美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

ニキビ

コメドの正しい除去方法と知っておきたいコメドの原因・予防方法

更新日:

このページでは、ニキビの元と言われているコメドについてわかりやすく解説したページです。

ニキビに悩む人の参考にしていただけるように

コメドってはなに?

コメドは角栓と違うの?

コメドの原因

コメドの正しい除去方法

コメドに関する疑問

などコメドに関する気になる情報をすべてまとめてご紹介いたします。なにかのお役に立てればうれしいです。

 

さっくり読める目次

コメドってどんな症状?角栓とは違う?

コメドは毛穴づまりの症状のひとつで、毛穴の出口付近で皮脂が固まって、白ニキビになる初期状態をさします。

 

ちなみに、同じ皮脂が詰まってる場合でも毛穴が炎症している状態はコメドとは呼びません。

コメドは初期段階で対策したほうがいい!

コメドの状態で対策をしなかった場合は、白ニキビとなりますのでできるだけ早い段階で取り除くことをおすすめします。

 

早く取り除くことで、跡がのこるような酷いニキビにならずに済みます。

ただし、コメドを取る場合、強引に押し出そうとしてはいけません。

 

じっくりとお肌をあたためてから洗顔することにより、軽度のコメドなら取り除くことが出来ます。(ページ下で詳しくご紹介します)

コメドと角栓は違うの?

角栓とは?

角栓は、クレンジングで落としきれなかった化粧品や皮脂などの油分と肌の角質が毛穴の中で固まって大きくなっている状態です。

 

最初は、毛穴のつまりの状態でも詰まった毛穴に油分やクレンジングや洗顔で肌からはがれた角質がくっつき大きくなっていきます。

その大きくなった角質が最終的に毛穴に蓋をしてしまうことを角栓(角質が毛穴に栓をする)となります。

 

最初は小さな角栓でも、そこに汚れや肌のはがれた角質が付着すして大きくなることで、毛穴が広がり目立つ(毛穴の開き)ようになります。

 

コメドと角栓は似ている

確かにコメドと角栓は似ています。

コメド:毛穴で皮脂が固まっている状態

角栓:肌の角質や皮脂が毛穴に引っかかっている状態

と、コメドと角栓は同じようでも実は違います。

 

コメドはコメドプッシャーで除去するのがおすすめ

コメドの取り方はいろいろありますが、その中で手軽でおすすめな除去方法がコメドプッシャーと言う専用の器具を使う方法です。

 

コメドプッシャーは、Amazonなどでも1000円程度で購入できますしドラッグストアなどでも安く販売していますのでコメドができやすい人は1つは購入しておくといいかと思います。

コメドプッシャーの使い方

コメドプッシャーを使う前は、まず洗顔をしっかり行い、蒸しタオルで顔を温め、毛穴を開かせます。

 

こうすることでコメドが取れやすく跡も残りにくくなります。

逆にあたためてない冷たい状態でやると毛穴つまりの原因になりますので必ず毛穴を開かせてから使ってください。

 

準備ができたらコメドにコメドプッシャーを軽く押し当てます。

 

強く押し当てると、皮膚や毛穴に傷がついて跡が残る場合がありますので慎重に!

しばらくするとコメドから角栓が飛び出して来ますのでコメドプッシャーで軽く取り除きます。

 

これで終了です。慣れればだれでも簡単にできると思います。

コメドプッシャーは使用後のケアが重要です

コメドプッシャーを使用した後は、毛穴が開いている状態になります。

 

この状態で放置するとまた毛穴に皮脂が入り込んでコメドになると言うような悪循環になりますのでしっかりケアしましょう!

 

コメドプッシャー使用後の毛穴の開きは、収れん効果のある化粧水や美容液が、毛穴の引き締めにおすすめです。

 

収れん化粧水などが無い場合は、少し冷たいですがガーゼやタオルに氷を包んで、コメドプッシャーを使用した場所の毛穴を引き締めてじっくり冷やしてください。

(参考記事:収れん化粧水って効果ある?どんなもの?毛穴がキュッと引き締まる!?

コメドプッシャーを使うときの注意点

コメドプッシャーは下準備をして、毛穴を開いておけば簡単にコメドを取り除けます。

しかし、慣れるまでは力の入れ加減がむずかしいアイテムなんです。

 

なかなかコメドが出ないときなどは、ついつい力を入れすぎてしまうので、毛穴周辺を傷つけやすいので注意してください。

 

また、患部が赤くなって炎症しているときは、コメドプッシャーは使わないでください。

炎症を起こしている部分にコメドプッシャーを使用すると炎症が酷くなり痕になってしまいます。

コメドを除去する方法まとめ

コメドプッシャー以外でもコメドを除去する方法がありますのでご紹介いたします。

ベビーオイルでコメドを除去する方法

ベビーオイルといえば、通常は赤ちゃんのお肌につかうものですが、コメドの除去にも使えます。

ベビーオイルでコメドを除去する手順

洗顔をして蒸しタオルでしっかり毛穴を開かせたあと、ベビーオイルをコメドに塗ります。

 

