美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

筋トレ

コンプレッションウェアの効果徹底比較!※おすすめブランドランキングBEST4

更新日:

コンプレッションウェアの効果や加圧シャツとの違い、おすすめブランドのランキングなどをまとめたページです。

これからコンプレッションウェアの購入を考えている方の参考になればうれしいです。

このページでは

コンプレッションウェアってどんな効果があるの?

加圧シャツとの違いって何?

コンプレッションウェアのブランドランキングは?

などを徹底解説します。

コンプレッションウェアで身体をサポート

コンプレッションウェアで身体をサポート

コンプレッションウェアの効果としてまず取り上げられるのは、機能面での身体のサポートです。

ピタッと密着して筋肉や関節など身体を動かしやすくするものであり、テーピング効果を謳っているコンプレッションウェアもあります。

身体を動かす際の負担軽減により、スポーツ障害などの予防にもつながります。

 

また、予防という面だけでなくパフォーマンスの向上も期待できます。

筋肉や関節の動きをサポートすることは、スムーズに身体が動くようになるということです。

心理的な効果もあり、試合など大事なときに必ず使っているという人も多いのがコンプレッションウェアです。

 

コンプレッションウェアと加圧シャツの違い

コンプレッションウェアと加圧シャツの違い
コンプレッションウェアも加圧シャツも体にピタッとしたデザインで主に運動時に着用するものです。

この2つを同じアイテムとして理解している人も多いと思います。

実際、外観も似ていて通販ショップでは同じカテゴリのお店などもあり、ややわかりづらいところがあります。

 

しかしコンプレッションウェアと加圧シャツは全くの別物。

ここでは、このコンプレッションウェアと加圧シャツの違いをご紹介します。

 

着用目的の違い

着用目的の違い
コンプレッションウェアと加圧シャツの決定的な違いは着用目的の違いです。

 

コンプレッションウェアの着用目的

コンプレッションウェアのには動きをサポートして、スポーツによる筋肉疲労を軽減させる目的があります。

最近では休息時のコンプレッションウェアもありますが、それは筋肉を休めるためで、基本的にはサポート目的に着用します。

 

加圧シャツの着用目的

体を効率的に鍛えるための目的になります。

加圧シャツには姿勢を矯正したり、服を着た時のシルエットを綺麗にするなどの見た目をよくする目的も。

 

また、着圧で食欲を抑えるなど、サポートよりも矯正的な目的が強くなります。

 

このことからわかるようにコンプレッションウェアはスポーツ選手など体を動かす人が着用。

加圧シャツは筋トレで体を鍛える人やダイエットをしたい人などが着用します。

 

着用効果の違い

着用効果の違い
コンプレッションウェアは既に体を鍛えてスポーツをしている方向けで、適度な着圧で血流を安定。

使わない筋肉を振動させないなどの機能性に優れており、よりパフォーマンスを上げる効果があります。
 

怪我の防止や筋肉疲労の緩和や回復などの効果もあります。

 

一方、加圧シャツは筋トレの初心者などトレーニングでなかなか効果の出ない人の姿勢や体幹をサポート。

強烈な加圧をしてトレーニング効果を高めます。

 

姿勢の矯正をしつつ体幹を鍛え、脂肪燃焼や代謝向上の作用があり、理想のスタイルに近づけます。

 

疲労軽減だけでなく回復にも効果的

コンプレッションウェアの効果としては、上述した負担の軽減に関連して疲労軽減や回復促進というポイントも挙げられます。

血液は全身を巡っていますが、下肢の血液や体液は心臓に戻るまでに重力の影響を大きく受けます。

その還流を維持する役割として重要なものが、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能です。

 

筋肉の収縮によって血流が促進されるということであり、その効果をコンプレッションウェアがサポートしてくれます。

循環は回復に欠かせないので、コンプレッションウェアが循環を促すようサポートすることで身体の回復が早くなります。

実際に回復が早くなるという体感は多くの人が感じており、口コミなどでもよくみられます。

季節に合わせた機能

コンプレッションウェアの機能には、速乾や保温といったものもあります。

夏用のものでは、汗を吸収したりすぐに乾く素材が使われています。

ドライ素材は洗濯をしてもすぐに乾くので、重宝しているという声もよく聞きます。

また、冬用のものでは保温機能に優れているものも多いです。

 

ユニクロのヒートテックが保温機能ではよく知られていますが、コンプレッションウェアも冬用のものは温かさを感じることができます。

薄くてピタッとしているというイメージから寒そうに感じますが、インナーとして保温に効くということです。

姿勢矯正効果も期待できる?

