ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

クーラーで冷えてしまったらどうする?頭痛や吐き気も引き起こす冷房病

更新日:

暑い時期が近づいてきましたね。この時期になるとついつい頼ってしまうのが冷房です。部屋に帰ると何よりも先にまずは冷房のスイッチを入れてしまったり、寝る前もタイマー機能を用いて冷房をつけたまま寝てしまうことがある人も少なくないのではないでしょうか?
 
家ではあまりクーラーはつけない!という方も意外と多いと聞きますが、そうはいってもオフィスや電車の中、スーパーやデパートなどのお店の中では必ず冷房が効いていますから、現代を生きる人間としてクーラーの無い生活というのはほとんどありえないと考えられます。
 
基本的には快適に暮らすために存在するクーラーですが、実はクーラーによって体調を崩してしまう人も少なくありません。クーラーによる体調不良はクーラー病などと呼ばれていますが、果たしてクーラー病とはどのような病気なのか。どうすれば対策出来るのかをまとめてました。

クーラーの冷えが原因?クーラー病とは?

夏場になるとお腹を壊したり、頭痛を感じたりする人がいます。もちろん食中毒や熱中症も増える時期ですから、その原因はいちがいには言えませんが、近年の冷房機器の浸透によって引き起こされているクーラー病と言われるものも原因の一つとして考えられています。
 
そもそもクーラーは夏場の暑さを凌ぐべく冷風を吹き出す危機として古くはカラーテレビ、自動車と並んで三種の神器として家庭内に普及していきました。今では家庭内でも一部屋に一つと言われるほど普及したクーラー。お店や職場、公共交通機関。わたしたちは夏場でも至る所でその恩恵にあずかって快適に過ごすことが出来ています。
 
一方で外気温そのものは低下するどころか温暖化などの影響もあって上昇しているのではないかと言われている時代において、人間そのものの体質が変わったわけではありせん。人間はもともと極度な温度変化にとても弱いのです。
 
クーラーの普及は夏場の日常生活において頻繁に急激な温度変化を経験するきっかけを作ってしまい、身体がそれについていけないというとがしばしば起こってしまいます。これがクーラー病と呼ばれるものの正体です。

最近では学校でも冷房が完備されていて、小さいころから冷房にさらされ続けているため、冷え性になってしまう人も余計に多いのかもしれません。早く人間の自律神経が冷房対応になってくると良いのですが・・・。

自律神経が乱れる

さて、急激な温度変化を頻繁に体感すると人の身体はどうなってしまうのでしょうか。急激な温度変化がおこると人の身体はその温度変化に適応しようとします。この時活躍するのが自律神経です。
 
しかしあまりにも急激な温度変化が何度も繰り返されると人の自律神経は混乱てしまいます。いっても数十年の間に起こり得るようになった冷暖房による急激温度変化にまで機敏に対応できるほど人間の自律神経は精密ではないのです。
 
自律神経の乱れはストレスや疲労、ホルモンバランスの変化などによって一般的に引き起こされるものですが、クーラーによってもこのような症状は引き起こされてしまいます。

冷え性の悪化

さらに女性など、もともと冷え性気味の体質の人にとっては冷房はやっかいです。冷え性自体が自律神経の乱れや恒常的にエアコンの効いた部屋にいるなどが原因でおこるものですが、冷え性の人がクーラーの効いた部屋にいると夏場なのにもはや冬の様に感じるほど寒さを訴えたりします。
 
最近では夏場でもひざ掛けや腹巻を手放せない人が多いと言われていますが、ある意味では冬以上にこのような底冷えさせないアイテムを常備する必要があるのが冷房の効いている夏だと言えるでしょう。

クーラー病の症状は?

クーラー病はどのような症状をもたらすのでしょうか。一般的には自律神経の乱れからくる症状、つまりけだるさやめまい、頭痛、イライラ、ゆううつになるなどといった症状が出ることが考えられます。
 
中でも冷房が原因でおこるものの症状として代表的な物が下痢や便秘といったお腹にまつわる症状です。

下痢や便秘自体はそもそも自律神経の働きが鈍くなって胃腸を活発化させられないとが原因でおこることが多いと言われていますが、さらに冷えによる血行不順などがこの症状を悪化させてしまいます。
 
また脳の血行が悪くなって血が行かないために頭痛や吐き気が起こりやすくなるのもクーラー病の症状のひとつです。夏場にこのような症状を感じた際はクーラー病の対策を試みてみると症状が緩和するかもしれません。

クーラー病を対策しよう

クーラー病はどのように対策したらよいのでしょうか?
基本は冷え性の対策と同様で冷房下にあっても身体が冷えすぎないように意識する事です。
 
現代において夏場に冷房を避けて通ることは出来ませんし、無理して避けることで逆に熱中症などになってしまっては元も子もありません
 
そのためにひざ掛けや薄手のカーディガンを用意しておいて、冷房下に長くいる場合はこれらを利用する事が大切です。
 
また、冷房の利き方にはムラがあります。冷房の風が直撃する場所を避けたり、日当たりのよい場所を選ぶなどの配慮も大切と言えるでしょう。
 
食事にも気を遣うポイントはあります。基本は身体を冷やす食材を減らし、身体を温める食材を増やすことです。特に夏野菜など夏場に摂る機会の多い食べ物は身体を冷やす効果を持っていることも多いので気を付けたいところですね。逆に生姜を使っている料理や温かい食べ物を積極的にとることで身体が冷えないようにしていきましょう。
 
部屋などで自分で冷房をコントロールできるところではなによりも室温を下げ過ぎないことが大切です。少し高めの温度で冷房をつけることで体が冷えすぎるのを阻止し、一緒にいる人が不快に感じてしまうような温度であれば事情を話し、扇風機などを併用する事で室温を下げ過ぎないようにしてみてはいかがでしょうか。

くれぐれも気を付けたいのはクーラーをつけなければ良いというものではないということです。クーラーは熱中症や脱水症状に対してはとても効果的なアイテム。適切に使用し、対策をとることで良いとこどりを出来るようにしましょう。

クーラーで冷えて体調が崩れるのを防ごう

クーラーで冷えすぎてしまうことで体調不良がおこる可能性があることがわかりました。皆さんもクーラー病にならないように意識して生活をしてみてくださいね。
 
クーラーとうまく付き合って快適な生活を目指しましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.