ベビーオイルがなじんだら、コメドの部分を綿棒でコロコロと転がします。

このとき、ゴシゴシこするのではなく、転がすのがポイントです。

 

何度もコロコロ転がすと毛穴の詰まり(コメド)が取れてきます。

 

毛穴が開いているデリケートな状態ですので強くゴシゴシこすると炎症の原因になりますので注意してください。

 

また、ベビーオイルには角質を溶かす効果はありませんので無理やりマッサージするのは逆効果になります。

ベビーオイルのクレンジング方法はこちら(ベビーオイルでクレンジング!正しい使い方で角栓フリーの美肌へ)で詳しく書いています

オリーブオイルを使ってコメドを除去

ベビーオイルと同じ手順でオリーブオイルでもコメドを除去することができます。

 

オリーブオイルとベビーオイルの違いは、オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれていますのであまり塗りすぎると逆に毛穴が詰まりやすくなりますので、皮脂の分泌量の多い人には向いていません

スクラブ配合のケアアイテムでコメドを除去する

スクラブが入ったクレンジングでもコメドを除去することが可能です。

 

ただ、炎症して赤くなっているコメドがある場合は、スクラブ洗顔を使うと悪化する場合がありますので注意が必要です

(参考記事:スクラブ洗顔の使い方を徹底解説。間違って使うと逆効果!頻度や注意点

コメドがあるときの洗顔は要注意

ニキビケア専用洗顔料の中には合成界面活性剤が使用されているタイプがおおくありますが、洗浄力が強すぎるので、コメドがある場合は刺激が強すぎます。

 

コメドがある場合の洗顔は、

低刺激

毛穴の汚れを落とす

保湿力が高い

合成界面活性剤不使用

の洗顔料を使うようにしましょう。

クレイタイプ洗顔料は、肌にやさしく余分な皮脂、汚れを吸着して除去することできます。

 

コメドがあるときは汚れを落としたくても強くこすらない

コメドは、間違ったケアをすると炎症を起こしてニキビになります。

 

炎症を起こさないためには、しっかり泡立てて優しく洗浄するのがポイントです。

 

こすることで皮脂を取り除くのではなく、たっぷりの泡で汚れを吸着していきます。(あまりにも落ちないのであれば洗顔やクレンジングを変えてみるのも手です。)

(参考:クレンジング口コミランキング【人気の商品を実際に試しました】

 

泡には汚れを吸い上げる力がありますので、皮膚に直接触れるのではなく、泡を皮膚の上に伸ばすように洗顔します。

皮膚に刺激を与えずに、そして毛穴の汚れをしっかりと除去できます。

オロナインでもコメドケア・予防ができる

オロナインは、傷に塗ったりお肌のトラブル、予防に使いますが実は、ニキビの原因菌のアクネ菌への抗菌作用がありますので、軽いコメドに効果があります。

また、オロナインを使い続けるとコメドの悪化を防ぐことができます。

オロナインでのコメドケアの方法

洗顔して毛穴を開いた状態にするのはほかのケアと同じです。

洗顔後の毛穴が開いた状態で使うようにしてください。

 

オロナインは、できるだけ少量を伸ばすように塗ってください。

できるかぎり薄く伸ばしてコメドをオロナインの膜で包むようにしましょう。

 

オロナインをコメドにべったり乗せると、毛穴が塞がれて毛穴が詰まり、余計に酷くなりますので気をつけてください。

頭皮にできた気になるコメドのケア方法

頭皮のコメドをケアするには、なによりも頭皮を清潔にして、余分な皮脂を取り除くことが基本です。

頭皮のコメドのケアはシャンプーが基本

頭皮は、皮脂がたまりやすい場所なので毎日1回はシャンプーをするようにしましょう。

 

シャンプーをする前に、お湯で髪をよく流し指の腹の部分でマッサージをしましょう。

これだけでも皮脂や汚れが結構落ちます。

 

その後、シャンプーをします。

シャンプーは手に取ってよく泡立ててから使用します。

 

 

泡を頭皮全体に広げてしっかりマッサージしながら洗うようにしてください。

 

洗い終わった後は、シャンプーが残らないように十分にすすいでください。

すすぎが不十分だと洗浄成分が毛穴に残りコメドの原因となってしまいます。

 

シャンプーが終わってタオルでドライした後は、ドライヤーでしっかりと髪の毛と頭皮を乾かしてください。

乾かさずにいると、雑菌が繁殖して毛穴が炎症をおこします。

頭皮のコメドは皮脂の分泌を抑えるのがポイント

頭皮のコメドは、皮脂の分泌が多いことも原因の1つなので、甘いものの食べすぎは要注意です。

 

糖分を多く含む甘い食べ物は皮脂の分泌量を増やし、毛穴が塞がりコメドの原因になります。

頭皮のコメドに悩んでる方で、甘いものをよく食べるという人は、甘い物をすこし控えたほうがいいかもしれません。

睡眠不足は肌の大敵

頭皮に限らず肌には睡眠不足は大敵です(頭皮も肌です)。

 