コンプレッションウェアを着用することで、姿勢矯正の効果を得られた人もいます。

やはり筋肉や関節の動きをサポートしてくれるということで、良い姿勢を保持するための筋肉の収縮やポジションが得やすくなります。

ただし、着用すれば姿勢が良くなるというものではないのでその点は注意が必要です。

 

あくまでも良い姿勢がとりやすく、また維持しやすくなるサポートということです。

特に運動時には猫背などの不良姿勢で行うと身体に負担も大きいので注意が必要となります。

一生懸命にトレーニングしても、姿勢を悪くする方向に鍛えてしまうということにもつながりかねません。

コンプレッションウェアでサポートを受けて、意識しやすくすることで継続していけます。

 

コンプレッションウェア比較ランキングBEST4

コンプレッションウェアを徹底比較し、今売れてる商品をランキングでご紹介します。

どのコンプレッションウェアを購入しようか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

 

【第1位】アンダーアーマー

アンダーアーマー
着用したことがない人でもコンプレッションウェアについているアンダーアーマーのロゴは見たことがある人が多く、コンプレッションウェア=アンダーアーマーという認識の人も少なくないです。

 

ユニフォームなどの下(アンダー)に鎧(アーマー)のように着用するというイメージでブランド名がつけられました。

ストレッチ性にとても優れており、窮屈な感じが苦手という人でもあまり苦にならないのが特徴です。

一般的にコールドギアは夏用、ヒートギアは冬用のイメージですが、アンダーアーマーの場合は逆になるので覚えておく必要があります。

 

【第2位】CW-X

CW-X
コンプレッションウェアで思い浮かびやすいものとしては、アンダーアーマーに次いでCW-Xも挙げられます。

テーピングのようなラインの入った下肢のタイツがよく知られており、イチロー選手が着用して広告塔となっていることからも有名です。

下着でよく知られるワコールから出されています。

 

テーピングのようなラインと表現したように、タイツに編み込まれたテーピングというイメージで関節の制動やサポートといった原理を応用しています。

もともと下着の開発をしていることもあり、着心地なども評価が高くなっています。

コンプレッションウェアとしては多くの人が使っており、特にランナーで好んで着用している人が多い傾向がみられます。

 

【第3位】SKINS

SKINS
コンプレッションウェアの比較で次に挙げるのは、SKINSです。

SKINSもコンプレッションウェアを使っている人の中ではよく知られており、高級ブランドでもあります。

それだけ高機能ということで、一番の特徴とも言えるのが段階的着圧です。

SKINS独自の技術であり、動作によって着圧にムラができることを防ぎ、最適な圧になるように設計されています。

 

着るサプリメントがコンセプトにもなっており、24時間着ていることができる設計です。

デザイン性も評価が高いので、SKINSを好んで着用している人も多くいます。

高級ブランドと述べましたが、値段に見合う機能があるということで人気が高いとされています。

 

【第4位】C3fit

C3fit
コンプレッションウェアの比較で4つ目に挙げるのは、C3fitです。

C3fitはゴールドウィンから出されているコンプレッションウェアであり、厚生労働省の基準をクリアした一般医療機器となっています。

3つのCが名前の由来であり、コンプレッション(Compression)、コンディショニング(Conditioning)、コンフォート(Comfort)が身体にフィット(fit)するように作られているというのがその理念です。

 

C3fitも段階的着圧を謳っており、こちらはふくらはぎのポンプ機能をしっかりとサポートできるように圧が設計されています。

効果のところでも述べたように、コンプレッションウェアによって還流を促すということです。

ゴールドウィンと言ってもあまりイメージが沸かないかもしれませんが、ノースフェイスやヘリーハンセンなどを扱っているという方が一般的かもしれません。


 

まとめ

コンプレッションウェア比較まとめ

 

コンプレッションウェアについて効果やそれぞれのブランドの主な特徴を比較のために挙げてきましたが、ここに挙げた以外にもナイキやアディダスなど様々なブランドのコンプレッションウェアがあります。

機能を重視して選ぶ場合やデザインで選ぶ場合、好きなブランドで選ぶ場合など人によって違うかと思いますが、効果をしっかりと引き出せるように適切に使っていきましょう。

着圧の効果をしっかりと得て、コンディショニングや健康の増進、さらにはパフォーマンスの向上につなげていきたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-筋トレ
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.