ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

【髪の毛のケア間違ってませんか?】髪のダメージを修復するならコラーゲン洗浄成分

更新日:

皆さんは髪の毛のケア、うまくいっていますか?毎日ちゃんと気を遣ってお手入れしているつもりでも、なかなか綺麗にまとまらない髪の毛に嫌気がさすこともあるかもしれません。それ、実はシャンプーなどのケア用品をちゃんと考えて買っていないからかも・・・。

 

市場にはたくさんのヘアケア用品が売られているため、どうしても目につきがちな商品やお気に入りのタレントさんが宣伝している商品を選んでしまいがちですが、人によって髪の毛の状態は異なりますから、使うべき商品は違って当然。

 

では具体的に何を基準に選べばいいのか?それは配合されている成分。それを判断するためにはまず成分自体に詳しくなる必要があります。今回はシャンプーなどによく使われているコラーゲン洗浄成分について学んでいきたいと思います。

コラーゲンの洗浄成分?

コラーゲンというと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?やはりお肌に良い、肌をつやつやにする成分というイメージが強いでしょうか?

 

コラーゲンとはそもそもタンパク質の一種です。私たちヒトの身体の皮膚や骨もコラーゲンによって支えられていると言っても過言ではありません。

 

そんなコラーゲンは同じくタンパク質から出来ている髪の毛との相性も良く、コラーゲン由来の成分がシャンプー剤などに配合される事があるのです。

コラーゲン由来の成分が髪の毛を補修

みなさんは自身の自己補修機能を意識したことがあるでしょうか?あなたが転んで皮膚を傷つけた時のことを想像してみてください。傷によってはまず血が出ますが、しばらくたつと血が止まのます。そのうちかさぶたが出来て、しだいに元通りの皮膚状態へと戻っていきますよね。これが自己修復です。

 

一方で肌の延長とも言われている髪の毛にはこの自己修復の機能が備わっていません。つまり一度痛んだ髪の毛は基本的にはそのままの状態になってしまうということです。

 

もし傷んだ髪の毛を綺麗にしたいのであれば、髪の毛を補修できる成分を配合したヘアケア用品を使用するしかありません。シャンプーやトリートメントを使用する理由はここにあり、これらのヘアケア用品に含まれた成分が髪の毛に浸透することで傷んだ髪の毛を修復することが可能になるのです。

そこで活躍するコラーゲン洗浄成分

そんな時に注目したいひとつの成分がコラーゲン洗浄成分です。コラーゲン洗浄成分はその名の通りコラーゲン由来の成分を洗浄成分に加工したものです。

 

もともとタンパク質同士である髪の毛とコラーゲンは馴染みも良いため髪の毛を綺麗にしてくれる代表的な成分です。シャンプーの成分表示を見るとコラーゲン系の洗浄成分が配合されているのか、どれくらい配合されているのかを確認する事が出来ます。

 

商品によってはコラーゲン洗浄成分を使用していることを大々的にうたっているものもあります。それほどコラーゲン洗浄成分は髪の毛にとって注目したい成分なのです。

タンパク質系の中でも保湿力の高いコラーゲン洗浄成分

洗浄成分も加工元の素材や配合の仕方でさまざまな種類があり、コラーゲン洗浄成分も色々な組み合わせによって商品にあわせて加工されています。

 

コラーゲンは洗浄成分の中でもタンパク質由来の成分であるPPT(ポリペプチド)の一種としてヘアケアに重要な役割を持った成分として認識されています。

 

PPTにはコラーゲンの他にもシルクやケラチンといったものがヘアケアによく使用される成分として挙げられますが、中でもコラーゲンは保湿効果に優れた効果を持っています。というのもコラーゲンはヒドロキシプロリンやセリンといった水と相性の良いアミノ酸を含んでいるため、水分を髪の毛にとどめておくことが出来るというワケなのです。

それ以外のPPT

ではコラーゲン以外のPPTはそれぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。コラーゲンPPTは非常に優れた成分ですが、決して他の洗浄成分の中で最も優れているというワケではありません。その人の髪の毛の状態に応じて洗浄成分も使い分けることで、常に状態の良い髪の毛をキープできるはず。

 

そのためには他の洗浄成分についても少し見ておきましょう。

ケラチンPPT

ケラチンPPTは羊毛などから加工されるPPTで、髪の毛にハリやコシを与えることで健康な髪の毛を作り出します。パーマをあてたあとやカラーのあとなどの傷んだ髪の毛に効果的なPPTです。

シルクPPT

絹糸から取り出されるPPTで、髪の毛をシルクのような肌触りの髪の毛にしてくれる成分です。保湿効果は他の二つのPPTにくらべて劣りますが、キューティクルを生み出すことが出来るため、ツヤのあるキレイな髪の毛を作りたい時や美容院などで傷んだ髪の毛を補修する際に使用されます。

コラーゲン洗浄成分?加水分解コラーゲンとは?

コラーゲンはシャンプーに配合される成分の中でも特に保湿効果を持たせるのに優れた効果を発揮する成分です。もしあなたが髪の毛の乾燥を気にしているのであればコラーゲン成分を配合したシャンプーなどがオススメということになります。

 

コラーゲンを配合したシャンプーには色々な種類がありますが、中には加水分解コラーゲンという成分が配合されているシャンプーが存在します。加水分解と聞くとなんとなく余計な加工がされているようにも感じますが、加水分解コラーゲンはもともと高分子のコラーゲンを髪の毛へより浸透しやすくするために低分子化したコラーゲンです。

 

もとの性質はコラーゲンと変わらないのですが、髪の毛への浸透力が違うため髪の毛の保湿を期待できます。

ココイル加水分解コラーゲンK

加水分解コラーゲンにもさまざまな種類があり、それぞれにより細かい特徴が存在しています。代表的なものでシャンプーなどの成分表示でよく目にするものではココイル加水分解コラーゲンKがあります。

 

ココイル加水分解コラーゲンKはヤシの実の脂肪酸と加水分解したコラーゲンによって作れらるコラーゲン洗浄成分の一種です。本来コラーゲンには洗浄成分としての役割がありませんが、ここに界面活性剤としてのヤシの実の脂肪酸を加えることでココイル加水分解コラーゲンKは洗浄成分として機能するようになります。

非常に高品質なコラーゲン洗浄成分

ココイル加水分解コラーゲンK以外にもコラーゲンの洗浄成分はたくさん存在しますが、概してコラーゲン由来の洗浄成分は高いパフォーマンスを発揮するものが多いと言われています。実際に美容院などのヘアケア商品にもコラーゲン洗浄成分を含んだ商品は多く見られます。

 

その一方で配合された商品は高価になりがちな傾向もあるため、日常使用するには難しいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

洗浄成分は決してコラーゲン由来のものだけではありません。他にも高品質な物もたくさん存在します。大切なのは自分の髪の毛にあった成分を選ぶこと。そのためにはコラーゲン洗浄成分の良さを理解しつつも、他の洗浄成分についても見識を深めていくことが大切になるでしょう。

コラーゲン洗浄成分、そして他の洗浄成分についても調べてみよう

ここではコラーゲン洗浄成分とはどんなものなのかざっくり見てきました。コラーゲン洗浄成分とは端的に言えばコラーゲンと界面活性剤をあわせて洗浄成分として働くように加工されたものだと言うことが出来ます。

 

洗浄成分はシャンプーの品質を決める重要なポイントです。ぜひ他の洗浄成分についても見識を広げ、自分に合ったシャンプー選びをしてみてください!

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.