睡眠不足は、ホルモンバランスが乱れる原因にもなりますし、ターンオーバーがスムーズに行われなくなったり、肌への悪影響が大きいです。

 

睡眠不足になるとまわりまわって、頭皮の毛穴の詰まりもおおくなります。(睡眠不足で肌の調子がわるいと感じるのと同じです)

肌のゴールデンタイム(午後10時から午前2時)は毎日睡眠を取るようにしましょう。

コメドの原因をくわしく解説します

コメドはどうしてできるの?また、その原因をご説明いたします。

生活習慣によるホルモンバランス乱れがコメドを作る

コメドの一番の原因は、ホルモンバランスの乱れです。

 

女性でも男性でも、体の中で女性ホルモンと男性ホルモンがバランスを取り合っています。

 

男性ホルモンの量が増えてホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌が多くなります。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴の詰まりの原因になり、進行するとコメドになってしまいます。

肉などに偏った食事がコメドの原因になる

肉や油ものを多く食べる方は、皮脂の分泌量が多いので毛穴が詰まりやすくなっています。

 

コメドに悩んでる人は、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

ターンオーバーの乱れがコメドの原因になる

皮膚の角質は、古いものから新しいものに生まれ変わることでお肌を健康な状態にキープしています。(これをターンオーバーといいます。)

 

しかし、お肌が健康でなくなると古い角質が新しい角質へスムーズに生まれ変わらなくなり、古い角質が入れ替わらなくなるとそれが硬化して毛穴を塞ぎます。(ターンオーバーの乱れといいます。)

これがコメドの原因になる場合もあります。

過度な洗顔はコメドの原因になる

洗浄力の強すぎる洗顔料、クレンジングを使っていたり、洗顔をする回数が多いのはコメドができる原因になります。

 

洗顔などで必要な肌の皮脂がなくなってしまうと、肌のバリア機能がよわくなり毛穴に汚れが入り込みやすくなります。

そのまま過度な洗顔を続けていると、お肌が乾燥気味になりますので、カラダは皮脂を必要以上に分泌しようとします。

 

それが皮脂の過剰な分泌につながり毛穴が詰まることでコメドの原因となります。

コメドは皮膚科で除去できる?

どうしても自分でケアできないと言う場合は、皮膚科で治療してもらうこもと可能です。

 

皮膚科でのコメド除去治療についてご紹介したいと思います。

コメドの万能薬 ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは、コメドやニキビ治療の基本となる薬です。

この薬は、軽い症状のコメドでも、炎症・重症化しているコメドに対しても効果があります。

 

ディフェリンゲルは、毛穴の角化異常を治療して毛穴の詰まりを効率よく取り除くことができます。

 

オールマイティに効果のあるお薬ですが、治療効果を実感するまでに2ヵ月から3ヵ月程度と長期間かかるのが難点です。

また皮膚の赤みが出たり、乾燥するなどの症状が使い始めに副作用ででることがあります。

抗生物質は大きいコメドに有効

抗生物質は、ニキビなる直前、炎症を起こす直前のコメドに対して有効です。

 

抗生物質の塗り薬や飲み薬を使用すると、毛穴の雑菌を減らずことができますのでニキビになる前に治療できます。

 

大きく深い部分にできているコメドには飲み薬の抗生物質が有効です。

ただ、使い続けていると薬の効果がすくなくなりますので長期間の使用には向いていません。

過酸化ベンゾイル

過酸化ベンゾイルは抗生物質と同じように抗菌作用があります。

 

過酸化ベンゾイルは、毛穴のコメドを除去する効果がある薬で、アダパレン(毛穴のつまりを改善する塗り薬)と併用することが多く、長期的なコメド治療、予防に効果が高いのが特徴です。

 

また、過酸化ベンゾイルは、抗生物質と違い、続けて使っても薬の効果がすくなくなることがありません。

 

コメドと白ニキビっての違いは?

コメドは白ニキビと同じ状態をさすことが多いですが、正確には白ニキビになる直前の状態のことをコメドといいます。

 

付け加えて説明すると、白ニキビがさらに悪化するとニキビになります。

 

コメドができたら、白ニキビや黒ニキビができかもしれないということを知っておいたほうがいいです。

 

毛穴に、皮脂や古い角質が溜まるとコメドになり、コメドが黒くブツブツしていると黒ニキビ、白くみえると白ニキビという状態になります。

 

つまりコメドと白ニキビは状態が違うということです。

「コメド」→「白ニキビ」→「ニキビ(黄ニキビ・黒ニキビ)」となります。

このことから、コメドの段階で適切なケアをしてあげることにより、肌の大敵であるニキビの予防に繋がるというわけです。

まとめ

コメドについてできるだけわかりやすくご紹介いたしました。

コメドをしっかりケアするには、まずはその原因を知ってできにくくすることと、できてしまったコメドは適切に処置をすることでニキビにならず跡も残りませんので、できるだけ早い対策と予防が必要です。

 

コメドに悩む方のなにかの参考にしていただけたらうれしいです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-ニキビ
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.