ライフスタイル

ゴルフのドライバー飛距離アップの方法|フォーム・ミート率・筋トレ

更新日:

このページでは、ゴルフの飛距離アップができる方法の中で簡単にすぐ始められる3つの方法を厳選してご紹介いたします。

 

ゴルスの飛距離を上げるには様々な要因がありますので、アマチュアが簡単に飛距離を伸ばすことは出来ないと考えている方も少なくないでしょう。しかし、コツを掴んでしまえばゴルフの飛距離を飛躍的にアップさせる方法は難しいことではありません。その方法をじっくりご説明します。

 

ゴルフの飛距離アップができる方法

ゴルフをする人なら誰しもが悩むこと、それは『ドライバーの飛距離アップ』ではないでしょうか。フルパワーで放つことの出来るドライバーの飛距離をアップさせることはそのままゲームの短縮に繋がりますから絶対に身に着けておきたいですよね。

 

ゴルフを趣味にしている人の大半は自分のドライバーに満足出来ていないようです。

自己流、または身内で教え合うことが中心になることが大半のアマチュアゴルフ界隈では正しいドライバーを放つことが出来る人は少ないため、当然周りのレベルもそれなりのものにしかなりません。

 

そうすると、ついつい現状に甘んじてドライバーの飛距離を改善しようとしなくなってしまいます。

確かにドライバーの飛距離アップは難しいです。プロの方でも最初のドライバーをミスしてしまう方はいますし、実際ドライバーの飛距離をアップするためには複数の要因が必要になってきます。

 

しかし、やりようによってはアマチュアの方でもドライバーの飛距離を大幅にアップさせることは可能です。プロと同等とまでは行かないかもしれませんが、ドライバーの基本的なコツをしっかり押さえれば、趣味のゴルフでは充分なレベルの飛距離を叩き出すことが出来るのです。

ゴルフの飛距離をアップする方法①フォームより体重移動が肝心

飛距離をアップさせる上で最も大事なのはフォームだ、と考えている方は多いのではないでしょうか。確かにドライバーの飛距離アップを考える上でフォームはとても大事です。しかし、正しいフォームを意識するあまりそれ以外のことがおざなりになっていませんか?

 

身体全体のパワーをボールに伝達するためにフォームは非常に大切ですが、同様に体重移動も同じ理由で肝心です。体重移動の妙味を身体に覚えさせることが出来れば、ドライバー以外のショットでも飛距離を自由自在に操ることが可能になります。ここでは次のゴルフから簡単に出来る体重移動のコツを伝授します。

ショットを放つときは下半身の重心が右足から左足へ流すようにする

なんだ、基本的なことじゃないかと思う気持ちも分かります。しかし、この基本的な体重移動が出来ていない方はとても多く、腕の力だけでショットを打ってしまう所謂「手打ち」になっている方がほとんどです。

 

右足から左足への体重移動を行うコツはバックスイングのタイミングで右足に乗っている体重を左足に移動させることです。

 

簡単に出来る方法としては体重移動の際、右足のヒザを左足側に寄せながら曲げるというものがあります。このとき、腰も同様に右から左へと持っていくことが出来れば、かなり体重移動を使いこなせるようになるでしょう。

体重移動で得た力を余すことなく出し切る

どれだけスムーズに右足から左足への体重移動が出来ていても、体重移動によって得たパワーを最大限ボールに伝達することが出来なければ、やはり飛距離アップは望めません。

 

ドライバーを放った後の理想的なフォームは左足だけで立ち、右足はつま先が地面についている程度に留めるというもの。この状態で身体がグラつくことなくしばらくじっとしていられるくらいになれば、体重移動は完璧です。

 

 

ゴルフの飛距離をアップする方法②ミート率を上げる

体重移動によるパワーを最大限発揮することが出来るようになった時点で、それまでとは飛距離がまったく異なっていると思います。しかし、それだけではまだ不十分。体重移動をマスターしたら、次はミート率に拘ってみましょう。

 

ミート率とはどれだけボールに適切な力が伝わっているかを示す値のこと。ドライバーの飛距離を伸ばす上で非常に大切な要素で、ミート率次第では飛距離が5ヤードから10ヤード以上変わってしまいと言われています。

