマやカモミールが配合されており、睡眠の改善には、グリシンやトリプトファンが配合されています。

特許成分ラクティウム

グッドナイト27000にはストレス軽減や睡眠改善に効果のある、ラクティウムと呼ばれる成分が配合されています。このラクティウムは、母乳に含まれるペプチドに似た働きをしてくれる成分です。

 

母乳に含まれるペプチドは赤ちゃんに安眠を促す効果があり、赤ちゃんが母乳を飲んだ後にぐっすり眠るのはこの成分の働きがあってのものだともいわれています。このラクティウムは大人になると不足してしまいがちなので、グッドナイト27000で補うのがお勧めです。

まとめ

ストレスで寝られない、という人はストレスを解消することが最も重要です。ここで挙げた3つの方法を実践していただくことがお勧めですが、それ以外にも、自分の好きなことをしたり、何もしない時間を設けたり、自分にあったストレス解消法を見つけて実践していくのも有効です。

 

ストレスの感じ方、ストレスへの耐性には個人差があり、それは他人と比べるものではありません。ストレスに弱いことを恥じる必要はありませんし、ストレスは気合でなんとかなる、というような見当違いな考えは捨てて、しっかり自分のストレスと向き合うことが大切です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-睡眠
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.