ミート率を高めるためには女性ゴルファーを参考にすると良いでしょう。飛距離を大きく左右すると言われるヘッドスピードですが、実は女性の場合プロゴルファーでもヘッドスピードは45m/s程度。それにも関わらず250ヤード以上の飛距離を出せる理由は高いミート率にあるのです。

 

しかし、ミート率を上げるには日々の鍛錬が必要になります。というのも、ボールを芯で捉える感覚というのはなかなか習得が難しく、すぐには身に付かないのです。

 

簡単に出来るようにはなりませんが、効率的にミート率を高める方法は存在します。それは「スイングを小さくしてたくさん打つ」というもの。

遠心力をフルに使ったスイングは飛距離をアップさせるために大切ですが、ミート率を下げてしまうのであれば考え物です。大振りのスイングで豪快にショットを決めるのは確かに気持ちいいです。しかし、飛距離が伸びなければ意味がありませんよね。

 

スイングを小さくしてたくさん打つトレーニングをするときは、打ちっぱなしで比較的長い距離を飛ばせるクラブを使い、飛距離を100ヤード前後にコントロールするようにしましょう。ミートしたかどうかはおそらく体感ではっきりと感じることが出来るはずです。

 

やってすぐに効果バツグンというトレーニングではありませんが、飛距離アップを目指すのであれば非常に効果的なトレーニングです。体重移動がバッチリ出来るようになったらチャレンジしてみてくださいね。

ゴルフの飛距離をアップする方法③ゴルフも筋トレが必要!プロもやってる筋トレ方法

一昔前まではゴルファーに筋肉は必要ないと言われていました。しかし現在その前提は覆されています。タイガー・ウッズの大活躍以降プロゴルフの世界はそれまで考え方を一転。ゴルフにも筋肉は必要だという考え方が主流になったのです。

 

流石に趣味のために筋トレまでするのは…という方も多いと思うので、ここでは日常生活にもゴルフにも役立つ体幹トレーニングについてご紹介することにします。この方法は元祖筋トレゴルファーであるタイガー・ウッズも実践していた方法で、ゴルフをする上で非常に効果のあるトレーニングです。

ちなみにゴルフで使う筋肉をつけるために、練習時は重たいクラブを使うというのは悪手。コーチなどが教えてくれる場合を除いて重たいクラブを使うトレーニングは身体を痛める結果に繋がるため控えるようにしましょう。

 

体幹を鍛える上で最初に取り掛かる場所は腹筋がオススメです。手軽に効果のある腹筋方法は寝そべった状態で頭とヒザを上げ、ヒザを頭に近づけるというもの。

この方法は音楽を聴きながら、スマホを使いながらでも出来るため手軽に腹筋を鍛えることが可能です。なかなかがっつり筋トレをするのは難しいかもしれませんが、この方法なら無理なく続けられるでしょう。

 

体幹を鍛えるとドライバーの飛距離アップはもちろんのこと日常生活でも腰痛や肩こりが治るというメリットがあります。また、しっかりトレーニングすればダイエットにも繋がるのです。

 

 

まとめ

今回ご紹介したトレーニング方法はどれもドライバーの飛距離をアップさせる上で効果的なものばかりです。体重移動やミート率を高めるトレーニングはやればやるだけ飛距離をアップさせることができるでしょう。

 

ドライバーの飛距離に悩んでいるという方、飛距離を伸ばすにはどこから改善すれば良いのか分からないという方はご紹介したトレーニング方法を是非試してみて下さい。気持ちの良いドライバーが打てるようになると、もっとゴルフが楽しくなりますよ。

 

スコア急上昇!レッスンが高評価の「ゴルフテック」とは?
時代を変えてさまざまな方から愛されるスポーツといえば、やっぱりゴルフですよね。19世紀に生まれたゴルフは日本でも一大ヒットを巻き起こし、現代では若い女性も熱中するまでの規模になりました。 そんなゴルフを今からはじめる方にも、もっと上達したい方に...
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.